ふまんだらけ さん プロフィール

  •  
ふまんだらけさん: ふまんだらけのソーシャルレンディング
ハンドル名ふまんだらけ さん
ブログタイトルふまんだらけのソーシャルレンディング
ブログURLhttp://fanblogs.jp/humandarake/
サイト紹介文当BLOGは30代会社員の私ふまんだらけがソーシャルレンディングに投資する記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 79日(平均5.1回/週) - 参加 2018/04/05 23:53

ふまんだらけ さんのブログ記事

  • 読書のすゝめ
  • 私ふまんだらけが小説・専門書・コラムなどすべての読み物を読む際に心掛けていることがある。それはただ文章を読むのではない。文章を本当の意味で自分自身のものにするには積極的に思考を重ね、自らを問う行為が必要である。つまり文章を理解することと同時に「行間を読む」だけでなく「行間に書く」ことを通じて、余白にある著者の言葉にならない思いを形にすることが大切である。◇理論的なことと実践的なこと技術の知識つまり [続きを読む]
  • Pre Reit Fundに投資しない理由
  • 日本にソーシャルレンディングがエンドユーザー向けに展開してから10年以上の歳月が流れました。ここ2、3年でソーシャルレンディング業者が多く誕生したため個人投資家の多くは経験年数はまだ浅い方が大半です。もちろん私ふまんだらけもその内の一人です。株やFXと違って一度投資すれば償還されるまで基本何もやることはなく、おまけに日々の元本の変動がないことから預金好きの日本人には好まれる土壌が揃っています。もちろん事 [続きを読む]
  • OwnersBookのイメージ
  • トーマス・エジソンは「天才とは1%の閃きと99%の努力である」とは、言うは言ったけれど本当は「1%の閃きが無ければ、99%の努力は無駄である」という意味だとか、ナポレオンは「吾輩の辞書に不可能の文字はない」ではなくて「不可能という言葉はフランス語ではない」といったんだとか言います。実のところ歴史上の名言は大抵が第三者による脚色やイメージで語られていることが多々あり、言った本人が聞いたら、かなり不本意なん [続きを読む]
  • ふまんだらけのおススメの一冊
  • 今日は会社を出るのが早かったので、帰宅後はウォーキングをしました。川辺に心地いい風が流れる中、夜空を見上げると「都会の星空」が幾千も輝いていました。22時過ぎだというのにいまだに明るい。働き方をチェンジすると叫ばれて久しい現代ですが、矛盾だらけのオフィス街を後に帰路へ。◇「半年だけ働く。」村上アシシ10代の頃から、30歳までに年収1000万円になりたいと考えており、東京理科大学卒業後は外資系コンサルティング [続きを読む]
  • Trust Lendingの新案件
  • ◇Trust Lendingセレクトファンドの考察現在Trust Lendingで募集されている「Trust Lendingセレクトファンド」については、私ふまんだらけも50万円程投資をしています。債権担保付事業者ローンという記載があることから「債権譲渡担保」ということなので、平たくいうとファクタリング案件です。ファクタリングについてはソーシャルレンディングを利用する事業者は危険か?で詳しく記載しているので参考にしてください。さてファク [続きを読む]
  • 投資状況一覧〈2018/5/31〉
  • 下記の表のとおりGAIA FUNDINGの未確定分の配当が確定しました。前回投資状況一覧〈2018/5/16〉でもお知らせしているとおり5月末の分配金合計141,894円(税込み)になります。投資残高も総額22,733,805円に回復しています。ただし50万円程の資金が保留になっている状態です。さて今月は待ちに待ったボーナス支給日の日です。今月あたりから支給される方は多いのではないでしょうか。ボーナスの使い道ですが全額ソーシャルレンディ [続きを読む]
  • Trust Lendingに投資しました
  • 前回のTrust Lendingに投資しましたに引き続き「Trust Lendingセレクトファンド」に投資を実施しました。アップルバンクやポケットファンディングから引き揚げた資金のスイッチ投資先としてはTrust Lendingへ資金を移動しています。その結果、今回の投資で投資額は300万円程に上昇しています。◇ソーシャルレンディングに投資をするというリスク認識以前では案件の個別リスクに注目が集まっていましたが、最近では一番のリスクとし [続きを読む]
  • キャスティングされた個人投資家の運命
  • 配当が6%〜10%の高配当を謳う投資案件は過去にも多くありました。あるじゃんなどの雑誌には必ずと言っていいほど広告が出ていた「あぐら牧場」や「ラブホテルファンド」などは結果的にポンジスキームを模した詐欺ファンドでした。いつの時代も個人投資家が被害を受ける構図は変わりません。騙される方にも責任があるとか、法整備の厳罰化などを求める方もいます。しかし、現に被害を受けてしまっている渦中の投資家にとっては、 [続きを読む]
  • 当BLOGのアフィリエイトの取り扱い
  • ◇おかげさまで50記事達成2018年3月21日にBLOGを開始して以来、累計で50記事に到達しました。巷では100記事を投稿するまでは世間に認知されずらくPVも伸びないと聞いていました。FANBLOGのアクセス解析を使用して皆様に報告したBLOGの読者推移と目標では、4月のPVは1万を余りとなった旨を記載したところ、実数は1/4位ではないかとの指摘をコメントで頂き、早速調査、5月上旬からGoogleのアナリティクスを使用して計測したところ、 [続きを読む]
  • 理想と現実のギャップ
  • おはようございます。本日は星野珈琲店で訪問しています。オープンして初めての週末を迎えましたが開店25分で満席という繁盛ぶり、皆さんどんだけ早起きなんでしょうね( ゚Д゚)Wi-Fiは使用できないので、まだノマドは少ない、というか田舎なので人がいないだけなのかも知れませんが・・・。◇Green Infra Lendingのリスクさてグリーンインフラレンディングが独立系のメディアにスッパ抜かれたりして、ソーシャルレンディング業界の [続きを読む]
  • 見た目に惑わされない
  • ◇「敗者」と「勝者」を隔てるものは?勝者は勝者扱いされなければ勝者たり得ない。勝者と敗者を隔てるものは、周囲の者による取り扱い方により大きく影響される。それは絶対的な価値ではなく相対的な価値判断でなされる。つまり、勝者の絶対条件は能力ではない。大切な条件は「数が少ない」ことが極めて重要である。ともすればマイノリティは集団の中では不利な立場に置かれている。そのため周囲からの理解を得られるかの如何によ [続きを読む]
  • OwnersBookの「墨田区マンション用地第1号ファンド第1回」について
  • ◇墨田区マンション用地第1号ファンド第1回OwnersBookから5月22日18時に「墨田区マンション用地第1号ファンド第1回」の案件がリリースされます。今度は前回と違って直前キャンセルにならないように祈りましょう。さて肝心な担保価値ですが、OwnersBookの評価では46,500万円とのことです。どんなに高くても1?の単価は60〜75万円が限界ではないでしょうか。また9階建てということなので、建築できる範囲は大体絞り込めています。〈 [続きを読む]
  • Trust Lendingに投資しました
  • 先日の投資状況一覧〈2018/5/16〉でもご報告しましたが、前月比に比べて投資総額が減少していました。投資先保留になっていた資金を活用してその一部を「債権担保付ローンファンド143〜146号」に投資をしました。原発の除染関連の業務は、考えている以上にすそのが広いです。今回の散布の件とは別案件になりますが、ある事業主とお話する機会がありました。その方曰く夏頃から除染関連の業務に従事するとお話されており、私ふまん [続きを読む]
  • 投資状況一覧〈2018/5/16〉
  • 今月5月の分配金は下記の表のように141,894円になりました(注:GAIA FUNDINGはまだ未確定のため予定値)。前月報告した投資状況一覧〈2018/4/28〉より726円減少していますが収入に対して大きな変更もなく、今月も順調に推移しています。一方で投資残高が減少していることに加え、今年からは業者及び案件の選別に力を注力しています。そのため今後は一時的に利回り低下に伴う分配金の減少が見込まれますが、会社員の必殺技「入金投 [続きを読む]
  • 投資家は経営者である
  • 会社経営者はヒト・モノ・カネの経営資源を如何に配分して利益をあげるかの「投資判断」を日々している。リスクを最小限にしてリターンの最大化に努めているといえるだろう。それは投資家の視点もまったく同じで、あらゆる情報を集約していく中で、リスクと向き合いながら自身の投資リターンの最大化を図っている。ソーシャルレンディングにしろ株にしろ投資で得る利益を「不労所得」と考える者も多くいるが、投資判断が求められる [続きを読む]
  • 「行動」からすべては始まる
  • 私ふまんだらけは、読書にお金は惜しまない生活をしています。月平均でだいたい2万円位を予算として割り振っています。10代の頃はまったく読書をしていなかったのですが、今では休日に音楽を聴きながら家でゆっくり読むのは至福のひと時です。読書の良い点は「出会うコトバによって人を変える力」を秘めているといったところでしょうか。誰もが後の人生において影響を受けた一冊の本というものがあると思うんですよ。私ふまんだら [続きを読む]
  • フィンテックがもたらす「搾取」と「利便性」
  • ◇不足する生活費は給料前払いアプリを活用給料前払いアプリのPaymeにより、その月に働いた分の給料がすぐに前払いされる。週末になるとお金が足りなくなる人にとっては便利な仕組みだ。利用には引き出し額の最大6%の手数料が発生する。給料ということは月次の利息であるため年率換算だと72%の利息が天引きされていることになる。前借り額が少額だと認識することは少ないが、実際に数字に置き換えるととんでもない高利息になる。 [続きを読む]
  • Crowd Bankの累計応募金額が300億円を突破しました
  • ◇Crowd Bankに投資をしましたCrowd Bankの良いところは、はじめて投資をする方にとって、何といっても最低1万円以上から1000円単位で投資ができるところでしょう。また比較的短期の案件も豊富にリリースされていますので、資金の拘束期間も短くて済みます。過去にCrowd Bankは行政処分を受けたこともある企業ですが、経験を活かして今回までに上手く立て直して300憶円という累計応募額に達成しています。一部償還がありましたので [続きを読む]
  • 格差が拡がる「思考」の分岐点
  • ◇他人に理由を求めているうちは幸せになれないソーシャルレンディング投資が上手くいっている時は良いですが、ひとたび結果が出ないスランプに陥った状態になると、インターネットを通じてスマホなどにより他人とのコミュニケーションを多く取る人の心理は、不安定に陥りやすい。現代はSNSなどにより、良くも悪くも瞬く間に情報が拡散し、やがてはあなた自身の耳にも届くだろう。投資家自身に確固たる「意識とビジョン」が無けれ [続きを読む]
  • OwnersBookから大型案件が登場しました
  • OwnersBookから立て続けに新規案件の「新宿区マンション用地第1号ファンド」が5月11日にリリースされることになりました。以前OwnersBookとSBI Social Lendingに投資しました。でもお知らせした際の募集額は1億4010万円であり、大変人気が高く10分程で完売した案件でした。今回の募集額はそれよりも大きく総額4億5010万円の規模があります。前回準備をしながら投資ができなかった投資家の方々には是非とも挑戦して頂きたいです。恐 [続きを読む]
  • 面白いことに出会うために行動する
  • ◇他人のために自分を犠牲にするな昨年前半OwnersBookに投資するために資金を積み立てていた時期があります。当時は今ほどまだ知名度がありませんでした。ソーシャルレンディングを始めたころからの付き合いで定期的に購入をしていましたが、メディアへのOwnersBookの露出度が増すにつれ、次第に 合戦に私ふまんだらけは巻き込まれいきます。結果的に投資できないことが状態化していました。人気が出ることは非常に喜ばしい [続きを読む]
  • OwnersBookとSBI Social Lendingに投資しました。
  • 前回のOwnersBook募集の「渋谷区商業ビル第2号ファンド第1回案件」についてでお知らせした案件とSBI Social Lendingで今週の月曜日に募集されたSBISLメガソーラーブリッジローンファンド14号に無事投資が出来ました。下記のとおり、OwnersBookでは1億4010万円の募集枠に378人、SBI Social Lendingでは17億2800万円の募集枠に2349人が投資されています。今回は以前報告をした投資状況一覧〈2018/4/28〉より保留していた100万円分を [続きを読む]
  • ラッキーバンクの功罪
  • 設立以前から私ふまんだらけが「ラッキーバンク」に投資をしてこなかった理由のひとつとして「自己取引」であったことが挙げられます。レンダーから回収した貸付先がラッキーバンクの「不動産」の同族会社であるという一点が懸念材料でした。当時から東京都内の担保物件を背景にした比較的高利な案件を矢継ぎ早に提供し、代表者も若者で勢いがある事業者でした。その結果かどうかは判断できませんが、案件毎に瞬間蒸発するなど投資 [続きを読む]
  • 平凡な会社員が「お金持ち」なるためのマインド
  • 世の中には9連休中の方も居るとは思いますが、私ふまんだらけは本日からG.W.に復帰です。前半の3日間は自分の時間が全く持てなかったので、後半の4日間を丸々使用できることに非常にテンション上がっております(笑)。本日部下は全員出勤、管理職は休みということに軽い殺意眩暈がありましたが、そんな些細なこともこの際水に流しましょう。◇ストレスの無い生活を目指す「お金持ち」と聞いて読者の皆様はどんなイメージを思い描 [続きを読む]