ひなた さん プロフィール

  •  
ひなたさん: ひなたです。
ハンドル名ひなた さん
ブログタイトルひなたです。
ブログURLhttps://ameblo.jp/hinata050830/
サイト紹介文生き辛さってなんだろう幸せってなんだろう私ってなんだろう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 15日(平均7.0回/週) - 参加 2018/04/04 17:08

ひなた さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • マイノリティの人が必要としているのって、本当に「理解」なのかな?
  •  最近よくそんなことを考える。 「理解」とか「配慮」とか色んな言い方があるし、「承認欲求」みたいな言葉も流行ってる。 辛い気持ちが強い人ほど自分の辛さをわかってほしいって気持ちが強くなるのは自然なことだと思うし、そもそも自分のことをわかってほしいっていうのは人が元来持ってる素直な欲求な気もする。 だけど、少なくとも私は自分の身に降りかかるまで、実感持って理解するなんて無理だった。 不登校もニート経 [続きを読む]
  • 原因不明の痛み(に襲われた時の愚痴)
  • 3年前の冬。最初はいつもの肩こりかと思ってた痛みがどんどん身体中に広がって、まともに日常生活が送れなくなったことがある。全身が筋肉痛の強いやつに襲われたみたいな状態で、寝返りもまともに打てないし起き上がるだけで一苦労。?手足がむくんでパンパンになって、力を入れると痛いからペットボトルも開けられなくなった。痛み止めもまともに効かないから病院に行ったけど、整形に行ったら内科に行けと言われ、内科に行った [続きを読む]
  • 働くことに取り憑かれてしまった私へ
  • 自分語りです。長いです。これが全てではないけど、今書けることを書き残しておきたくて。小さい頃、無邪気に描いた夢の一つが「サンリオショップのお姉さん」だった。「あれはアルバイトだよ」って周りの大人には笑われたけど「それじゃダメなの?」って思ってた。大人になって夢は半分叶った。サンリオショップじゃなかったけど、小売専門店の店員さんになった。自分が好きで仕入れた知識を活かせる業界で。でも色々あって辞めざ [続きを読む]
  • 伝えたいのに口に出せない言葉の伝え方
  • 「ごめんなさい」を口に出すのが苦手な人は多いと思う。それと似た感覚で、私には口に出そうとすると息が詰まって苦しくなってどうしても言えなくなる言葉がある。「助けがほしい」とか「私いま苦しい」とか、そういう類の言葉が代表格。他にもいっぱいある。伝えたいけど気恥ずかしくて口にできないこととかも含めて。きちんと口に出せたらそれがいいかもしれないけど、「伝えたいことは面と向かって口で伝えなさい」っていう既存 [続きを読む]
  • どんな人のどんな行いにも理由がある
  •  基本的に、人を傷つけたくて傷つける人はいない。問題を起こしたくて起こす人はいない。私はそう信じてる。 でも意識的にでも無意識的にでも人を傷つけるような言動をしてしまうことは誰にでもあって、私は人のそんな部分を垣間見た時、その理由を考える。 苦しみ悲しみ寂しさ怒り。その人の抱えた色んな事情や辛さが、人や自分を傷つけてしまう行いの奥に隠れてるから。 理由が分かれば相手の行いを受け入れやすくなる。受け [続きを読む]
  • 「後悔したくない」って思いは用法・容量を守って適切に使いたい
  •  以前の私は、辛そうにしてる人が近くにいても自分から声を掛けるってなかなか出来なかった。 私が声を掛けても何もできないかなとか、放っておいてほしいかもとか、一歩踏み出せない言い訳を並べて結局何もしないって選択を繰り返してた。 だけどそうすると当然、あの時自分にできることもっとなかったかなって後悔することもあって。 一度そういう思いが芽生えると長い間引きずってしまうのが苦しかった。 だから迷った時は [続きを読む]
  • トモダチってなんだろう
  •  前の職場で一番仲が良かった先輩は私よりいくつか年下で、その上下ひっくり返った感じが逆にマッチして休みの日でも遊びに行くし仕事や彼氏のグチも言い合うし、とってもいい相棒って感じだった。 でも私達の間にはちょっとしたルールがあって、それは元々彼女が口にした「一緒に働いてる間に『トモダチ』になっちゃうのはなんか違う気がするんですよ」って言葉に基づいていて。 なので職場でもプライベートでもお互い基本的に [続きを読む]
  • 過去の辛い記憶から解放される為に
  • 『鈍感な世界に生きる 敏感な人たち』(イルセ・サン) 一度読み終えて、特に第4章の[「敏感な自分」とうまく付き合う方法]については学ぶべきところが多いなぁって感じました。 中でも「自分自身に思いやりを持つ」という項目。少し引用します。  同じ恨み言を何度も何度も言う人を思い浮かべてみてください。 その人が問題なのは、自分を憐れみすぎているところではありません。その人が自己愛にまったく満たされていないこ [続きを読む]
  • 2018/02/28
  • 溜め込まないって難しいなぁってつくづく思うけど、そもそも日常的に飛んでくるボールの数が私にとって多すぎるんだろうな本当は一球飛んで来たら、投げてきた相手の情報を頭の中で整理して意味をじっくり考えて、納得してからベストな返球をしたいけど同時進行で周りでも色んな人が色んなボール投げ合ってるから、そんな球投げたらその人キャッチできるわけないじゃんとか、その球投げる相手間違ってるよとかまで気になるし、そう [続きを読む]
  • 2018/02/22
  • 職場で人間関係上の愚痴は一切言わないと決めてる友人がいる個人的な危機管理の一環でもあるんだろうけど、本人曰く「無関係の人に愚痴っても問題は解決しないから不満があるなら本人に直接言う」んだそうで代わりに私と会った時は全力で愚痴るけど、確かに内容を聞いてると本人に直接言った結果巻き起こったあれやこれやだから面白い不器用な生き方だなと思うし真似する気にはなれないけど、自分のスタイルを貫き通す姿勢は尊敬し [続きを読む]
  • 2018/02/12
  • 不安を手放すって、不安を感じる状況を放っておけるようになることなんだろう場の空気が悪いと感じるのが苦手何か悪いことが起こるかもしれなくて不安だから誰かが困ってそうだと放っておけない自分が何もしなかった結果、相手がどうなるのか不安だから他にもいっぱい私の不安トリガーがあるけど、共通して言えるのは今の自分が「不安を感じるとそれを解消する為に必死になり過ぎる」ってことだ場の空気を和ませるのに必死になった [続きを読む]
  • 2018/02/12
  • 年末年始の発注は何年経っても数が読めなかったけど、最初の年の私は特に酷かった繁忙期で店は混むのにメーカーさんや卸業者さんは休みに入るので、ある程度まとまった量を取らなきゃならないけどその加減が分からない不安を募らせながら発注した結果、納品された荷物を見たら明らかに多過ぎた届いた大量の段ボールを倉庫に運ぶけど、正直入り切るのかも分からないし先が見えないやってるうちに自分が情けなくて悲しくなってきた途 [続きを読む]
  • ついていい嘘、悪い嘘
  • 『月刊 自己肯定感』はじまります! 桜林 直子(サクちゃん)https://note.mu/sac_ring/n/n8bd9c4996a57 ついていい嘘、悪い嘘みたいのって難しいけど、私は「後から自分が苦しくなる嘘はついちゃいけないなぁ」って感じてるつかれた方がどうこうの前に、自分自身がどんどん辛くなるからどこかで聞いた「自分に嘘をつくのは簡単、でも嘘をつき続けるのは難しい」って言葉はなるほどって思ったそう思ってても、ついちゃう時もある [続きを読む]
  • 2018/02/04
  • 以前働いてた店の隣のテナントの社員のおねーさん仕事できて落ち着いてて素敵な人だったけど、ある日私がバックルームに入って行ったら目が合って、その瞬間売り場には聞こえない程度にギリギリ抑えた感じで「もうっ!何なのこの店!」って叫んでからバツが悪そうに笑った私も苦笑いを返してそのコミュニケーションはそれで終わったんだけど、今思うとあのやり方って職場でのストレスの発散の一つとして凄く正解って思う私の感覚と [続きを読む]
  • 2018/02/03
  • 社会と折り合い付けるのが難しい状態の人にとって、こうやれば全部解決でもう悩まなくて済むようになるみたいな劇的で唯一絶対の解決方法や特効薬なんかなくて自分を客観的に見て問題を整理して、色んな情報仕入れて取捨選択して、あれこれ試して良さげなことは積み重ねて試行錯誤しながら日々を過ごして、でもそれに疲れ過ぎないようにもしてそうやって少しずつ楽になれるように幸せでいられるようになっていくしかなくてでもそ [続きを読む]
  • 過去の記事 …