shebrokeherwrist さん プロフィール

  •  
shebrokeherwristさん: 十番ホネ日記
ハンドル名shebrokeherwrist さん
ブログタイトル十番ホネ日記
ブログURLhttp://shebrokeherwrist.seesaa.net/
サイト紹介文生まれて初めて骨折、突然両手が不自由な身になった日々から改めて感じること、住む街や暮らしの折々の記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 16日(平均3.5回/週) - 参加 2018/04/05 16:15

shebrokeherwrist さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • その坂を下りて
  •  春が一気に訪れたような3月初めのあたたかい日。 一の橋の交差点近くから、車やバスが行き交う大通り、麻布通りを渡って二の橋の方へ歩きます。 二の橋の交差点から仙台坂の方へ上がってもいいのですが、それではあまりおもしろくないのでちょっと手前の小道を右に入ります。まっすぐすすみ、網代通りを抜けて雑色通りへ。雑色通りを左に折れると、少し先に天然記念物大イチョウで有名な麻布山善福寺が見えます。 その先にす [続きを読む]
  • 手負いの右手で
  •  右手を痛めてから、うまくできないものの左手でやったり、少々重いものは右手のひじやお腹で支えて左手で持ったりといろいろ工夫。助けてもらいながら、なんとかできることはしようと心がけていました。今度はその頼みの綱だった左手がダウン。これから頼るのは折れてから約1か月半が経過した治りかけの右手です。  付着したホネはどの程度硬く強くなっているのでしょうか。先生の話では、右手を使ってかまわない、とのことでし [続きを読む]
  • お茶にしましょう
  •  自然にはやく治るように、わたしは外出を必要最小限に控えおとなしくすごしていましたが、閑居して日にちがたつうちにだんだん気持ちがゆるんできます。以前ふつうにできていたことをあまり注意も払わずについやってしまいます。横着にも、これぐらいならだいじょうぶ、と高を括って。 翌日病院で見たX線写真には、右手首ほどくっきりした裂け目ではないものの、ぼやぼやと白っぽく写っている負傷箇所が見えました。「偶然こう [続きを読む]
  • ううぅ、左手も……
  •  右手首のホネは折れてはいたのですが、幸い骨折部にずれ(転位)は見られず手術などは必要ないものでした。固定も着脱のらくな固定器具サポーターによるもの。もちろん痛いのは痛いし、利き腕の右手が使えない不自由さやいらだたしさはありますが、静かにすごしある期間がたてばホネが癒合してもとの状態にもどるはずでした。 ところが梅の季節がすぎ、ひな祭りが近い2月28日。1週間ぐらい前に整形外科の先生からは「だいぶよ [続きを読む]
  • 手首のホネ、折れています
  •  satoshiには「必ずはやく病院に行くから」と約束。強く打ったらしい左ひざと右手首を湿布剤でグルグル巻きにし、歯医者さんで貰ったものの飲まなかった消炎鎮痛剤を飲んで、13日の土曜日から、日、月、火曜日までほとんどベッドで横になってすごしました。 火曜日あたりからゲキレツだった左ひざの痛みもだんだん薄らいできて杖なしでもなんとか歩けるようになったのです。うれしい! この週ぐらい安静にしていればよくなるか [続きを読む]
  • バタン! と倒れたのよ
  •  4月6日、金曜日。街のあちこちに春の花がいっぱい。でもときおり強い風がびゅうと吹いて髪の毛がワァーと逆立ちます。わりあいあたたかいのですが風が吹くとちょっと肌寒い、春らしいお天気の日。 かかっている近くの整形外科で、右手首にキセノン光線、同時に痛めた左ひざにレーザーの照射をしました。どちらも温めて血液の流れをよくし痛みを和らげる効果があるもの。週に2回ほど通っています。  右手首を折ったのは1月13 [続きを読む]
  • 母の命日に
  •  4月3日。通り抜けた新広尾公園のサクラはほとんど散って、みずみずしい緑の葉がとき折りの風に小さく揺れていました。 この日は母の命日。亡くなったのは18年前です。体調がよくないので検査入院し、あっという間に集中治療室で息を引きとりました。当時ホネの問題も抱えていたのですが、亡くなった原因は膠原病系の血管炎によるものです。呆然と立ちすくんだ日でした。 Satoshiがパティオ十番近くの花屋さんで、母が好きだっ [続きを読む]
  • 過去の記事 …