幾太郎(いくたろう) さん プロフィール

  •  
幾太郎(いくたろう)さん: 医学部受験の巣窟(スクツ)
ハンドル名幾太郎(いくたろう) さん
ブログタイトル医学部受験の巣窟(スクツ)
ブログURLhttps://ameblo.jp/philophilosin/
サイト紹介文医学部入試について様々に。予備校で数学の指導をしていますが、化学や物理も教えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供258回 / 201日(平均9.0回/週) - 参加 2018/04/06 19:38

幾太郎(いくたろう) さんのブログ記事

  • 今年の戦いは緒戦勝利と、一敗地に塗れる
  • 先日の記事で、AO入試を受験した生徒が合格したことをお知らせした。この生徒はすでに大学課程の予習を始めている。シラバスはネットで調べられるし、教科書のタイトルも調べられたので。その一方で、すでに一敗地に塗れた戦いがある。私の中でかなりの落胆である。予備校に通っている生徒、四浪の男子。一浪のときから担当している。能力は一浪のときから高かった。その年の合格者候補に入れる可能性も十分にあるくらい。しかし [続きを読む]
  • フォロワーの皆様に感謝
  • このブログを4月に始めて半年余り。フォロワーは150人を超えた。これだけ読んでいただいている方が増えたのも少し驚きなのだが。私のブログは、受験という、極めてデリケートな部分のものである。それも受験の中でも最も苛烈な中学入試と医学部入試について扱っている。そしてこのブログは全く読み手に配慮のない、オブラートに包まない書き方である。反論、異論、腹立たしい記事など、炎上要素もたくさんあると思うが、皆様は何 [続きを読む]
  • 家康隊に行く手を阻まれる
  • 岐阜での授業のあと、名古屋に移動した。名古屋駅前には家康本隊が進軍中で、我が行く手を阻む。私の戦場である教室に到着するのはギリギリになってしまった。家康は尾張三英傑の中では、たぶん人気がない方かな。信長がやはり一番人気。でも私は家康推しである。家康を最大限の褒め言葉で形容するなら、スケベジジイだな。スケベという言葉は、私の中では実に機敏に富んだ、雅やかな響きのある言葉だ。家康は、子供の数も多いか [続きを読む]
  • 推薦状も書くんだわ
  • 来月、とある医学部のAO入試がある。うちの予備校の生徒も出陣する。本人の志望理由書とあわせて、推薦人の推薦文も必要になる。推薦人は親でも高校の先生でも、本人をよく知っている人であれば誰でもいいのだが、私も担任している生徒の推薦人となることになった。推薦文は、1200字程度ということだが、目一杯盛り込んでやった。実際には推薦文なんて合否にはほとんど関係ないだろうけどね。やれることは最善を尽くしてあげたい [続きを読む]
  • 出陣することになったわ
  • なんと今の時期からではあるが、中学受験の生徒を受け持つことになった。六年生の女の子。先日面談をしてきたが、とても利発な雰囲気のある子であった。事前の成績調査では、第一志望は難しいかとは思っていたが。私の経験上、雰囲気のある生徒は、受験で大仕事をしてくることが多い。今回の生徒からも話の受け答えに、大きなポテンシャルを感じた。志望校はT。いいじゃないか。敵として申し分ない。私も久しぶりに中学受験の攻略 [続きを読む]
  • どちらを選択するだろうか
  • 少し前の話だが、とある中高一貫校でこんな話が持ち上がった。その学校は大学附属である。優秀な成績を残している生徒は、外部受験用の特別クラスに配属される。このクラスでは手厚い指導が受けられることに加えて、外部受験をしても内部進学の推薦権を保持することができる。すなわち、外部受験が全落ちならば内部進学することが出来るという恵まれた待遇である。しかし、特別クラス以外の生徒は、内部進学の推薦権は付与される [続きを読む]
  • 地運のある年、ない年
  • 先日の記事で、今年最初の受験が合格になったことをお伝えした。これはもちろん本人の努力が結実したものだが、こうなると私は今季いっぱいはツキに恵まれることが多い。実は去年はツキに恵まれてはいなかった。最初の受験が私立医学部の推薦試験だったが、本当に不運な結果となっていた。学力的なものというより、不運という表現が適切だと感じる結果だ。そうすると、一般入試でも冴えた結果とはならない。悪い結果ではなかった [続きを読む]
  • 指導員に必要な才覚
  • 今年最初の福音がもたらされた。今年5月、とある高校三年生の家庭教師指導を始めた。お父さんは歯科医師。本人も歯科医師になりたい気持ちはあったようだが、全く学力がなかった。特に理系科目は壊滅。二次方程式を解くのも微妙。私は化学担当で指導を始めた。全くの産まれたままの状態、スイヘーリーベ 誰の船?からの船出だ。しかし、やる気があると違うものだね。やっぱり計算問題は厳しかったが、記憶すべきものはドンドンと [続きを読む]
  • 予備校内の模試が終わりまして
  • 入試を占う予備校内模試が終わりました。終わるというのは、3つの表現があります。①finished②the end③オワターいろんな意味でオワターですた。今年のうちのクラスの生徒は、とても優秀です。下手すると、私より数学ができるんじゃないかと感じることもあります。しかし、つまらない点数の落とし方をするんですよね。そして極めてつまらない点数に落ち着いてしまうんです。これはもちろん定着度が十分ではないことを示唆するも [続きを読む]
  • 直前期に学校を休むのか?
  • 中学受験を控えたご家庭では、新年の学校の授業をどうするかも考えているところかもしれない。私が中学入試を経験した30年前、受験をしたのは200人の小学校で10人余りかな。でも休んでいた人は私の知る限りはいなかった。もちろん私自身も母親も休むという発想自体なかった。今は様々な判断をするご家庭がある。普段の状態を継続して受験に臨みたいという考え、最後の悪あがきに賭けたいから休ませて勉強させるという考え、インフ [続きを読む]
  • 月は東に日は西に
  • 菜の花や、月は東に、日は西に与謝蕪村の俳句である。この歌では月が用いられているが、そもそも月の満ち欠けや運行などについて、ちゃんと学習することはあるのだろうか。月に関することは、中学入試の理科では大変重要な単元だ。しかし中学の理科では、取り扱いは少ししかない。金星や火星などの惑星よりも少ない。つまり中学入試をしていない人は、月に対しての知識が本当に乏しい。まずとてつもない話だが、与謝蕪村の俳句か [続きを読む]
  • をいをい、イベントに流されるのか?
  • 中学入試を目指すご家族は、最後の調整方法を考えておかねばならない時期になってきた。東海中学の入試まで、あと118日。南山女子は111日。今後、決めねばならないことの一つに、冬休みの過ごし方がある。冬期講習をどうするか?それと、年末年始をどう過ごすかだ。東海地区で有名な入試塾にΣ研(横から読む)がある。ニュースでもよく伝えられている正月合宿があるわな。これに参加した方がいいのかどうかは、よく聞かれた。毎 [続きを読む]
  • 医学部入試で合格するために
  • 明日はうちの予備校では一年で最も重要な模試が開催される。これは完全に医学部入試に特化した模試で、この結果で入試の行方が占えてしまう。この模試は、うちの予備校の生徒全員が受験するのだが、この模試で全科目平均点以上だった生徒は、入試で合格を掴む確率が飛躍的に高くなる。これを達成して翌年医学部進学を逃した生徒は、去年は一人もいなかった。もちろん全員が医学部受験生で、その中での平均点なので、このラインは [続きを読む]
  • 体調には気を付けないとあかんな
  • 最近、更新頻度が若干下がってきているが、それは体調を崩し気味だから。一昨日は、もう朝から頭が痛くて、昼過ぎの授業では頭も体も熱くてヤバかった。たぶん発熱していたんだろうけど、そのままやり切った。受験生は体調には気を付けないとあかん。どんなに頑張っても、一旦体調を崩すと、立て直しに時間を要してしまう。この時期にタイムロスは痛恨だ。何か少しでも体調の異変に気が付けば、早めの対処が重要。それも受験生と [続きを読む]
  • 過去問演習やってます
  • 予備校では、一通りのカリキュラムが終わり、直前期の実戦演習に入っている。まず手始めに、いくつかの私立医学部と国立医学部の過去問にトライしている。その時にkiri先生が公開してくれている難易度表がとても役に立っている。先日は信州大学の過去問に全員でトライしてみた。kiri先生の評価では40大学中12番目の難度。最後の問題には最高ランク4が付されている。やってみると、やはりその通りの難度だ。最後の問題の最後の設問 [続きを読む]
  • 予備校内模試を控えて
  • 予備校では来週土曜日にこれまでの総まとめ模試が行われる予定である。この模試はかなりの精度で受験結果を占ってしまう。大手予備校の模試は、受ける人全員に対しての模試であるため、必ずしも医学部受験の能力を反映できるとは限らない。実際に多浪生は、模試慣れという名のバイアスがかかってしまう。そのため、医学部に対する実力を測るためにこの時期にオリジナル模試を行う。現時点では大学入試問題での正答率は各生徒とも [続きを読む]
  • マークの現浪差を勘違いしていないだろうか
  • 河合塾のマーク模試は、全体の集計の他、現役生と浪人生の別でもデータ集計をしてくれている。現役生と浪人生では平均点で15%くらいの差が付いている。このことについて、誤解のないように書いておきたい。現役生の中には、センターまでに15%くらい上がって浪人生に追いつけるのではないかと思っている人もいるかもしれない。もちろんそれはかなり難しい。また、浪人すれば平均して15%くらい得点率が上がるのではないか、と思って [続きを読む]
  • 気持ちも厳しくなるわな
  • うちの予備校では受験への熱が高まる生徒も増える中、既に寂しい秋風が吹き始める生徒もいる。うちの予備校は医学部向けに絞って受験をしているのだが、選抜制をとっていない。選抜クラスはあるが、それ以外のクラスは誰でも入ることができる。だが、内容はすべて医学部向けだ。学力の高くない生徒が簡単に付いていけるものではない。私達はそれでも手加減することは決してあり得ない。指導員は生徒を見ながら指導するものだが、 [続きを読む]
  • 浪人生は本当に悲惨な立場だぜ
  • うちの予備校には真性多浪生もいる。私が担当している分としては八浪生がいる。八浪か。八年もよくやれるわな。私も24年前には河合塾の浪人生だった。しかし一年だけだ。そして第一志望の大学には合格出来なかった。でも二浪の選択は少しも頭になかった。飯も食わずに闘い続けて、体重は20kg減となり、様々に不調もあった。体力的にも精神的にも限界を超えた闘いをもう一年継続するなんて無理だったわ。私には第一志望の大学に相 [続きを読む]
  • 浪人生は腹括った方がいい
  • もう9月も終わろうとしている。浪人生の諸君はどうしているだろうか。夏期の模試の結果も届いているだろう。成果は出ているだろうか。それとも、、、。成果が出て、現役生の追撃を振り切り、逃げ切り態勢に入っているのであれば、全力で逃げ切りを決めてほしい。センターまで116日。ここまできて若い奴らの後塵を拝するのは屈辱であろう。死ぬ気で走り続けてほしい。この時期までに成果が出なかった浪人生は、既に手詰まりだわ。 [続きを読む]
  • 夏休みに頑張っても結果は出なかったでしょう
  • あれだけ頑張ったのに、模試の成績は伸びなかった。これだけ頑張ったのに駄目なのだから、もう受験は諦めた方がいいのかも。ブログを読むと同じような記事が目に付きます。諦めという秋風が吹き始めていますか。しかし、夏休みの始まる前に予告した通りです。夏休みの学習で成績を上げることは難しいものなのです。もちろん上がった人もいたとは思いますが。夏休みに積んできた学習が、効果がなかったわけでは決してありません。 [続きを読む]