Judy さん プロフィール

  •  
Judyさん: 電話占いジプシーJudy の「人生は終わりのない獣道」
ハンドル名Judy さん
ブログタイトル電話占いジプシーJudy の「人生は終わりのない獣道」
ブログURLhttps://ameblo.jp/judy-animal-trail/
サイト紹介文占いジプシーで1,000万超を使ったJudyの電話占いの表と裏の話&リアルに当たる占い師口コミ情報。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 163日(平均1.9回/週) - 参加 2018/04/08 09:59

Judy さんのブログ記事

  • 人生で一番長い片思い(6)
  • この私の何年にもわたる片思いが、どうして叶わないのか...ブログを読んでいる方で気づいている方もいると思うのだけど、 彼は、既婚者。 初めて会った15年前から、すでに既婚だった。だから、ずっと片思いで、これからも片思い。 彼を好きになるまで、私は、男を甘く見てるところがあった。既婚者なんて、こっちから近寄ればイチコロだと思ってた。 結婚は出来なくても、恋人にはなれる。不倫関係なんて、朝飯前だと思ってた。 [続きを読む]
  • 人生で一番長い片思い(5)
  • その後、私の片思いがどうなって行ったのか...。 先に言っておくと、今でも続いている。片思いなのか、両思いなのか、微妙な関係ではあるが。 数年前、彼の気持ちが見えた、こんなエピソードがある。 ある年のお正月明けに、私は彼に会いに行こうかと考えてた。仕事上のお年始の挨拶で。 まだ、自分の中で、どうしたものかと決めかねていたので、紀凜先生にみてもらってから決めようと思いたった。 ところがその日、先生はお休みで [続きを読む]
  • 近頃の電話占いがイマイチな理由(2)
  • 昨日の続き。 オーディションは、3社受けた。結果は、2社落ちて、なんと1社合格。ここで問題なのは、オーディションの内容と落とされた理由だ。1社目と2社目は、実は業界でもかなり大手。お客さんも多そうな似たタイプのお店です。まず、最大手のお店のオーディション。まず、オーディションする人が、わざと感じの悪い客を装ってる。デモ鑑定の相談内容は、その女性の本当の話で、長い付き合いの彼に結婚を決断して欲しくて [続きを読む]
  • 近頃の電話占いがイマイチな理由(1)
  • このブログの記事は、実は、タイムラグがあって、内容は、新しいのと古いのが混じってる。 先生たちの紹介は、以前からお世話になって来た方ばかりで、現在も第一線で活躍されてる先生をチョイスした。 近頃、電話占いは、紀凜先生のところに定期的に行くくらいで、他では、あまり使ってないことに気づいた。 まぁ、もう占いジプシーの名前は返上してるしね。 では、タイトルの話題へ...前述の通り、近頃はあまり電話占いを使って [続きを読む]
  • 占)素早いカードさばきで気持ちを観る
  • Reiko先生[エキサイト所属] Reiko先生は、タロットの使い手。とんかく話し方がすごく可愛い。(ちょっとアニメ声) 私が利用する占い師さんの中で、1分/324円と割とお高めの先生。でも、利用の仕方次第では、コスパはメチャメチャ良い。 つまり、鑑定が速い。 プロフィールにも書いてあるが、人の気持ちを観るのがお得意。話してる雰囲気は、優しくて癒し系なのだが、鑑定は、鋭くハッキリとした占断が返って来る。 相手の気持 [続きを読む]
  • 人生で一番長い片思い(4)
  • 占)現状打破の方法論は占いを超えている ↑ 紀凜先生とは、周防先生のいる魔法のランプで巡り合った。 紀凜先生に出会い、初めて鑑定を受けてから、およそ1年後、没交渉だった彼から連絡がきた。 正直、ビックリした。 私の中では、紀凜先生の占断を信じてなかった訳じゃないけど、結構な時間が過ぎて、私の心境もかなり変わっていたから、どこかで、このまま離れてしまうなら、それも仕方ない…とも思ってた。 実は、その1年 [続きを読む]
  • 人生で一番長い片思い(3)
  • 占)現状打破の方法論は占いを超えている ↑ 紀凜先生とは、周防先生のいる魔法のランプで巡り合った。 当初、好きな彼とは連絡も取れずな感じだった。確か、紀凜先生の最初の鑑定では、何故、彼との連絡が途絶えてしまったのか?彼の中での私の存在って何なのか?今後、この状況がどうなっていくのか?そんなことを質問したように覚えてる。 以下、紀凜先生の答え。(要点) 連絡が途絶えた理由は、私の方が関係を無理くり動か [続きを読む]
  • 人生で一番長い片思い(2)
  • 好きな彼とは、その後2年間没交渉になった。 その間、C先生と疎遠になり、鑑定依頼することもなかった。でも、私はこの間、精神的にかなりキツイ日々を送っていた。 そんな時、やっぱり電話占いにハマってしまった。いろんな店のいろんな占い師の鑑定を受けまくった。占い会社所属じゃない個人でやってる占い師まで...。 今、思うと、随分お金を使ったなーと...。完璧に無駄金になった占い師も少なくなかったし、鑑定内容もど素 [続きを読む]
  • 人生で一番長い片思い(1)
  • かなり前に書いていた記事の続きです。1番の占い師さんでもダメだった叶わぬ恋 ↑ この叶わぬ恋が、その後どういう経路を辿ることになったのか。 当時、1番の占い師さんとして絶大な信頼を置いていたのが、C先生。既婚彼との復活愛の相談をして、見事に願いは叶った。でも、結局は1年後には、その彼とは上手くいかず破局。 その後、紆余曲折あり、2年後くらいに問題の片思いの彼が出現した。 もちろん、この彼の攻略法もC [続きを読む]
  • 占)四柱推命の師であり元お笑い芸人
  • 知龍先生[魔法のランプ所属] 知龍先生の鑑定は、過去に一度だけ受けている。鑑定自体は、しっかりした占術家の先生って感じ。 話は、とても詳しく丁寧に話してくれて、分かり易い。それもそのはず、知龍先生は四柱推命の先生で、生徒さんを教えてもいるらしい。 また、以前、お笑いの仕事をされていて、話は分かり易いだけでなく、すごく面白い。 実際の私の鑑定は、言い難いこともサラッと言ってくれて、あまりにドライだったの [続きを読む]
  • 占)しっかりした占術で過不足のない鑑定
  • 幸枝先生[エキサイト所属] 幸枝先生は、四柱推命、 紫微斗数推命、 タロットの使い手。幸枝先生の鑑定を初めて受けたのは何年前だったかな? 先生のプロフィールを読んでいて、独自開発の四柱推命ソフトを使って占っている...というのと、趣味が、インターネット、プログラム作成。パソコン自作。というのを見て、興味をもったのだね。 ほら、私もIT業界で仕事しているので、仕事の相談の時は、話がわかってもらえるしイイと思 [続きを読む]
  • 占)哲学的な匂いを醸しつつ放つ断易
  • 易者ヨハネ先生[エキサイト所属] 易者ヨハネ先生は、周易と断易と四柱推命の使い手。私、個人的には「易者」って何かカッコイイ!と思ってる。 昔ながらの占い師というイメージにピッタリはまる先生だ。 実際の占いも占断に忠実に話してくれる感じで、アドバイスも現実的に行動できるアドバイスをくれる。 無駄な話がなく、良くも悪くも的確にズバリと来る。 何度かお願いしたけど、思い返すと的中率はかなり高い。 易って、そ [続きを読む]
  • 友人の不倫(2)
  • 前回のつづきです。その後、彼女からは大学院生の彼との近況がメインで、時々LINEが来た。概ね、憂鬱な気分の時に、私の客観的な言葉が欲しくなるみたい。私は、慰めもしないし、やめたほうがいいとも言わない。大の大人が、誰と付き合おうが、私が関知するところじゃないしね。ただ、目の前のことを頑張ればいいんじゃない?1日でも長く過ごせるように努力すればいいと思うよ。...と話してた。ところが、クリスマスのちょっと前 [続きを読む]
  • 友人の不倫(1)
  • 今日は、身近で起こった最近の出来事から、私的に衝撃を受けたことを...私には、出会って20数年の友人がいる。彼女は20代前半に結婚をし、子供なし旦那さんと二人暮らし。結婚して数年〜30代半ばくらいまでは、常に恋人がいた。後々、聞くところによると、旦那さんが夜の生活がかなり弱かったと...まぁ、世間では割とよくある話かも知れない。電話占いだと半数以上が「不倫相談」だと聞いていますし...そんな彼女も今から10年くら [続きを読む]
  • そもそも、なぜ占いなのか?
  • 先日、凄く久しぶりに友人と電話で話した。お互い仕事が忙しいので、じっくり話すのは数年振りだと思う。彼女は既婚なので、恋愛関連の話にはならず、主に仕事の話だった。なんで占いなの?彼女からの私に対する素朴な疑問だったようだ。確かに、不思議に思われるのも当然かな。私は、一般の女性に比べて、自他ともに認める超リアリスト。会社経営してるぐらいだから、思考パターンも建設的、合理的。そして、結果主義。 物事は、 [続きを読む]
  • 占)現状打破の方法論は占いを超えている
  • 紀凜先生[賢者の石所属] 紀凜先生は、元々は魔法のランプにいた占い師さんで、私が出会ったのも魔法のランプだった。現在は、独立されていて「賢者の石」で鑑定されているの。 私は、今はずっと、賢者の石でお世話になってるけど、昨年くらいから魔法のランプにもでてるみたいだね。 私が、1番、頼りにしている占い師さんだ。 実は、紀凜先生は、↓この占い師(C先生)のお弟子さんなの。 大本命といえる占い師をついに探し当 [続きを読む]
  • 占)プロ意識のめちゃ高い緻密な占い師
  • Louloudia先生[エキサイト所属] Louloudia先生は、がっつり占術系の先生。キャリアはかなり長そうな先生で、学者のような雰囲気がある。 私は、前に書いた賢者の石の紀凜先生の次くらいに、このLouloudia先生の鑑定を受けていると思う。 この先生のお気に入りなところは、1つの質問に対して、何種類かの占断方法で占ってくれて、総合的にみてくれるところ。 カモワンタロットの使い手なんだけど、このカードを使っている占い師 [続きを読む]
  • 占)霊感&タロットの合わせ技が冴える
  • 明鳳花凛先生[魔法のランプ所属] 花凛先生の鑑定は、何度かうけてるけど、何がお気に入りかって言うと、兎に角、気分が上がる。気さくで優しくて、声が可愛い。 鑑定自体は、タロットと霊感の合わせ技みたいな感じがした。恋愛の相談をしたんだけど、片思いの彼との間にあったことを随分と昔に遡って、事の成り行きを話してくれた。 細かな時期は、多少、前後していたけれど、10年以上も前の出来事だったりを言い当てていたよ。 [続きを読む]
  • 男性の占い師ってどう?
  • 男性の占い師ってどうかな?知り合いなどに時々、訊かれる。男性の占い師は、女性の占い師よりも残念な割合が高いと思う。占いの精度(当たり外れ)以前に、ダメな要素があるよ。良くない男性占い師のタイプはこんな感じ。 女性嫌悪対応下手タイプ自意識過剰勘違いタイプ女好きセクハラタイプ 多きく分けると、上記3タイプ。他にもあるかも知れないけど、私が見聞きしたのは、こんな感じ。 [女性嫌悪対応下手タイプ]これは、一 [続きを読む]
  • 占い依存からの脱出[2]
  • 前回の記事で、占いジプシーを卒業する方法を書いてみたよ。 卒業後、ひとりの占い師にお世話になって問題解決すれば、依存は発生しないはず。でも、もしかしたら、ひとりの占い師に必要以上に通い詰め、依存している人もいるかも…その場合の「占い師依存」を卒業(適度な利用に改善)する方法を書いてみるね。占い師依存を止めるのに1番大切なのは占い師選び。 その占い師がお客にどんなスタンスで接しているかということを見 [続きを読む]
  • 占い依存からの脱出[1]
  • 電話占いというものがメジャーになってから、占いをうけるのが手軽になりすぎたみたい。頻繁に占いに電話してしまい歯止めがきかなくなる。占い依存というのが、悩みになってしまってる人達も少なくないよ。前回のブログに占い依存のメカニズムについて書いてみたけど、今日は、賢く占いと付き合うために、占い依存からの脱出法について書いてみる。まず、占いジプシーを卒業しよう。ジプシー達は「当たってるのか」「外れてるのか [続きを読む]
  • 占い依存にならないために
  • 一時期、社会問題的にテレビなんかでも取り上げられていたけど、占い依存になってしまう人って結構いるみたいだね。「占い好きの人って病んでる」とか「占い師ってみーんな詐欺師だ」みたいに言われるけど、これってお客が賢く「占い」を使えてないだけ。今日は「占い依存」のメカニズムについて、書いてみようと思う。よく言われている「占いジプシー」と言うのは、占い依存の中の1つ。電話占いでは、占い依存と言うと、主に2つ [続きを読む]
  • メンタルブロックはそのままで
  • 1年くらい前だったかな?仕事の事でかなりストレスを溜め込んでいた私は、ご近所の漢方薬局へ行ってみた。私は、その時期、仕事で新しいことを試みていて、失敗出来ないと言う思いが強く、ちょっと不眠気味だったの。他にも体の不調があって、でも病院にかかるほどでもないし…と漢方薬で何とかしようと。薬局の方(同年代の女性)に不調を感じる部分の説明を細々していて、何かストレスの原因になる様なモノに心当たりは?と訊か [続きを読む]
  • 参考までに私の占い師を選ぶときのルール
  • このブログは以前のものを再編集しています。時期などが幾分ずれていますのでご了承ください。電話占いを利用するとなった時、一番、戸惑うのが占い師選び。星の数程の占い師がいて、それも玉石混合状態。当たる当たらない以前に、「占い出来ないでしょ」と疑ってしまうほど、残念としか言いようのない占い師もいるよ。実際、占ってもらう前に、ある程度チョイス出来ないとお金が無駄。10年前、そんなことも知らずに、私は結構なお [続きを読む]
  • 人を救いたいらしい占い師
  • 占い師の紹介プロフィールなんかに書いてあることが気になった。以下のようなメッセージが頻繁にみられるんだけど… 私は人生に行き詰まり大変な経験をして来ました。そんな時、占いと出会い救われました。今度は私が皆さんを救いたいのです…云々かんぬん。 要約するとこんな感じかな。どの占い師も真似してるんじゃないかと言うくらい、よく見る。このタイプの占い師、私の経験から言うと高確率でハズレ。苦労自慢の殆どは「離婚 [続きを読む]