生活相談員 さん プロフィール

  •  
生活相談員さん: ライフサポートゆい
ハンドル名生活相談員 さん
ブログタイトルライフサポートゆい
ブログURLhttp://2ko2koyui.fukuwarai.net/
サイト紹介文福祉系の行政書士です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 88日(平均0.9回/週) - 参加 2018/04/05 03:44

生活相談員 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 眠らない街
  • A町の成年後見制度利用促進基本計画をダウンロード、地域社会振興財団の助成により作成したとのこと、編集した担当者(健康福祉課)の成年後見制度に対する意気込みを感じます。先日、東京で法人後見・初級業務研修に関する説明会に参加し、申込み・選考の結果、受講が認められました。シニアですが頑張ります。バスターミナルより撮影、眠らない街(写真)、私は帰りの高速バスで爆睡してました。(笑) [続きを読む]
  • 巣立つ
  • 家を建ててから20年以上、毎年ツバメが軒下に巣作りしています。「一陣カップル」が巣作り終了し、子が巣立つとすぐ「二陣カップル」が巣作りに来ます。毎年来るので、我が家の居心地がいいのか?でも、フン害には困ります。頭上注意、今年もそろそろ巣立つようです。(写真)  [続きを読む]
  • ガイドヘルパー
  • 昨年、県視覚障がい者福祉協会の同行援護従事者養成研修を受講しました。視覚障がい者の移動や外出先での代読・代筆などの視覚的情報の支援、移動の援護、排泄・食事等の介護や外出する際に必要となる援助など、4日間のカリキュラムで学びました。演習では2日間、視覚障がい者の方のご協力により、屋内移動や野外移動支援を学びました。同行援護事業は、国の責任において全国的に同じルールで実施される事業(自立支援給付)です [続きを読む]
  • 家庭養護へ
  • 児童福祉の分野では、施設養護(児童福祉施設)から家庭養護(里親、養子縁組など)への移行が求められています。先日、個人として児童相談所による里親入門講座に参加させていただきました。里親認定については、相談、調査・研修後、県社会福祉審議会での審議を経て里親として登録されると、里親名簿に登録されます。児童相談所では、里親について個別に相談したい方を対象に、予約制で個別相談会が行われています。また、特別養 [続きを読む]
  • シニアの職場
  • 県は平成26年度から「シニア向け介護職員初任者研修」を開講しています。 130時間受講すれば、ホームヘルパー2級にかわる資格「介護職員初任者研修」の修了証を取得できます。応募資格は、県内に住む概ね60歳以上の方。私は、57歳で受講しました。受講者の半数が男性、仲間とは今でも交流があります。シニアの職場として今、介護の現場が注目されています。介護の仕事は、主に施設介護と家庭を訪問する訪問介護があります。 [続きを読む]
  • 親心の記録
  • 親心の記録は、障害のある子をもつ親たちが「親なきあと」子供を支援してくれる方々に、子供が安心して人生を全うできるよう、書留めて託すノートです。(クラウドファンディングで配布)記入例として、親として「この子の障害が分かった時から、親としてはできるだけ楽しい人生を送ってほしい、つらい思いをしないでほしい、という願いで育ててきました。」 子供の健康について「本人が理解できないと思いますので、告知はしな [続きを読む]
  • 新しいこと
  • 昨日、県行政書士会(支部長さん)に行政書士登録申請書類を提出、5月中旬には新会員になれそうです。士業ブログでは、「3年で9割が廃業」とか、「殆どの行政書士が専業では食べていけない」、また「他と差別化を図らないと生き残っていけない」という情報が・・ある程度の現実も承知しています。私の住む県には、約740名の登録者が、余りの多さに驚きました。資格取得で一年間、お世話になった中央福祉学院(一度きりの人生、 [続きを読む]
  • あいさつ
  • 私の住む地域では、農作業などで互いに力を貸し合う、助け合うという結い(ゆい)が行われていました。また、隣組なども結いの一種と言われており、相互扶助の精神をつなげていきたいと思い事務所の名称にしました。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …