桜猫 さん プロフィール

  •  
桜猫さん: 自由な空〜ACを乗り越える〜
ハンドル名桜猫 さん
ブログタイトル自由な空〜ACを乗り越える〜
ブログURLhttps://sakura-neko.muragon.com/
サイト紹介文心の整理としてAC克服できるまで書いてみようと思いました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 17日(平均6.2回/週) - 参加 2018/04/04 16:16

桜猫 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 理想の母親像と自分
  • 自然と聞く耳持たれてないと感じると 自分はもういいやってなってしまう。 そして、いつも距離をとる。 息子に関することでもそうだ。 義父母は根はいい人なんだが 義父はちゃんと話を聞いてない。 息子になにか食べさせたり飲ませたりする時は 時間や量を考えてと何度も言ったのに 聞いてもらえず 息子の食習慣が乱れてしまい ご飯を食べなくなった。 義実家だからなおさら強く言えず 言ってもどうせと思い ずっと1 [続きを読む]
  • 人間関係に不安を感じる
  • 自分が受けた教育と 真逆の教育をしたいと思ったのは 息子が生まれてからだった。 母を反面教師として 同じことをしないように気をつけよう と思ったから。 自分が保育系の学校に行ったおかげで そう思えるようになった。 そして、義母のように 息子と娘を平等に接しようと思った。 でも不安はある。 母みたいになりたくなくても なってしまいそうになるのではと。 母の存在自体が恐怖でもある。 小さい頃から人間関 [続きを読む]
  • 母とスマホとタブレット
  • 母と絶縁と言っても完全に切れたわけではない。 母のスマホとタブレットは 私名義だ。 この問題もどうにかしたい。 でも私にはそういう知識がないため そのままにしてる。 おじさんといた時に使ってた携帯の 料金滞納のため母の名義は通らなかった。 もし、滞納分を支払ったら おじさんに居場所を知られるからと 私の名義を使った。 これがなければもっと楽なのになぁと 思うことがある。 [続きを読む]
  • 身内は旦那家族のみになったきっかけ
  • 息子が生まれた時と娘が生まれた時の 母の態度は違った。 息子の時の方が祝福されてた。 娘の時は早産だったこともあったせいか 父の愚痴を産後から聞かされてた。 息子の時は 跡継ぎが生まれたとか 自分のことのように喜び、 すぐに息子に会ったのに 娘の時は 早産で未熟児室にいたためか 変にひねくれ者になってた。 義母はもう会ってることも話したのに 頑なに義母が会ってないなら会わないと。 退院の時も、 少 [続きを読む]
  • あるカップルと絶縁
  • 旦那とは妊娠をきっかけに結婚した。 自分が欲しかった母親となりたい母親が タブってて、 その上、自分の時と違う息子を見てたら 複雑な気持ちになることが多い。 それでも、育児は頑張ってる。 追いかけるように結婚した マクロスさんとマイメロさんは 結局一年後に離婚したらしい。 昨年までいろいろ修羅場だったり めんどくさかった。 マイメロさんは自分がしたこと、 浮気疑惑やら被害妄想を棚に上げ 責めるだけ [続きを読む]
  • 旦那との出会い
  • 旦那との出会いは 友人同士の集まりだった。 1回5月に合コンに誘われ 人数合わせのために参加。 その数日後に 友人と旦那の友人が付き合い出した。 そのふたりが計画した海とBBQ。 BBQのはずがBBQ場の予約をしてなくて 急遽焼肉に。 海で遊ぶのは楽しかったが 焼肉は正直微妙で複雑だった。 話が盛り上がりそうになると 友人の彼が水を差すし 友人は猫かぶって 隠れてスマホばっかり。 後にこのカップル [続きを読む]
  • 一人暮らししてからの問題
  • 一人暮らし初めて2ヶ月が経とうとしてた。 そんな時に突然、 電話が入ってきた。 おじさんからだった。 短大の時の携帯代がどうたらこうたら、 この料金分の金を払えと。 職場にも来たし、電話で迷惑かけた。 それから1ヶ月後ぐらいに 母が来た。 「あのままいたら殺される!!」 と言って、居候になった。 私がいなくなってから 兄も家から追い出し一人暮らしさせたらしい。 その後は金金金金とおじさんに言われて [続きを読む]
  • 短大
  • 元々就職せろと言われてたが 親の言う通りにしたくないと思い 短大に進学を決めた。 もともとは芸術短大に行きたかったけど 担任の反対により マーチングがある短大の保育科に進んだ。 高2のときにほぼ無理やり入れられた文芸部。 高3の時に短歌と俳句で最優秀賞受賞したけど そこまで嬉しい気持ちになれなかった。 どうせ、母の自慢の道具だから。 顧問である担任の 自慢の道具にもなったんだろうな。 奨学金を借り [続きを読む]
  • 高校、部活、得られたものはひとつだけ
  • 高校生になった私は 最初は電車通学してたが 定期券を買ってもらえなくなったため 隣のひとつ上の先輩からもらった 自転車で約1時間かけて通うようになった。 母に車で送り迎えされるのが嫌だった。 部活は吹奏楽部に入った。 小さい頃にピアノしてたけど 楽譜読むのに苦戦した。 フルートなので音符の位置が ピアノよりも上の方だし 五線譜の上の音符はすぐに読めなかった。 でもすごく没頭してた。 1年の頃、財布 [続きを読む]
  • 幼馴染と自傷と自分
  • 私がリストカットのことを知ったのは 小学6年の頃。 幼馴染のみーちゃんがしてた。 みーちゃんは私に傷を見せ 「リスカしちゃった」と言ってきた。 たまに 「深く切りすぎた」とかで カットバンを貼ってるのを見せてきた。 私から見たら みーちゃんはいじめられてないし 家庭も問題ないと思えた。 ある時から なんでみーちゃんはリスカするの? いじめられてないし、 家族も仲良いじゃん。 私と違うのに。 と思う [続きを読む]
  • 母と兄について
  • 母は記憶喪失により父に関する記憶が 全くと言っていいぐらい消えた。 父が家出して久々に帰ってきた時に 「どなたですか?夫は北海道に出張中です」 と言ってた。 次の日に病院に連れていかれ 躁鬱と診断された。 母はもともと手抜きができない人で 掃除は徹底してた。 なにかに集中したら寝る間も惜しんで 作業してしまうほど。 母は子供の頃に 祖母に育てられた。 私からしたら曾祖母にあたる。 相当厳しく育てら [続きを読む]
  • 家に来た男、変わっていく自分
  • 1人目はメガネの人だった。 まるで私たちの家を我がもののように 寝そべって、必ずあんま(マッサージ)を 母にしてもらってた。 きっかけは精神科で 母が入院中に仲良くなったらしい。 最初の頃は、 お菓子やなかよしを買ってきてくれてたから そこそこ仲良くしてたが なんかどんどんものに釣られてる感じがして 嫌悪感に変わっていった。 自分の家のようにする姿も嫌だった。 母がいない時に完全拒否したら来なくな [続きを読む]
  • 変わっていく生活
  • 離婚後は、 母と2人で小さなアパートに 住むことになった。 父が私の荷物持ってきた時、 「グレたら連れ返すからな!!」と叫んだ。 母との生活が始まった。 離婚後の生活は正直貧乏だった。 ガスや電気が止まることもよくあった。 新しい大家さんは私には優しいが よく滞納する母には厳しかった。 母の通院によく付き添って そこの担当医からも 何かあったら相談していいと 言われてたけど 相談することは1度もな [続きを読む]
  • 両親が離婚するまでの記憶
  • 普段からケンカが耐えない両親だった。 厳しすぎる母、子育てに興味ない父、 兄は唯一共通の趣味のゲームを通して 親子の交流が出来てた。 私だけが和に入れてない状態で いつも一歩後ろにいる感じだった。 叱られる時は平手打ちは当たり前だった。 たまに玄関先に正座もあった。 祖母や親戚に学んだことを話したら 怒鳴られることもあった。 そして必ず 「○○さんの子になればいいじゃない!!あんたなんかいらない! [続きを読む]
  • はじめに
  • はじめまして、桜猫です。 私はAC(アダルトチルドレン)です。 タイプはロストワンとスケープゴートです。 自分自身が家族を持つまで 自覚はなかったです。 心の整理として 私がどういう環境で育ち、 毒親から離れれたきっかけや 克服までを書いていこうと思います。 誹謗中傷はご遠慮ください。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …