ふまんだらけ さん プロフィール

  •  
ふまんだらけさん: ふまんだらけのソーシャルレンディング
ハンドル名ふまんだらけ さん
ブログタイトルふまんだらけのソーシャルレンディング
ブログURLhttp://fanblogs.jp/humandarake/
サイト紹介文当BLOGは30代会社員の私ふまんだらけがソーシャルレンディングに投資する記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 248日(平均2.0回/週) - 参加 2018/04/05 23:53

ふまんだらけ さんのブログ記事

  • 税務署の差押えについての補足
  • 先日投稿したブログに貴重なコメントを頂きました。A様、貴重な情報ありがとうございました。この場を頂いてお礼を申し上げます。A様のように、事業者をしっかり監視できる方は、今後も貴重な存在だと思います。今後ともご指導ご鞭撻よろしくお願いします(*・ω・)さて税務署の差押えについて、少し私の考えをお答えしたいと思います。ただし、あくまで私ふまんだらけの主観ですのでご承知おき下さい。結論を申し上げると「できる」 [続きを読む]
  • Green Infra Lendingと税務署の差押えについて
  • ご存知の方が多いと思われますが、Green Infra Lendingの遅延の進捗状況についてJCサービスから発表がありました。maneoマーケットから正式な発表はないので、私ふまんだらけから何か確定したことは現状申し上げることはできません。それよりも今回ふまんだらけが気になったのは、FACTAの「2018年12月号 BUSINESS [落選政治家の醜業]」の記事です。見出しで下記のような気になる一文がありました。(記事抜粋)グリーンインフラレ [続きを読む]
  • OwnersBookの「練馬区マンション素地第1号ファンド第1回 」について
  • 連日のボヤキをお許し下さい。しかし、OwnersBookがあまりに偏ったスタンスだったので連日で投稿することになりました。私ふまんだらけは、OwnersBookに恨みはまったくありません。しかし世間では蝶よ花よともてはやされるOwnersBookについて、しっかりと言うべきことは言わないと健全な業界の発展に繋がらないので、現在のOwnersBookと投資家の立ち位置について、少し指摘しておきたいと思います。住居兼作業所ということなので評 [続きを読む]
  • maneoとmaneoグループでの追加投資について
  • Twitterをご覧になっている方はご存知と思いますが、グリーンインフラレンディングの一件で、私ふまんだらけは7月26日に【maneoマーケット(株)主催】投資家向け合同説明会に参加して来ました。2回目の抽選でふまんだらけは無事に招待されましたが、周囲を見渡しても出席者は20名程と少数。その際にmaneoの代表である瀧本社長にお会いすることができました。直接お会いして質問する機会を得たのはじめてのことです。事前に各種メ [続きを読む]
  • ソーシャルレンディング時代に投資家が生き残る方法
  • ◇自分なりのゴールが見据えているかこのBLOGを読んでいる読者の方々は既にご承知していると思いますが、TATERUFundingという小口で投資ができる不動産型のソーシャルレンディングがあります。人気の秘密は様々あるでしょうが、特色としては短期の貸付で事業者も参加するセイムボート型の投資と私ふまんだらけは考えています。口座開設はしているものの、現状では投資を控えています。というのも、現状の投資対象である個人の方が [続きを読む]
  • 不動産フィンテックの次なる一手
  • ◇不動産市場の転換点不動産の流動性を高めたのが90年代から日本に本格導入された証券化が契機となりました。それまでは実物不動産の売買が中心であった不動産業界において、信託受益権を小口にペーパー化して誰にでも気軽に投資できる環境が整備されるようになります。当時金融方面の要請でデューデリジェンスなどを通じて不動産の情報開示が進み、金融関係者をはじめ一般の方々に向けてブラックボックスとなっていた不動産の実態 [続きを読む]
  • 不動産の将来予測は困難?
  • ◇東京の変遷東京が焼け野原になってから目覚ましい発展を遂げるまでに成長できたことは欧米からは「東洋の奇跡」と呼ばれていた。それもそのはずで、1000万人を超える人口を有するメガシティに初めて到達した都市はニューヨークで1950年代の出来事であり、その僅か10年後の1960年代に東京はメガシティに到達した世界で2番目の都市であった。世界から一目置かれる都市と豹変した東京が急成長を遂げる足掛かりとなったのは「朝鮮戦 [続きを読む]
  • 飛躍的に成長する思考・考え方
  • ◇前進しないものは後退していく何かを成し遂げた人とそうでない人の違いは明白で、「行動に移したか」否かがすべてだろう。現在の職業や年収、資産等を前提に考えて行動をしてはいけない。過去ベースの思考ではなく、規定外の考え方つまりは、常に今回が初めてだという想いで、自己投資を始めること、行動に移すこと、そして努力を積み重ね続けて行くこと。過ぎ去った過去の思考の産物にいつまでも縛られていては、この先の飛躍的 [続きを読む]
  • 本日からBLOG再始動デス(^^)/
  • ◇今後のソーシャルレンディングの運営方針1カ月ほどBLOG更新せずご心配をおかけしました。BLOGを更新しない間に、私ふまんだらけのソーシャルレンディング投資の比重が随分と変更になっています。これはグリフラやSBISLの遅延等による影響を受けて変更になったものではなく、昨年末からポジション調整の一環として取り組んでいる結果です。具体的に言いますと運用資金が2000万円を割り込んでいます。現状ソーシャルレンディング業 [続きを読む]
  • maneoとGreen Infra Lendingに一言
  • ◇「納得」に想いを馳せる投資家なんでもかんでも、無意味な中に意味をこじ付ける愚か者。これがなきゃ駄目だとか、あれが生きる意味だとか、それこそ自分が果たす使命だとか、本来この世に絶対表現しないといけないことなんてものはない。そこに意味はなくても、人は誰でも都合よく作り話を創造するし、意味もなく真実を隠したり、真相を誤魔化したりもする。好きなように嘘をつくこともあるだろう。ストーリーという「嘘」の舞台 [続きを読む]
  • 読書のすゝめ
  • 私ふまんだらけが小説・専門書・コラムなどすべての読み物を読む際に心掛けていることがある。それはただ文章を読むのではない。文章を本当の意味で自分自身のものにするには積極的に思考を重ね、自らを問う行為が必要である。つまり文章を理解することと同時に「行間を読む」だけでなく「行間に書く」ことを通じて、余白にある著者の言葉にならない思いを形にすることが大切である。◇理論的なことと実践的なこと技術の知識つまり [続きを読む]
  • Pre Reit Fundに投資しない理由
  • 日本にソーシャルレンディングがエンドユーザー向けに展開してから10年以上の歳月が流れました。ここ2、3年でソーシャルレンディング業者が多く誕生したため個人投資家の多くは経験年数はまだ浅い方が大半です。もちろん私ふまんだらけもその内の一人です。株やFXと違って一度投資すれば償還されるまで基本何もやることはなく、おまけに日々の元本の変動がないことから預金好きの日本人には好まれる土壌が揃っています。もちろん事 [続きを読む]
  • OwnersBookのイメージ
  • トーマス・エジソンは「天才とは1%の閃きと99%の努力である」とは、言うは言ったけれど本当は「1%の閃きが無ければ、99%の努力は無駄である」という意味だとか、ナポレオンは「吾輩の辞書に不可能の文字はない」ではなくて「不可能という言葉はフランス語ではない」といったんだとか言います。実のところ歴史上の名言は大抵が第三者による脚色やイメージで語られていることが多々あり、言った本人が聞いたら、かなり不本意なん [続きを読む]
  • ふまんだらけのおススメの一冊
  • 今日は会社を出るのが早かったので、帰宅後はウォーキングをしました。川辺に心地いい風が流れる中、夜空を見上げると「都会の星空」が幾千も輝いていました。22時過ぎだというのにいまだに明るい。働き方をチェンジすると叫ばれて久しい現代ですが、矛盾だらけのオフィス街を後に帰路へ。◇「半年だけ働く。」村上アシシ10代の頃から、30歳までに年収1000万円になりたいと考えており、東京理科大学卒業後は外資系コンサルティング [続きを読む]
  • Trust Lendingの新案件
  • ◇Trust Lendingセレクトファンドの考察現在Trust Lendingで募集されている「Trust Lendingセレクトファンド」については、私ふまんだらけも50万円程投資をしています。債権担保付事業者ローンという記載があることから「債権譲渡担保」ということなので、平たくいうとファクタリング案件です。ファクタリングについてはソーシャルレンディングを利用する事業者は危険か?で詳しく記載しているので参考にしてください。さてファク [続きを読む]
  • 投資状況一覧〈2018/5/31〉
  • 下記の表のとおりGAIA FUNDINGの未確定分の配当が確定しました。前回投資状況一覧〈2018/5/16〉でもお知らせしているとおり5月末の分配金合計141,894円(税込み)になります。投資残高も総額22,733,805円に回復しています。ただし50万円程の資金が保留になっている状態です。さて今月は待ちに待ったボーナス支給日の日です。今月あたりから支給される方は多いのではないでしょうか。ボーナスの使い道ですが全額ソーシャルレンディ [続きを読む]
  • Trust Lendingに投資しました
  • 前回のTrust Lendingに投資しましたに引き続き「Trust Lendingセレクトファンド」に投資を実施しました。アップルバンクやポケットファンディングから引き揚げた資金のスイッチ投資先としてはTrust Lendingへ資金を移動しています。その結果、今回の投資で投資額は300万円程に上昇しています。◇ソーシャルレンディングに投資をするというリスク認識以前では案件の個別リスクに注目が集まっていましたが、最近では一番のリスクとし [続きを読む]
  • キャスティングされた個人投資家の運命
  • 配当が6%〜10%の高配当を謳う投資案件は過去にも多くありました。あるじゃんなどの雑誌には必ずと言っていいほど広告が出ていた「あぐら牧場」や「ラブホテルファンド」などは結果的にポンジスキームを模した詐欺ファンドでした。いつの時代も個人投資家が被害を受ける構図は変わりません。騙される方にも責任があるとか、法整備の厳罰化などを求める方もいます。しかし、現に被害を受けてしまっている渦中の投資家にとっては、 [続きを読む]
  • 当BLOGのアフィリエイトの取り扱い
  • ◇おかげさまで50記事達成2018年3月21日にBLOGを開始して以来、累計で50記事に到達しました。巷では100記事を投稿するまでは世間に認知されずらくPVも伸びないと聞いていました。FANBLOGのアクセス解析を使用して皆様に報告したBLOGの読者推移と目標では、4月のPVは1万を余りとなった旨を記載したところ、実数は1/4位ではないかとの指摘をコメントで頂き、早速調査、5月上旬からGoogleのアナリティクスを使用して計測したところ、 [続きを読む]
  • 理想と現実のギャップ
  • おはようございます。本日は星野珈琲店で訪問しています。オープンして初めての週末を迎えましたが開店25分で満席という繁盛ぶり、皆さんどんだけ早起きなんでしょうね( ゚Д゚)Wi-Fiは使用できないので、まだノマドは少ない、というか田舎なので人がいないだけなのかも知れませんが・・・。◇Green Infra Lendingのリスクさてグリーンインフラレンディングが独立系のメディアにスッパ抜かれたりして、ソーシャルレンディング業界の [続きを読む]
  • 見た目に惑わされない
  • ◇「敗者」と「勝者」を隔てるものは?勝者は勝者扱いされなければ勝者たり得ない。勝者と敗者を隔てるものは、周囲の者による取り扱い方により大きく影響される。それは絶対的な価値ではなく相対的な価値判断でなされる。つまり、勝者の絶対条件は能力ではない。大切な条件は「数が少ない」ことが極めて重要である。ともすればマイノリティは集団の中では不利な立場に置かれている。そのため周囲からの理解を得られるかの如何によ [続きを読む]
  • OwnersBookの「墨田区マンション用地第1号ファンド第1回」について
  • ◇墨田区マンション用地第1号ファンド第1回OwnersBookから5月22日18時に「墨田区マンション用地第1号ファンド第1回」の案件がリリースされます。今度は前回と違って直前キャンセルにならないように祈りましょう。さて肝心な担保価値ですが、OwnersBookの評価では46,500万円とのことです。どんなに高くても1?の単価は60〜75万円が限界ではないでしょうか。また9階建てということなので、建築できる範囲は大体絞り込めています。〈 [続きを読む]