落ち着けダルマ さん プロフィール

  •  
落ち着けダルマさん: 娘の部活動記と親のぼやき
ハンドル名落ち着けダルマ さん
ブログタイトル娘の部活動記と親のぼやき
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/potakotennis/
サイト紹介文ソフテから硬式テニスへ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 65日(平均4.0回/週) - 参加 2018/04/06 13:28

落ち着けダルマ さんのブログ記事

  • 全国選抜の近畿枠
  • 何か情報がないかと調べまくりました。笑意外としっかりと載ってるものがないのね。。。テニスって日本においてはマイナースポーツなのかと感じる今日この頃ですだけど1つだけ下記記事をみつけたよ第38回(2016年春大会)での団体戦地域割り当て枠における記事を。■大会実... [続きを読む]
  • 全国選抜への道〜秋総体の展望
  • いまだにまだあの春総体敗戦からモヤモヤが残ったまま。。ということで、切り替えるためにもその先を見てこ 笑秋だ秋!!!秋総体 笑 ←早すぎ3年が引退しての秋は新人戦(1・2年大会)となる。それと、団体戦は5本制!!!シングルス3本!!!ダブルス2本!!!よっしゃ... [続きを読む]
  • 3年生引退にあたり
  • 娘の1つ上の3年先輩たちが部活を引退し、チームを去った。まぁどこの学校にもそういう引退式というものはあると思うんだが、先日その引退式を少し覗かせてもらった。1人1人の挨拶を少し遠めから眺めながら、涙ながらにこんな言葉が聞こえてくる。。。「インハイいけなくて悔... [続きを読む]
  • インハイ予選振り返り
  • 娘の個人戦と、チームの団体戦を分けて振り返るまず個人戦...■シングルスその日、仕事で観戦ができてないので、スコアだけみる。2Rで3-6負け。相手はDA枠のジュニア経験者。おそらく初戦ということもあって、力が入って、ミスして自滅でしょう。いつもの癖です。スコアも悪... [続きを読む]
  • 敗戦
  • 昨日からはじまった、春季高校総体・インターハイ予選滋賀大会娘はシングルス:ベスト32(本戦2R初戦敗退)、ダブルス:ベスト16(2R敗退)団体:ベスト4(SFスコア2-1)という結果に終わった。正直、団体SFで膳所に負けたのは悔しい、悔しすぎるぅぅぅぅぅ.....マッチポイン... [続きを読む]
  • 30年度春季総体開幕
  • いよいよ、全国高校総体(インターハイ)予選が始まった3年生にとっては高校最後の大会予選の結果をみても、予選1Rで負けてしまった選手ブロック決勝で惜しくも本戦へ手のとどかなった選手初めて本戦に上がった選手過去の戦績みても、え?この子負けたのか、、ってやつもたく... [続きを読む]
  • チーム最大パフォーマンスに
  • 日大アメフト事件の件、まだまだ波紋を広げてる。なんでこんな大きな事件になってしまったのか。問題はたくさんある。わたしが思うことを書く。少し前にわたしが書いた記事、指導者と選手との「距離」、その中で産まれる「信頼」、信頼から産まれる最大のパフォーマンス。厳... [続きを読む]
  • 1ポイントに泣く
  • テニスをみていると、この1ポイント、ここが大事。っていう場面がよくある過去を振り返ると娘のテニスもよくそんな場面があったな。特に負けた試合。あのときあのポイントを取ってればっていうポイントは数多くみた特に覚えてるのは、中学近畿総体の2R、勝てた試合だった。... [続きを読む]
  • 日大アメフト事件②
  • 先週からTOPニュースで扱われるこの事件。まぁ間違いなくこれは監督指示。この監督内田氏の空港でのメディアに対してのコメント。。。あぁもうこいつはダメだ、、、笑ってしまうレベル。選手のこと、アメフト界のこれからを考えるなら、なぜ、正直に自分の指示だったと、体制... [続きを読む]
  • 日大アメフトの事件
  • あの悪質な殺人タックル映像をみた瞬間「へ??????なんやこれ!!!!!」日大アメフト部って「名門」?よな?あのタックルを監督が指示をしたとかどうとか。。。だけどさ、もう名門とかうんぬんとかそんなの関係ねーな。ありえん、ありえん....相手無防備状態で、背後... [続きを読む]
  • ドロー運
  • テニスでよく耳にするドロー運先日のWOWOWで錦織圭がGSタイトルと取るのに必要なものに世界の伊達君子は「ドロー運」と答えたのを見た。そう。総当りでない総体やJr大会ではドローによって、順位が変わり、獲得ポイントに大きく左右されるもの。だからこのドロー運はめちゃく... [続きを読む]
  • 大事な1stポイント
  • テニスをみていてよく思うのは、1ゲームの中での最初の1ポイント目の重要性最初にポイントをとれば、15−0となるわけだけど、逆に取られると0−15この差ってめちゃくちゃでかい気がするんだよねもし最初にポイントを取れたとして、連続ポイントできれば次は30−0... [続きを読む]
  • 充実の9日間遠征
  • さて、ようやくGW休暇も終わったけど、自分が若いときにはこういった長期連休は「あぁぁぁ明日から仕事行きたくねぇ〜〜〜っ」て感じやったけど今となっては、どおってことなくなってきました笑これはおっさん(じじい)化現象でしょうか。。。世の中はGW休暇といえど、娘は9... [続きを読む]
  • 褒めることと信頼関係とチーム力
  • あるR大教授の研究に目が留まったこの教授は監督やコーチといったリーダーと選手であるフォロワーとの関係に注目し、どうすれば「勝つチーム」がつくられるのかを調査・研究している。以下、教授の様々な調査研究から得た結果である・・・『いいチームだな』と感じるチームで... [続きを読む]
  • ドローとかランキングとか
  • ジュニアのランキングのつけ方ってほんとによくわからんしかも滋賀のJrランキングってなんでオープンになってないの他の府県はちゃんとオープンになってるのにね。なんでなん?あと、年次の試合計画もでてくるの遅いよ。京都はもうでてるし、協会HPの作りこみもしっかりして... [続きを読む]
  • 身体のケアと休養
  • 真剣にスポーツをしてる人にとって身体のケアって、そのスポーツのテクニックと同じくらい大事なんですよね。昨日錦織圭くんがケガから復帰して、マスターズでファイナルまでいきましたが、例えば、ナダルも、フェデラーも、マレーも、ジョコもデルポも...ホントに多くのTOP... [続きを読む]
  • 反抗期
  • 反抗期だれしもこういう時期が若いときにあるもんですむしろないほうが怖い人間になってしまいそうな予感今、娘は超反抗期の真っ只中で、正直機嫌がいいときと悪いときのギャップがすさまじい笑親としては子供のしつけをする義務があるし、その中でも、どう考えてもそれおか... [続きを読む]
  • if
  • 英雄たちの選択ってNHKBSプレミアムでやってる番組が好きでよく録画してみてるんだが、磯田 道史さんってほんとに面白いわ。あの人好き。ほんとに歴史が好きなんだな〜って思う。そんな番組にある、「歴史のif」歴史にifはないんだけど、そこを敢えてifというなんとも面白い... [続きを読む]
  • よき指導者との出会い
  • 忘れてはならないのが、指導者との関係娘がこれだけ学校に部活動にテニスに打ち込めるのはそれをサポートする我々親以上に指導者との出会いが大きい。小学校低学年のとき、そのとき住んでた横浜でテニスに初めて出会いやわやわのオレンジボールでテニスの楽しさを学ばせてく... [続きを読む]
  • 私立とお金の話
  • わたしは自分が中高大と田舎の国公立の学校に行っていたため、漠然と私立って公立落ちて、学費の高い学校よね?ってそんなイメージしかもってなかった。しかも、学校の中身?ってなーんも考えてなかったよ、自分が子供のときは。要するに、自分の学力でだいたいいける安全な... [続きを読む]
  • たかが5年、されど5年
  • 部活というのは、実質中学で2.5年、高校で2.5年の計5年この5年間って、思春期の子供にとって、その後の彼らの人生を大きく左右する5年だとわたしは思ってる。人生100年と考えると、人生のたったの5%だけど、大きな時間。でも、たかが5%だし、めいいっぱいやってほしいなと思... [続きを読む]
  • 春季総体考察
  • 少し早いけど、大事な大事な春総体のことを書いてみる高校3年生にとっては、「負ければ部活終了」の鼻血試合先日春総体の要項がでたけど、シングルス・ダブルスともに出場本数に制限があるため、全員が絶対にでれるわけじゃないちなみに各校の出場枠は、シングルス10本、ダブ... [続きを読む]