みぽりん先生 さん プロフィール

  •  
みぽりん先生さん: みぽりん先生 子育てのパイオニア 七田式
ハンドル名みぽりん先生 さん
ブログタイトルみぽりん先生 子育てのパイオニア 七田式
ブログURLhttps://ameblo.jp/shichidasiki-tender/
サイト紹介文七田式テンダー狭山・泉ヶ丘教室で記憶力全開!子育てが楽しくなる情報をお届け致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供209回 / 169日(平均8.7回/週) - 参加 2018/04/08 16:49

みぽりん先生 さんのブログ記事

  • スポーツ能力向上させるには?
  • スポーツの能力を育てる子どもの右脳の能力を開くには、イメージ力を育てることが重要です 実際の練習にイメージの練習を加えると、急速に上達します脳は実際の練習とイメージの練習を区別しません のびのびと上部にプレーしているイメージ訓練をすると、イメージ力が育ちますやみくもに練習に時間をさくよりも、イメージ力を育てることで、スポーツの上達が早くなるだけでなく、勉強と両立できるようになるのは 南海高野線 金剛駅 [続きを読む]
  • 母親の姿が見えないと泣いてしまうのは何故?
  • Q.母親の姿が見えないと泣きますQ.1歳4ヶ月の長男です。いつも私のそばで過ごし、戸外でももちろん、家の中でも、トイレや2階に上がるだけで泣き出します。今後、どのように導いてあげると良いでしょうか? A.お母様の様子が見えないと不安なようですね。お子さまの月齢では、灘まだ母親がいつもそばに必要な時期。お母さまが神経質になりすぎたり、無理に早くから離そうとすると逆効果になり、必死に母親にしがみついてきます。 [続きを読む]
  • 就学前に効果的な作文力
  • 就学前に育てたい「作文力」言葉を使って考える力、表現力を伸ばすなら「作文」がおすすめです。作文の取り組みは、言葉を組み立てて、自分の思いや考えをまとめ、人に伝わる使い方を身につける練習になります。☆作文れんしゅうちょうを使って、お手本を「まね」することが、作文上達の近道!絵をみながら例文を映し、作文に必要な「いつ」「どこで」「何が」「どうした」などを考える型を身につけましょう。自分の経験や出来事を [続きを読む]
  • 比べない事が大事
  • 「比べない」という事の難しさ 今回は教室でも何度も伝えている「比べない教育」についてお伝えします。 お友達や兄弟同士で遊んでいる時や、幼児教室に通うなかで、ついつい、他の子どもと比べてしまって、「うちの子はまだ○○ができない・・・」などと悩んでしまうことはありませんか?最近はSNSでも他の子どもの生活ぶりが見られるので、「同じ月齢なのに、もうそんなことができるの?」と感じることも多いかと思います。七 [続きを読む]
  • 七田式教育英会話 考え方
  • 七田式教育の英会話の考え方は?Q.もうすぐ3歳になるわが子。周りの友人は英会話は教室に通わせたりし始めています。うちは七田式の教材で英語を学ばせようと心に決めたのですが、いざ友人が通い始めると、わが子も通わせたほうがよいのでは?と不安に思い始めました。七田式教育の英会話の考え方を教えてください。A. 英会話教室での取り組みがどのようなものかはわかりませんが、英語の取り組みは、左脳的な学習法(少しずつ [続きを読む]
  • 基礎概念身につける必要性
  • 10個の基礎概念を身につける②今日は前回の基礎概念の続きについてお話したいと思います。⑥空間認識「上下・前後・左右・内外・遠近など、空間に関する概念」を空間認識と言います。これは机の上下、子どもの手の左右、箱の内外、投げたボールの遠近などで教えることができます。 ⑦比較「〜より大きい、〜より小さい」「〜より多い、〜より少ない」というのが比較です。2本の鉛筆を出して、どちらが長いか、短いかと見せたり、持 [続きを読む]
  • 集団生活を手にいれる落とし穴
  • 集団生活に早く慣れさせたい。の落とし穴9月、10月にかけて本格的に「幼稚園探し」が始まりまります。そろそろお子様を幼稚園に入れて集団生活に慣れさせたいですよね。お気持ちはよく分かります。しかし、そもそも集団に慣れる・・・とはどうゆう事でしょう?よく耳にするのがこれらの例。みんなと仲良く遊ぶ。自己主張をする。決まったことを言われたようにできる。協調性を身につける。甘えんぼなので早く母親と離れさせたい。 [続きを読む]
  • 9月15日 本日年間スケジュールにておやすみです
  • 本日、9月15日年間スケジュールにておやすみです教室のお問い合わせは下記にお願い致します南海高野線 金剛駅から徒歩5分七田式テンダー狭山 、金剛教室http://tender-sca.com/room/index.html泉北高速鉄道 泉ヶ丘駅から徒歩8分七田式テンダー泉ヶ丘教室http://tender-sca.com/今日も最後までご覧頂きありがとうございました宜しければ下記の日本ブログ村を↓ポチッと押して頂ければ嬉しいですにほんブログ村 [続きを読む]
  • 右脳の力は素晴らしい
  • 脳には右と左があり、右脳は感性脳・イメージ脳、左脳は言語能・論理脳といわれています。天才的な働きをする右脳と、それを言葉や文字で具体的に表現する左脳。両方の脳をバランスよく使えてこそ、驚くほどのすばらしい能力を発揮できるようになるのです。 七田式と言えば右脳教育、というイメージがありますが正しくは右脳と左脳をバランスよく育てる全脳教育をモットーとしています。右脳は、生まれてすぐは全開の状態ですが、 [続きを読む]
  • ぐずった時にはどうする?
  • ぐずったときは「どうしたらいい?」と聞く天使のようにかわいいこどもたちですが、一度ぐずり始めるとモンスターに豹変することがありますイヤイヤモード全開で、慰めても叱っても効果なし 何を言っても聞き入ってくれない状況が続くと、お母さんとしては周りの目も気になるし、大きな声で一喝してしまうこともあるかもしれません お母さんのストレスはピークに達してしまうこともありますが、子育ては感情的になった途端、うまく [続きを読む]
  • 胎教レッスンは最高の宝物になる
  • 胎教をして生まれた赤ちゃんの6つの特徴①いつもニコニコしている②夜泣きしない③社交的である(人見知りをしない)④吸収力が良い(学ぶ能力が高い)⑤めったにぐずらない⑥右脳がよく発達している一見簡単に書いてありますが、このようなことは人間の成長においてはとても重要で、かつ子育ての中で親御さんが悩みとして抱える項目なのです。胎教をすることによってこのようなことで悩まないで済むとしたら、どんなに日々の子育 [続きを読む]
  • ロボットプログラミング2
  • 胎教をして生まれた赤ちゃんの6つの特徴①いつもニコニコしている②夜泣きしない③社交的である(人見知りをしない)④吸収力が良い(学ぶ能力が高い)⑤めったにぐずらない⑥右脳がよく発達している一見簡単に書いてありますが、このようなことは人間の成長においてはとても重要で、かつ子育ての中で親御さんが悩みとして抱える項目なのです。胎教をすることによってこのようなことで悩まないで済むとしたら、どんなに日々の子育 [続きを読む]
  • ロボットプログラミング1
  • 胎教をして生まれた赤ちゃんの6つの特徴①いつもニコニコしている②夜泣きしない③社交的である(人見知りをしない)④吸収力が良い(学ぶ能力が高い)⑤めったにぐずらない⑥右脳がよく発達している一見簡単に書いてありますが、このようなことは人間の成長においてはとても重要で、かつ子育ての中で親御さんが悩みとして抱える項目なのです。胎教をすることによってこのようなことで悩まないで済むとしたら、どんなに日々の子育 [続きを読む]
  • 愛する我が子を叱るべき?
  • 愛する我が子、叱るべき?『我が子を叱る』子育てをしていく上で誰もが一度は考え立ち止まる問題ではないでしょうか?七田の子育ての基本は、「認めて ほめて 愛して 育てる」これは、子どもにとって、最も幸福な子育てです。ただ、やはり時には『叱る』事が必要な場面は出てきます。叱られることが無い、または叱られたことがきちんと心に響いていない子供は、自分の言動が間違っていることに気付くことができません。 大きく [続きを読む]
  • 美保先生のラジオ番組に出演 オンエアーご視聴ください
  • http://honmaru-radio.com/miporinsensei0139/みぽりん先生のテンダー狭山、金剛教室テンダー泉ヶ丘教室のお友達がラジオ番組に出演是非是非ご視聴ください教室のお問い合わせは下記にお願い致します南海高野線 金剛駅から徒歩5分七田式テンダー狭山 、金剛教室http://tender-sca.com/room/index.html泉北高速鉄道 泉ヶ丘駅から徒歩8分七田式テンダー泉ヶ丘教室http://tender-sca.com/今日も最後までご覧頂きありがとうございま [続きを読む]
  • おもちゃの取り合いを心の成長の証
  • おもちゃの取り合い一歳を過ぎると、お友達との関わりが始まります。社会性を身につけるためにも大切なことです。お友達と遊んでいる時によく起こる問題としてあげられるのがおもちゃの取り合い。時には力ずくで取ってしまって、先に持ってた子が泣いてしまうなんて事がよくありますよね。「取っちゃだめ」などと言っても小さい子だとまだわかってくれなくて困るもの。そんなとき、親はどのようにサポートすれば良いのでしょう。お [続きを読む]
  • 一生を左右する児童期の学習習慣
  • 小学生時代の学習習慣が、一生を左右する近年、小学生の家庭学習(塾含む)の時間が増えつつあります。特に都市部では、中学受験の激戦化により、5・6年生の学習時間が、ここ10年で長くなっています。しかし、学習において、重要なのは時間ではなく、やり方です。毎日少しずつでもよいので、机に向かう習慣をつけることが大切です。「七田式小学生プリント」は毎日少しずつ続けることができる教材です。続けることで、確実に成 [続きを読む]
  • 読み書きプログラミング
  • 読み書きプログラミング全産業、生活の場でITを活用するようになったものの、コンピューターにそうした仕事をさせるプログラムを作る人材がたりません。人材不足を解消するには子供の時からプログラム作りを学ぶことが必要になります。これまでのコンピューター教育と違うところは、以前は表計算ソフトなどの使い方を学ぶことでしたが、プログラミング教育は望む通りにコンピューターを動かす能力を身につけることが目標です。プロ [続きを読む]
  • 親子の会話、親の口癖は?子どもに影響する
  • 親子のふとした会話の中で、こどもが「ん?」と引っかかるようなことをいうことがあります そんなとき、「でもね。それって・・・」「え!だって・・・」「だけど、そうはいってもね・・・」と言ってしまっていることはありませんか? 「でも」「だって」「だけど」という接続詞は、前の人を否定して自分の意見を言うときに使われるものです。使われた側は、あまり気持ちがいいものではありません さらに厄介なのは、使う側が口癖 [続きを読む]
  • 本日の午後レッスンは暴風警報の為お休みになります
  • 親子のふとした会話の中で、こどもが「ん?」と引っかかるようなことをいうことがあります そんなとき、「でもね。それって・・・」「え!だって・・・」「だけど、そうはいってもね・・・」と言ってしまっていることはありませんか? 「でも」「だって」「だけど」という接続詞は、前の人を否定して自分の意見を言うときに使われるものです。使われた側は、あまり気持ちがいいものではありません さらに厄介なのは、使う側が口癖 [続きを読む]
  • 台風、緊急のご案内
  • 親子のふとした会話の中で、こどもが「ん?」と引っかかるようなことをいうことがあります そんなとき、「でもね。それって・・・」「え!だって・・・」「だけど、そうはいってもね・・・」と言ってしまっていることはありませんか? 「でも」「だって」「だけど」という接続詞は、前の人を否定して自分の意見を言うときに使われるものです。使われた側は、あまり気持ちがいいものではありません さらに厄介なのは、使う側が口癖 [続きを読む]
  • 夢と志を刻む
  • 夢と志を吹き込もう右脳教育をすると、大きくなってどのような人に育つのですか」と聞かれます。子どもがどのように育つかは全く家庭の教育次第なのです。もしご両親が子どもに大きな夢を吹き込んでいなければ、子どもは大きな志を持たず、それなりの夢の実現に努めているでしょう。「一人ひとりが個性的な夢を持ち、その分野で一流になるように努めてほしい。そうして社会に大きく貢献するように頑張るんだよ」と、ご両親が子ども [続きを読む]