Hayatravel さん プロフィール

  •  
Hayatravelさん: くれいじーたびんちゅ。
ハンドル名Hayatravel さん
ブログタイトルくれいじーたびんちゅ。
ブログURLhttps://hayatravel.hatenablog.com/
サイト紹介文大学生が刺激を求めて世界一周するお話。刺激的な旅がしたい人だけ読んでください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 137日(平均2.3回/週) - 参加 2018/04/07 18:11

Hayatravel さんのブログ記事

  • 【Day120】スリスリスルリ
  • 2018年8月8日14カ国目:【エチオピア】アディスアベバ魚が食べたい。俺はそのとき宿で出会った旅人に借りた地球の歩き方を読んでいた。次の目的地を探すためペラペラとエチオピアのページをめくっていると「アワサ」という街の名前が目に留まった。湖のほとりにある小さな街。そこでは新鮮な魚の素揚げが食べられるらしい。普段はそんなに魚に興味はないのだが、その魚の写真がすこぶるうまそうだったので魚を食べにアワサへ行くこ [続きを読む]
  • 【Day112】探し物
  • 2018年7月31日13カ国目:【エジプト】カイロルールは破るためにある。カイロの交通事情はまるで俺にそれを伝えるかのように、荒れ狂っていた。ヨルダンから人生初の海路でエジプトのダハブに恋をするために入国した俺は、恋をするために350ドルも払って、恋をするためのダイビングのライセンスを取得した。恋をするためにライセンスの勉強をし、恋をするためにダハブに1週間以上滞在した。順調にテストに合格し、無事ライセンスを [続きを読む]
  • 【Day100】教養不足
  • 2018年7月19日12カ国目:【ヨルダン】アカバ湿り気一つない乾いた大地の中を歩いて、国境を超える。衝撃的な物価の高さから4日間しか滞在しなかったイスラエルを去り、ダハブ行きのフェリーに乗るためだけに、ここヨルダンのアカバへ来た。国境を超えるや否やタクシーが盛大にぼったくってる。腹立たしいので5kmくらい歩いてやろうとすると、軍隊の敷地だから徒歩は禁止だと言う。手口が汚い。イスラエル入国時といい、国境越えが [続きを読む]
  • 【Day94】日常的楽しさ
  • 2018年7月13日10カ国目:【ウクライナ】キエフ全身がかゆい。何も手につかない。ベッドの中で虫に刺されたのか何故なのか、とにかく全身がかゆい。おまけに左腕には帯状疱疹のようなものまで出ている。謎だ。これじゃせっかくイスラエルいっても死海に入れない。イスラエルついても治らなかったら病院行くしかないな。やはり健康第一だ。ここ最近、キエフについて観光したりTシャツやパンツをピンクに染めてみたり美女と遊んだりし [続きを読む]
  • 【Day86】黄昏
  • 2018年7月5日10カ国目:【ウクライナ】リヴィウ「天使のいる街、リヴィウか...。」世界一の美女大国ウクライナ。ついに俺はここまでたどり着いた。イランから陸路でよく来たものだ。世界遺産に登録されているこの街リヴィウ。3歩歩けば美女にぶつかる。本当にそれくらい美女が多い。まあ天使がいるは言い過ぎだな。と、思ってたら本当にいた。街並みも色彩豊かなヨーロッパ調で美しい。この中を変わらずサンダル、短パン、タンクト [続きを読む]
  • 【Day84】出会いの国
  • 2018年7月3日9カ国目:【モルドバ】キシナウ雲一つない晴天の昼前、宿のバルコニーで重い腰を上げキーボードを叩き始める。聞こえるのは鳥のさえずりと朝から鳴き続けるニワトリのコケコッコー、それと隣の部屋のテレビの音だ。絵に描いたような日曜日。実際は火曜日だが。旅をしていると曜日感覚が完全になくなるので意図的に確認しなければいけなくなる。小学校の時の夏休みみたいなもんだ。3日前にここモルドバの首都、キシナウ [続きを読む]
  • 【Day80】ペンネーム悩める旅人さん
  • 2018年6月29日8カ国目:【ルーマニア】ブラショフこんばんは。道を聞いただけでキレられたり無視されたり、アジアに比べると少し冷たく感じるヨーロッパの国々にも慣れてきた今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。僕は特に大きな事件もなく平凡な日常を過ごしています。記事には書いていませんが、居心地のよかったブルガリアのヴェスコタルノヴォを去り悪名高きルーマニアのブカレストへ。街の雰囲気は少し暗く全てが灰色 [続きを読む]
  • 【Day73】ヨーロッパ侵攻
  • 2018年6月22日7カ国目:【ブルガリア】ソフィア午前4時30分、まだ暗い早朝のソフィアに到着。人生初のヨーロッパの国だ。まだ公共交通機関が動いていないのでバスターミナルで朝がやってくるのを待ち、町歩きへ出かけることに。本当は宿を探す予定だったが、イスタンブールからのバスで一緒だったアサコさんが12時の飛行機でイタリアへ飛ぶというのでそれまでに弾丸観光をすることに。相変わらず何も調べていない俺はとりあえずつ [続きを読む]
  • 【Day70】女好き
  • 2018年6月19日6カ国目:【トルコ】イスタンブールアジアとヨーロッパが交差するユーラシア大陸随一の大都会イスタンブール。ボスポラス海峡により隔てられたヨーロッパ側に俺はいた。港にはカモメが飛び交い、二階建てのガラタ橋では平日の昼間にも関わらず地元のおっさんが釣りをしている。昨日は世界一美しいと言われるブルーモスクへ行ったり、旧市街をぷらついていた。今日は黄熱病の予防接種を受けるため新市街へ出かけたが、 [続きを読む]
  • 【Day68】噂
  • 2018年6月17日6カ国目:【トルコ】パムッカレ噂があった。地中から湧き出る透き通った透明の湯が、段々畑のように連なった白く輝く石灰棚を滑らかに流れ落ちる。それはそれは美しく、ユネスコの世界遺産にも認定されている。その場所の名はパムッカレ。噂があったんだ。その話を聞いたのは1週間ほど前だったか。カッパドキアまで一緒にいたりゅういちさんが人づてに聞いたものだった。彼は言った。「トルコのパムッカレに行くとロ [続きを読む]
  • 【Day65】ドキドキカッパドキア
  • 2018年6月14日6カ国目:【トルコ】ギョレメ早朝、重いまぶたをどうにかこじ開け展望台を登る。トルコではいたるところで見かける赤い大きな国旗が、展望台の頂上で朝日に照らされ神々しく揺れている。いつもなら特になんとも思わない国旗が、今日は少し神秘的に感じる。そりゃそうだ。俺は今、俺が世界一周中に見たい景色の中でも上位にランクインしているカッパドキアに来ているんだ。もったいぶっても仕方ないのでとりあえずこん [続きを読む]
  • 【Day61】ばとぅみ
  • 2018年6月10日5カ国目:【ジョージア】バトゥミシンガポールの劣化版とも揶揄される黒海沿いの港町バトゥミ。潮風で満たされた整った街並みに魅了された俺は、2日の滞在予定を大きく変更して、かれこれ1週間ここバトゥミに滞在していた。幾多の旅人が駆け足で駆け抜けていくこの町に1週間いるやつも珍しいだろう。とくに観光資源もないこの町でやることといえば、ビーチでぼけーっとすることくらいだ。まず昼前に目を覚ましベッド [続きを読む]
  • 【Day55】空前絶後の超絶怒涛の暇人
  • 2018年6月4日5カ国目:【ジョージア】トビリシ俺は今バトゥミへ行くためのバスを待っている。トビリシからバトゥミへはバスで約6時間。そして俺のバスの待機時間は8時間。何かがおかしい。全ての原因はメトロのボイコットだ。今日トビリシの地下鉄がボイコットしたお陰で、15時出発のバスを乗り過ごした。次のバスは18時だったが、それに乗ってしまうと深夜にバトゥミに到着することになる。それなら12時発の夜行バスに乗って行っ [続きを読む]
  • 【Day54】ゆるい毎日と無意味な旅
  • 2018年6月3日5カ国目:【ジョージア】トビリシ居心地の良い宿で優雅に朝を過ごし、昼過ぎにメトロに乗って街へ繰り出す。トビリシのメトロは深い。綺麗な街を歩いたりおっきい教会行ったり美女について行ってみたり自炊したり。ゆるーい時間が過ぎて行った。俺はこの生活嫌いじゃないんだけど、どこか引っかかっていた。世界一周こんなんでいいのか?なんのために時間と金を費やしてこんなとこまで来てんだ俺は?こんなモヤモヤが [続きを読む]
  • 【Day50】美人恐怖症
  • 2018年5月30日4カ国目:【アルメニア】エレバン見渡せば美人。街を歩けば美人にぶつかる。そんなアルメニアを早々に去り、俺は次の国ジョージアへ向かっていた。おととい旧ナゴルノ=カラバフ、アルツァフ共和国で友達をたくさん作り、(とても小さい国なので1人友達ができるとネズミ講のようにどんどん増えていく)世界一美人が多い国の一つ、アルメニアの首都エレバンへやってきた。エレバンではもはや観光地並みの知名度をもつ有 [続きを読む]
  • 【Day45】未承認国家
  • 2018年5月25日5カ国目:【アルツァフ共和国(旧ナゴルノ=カラバフ)】ステパナケート未承認国家ナゴルノ=カラバフ。音の響きも漢字もカッコいい。現在は憲法改正により、アルツァフ共和国という名前になっているようだ。初めてこの国のことを知った時から、絶対に訪れようと思っていた。ここは未承認国家なので、ほとんどの国から国として認められていない。認めているのはアブハジア共和国、南オセチア共和国、沿ドニエストル共和国 [続きを読む]
  • 【Day44】総額870円のヒッチハイク越境旅
  • 2018年5月24日4カ国目:【アルメニア】ゴリスアルメニア。ここはヨーロッパといっていいのかすんごくきわどい。実際はコーカサス地方というポケモンに出てきそうな地名をしている。まずこの国へ来て思ったこと、それは露出が激しい。国境を超えると同時に前にいた女性が、頭に被っていたヒジャブをおもむろに脱いだ。道行く女性達がタンクトップを着ている。俺はどこに目を向ければいいのか分からず、チラ見が止まらない。イランは [続きを読む]
  • 【Day44】度を過ぎた優しさ
  • 2018年5月24日3カ国目:【イラン】タブリーズ朝、パッキングをして宿を出る準備をする。全ての荷物をバックパックに詰め、アルメニアへのルートを調べる。久しぶりの陸路国境越えに、ワクワクする。全身の毛が逆立つような感覚。この感覚はすごく表現しにくいのだが、ジブリのキャラクターがびっくりした時みたいな感じだ。というのも昨日からイランのタブリーズにいるのだが、ここからアルメニアへのルートの情報があまりない。1 [続きを読む]
  • 【Day42】旅への渇望
  • 2018年5月22日3カ国目:【イラン】ラシュト久しぶりにドミトリーではなくシングルルームに泊まっていたため、(ドミが無かった)周りから干渉されることなく目を覚ます。今日の夜ラシュトを発ち、タブリーズへ向かう。イスファハーンに長居した後遺症か、放浪熱に侵されたようだ。宿代を浮かすため、今回も夜行バスで移動する。それまで時間があったので、ラシュトから60kmほどの場所にあるマースレー村へ行くことにした。この村では [続きを読む]
  • 【Day41】カスピ海沿岸
  • 2018年5月21日3カ国目:【イラン】ラシュト早朝、爽やかとは程遠い面持ちでバスを降りる。どうしてもあと1日だけいてほしいという元彼女の願いを聞き入れ、昨日イスファハーンで最後の別れを告げた。彼女とは昨日ほぼ一日中一緒にいた。やっぱり心まで美しい人だった。彼女からは「愛」というものについて全て教えてもらった気がする。俺もいつか彼女のように愛を与えられる人間になりたいものだ。そんな感じでしんみりしていたの [続きを読む]
  • 【Day39】美女と野獣
  • 2018年5月19日3カ国目:【イラン】イスファハーン昨日の夜、彼女に電話して俺の気持ちを全て伝えた。ここだけの話、俺も彼女のことが好きだった。温度差に耐えられなかっただけだ。ただ少しでもそんなことを伝えると、彼女に淡い希望を持たせることになるだろう。俺は最低のクズになりきる覚悟を決めた。今まで言ってきた言葉は全部嘘だと言おう。「私も一緒にトルコに行きたい。」「いやそれは無理だわ。」「なんで?」「俺は一人 [続きを読む]
  • 【Day38】世界の半分で、愛をさけぶ
  • 2018年5月18日3カ国目:【イラン】イスファハーンもうここにいてはいけない。来る日も来る日もそう思いながら、俺はここイスファハーンに沈没していた。かつて「世界の半分がここにある」と言わしめたほど栄えた都市イスファハーン。なかなか綺麗な街だ。俺がここに来て1週間が経つ。多少は興味のある観光地は全て見たし、毎日町歩きをして大まかな地図は頭に入った。イランで1番楽しみにしていたラマダンも経験した。もうここにい [続きを読む]
  • 【Day31】恋の引き金
  • 2018年5月11日3カ国目:【イラン】シーラーズ今日は旅立ってからちょうど1ヶ月記念日だ。いつもなら大体このくらいで旅が終わり帰国していたが、今回はまだ10分の1だ。いやもう10%が終わってしまったという感覚か。イランで最も美しいと言われている町、シーラーズ。俺はそこにいた。伝統的で美しい街並みを楽しみながら散歩したり、ビーフシチューのようなローカルフードを食べたり、シーシャ吸ったり、綺麗なモスク行ったり、天 [続きを読む]
  • 【Day28】不思議な空間
  • 2018年5月8日3カ国目:【イラン】ヤズド夜のバスターミナルを清々しく風が吹き抜ける。無防備にベンチに横たわり、星一つ見えない曇り空を見上げていた。俺は3日間過ごした砂漠の町ヤズドを後にし、シーラーズへと向かうためバスターミナルへ来ていた。夜行バスは23時発だというので、4時間もバスターミナルで待つ羽目に。まあここイランでは東洋人が珍しいのか、座っているだけでイラン人から話しかけられる。何人イラン人の知り [続きを読む]
  • 【Day26,27】ゾロアスター教
  • 2018年5月7日3カ国目:【イラン】ヤズドだだっ広い砂漠の道が延々と続く。バスを降りる。朝の日差しが眩しい。ここは砂漠のオアシス都市、ヤズド。かつてシルクロードの中のオアシスとして栄えた砂漠の街だ。初めて砂漠にやってきた俺にとってはすごく新鮮な街並みだ。土や藁、日干しレンガによって作られた建物たち。ただの街並みがまるでスターウォーズの砂漠の惑星タトゥイーンにやってきた感覚へと俺を誘う。またここは世界最 [続きを読む]