鯉太郎 さん プロフィール

  •  
鯉太郎さん: 鯉太郎のカープブログ
ハンドル名鯉太郎 さん
ブログタイトル鯉太郎のカープブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/specialwee2002-carp2017/
サイト紹介文カープをこよなく愛する主が書くカープブログ。マニアックな情報から最新情報まで
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 15日(平均42.0回/週) - 参加 2018/04/08 09:47

鯉太郎 さんのブログ記事

  • 大瀬良大地投手「猛が一緒だとずっと長崎弁です」
  • 口グセと言うかどうか微妙ですが、自然と方言が出るときがあります。僕は長崎出身なので長崎弁。特にお酒を飲んだときに出ますね。お酒は試合に勝った日とかに飲んだりします。そこで(同郷の今村)猛が一緒だと、2人でずっと長崎弁ですよ。例えば「なんとかバイ」って。 福岡の人も語尾に「バイ」とつけますが、長崎のほうがちょっとまろやかというか。言葉のイントネーションの最後が下がる感じ。逆に福岡の人は上がるような気 [続きを読む]
  • ジョンソン 3勝目スルリ「悔やまれる」
  • 3勝目がスルリとこぼれ落ちた。3−2の七回2死一塁。広島のクリス・ジョンソン投手が投じた115キロのカーブは、代打・阿部によって左中間へはじき返された。同点となる適時二塁打。「悔やまれる」。失投ではなかったものの大事な終盤で粘りきれなかった。初回に3本の長短打を許して失点。3−1の五回にも1点を失った。「無駄な四球だった」。反省したのは五回先頭・福田への四球。ファウルで粘られ、最後は根負け。そこか [続きを読む]
  • バティスタが先制打 同点の二回には石原の犠飛で勝ち越し
  • 0−0の初回2死一、二塁で中日の先発右腕、ジーのカットボールを捉えた。「高めのゾーンを何とか前に飛ばそうと思っていた」。前日20日は4番でスタメン出場し七回に左犠飛を放った。試合開始直後の一打でチームに流れを呼びこんだ。 さらに、1−1の二回無死三塁からは、石原の左犠飛で勝ち越しに成功。石原は「打ったのはカットボール。初球から積極的にいきました。野間が良い形でチャンスをつくってくれたので、何とか帰 [続きを読む]
  • 美間、1軍定着へ守備の名手から技術吸収
  • 美間優槻内野手(23)が開幕から1軍に帯同し続けている。鈴木誠也外野手、高橋大樹外野手と同じ12年度ドラフト入団。4月13日の巨人戦(東京ドーム)では5年目にしてプロ初安打を放った。柔らかい守備に定評があり、1軍定着を目指す。19日まで13試合に出場。そのうちスタメンは3試合だ。大半が守備固めや代打からで、与えられたチャンスは限られている。その中で確実性が高い守備で存在感を示している。 鳴門渦潮高 [続きを読む]
  • 6番・右翼 堂林が逆転の口火
  • 結果的に打ち負けたが、相手の竜とは野球の質が違う。そんな思いを強くする攻撃だった。左翼席に陣取る赤ヘル党を歓喜させた粘り腰は、2点を追う終盤7回だ。「6番・右翼」で今季7度目の先発出場を果たした堂林が口火を切ってみせた。 「守備がモタついていたので行けると思った。ああいうプレーは、常日ごろから心がけていることなので」 先頭打者で小笠原のスライダーを叩くと、相手守備陣が譲り合った打球は左中間にポトリ [続きを読む]
  • 田中「切り替えが大事」
  • 延長12回に及んだ前夜のヤクルト戦。今季初のサヨナラ勝ちを納めた時、時計の針は午後10時56分をさしていた。一夜明け、ナインは午前8時台の新幹線で名古屋入り。多少なりとも疲労があるはずだが、全く感じさせない波状攻撃は見事の一語だ。田中は言う。 「結果に一喜一憂せず、切り替えが大事」 投手陣が再逆転を許し、連勝は5で止まった。だが、案じることはない。頼もしい攻撃陣は、今日以降のリベンジを誓っていた。 [続きを読む]
  • 逆転負け クレート通訳も悔しい
  • 今季最多となる20安打を浴びワーストの11失点。連勝は5で止まった。終盤でビッグイニングをつくられての痛い敗戦。緒方監督は「投手(の責任)じゃない。自分の采配ミス。勝たないといけなかった」と言葉をつむいだ。試合が暗転したのは七回だった。直前の攻撃で5得点し逆転に成功。7−4として指揮官は中田を送り出した。だが高橋、福田に連続適時打を浴び1点差とされると、なおも2死満塁から大島に逆転を許す右前2点適 [続きを読む]
  • 会沢、快投の中村祐を好リード
  • 広島の会沢翼捕手が、今季初登板初先発した中村祐を好リード。7回2安打1失点にまとめた。 序盤は直球とスライダーを軸に組み立てると、中盤以降はフォークの割合を増やすリードに変更。ヤクルト打線の目先を変え、的を絞らせない配球で手玉に取った。 「真っすぐがコースに来ていたし、変化球も良かった。後半はフォークが有効的だった。ナイスピッチングだね」 バットでは0−0の三回無死一塁から中前打を放ち、先制点をお [続きを読む]
  • 緒方監督 中村裕太を絶賛
  • 広島は今季初先発の中村祐太投手(22)が7回2安打無失点の好投と、決勝打を放つ活躍で連勝を4に伸ばした。2カード連続勝ち越しを決め、貯金は5。試合のなかった2位DeNAとのゲーム差を2に広げた。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。 緒方監督 (自ら切り出し)祐太に尽きる。素晴らしい投球をして、びっくりしました。ザキ(中崎)も最後、走者出してからの粘りというのは、石原を含めて最後粘って抑えてくれ [続きを読む]
  • 誠也1軍昇格「もう落ちることは許されない」
  •  下半身の張りのため2軍調整中の広島・鈴木誠也外野手が18日、1軍昇格した。患部の状態については「大丈夫です」ときっぱり。「今まで迷惑しかかけていないので。去年から今年の最初も貢献できていない。もう落ちることは許されない。(今日の試合は)スタメンでは出ないと思うので、自分の力でつかめるようにやっていきたい」と力を込めた。 高ヘッドコーチもホッとした様子で「だいぶ良くなっている。突発的な動きは怖さが [続きを読む]
  • 4/15 カープ放送予定
  • 4月15日(日)読売ジャイアンツ vs. 広島東洋カープ【公式戦】東京ドーム 14:00〜[中継放送予定]《地上波》 広島テレビ(HTV) 16:25〜17:30《CS/BS》 日テレジータス 13:45〜試合終了《CS/BS》 BS日テレ 14:00〜16:54《ラジオ》 RCC 14:00〜試合終了《ネット》 ジャイアンツLIVEストリーム 13:45〜 [続きを読む]
  • ジョンソン輝らり2勝目 8回無四球2失点で東京ドーム初勝利
  • キラリと光る快投で、巨人打線を封じた。広島・ジョンソンが8回を無四球の6安打2失点で2勝目。東京ドームでは来日4年目、4戦目にして初勝利を挙げた。バットでも三回に自らの安打から丸の3ランを呼び込み、ヒーローとなった左腕は鯉党から大歓声を浴び、日本語で「サイコーデース!」と声を張り上げた。 「全球種を使ってストライクを取れたのが大きかった」 打たせて取る投球で、きっちり要所を締めた。四回は無死一、三 [続きを読む]
  • 丸 読み勝ち2冠5号
  • 打席の中で配球、狙い球を整理して臨む広島・丸らしい一撃だった。3回2死一、二塁。カウント2―1から田口が投じた、138キロの内角直球を振り抜いた打球は右翼上段へ吸い込まれた。 「昨日あんな負け方をしていたので、先制点を取っていい流れをつくりたかった。甘いボールをしっかり捉えることができた」 5試合ぶりの5号先制3ラン。伏線はあった。初回は田口のスライダーに空振り三振。2打席目も同じ変化球を3球続け [続きを読む]
  • 美間 プロ初安打記念ボールは「家に保存します」
  • 美間優槻内野手がプロ初安打を放った13日・巨人戦から一夜明け、改めて安どの思いを語った。 前日途中出場し、九回にカミネロの155キロ直球を中前にはじき返し、プロ6年目にして初めて1軍でHランプをともした。「一安心?そうですね」と柔和な笑みを浮かべ、「高校の同級生だったり、連絡は結構来ました。(記念の)ボールは家に保存します」と話した。 この日は「7番・三塁」で先発出場している [続きを読む]
  • 4/14 カープ放送予定
  • 4月14日(土)読売ジャイアンツ vs. 広島東洋カープ【公式戦】東京ドーム 18:00〜[中継放送予定]《地上波》 NHK(総合) 17:57〜試合終了《CS/BS》 日テレジータス 17:45〜試合終了《ラジオ》 RCC 17:55〜試合終了《ラジオ》 ラジオ日本《ネット》 ジャイアンツLIVEストリーム 17:45〜 [続きを読む]
  • ファーム情報 中村奨成 甲子園の再現
  • 昨夏の甲子園決勝が再現された。元広島、広陵高校の主砲中村奨成が広島の6番、捕手で出場。10日は埼玉、花咲徳春高校の元エース清水が先発した。1打席のみの顔合わせは、四球を選んだ中村奨成に軍配が上がった。「いつも通りに試合に入りたかったので意識はしていない。でも向こうはしていたのでは」と中村奨成。 [続きを読む]