愛知李登輝友の会 さん プロフィール

  •  
愛知李登輝友の会さん: 日本李登輝友の会 愛知県支部
ハンドル名愛知李登輝友の会 さん
ブログタイトル日本李登輝友の会 愛知県支部
ブログURLhttp://ritouki-aichi.com/
サイト紹介文日本と台湾の共栄を目指し、最新の台湾情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 13日(平均24.8回/週) - 参加 2018/04/06 18:04

愛知李登輝友の会 さんのブログ記事

  • 台湾外交部がツイッターを開始! 英語、日本語、スペイン語で情報発信
  • 4月16日、台湾の外交部がツイッターの公式アカウントを開設し、外務大臣に相当する部長の呉釗燮氏が英語、日本語、スペイン語で初ツイートした。日本語は以下のとおり。日本語でも発信してくれるのは嬉しいしありがたい。「MOFA_Taiwan の初ツイートです。ぜひ@MOFA_Taiwan をフォローして、#台湾の外交 に関するニュースや最新情報を手に入れましょう。今後もよろしくお願いします!外交部長 呉釗燮(ジョセフ)」――――――― [続きを読む]
  • 台湾潜水艦計画、米国は地域安定に向け支援を
  • 【Viewpoint「今日の主張」:2018年4月16日】 台湾の経済団体「台湾国防産業発展協会」は、米国の軍事企業と技術協力について議論する「台米国防産業フォーラム」を5月10日に南部の高雄市で開くと発表した。 台湾の蔡英文政権は軍艦や軍用機を自前で開発する国防自主政策を掲げる。だが、潜水艦のエンジンなど一部の技術は海外からの導入が必要であるため、米国の協力が欠かせない。◆自主建造の道開ける 台湾が保有する4隻の [続きを読む]
  • 李登輝元総統も絶賛の映画『海の彼方』DVD
  • 1930年代、台湾の人々は新天地を求め、もっとも近い本土である石垣島や西表島などに移民として渡り、パイナップルの栽培と缶詰め製造の技術、また農業を手伝ってくれる水牛を持ちこみました。 しかし、戦時中に台湾へ戻らざるを得ず、戦後は台湾と中国の政治問題により居場所を失います。人々は再び石垣などに戻ってきたものの、すでにアメリカの統治下にあり、国籍をもたない移民として生きることを余儀なくされ、絶えず不安に晒 [続きを読む]
  • 酒井監督「台湾3部作」の掉尾を飾る渾身の映画『台湾萬歳』DVD
  • 酒井充子(さかい・あつこ)監督は、台湾3部作の1作目の『台湾人生』で、激動の歴史に翻弄された蕭錦文さんや宋定國さんなど台湾でもっとも波乱に満ちた時代を生きた5人の日本語世代の人生に焦点を当て、時代に翻弄されながらも二つの時代を力強く歩んだ軌跡を描き、2作目の『台湾アイデンティティー』では、二二八事件や白色テロによって人生を歩み直さなくてはならなかった呉正男さんや黄茂己さんなど6人の日本語世代を通し、歴 [続きを読む]
  • 李登輝元総統が心血注ぐ「台湾和牛」、今月末にもテーブルへ
  • 台湾を豊かにしたいという一念で何事も手掛けられてきたのが、李登輝元総統だ。その夢の一つが台湾和牛による美味しいステーキを提供することで、和牛として日本はもとより世界各国へ輸出できるようになることを願っている。 現在、台湾に残っていた数少ない台湾牛を品種改良し、この台湾和牛を「源興牛(げんこうぎゅう)」と命名してその育成に心血を注いでいる。「源興牛」という名前は、台北州淡水郡三芝庄(現在の新北市三芝 [続きを読む]
  • 日本で唯一の台湾人蔵人の陳韋仁さんが造る日本酒名は「台中65号」
  • 台湾で日本時代に開発された「台中65号」という米を使って初めての日本酒造りにいそしんでいる、日本でたった1人の台湾人蔵人(くらびと)の陳韋仁さんについて、昨年5月22日号の本誌で「山陰日報」の記事を紹介しました。 その後が気になっていましたが、このほど日本酒を中心としたSAKEカルチャーを世界に伝える国内最大の日本酒専門ウェブメディア「SAKETIMES WEBメディア」が、その後のことを10枚を超える関係写真とともに詳 [続きを読む]
  • 台湾は日本を映す鏡――台湾の「核食」輸入問題から考える 栖来ひかり
  • 台湾では2011年の東日本大震災以降、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福島県の5県で生産・加工された食品は、台湾ではこの5県産の食品は放射能に汚染された食品「核食」と称され、未だ全面的に輸入が禁止されています。 5県はもとより、日本国内では普通に食べられており、世界中のほぼすべての国でも輸入が認められているにもかかわらず、なぜ親日家が多い台湾では輸入できないのでしょうか。5県産食品の輸入が政治問題化したか [続きを読む]
  • トランプ大統領がTPP復帰検討を通商代表部らに指示
  • 鉄鋼・アルミニウム製品への高関税をかけ、台湾との関係強化を図り、中国に攻勢をかけ続ける米国のトランプ大統領が打った次の手は、なんとTPP(環太平洋連携協定)への復帰だった。中国との貿易均衡がはかれる見通しがつくと判断したからなのかもしれないが、それにしてもこの決断力には驚かされた。――――――――――――――――――――――――――――-トランプ氏、TPP復帰検討を指示 米議員明かす【AFP=時事:2018年 [続きを読む]
  • 【台湾語】超越世代座談会
  • 【台湾語】超越世代座談会 自由参加 日本語通訳はなし2018年的現在,台灣島上人民的政治立場如光譜上豐富多樣,在不同意識的族群間,當討論牽?到政治的議題時,互相叫囂、挑釁的?況不時發生,更或者當和事佬「我們不要談政治,大家都是一家人」等云云,?史宛若過眼雲煙。在許多事件過了許久的今日,?到了二二八紀念日亦或是中華民國國慶日等日子,更是加重不同想法人們間的對立關係。 無論要獨、維持現?、漸入統一等等,不同派別的人們 [続きを読む]
  • 【 黄 文雄】95歳の李登輝がいま「台湾独立」を呼びかける意味
  • 【 黄文雄】95歳の李登輝がいま「台湾独立」を呼びかける意味  黄 文雄(文明史家)【黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」より◆昨年11月に郭倍宏氏から直接聞いた「喜楽島聯盟」結成の話 95歳になってもなお李登輝氏の勇姿は変わらず、新たな動きを見せてくれました。以下、報道を引用します。<台湾独立に向けた公民投票(国民投票、住民投票)の実施や「台湾」名義での国連加盟を目標とする政治団体「 [続きを読む]
  • 岡山県の備前市と屏東市が姉妹都市提携も視野に入れて交流
  • 岡山県備前市の備前青年会議所と屏東国際青年商会は、これまで50年にわたる交流を続けてきているという。 昨年、屏東国際青年商会が田原?雄(たはら・たかお)備前市長を表敬訪問した際、田原市長は観光や産業に関して屏東県や屏東市と交流を深めたい考えを示し、最終的な目標として屏東市との姉妹都市提携締結に意欲をみせたという。 本会の調査によれば、現在、日台が姉妹都市や友好都市などを締結する都市間提携は1979年10月 [続きを読む]
  • 【ニュース 】総統府秘書長に陳菊氏
  • 【ニュース 】総統府秘書長に陳菊氏2018年4月10日 台湾の声編集部 蔡英文総統は、テレビのインタビューに対し、現在、代理が務めている総統府秘書長に陳菊・高雄市長を充てることを11日に発表する予定であると語った。 これについて、陳菊氏は23日に就任すると語っている。 蔡総統は、「ずっと前から陳菊氏とこのことについて話していたが、高雄市長の職をいつ離れられるかが問題だった」と語った。高雄市長の任期 [続きを読む]
  • ≪日露再考≫〜我々は分かり合えない隣人同士なのか?
  • ≪日露再考≫〜我々は分かり合えない隣人同士なのか?第161回士気の集いは、コンスタンチン・サルキソフ先生講演会≪日露再考≫〜我々は分かり合えない隣人同士なのか?〜になります。かつて仮想敵国だった、近くて遠い国、ロシア。東西冷戦終結後も、日本政府は日米同盟を基軸とする外交・安全保障戦略の下、ロシアとの関係緊密化に消極的で、日本国民の中には領土問題を抱えるロシアに対する拭い難い不信感がありました。しかし [続きを読む]