Doggy さん プロフィール

  •  
Doggyさん: ドギー・カーミン・ドッグのファニー・アニマルズ
ハンドル名Doggy さん
ブログタイトルドギー・カーミン・ドッグのファニー・アニマルズ
ブログURLhttp://carminedogg.blog.fc2.com/
サイト紹介文動物・魚・植物などのオリジナルPOPイラスト&写真ブログ。イラストFunny Animalsを制作。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 248日(平均0.9回/週) - 参加 2018/04/04 13:43

Doggy さんのブログ記事

  • 爆睡 カンガルー兄弟
  • 手を顔の下にあてて、まるで人のような寝姿でグッスリ寝ています。とても可愛い寝姿です。そっと布団を掛けてあげたくなります。見ているだけでこちらまで眠くなりそうです。オオカンガルー(別名ハイイロカンガルー)の兄弟です。まだ小さいですが、大人になると体重45kgほどになる大型のカンガルーです。時速55〜60kmで走る事が出来ます。オスの中にはヒトの背の高さを超す個体もいるそうです。兄弟の背はまだ70cmくらいでしょう [続きを読む]
  • 物思いにふけるトラさん
  • 気のせいか、何か考え事をしてるような、物思いにふけているような感じがします。すごく大きいです。顔や足、体の大きさに驚きます。そしてとても美しい模様をしています。実物を近くで見るたびに、模様の綺麗さに感動します。漠然とトラ模様は解っているような気がしますが、実物はけっこう複雑な模様をしています。美しいです。種類はアムールトラ。(シベリアトラとも呼ばれています。)トラの中でも大型の体を持ち、ライオンと [続きを読む]
  • 無事カエルくん ネット販売開始です
  • 縁起物で定番なのは招き猫ですが、カエルもなかなかの開運効果があるようです。カエル、「返る」「変える」「帰る」「還る」。遠方に出かけた人が「無事かえる」、出てったお金が「返ってくる」、「若返る(健康・長寿)」、「恋人が帰ってくる」、などなど。カエルくんは幸運のシンボルです。私がイラスト・デザインを担当した安全お守り【無事カエルくん】。マグネット・タッセルキーホルダー、Creema・minneにてネット販売開始 [続きを読む]
  • 看板犬 どん兵衛くん 増毛町 ふるふるトマト
  • 良く行くオープンカフェの看板犬です。黒ラブ12才、人間に例えると80代後半のベテランお兄さんです。(人間での例えは、小型犬・中型犬・大型犬で大きく異なります。ご注意を。)このお店はフルーツ農場さんが直営していて、自家産の新鮮なフルーツを使ったフード類を楽しめます。私はトマトジュースが苦手なのですが、ここの採れたて新鮮なトマトジュースは美味しく頂けます。農場産の新鮮な食材を使ったフードも楽しみにして行く [続きを読む]
  • 癒やされる 可愛いポニーの仔馬さん
  • ポニーの子供です。今年産まれました。とても人懐っこくて可愛いです。良く行く農園にいます。ポニーは特定の品種を指すわけではなく、肩までの高さが147cm以下の馬の総称なのだそうです。特徴は、頭がよくて温厚であり耐久力に優れています。独特のコロッとした体型、癒やされます。今年も数頭のポニーが産まれたのですが、母馬にべったりで触ることが出来ません。この茶色のチビちゃんだけは、呼ぶとすぐに近寄って来るので、頭 [続きを読む]
  • ついにツノ完成 別人のようなエゾシカくん
  • やっと薄皮もすべて剥がれ、立派な堅い石灰質のツノが完成しました。ぜひ前々回の記事の写真と見比べて下さい。前々回はまだ柔らかい人懐っこい表情が残っていたのですが、バンビの模様とともに優しい表情は消え失せ、厳しい貫禄のあるお顔になりました。毛の感じも荒々しくなり(体に泥を擦りつけています)気性も荒くなり、慣れている人でも不用意に近づけません。自然界ではツノは大事な武器であり、縄張り争い・メス争いなどで [続きを読む]
  • フレンドリーなアルパカくん
  • アルパカくん。個体差もありますが意外と警戒心が強く、臆病です。この黒アルパカくんは、とてもフレンドリー。好奇心まんまんの笑顔で近づいてきます。可愛いです。後ろには、以前記事に登場した白仮面のアルパカくんがいます。個性的なフェイス、遠くからでもすぐ確認できます。ラクダ科のラマ属に属します。元々は毛を利用するために品種改良された家畜です。毛は刈り取るまで伸び続けるため、定期的に毛刈りをします。毛刈りを [続きを読む]
  • もう少しで完成 エゾシカくんの角
  • だいぶ立派になりました。風格も出てきました。赤い薄皮が全部剥がれて、白い骨のような質感になれば完成です。まだ表情も柔らかく、可愛いバンビの模様も残っています。呼ぶと「ピィ〜ピィ〜」鳴きながら近づいてきます。完全に堅い石灰質の立派な角が完成し、バンビの模様が消えれば、別人に変身です。こうなると気性も荒くなり、慣れている飼育員さんも不用意に近づけません。春先には自然に抜け落ちて、最初(ちょっと臆病なシ [続きを読む]
  • 退屈そうなブタくん
  • 最近の北海道は雨が多く、すっきりしない天気が続いています。ブタくん達も散歩に行けず、ふて寝のようです。運動が出来ず、ますます太ってしまいそうですね。ミニブタくんは、意外と懐きやすく、賢く、飼いやすいそうです。ペットとしても人気のようですが、一つ気を付けなければならない事があります。それは、ミニブタといっても、決して「ミニ」サイズではないという事です。子ブタ時代は、約2キロ位で可愛いらしさ満点ですが [続きを読む]
  • 華麗 国蝶オオムラサキ
  • 忙しくなってしまい。久々の更新です。オオムラサキは、日本の代表的な格調高い華麗な蝶として国蝶に指定されています。大きさは羽を広げた状態で、10cm以上になる大型の蝶です。羽の表側が紫色に輝き、とても美しいです。(写真の標本は少し紫がくすんでしまっています。)残念ながらメスはこの紫色の輝きがありません。 北海道から本州、四国、九州、日本中に分布しています。ちなみに、この施設がある北海道栗山町は、オオムラ [続きを読む]
  • 人? 個性派アルパカくん
  • 何でしょう?この表情・雰囲気。まるで人間みたいです。この牧場にはいろいろな毛色のアルパカくんがいますが、カレは特に個性があり目立ちます。遠くにいると、1頭だけ白い仮面を被っているように見えて、とても面白いです。すぐに見つけることが出来ます。いろいろな個性・キャラクターがあると楽しいですね。さらに個性も外観だけででは無く、内面も考え方もそれぞれ違いがあります。特に人間になると、より複雑になってきます [続きを読む]
  • やんちゃが過ぎたようです 子ヤギコンビ
  • 所構わず飛び乗ったり飛び降りたり、一緒にいる子羊さんに頭突きを挑んだり、体もドンドン強くなり、ちょっとやんちゃが過ぎました。以前は自由に出入り出来る柵にいたのですが、目の細かいの網付きの柵に移動です。少し反省のようですね。人間も犬猫もそうですが、ある程度の年齢になると落ち着いてきます。たまに例外がありますが。(私は例外の1人ですが‥。)子ヤギ達も喧嘩っ早いの・臆病なの、それぞれ個性が出てきて面白いで [続きを読む]
  • 危険! 熊出没
  • ここは北海道は道央地区の山の中。熊出没です。最近、頻繁に出てきているようです。登山の好きな方、山菜採りに行く方、要注意です。熊に出会わないように、鈴を付けたり小型ラジオなど鳴らしてたり、こちらの気配を出しておきましょう。基本的に熊さんも臆病で人間には出会いたくないようです。事故に遭わないように、お互いしっかりとした距離感を保ちましょう。どうせ出会うならこんな熊さんが良いですね。この熊さんなら癒やさ [続きを読む]
  • 愛想の良い ウサギさん
  • 近づくたびに、ポコッと穴から顔を出してアピールしてきます。ある牧場で飼われているウサギさんです。名前はゆずちゃんといいます。自分でカジリ広げたと思われる穴から愛想を振りまきます。アピール上手です。これでは誰もが頭を撫でてしまいますね。人間が大好きなようです。私はウサギ大好きです。イラストのモチーフになる事も多いです。今まで普通のミニウサギからネザーランドドワーフ・ミニレッキスなどいろいろ飼ってきま [続きを読む]
  • こんなんなっちゃいました アルパカくん
  • 自慢の大きなフワフワ・モコモコの毛をすっきり刈られてしまいました。ただでさえ不思議で変わった体型のアルパカくん。より不思議さが増しました。後ろには、なんとか逃げ切って毛刈りをまのがれた仲間も数頭います。一見かわいそうな感じがしますが、これから暑くなる季節。この姿で丁度良いでしょう。ちなみにアルパカくんは、ラクダ科のラマ属に属します。毛を刈ると解るのですが、小さなラクダのような体型をしています。元々 [続きを読む]
  • 相性の良いふたり 子ヤギ&アルパカ
  • 小ヤギさんがアルパカくんの牧草入れに飛び乗って、ちょっかいを掛けてます。アルパカくんは大きな潤んだ優しい瞳で見守っています。やんちゃ盛りのチビヤギさんは大きなアルパカくんの足の間を行ったり来たりはしゃいでいて、蹴られたり、踏まれたりしないかドキドキしますが、全く問題ありません。種類は違いますが草食動物同士、とても穏やかで優しい関係です。争いや奪い合いのない、ほっこりした平和な空間と時間。心地良いこ [続きを読む]
  • 今シーズン初登場 友達のエゾシカくん
  • 前回のツノの完成した記事(2017/11/16)から7ヶ月ぶりの登場です。今年は4月5日に右の角が抜け、4月6日に左の角が抜けました。そこから約2ヶ月、ここまでツノが成長しました。(まだ丸っこく、だいぶ小さいです)ちなみに抜け落ちたツノの重さは片方1.25?。両方の角合わせると2.5?にもなります。大きな立派なツノの時は、どっしり落ち着いて凄い貫禄でしたが(ちょっと怖いくらい)ツノが小さいこの時期は、ちょっと臆病で [続きを読む]
  • あっかんべぇ〜のお馬さん
  • 隣の馬とケンカでもしたのでしょうか? 「あっかんべぇ〜」。というのはたまたまで、偶然こんな表情が撮れました。ここの馬たちは皆仲良く、人慣れした優しい馬たちです。左のダルメシアンのような模様をした馬さんは、オシリにミッキーマウスのマークがあり、名前はミッキーといいます。引き馬の体験が出来て、いろんなお馬さんに乗れます。本格的な乗馬スクールもあり、馬好きさんには魅力的な牧場です。お馬さんをはじめ、アル [続きを読む]
  • 駆け出しました 子ヤギさん
  • 体もしっかりしてきて、元気に駆け出しました。ワラに飛び乗ったり飛び降りたり、めちゃめちゃ活発です。体が小さいので柵の間から自由に出入りできて、親ヤギから離れ好き放題です。小さな角も伸びてきて雰囲気が出てきました。もう少しすると、仲間の子ヤギ達と頭突き合戦が始まります。この頭突きは挨拶のようなものではあるのですが、群れの中の優劣を決める重要な行動でもあります。子ヤギならまだ可愛らしいのですが、大人の [続きを読む]
  • 優しいお顔 お馬さん
  • 見るたびに思います。なんて優しいお顔でしょう。特にお目々に優しさを感じます。目は視界が広く、真後ろ以外の350度を見渡すことができるそうです。この馬はとても人懐っこく、人間が大好きなようです。撫でてあげると、とても嬉しそうな表情をします。可愛い。お馬さんは基本的に、攻撃的な要素が無いとても大人しく優しい草食動物です。ただ、すべてのお馬さんがフレンドリーな訳ではありません。体は大きいですが、とても臆病 [続きを読む]
  • そろそろ刈り頃です ヒツジさん
  • 凄いモコモコ・ゴワゴワになりました。けっこう迫力があります。北海道もだいぶ気温が上がってきて、この厚着ではちょっと暑そう。しかもこのボリューム、そうとう重そうです。このモコモコ・ゴワゴワ姿も、もう少し気温が上がってくると見られなくなります。いよいよヒツジさんの毛刈りが始まります。1頭からけっこうな量の羊毛が採れそうです。毛刈りが済むと突然ガリガリに細くなり、まるで別人に変身します。体も暑さ・重さか [続きを読む]
  • 今年も来ました 困ったチャン
  • キジバトさんです。今年もアトリエ裏の鳥餌台&バードバスにやって来ました。いつも通りツガイで現れました。(私はオス・メスの区別が付きません)穏和で優しい鳥で、私は好みなのですが…。三回りほど大きな体。動くたびに餌台がユラユラ大きく揺れます。スズメなど小さな鳥たちは怖がって寄ってきません。小鳥用のエサと水がすぐに無くなってしまいます。これからは毎日2人組で現れるでしょう。追い払うわけにもいかず。困った [続きを読む]
  • カエルくんは幸運のシンボルです あいろーど厚田
  • カエルくんは、なかなかの縁起物です。カエル、「返る」「変える」「帰る」「還る」。遠方に出かけた人が「無事かえる」、出てったお金が「返ってくる」「若返る(健康・長寿)」、「恋人が帰ってくる」、などなど。カエルもかなりの開運効果があります。私がイラスト・デザインを担当した安全お守り【無事カエルくん】マグネット・キーホルダー販売開始致しました。販売店は。道の駅 石狩あいろーど厚田。4月27日(金)に北海道の [続きを読む]
  • 産まれました 双子の子ヤギさん
  • 可愛い双子の子ヤギさんです。もう一匹は母ヤギの影にいます。撮影時の前日に産まれました。2頭とも我先に出てこようとして足が引っかかったり、とても難産だったそうです。お母さんヤギ、頑張りました。あと数日で、お外にデビューするそうです。もう少し体がしっかりしてくると、そこら中で跳ね回ったり、母ヤギの背中に飛び乗ったり、めちゃめちゃ活発になり可愛いです。頭突きも大好きです。楽しみ。↓ 応援 よろしく [続きを読む]
  • 可愛いけど悪いクセが…、 アルパカさん
  • 大きな潤んだ瞳・長いまつげ、めちゃめちゃ可愛いです。人間のカツラを被ったような、ちょっと不思議な動物アルパカさんです。ラクダ科のラマ属に属します。元々は毛を利用するために品種改良された家畜なのだそうです。その毛は刈り取るまで伸び続け、2年間くらい切らずに放置しておくと地面に届くほどになります。ひとつ悪いクセ(生態)があるのは、威嚇・防衛のためにツバを吐きかける習性を持っているところです。危害を加え [続きを読む]