にっしー さん プロフィール

  •  
にっしーさん: にっしーのほのぼのブログ
ハンドル名にっしー さん
ブログタイトルにっしーのほのぼのブログ
ブログURLhttp://nissi24.com/
サイト紹介文趣味のサッカー(特にエスパルス)野球、ラジオ(菅田将暉・三四郎・オードリー)を語ります。
自由文はじめましてにっしーと申します。
サッカーは全般好きで特にエスパルスが好きです。海外サッカーもよく見ます。野球はプロ野球が主で、ラジオはANNをよく聞きます。
これらの趣味をブログで更新していきます。
共通の趣味の方は楽しめると思いますので、ご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 220日(平均3.2回/週) - 参加 2018/04/05 00:11

にっしー さんのブログ記事

  • 巨人がFAで大金を出せる理由
  • プロ野球はオフシーズンへ突入プロ野球のシーズンが終了しオフへと突入します。ここで毎年注目されるのが「FA宣言」した選手達の動向です。毎年のように球団を代表するような選手達が宣言をしますが、その大物選手に毎年食種をのばしているのが「巨人」です。近年巨人が獲得した選手は以下となります。でも巨人はなぜFAの選手を獲得することができるのでしょうか。=======================①ソフトバンクホ [続きを読む]
  • 若林正恭 南沢奈央 熱愛からの破局
  • 熱愛発覚は2018年の新年早々リトルトゥースに新年早々に衝撃が流れた。ついにあの若林に熱愛が発覚した。お相手は、「コレアリ」でも共演経歴がある女優の「南沢奈央」でした彼女の年齢は28歳で、若林の年齢が40歳なので一回りも違うことになります。女優で一回り以上も違う方との熱愛に周囲は騒然とした。若林といえば元祖人見知り芸人であり。「アメトーク」でもその人見知りの凄さが話題となり、人見知り=若林というまで広まっ [続きを読む]
  • メジャーの一流ピッチャーが操る球種は何?
  • ※一流選手の基準をここでは2018年の年俸にさせて頂きます。※★が最も脅威な変化球。11位 ダルビッシュ・有(シカゴ・カブス2400万ドル)ロサンゼルスドジャースから移籍したが、高額の年俸には応えられなかった。翌年に巻き返しを誓う球種・4シーム ・2シーム(シンカー)・スライダー(カットボール)★・チェンジアップ・カーブ(ナックルカーブ)・スプリット 4シームの回転がメジャー屈指とされている。そして変化球 [続きを読む]
  • サッカーに存在する「夢スコア」の定義
  • 2018年もラストスパート 今年もあとわずかになってきましたね。今年はワールドカップがロシアであった事で大きな盛り上がりを見せたサッカー界だったのではないでしょうか。ワールドカップの恩恵もあった結果か、Jリーグも大きな盛り上がりをみせました。今年のJリーグの傾向をみますと、大差がついた試合が多いように感じました。プロ野球では西武ライオンズが「山賊」のように猛威をふるっていましたが、Jリーグでは多くのチーム [続きを読む]
  • 清水エスパルスに所属中で日本代表招集された選手
  • 清水にサプライズ。北川が日本代表追加招集。2018年10月7日に行われた「静岡ダービー」。去年と逆転し今年は清水エスパルスの圧勝だった。若手が躍動する清水に対し、ジュビロのベテラン勢は手を焼ていた。特に中村俊輔はボールロストが多く、そこからのカウンターでの失点は痛かった。若返った清水とベテランが粘るジュビロとでは来年、再来年まで差がついた試合になる事を予感させた。それぐらい今の清水には勢いがあった。特に [続きを読む]
  • 逆輸入メジャーリーガーが増えている理由
  • 巨人ファンにとっては嬉しいニュースが舞い込んできた。去年まで巨人でプレーしていて今年からカージナルスでプレーしていたマイルズ・マイコラスが32試合18勝4敗0セーブ 防御率2.83の成績で最多勝を獲得した。去年までは菅野・田口・マイコラスの3本柱で巨人の先発を支えて、14勝の好成績を収めたマイコラスが、メジャーの地でもその存在を証明した。近年、マイコラスを筆頭に特にピッチャーで、メジャーの地から日本へ行き、日 [続きを読む]
  • ウルグアイ代表の要注意人物
  • 新星ジャパンが初の強豪と激突新星ジャパンの初戦はまさに快勝。ワールドカップにも出ていたコスタリカに若手の勢いそのままに勝ち切りました。特に中島・堂安・南野は新世代のビッグ3として今後の日本サッカー界に君臨するまでいきました。少し大人しめの世代が魅せる戦いに今後とも注目ですね。 下記コスタリカの要注意人物載せますね。 コスタリカ代表の要注意人物さて、今回は10月に対戦する強豪国「ウルグアイ」にピックアッ [続きを読む]
  • 私がブログを100回続けられた理由
  • 100回ブログ更新達成!2018年3月14日「にっしーのほのぼのブログ」を立ち上げました。当初は何も分からず、(今もわかりませんが、、)本当に読んでくれるかも分からない状態になっていました。ブログを立ち上げても当然アクセスは0。しかしながら、色々な困難を乗り越えた末に9月30日、ついにブログが100回を超える事ができました!折角100回達成したので、上から目線になってしまうかもしれませんが、ここで私から100回のブログ [続きを読む]
  • 変わった打撃フォームのプロ野球選手
  • 自分にジャストフィットな打ち方は人それぞれ。私は小学生の時、野球で遊ぶ時はよくプロ野球選手のマネをして打席に立っていました。もちろん一流の選手のマネをすれば打撃も向上するのではないかということでしていたのですが、初心者なので全く打つ事ができませんでした。。私がよくマネをしたのが「松井秀喜」「イチロー」でしたが、ルーティーンを含め、本当に特徴があり、マネをしやすかったのを覚えています。ちなみに一番よ [続きを読む]
  • アフロなサッカー選手をまとめてみた
  • 世界を動かすヘアースタイル。ワールドカップごとに注目されるのが目立った髪型をする選手です。例えば、ロベルト・カルロスのロべカルカット。ほぼ丸坊主ですが、おでこの上にわずかに髪の毛を残すカットです。これが流行った時、私は小学校でしたが周りの友達がロベカルカットに運動会の時にしてきて、先生に「その頭刈ってこい!」と怒鳴られていました。その時の思い出が鮮明に残っています。またイングランド代表のデイビット [続きを読む]
  • オードリーとオールナイトニッポン レビュー
  • 記念ブックが発売。「オードリーのオールナイトニッポン10周年」を記念して、オードリーとオールナイトニッポン、自分磨き編が発売になりました。この記念ブックですが、主に2009年〜2012年をピックアップして取り上げられています。初期から聞いているリトルトゥースにはたまらない一冊となっています。タイトルの「自分磨き」ですが、一般の人からしたら自分を磨く、という素晴らしい意味で捉えていますが、オードリーの中では、 [続きを読む]
  • 巨人選手の応援歌。個人的に好きなランキング
  • テレビで見ていてもワクワクする応援歌子供の頃からテレビでは巨人戦をやっていました。そのせいか、巨人の試合を多く見てきていました。中には、頭の中に残る「応援歌」がいくつもあり、登場テーマ曲から応援歌まで思わず口ずさんでしまったなんてこともあったりします。2018年の現在も野球を見続けており、特に巨人戦は多くの試合を見て来ました。そこで今回は完全に自分の好きな「巨人の選手の応援歌」をランキング形式でベ [続きを読む]
  • 清水エスパルスとちびまる子ちゃんの関係性
  • さくらももこ先生が2018年8月15日に逝去。ちびまる子ちゃんの作者でもある「さくらももこ」先生が2018年8月15日に乳がんのため逝去していた事が判明いたしました。ちびまる子ちゃんといえば、私が子供の時からずっと見てきたアニメ番組でもあり、何より「静岡県出身者」としてとても大好きだった番組でした。静岡県清水市を舞台にしたアニメは今も多くのファンがいることと思います。清水市といえば、もう一つの盛り上がりを見せて [続きを読む]
  • コスタリカ代表の要注意人物
  • 9月11日に対戦する国は2014年ワールドカップで旋風を起こしたあの国。森保ジャパンになり、重要な第二戦目の相手は、2018年ワールドカップ出場、そして2014年にはベスト8入りを果たしたコスタリカ代表です。2014年時にはワールドカップ直前に試合をして3-1で日本が勝っています。しかし、侮るなかれ、このコスタリカというチームは強豪国に打ち勝つ術を持っている貴重なチームです。日本も強豪国にはそれなりに戦えていましたが、 [続きを読む]
  • 静岡県にプロ野球球団が出来たら親会社はどこ?
  • ZOZOタウン社長がプロ野球の新規参入を目指す。7月中旬にZOZOタウンを運営しているスタートトゥデイの前澤社長がプロ野球球団を持ちたいとツイッターにて表明をしました。前澤社長といえば、誰もが知る日本でも有数の大富豪で、個人資産は3,000億を超えるともいわれています。当然、会社の時価総額も1兆5000億を超える大企業だ。そんな日本有数の大企業が参入を狙っているというのであれば、ヒヤヒヤなのは現在プロ野球球団を持っ [続きを読む]
  • フランス代表選手のルーツ、強くなった理由
  • ロシアワールドカップ優勝を果たしたフランス2018年のワールドカップはフランス優勝で幕を閉じました。当初フランスは、優勝候補とはいわれていたものの、ドイツ、スペイン、ブラジルなどに比べるとやや下馬評は低く感じました。それはおそらく、フランスが若いチームであることや、スターがいる国ではないことが挙げられます。また、ヨーロッパのクラブをみていても、ドイツ、イングランド、スペイン、イタリアの主要4か国に [続きを読む]
  • 珍しい変化球を操る選手達
  • 一流のピッチャーの球はどれも一流。 プロ野球の世界では、プロになることでさえ困難だが、その中で特に突出した能力を持っている者がいる。例えば田中将大。彼の武器といえば、消えて見えるくらいの「スプリット」。打者の手元で鋭く落ちるため、打者は消えたと錯覚する。例えば大谷の160キロ超えの「ストレート」。ストレートだけで打者は簡単に打つことができないので、もはや打つことが至難の業となっている。このように、大き [続きを読む]
  • 芸能界にいるリトルトゥース達
  • リトルトゥースってそもそも何?リトルトゥースとは、オードリーのオールナイトニッポンを聞いているリスナーの事を指します。当然私も「リトルトゥース」です。笑起源となったのが、レディーガガがファンの事を「リトルモンスター」と呼んでいた事から、じゃあオードリーのファンだったら、オードリーっぽく「リトルトゥース」だな。ということからきています。最近では、「春日」のトークゾーンのオチが、隣の人がリトルトゥース [続きを読む]