Reprom さん プロフィール

  •  
Repromさん: RE PROM - リプロム
ハンドル名Reprom さん
ブログタイトルRE PROM - リプロム
ブログURLhttps://reprom-j.blogspot.jp/
サイト紹介文次世代技術と、日本の既存の技術や美術を組み合わせて新しいものを再提案していく為の、情報収集と考察です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 27日(平均4.4回/週) - 参加 2018/04/08 18:40

Reprom さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 副業の是非
  • 大手企業も副業解禁とか、副業義務化とか、そんなニュースが増えてきましたね。あの手この手で、人材を確保しつつ生産性を上げたいということなのでしょう。しかし僕は副業というのがどうもしっくりきません。片手間にやる仕事で、本業としてやってる人と戦えるのですかね?本業で培ったスキルを活かしてやるなら分かります。しかしそれなら、独立した方がよくないですか?社外で自分のスキルを活かしてビジネスをするわけですから [続きを読む]
  • 働き方改革と次世代の働き方
  • 働き方改革によって、残業抑制や週3日、週4日勤務など多様な働き方が広がってきました。自分に合った働き方ができるようになって歓迎している人、残業代が減って残念な人、色々いると思いますが僕にとっては改悪でしかありません。僕の仕事は時間で評価されるものではなく、成果で評価されるものであり、それは会社からだけでなくクライアントからの評価基準でもあります。今日は15時間働いた!=成果が高いという図式が成り立たな [続きを読む]
  • デザインやアートの見る目を養うには
  • 美術館や博物館で色んなものを見てると見る目が養われると信じてた時がありました。でもそれは大きな勘違いでした。全く養われませんでした。何故か?【興味のないものだから】これです。誤解を恐れずに言えば、美術館や博物館にあるもののうち、ほんとに興味のあるものってめちゃくちゃ少ないです。例えばそれがホントに好きな画家とか彫刻家のものならまだマシですが、それでも全ての作品に興味があるわけはなく、ごく1部の作品 [続きを読む]
  • デザインの基本 - モード学園で学んだこと
  • 僕は大学時代に、モード学園というファッション系専門学校にダブルスクールしていました。週に4日、夜間部に通っていた時に学んだデザインの基本は今でも活きることがあります。例えば、こんなことです。【カラーリング】色相、彩度、明度のバランスを考えてデザインします。ここで重要なのは、自分が好きな配色をしたあとに、ワザと少し「ズラす」ことです。黄色と黄緑を並べたとするなら、黄緑を一旦やめて、緑っぽい青にしてみ [続きを読む]
  • 次世代通信 5Gによる新しいビジネス Part1
  • 2020年に実用化されると言われている次世代通信5G。これが普及すれば、日常生活もビジネスも、非常に大きく変わる可能性が高いです。今の通信速度と比較して5Gは50〜100倍にもなり、遅延も1ミリ秒(1000分の1秒)となると、3次元映像(立体映像)の限りなくリアルタイムに近い伝送が可能になります。つまり、その場にいない人や物、空間そのものをダウンロードし、投影できるようになります。ハードの問題は色々と [続きを読む]
  • 話をする時の基本 - 3つのポイント
  • 僕は話をする時に気をつけている事が3つあります。1 テンポ2 音程3 間をおく1と2は自分が発する声に関する事です。音楽に置き換えると分かりやすいと思います。自分が音楽をやるとして、ジャンルに合わせたテンポをまず考えますよね?ジャズなのか、クラシックなのか、ヒップホップなのか。話す時も同じように基本のテンポを考えます。ただし、1人で一方的に話すのなら自分が話しやすいテンポでいいのですが、相手のことを考え [続きを読む]
  • Amazonの配送料値上げと今後の通販
  • Amazonって配送料値上げしてたんですね。ニュース見落としてました。物流コストの上昇を転嫁したということのようですが、これからどんどん物流は変わると思うので一時的な値上げでしょうね。そのうちほんとにドローンで配達したり、自動運転の配達車が家にやってきたり、私書箱的な配送BOXができてそこに取りに行く人は送料割引とかになりそうです。再配達ゼロになるだけで相当コスト下がるでしょうしね。あとは生協とか郵便局が [続きを読む]
  • ドラゴンクエストVR - 体験型ドラクエ
  • ゲーム好きの僕にとってはたまらないニュースを見た。スライム斬る感触も 「ドラゴンクエストVR」が4月27日稼働外部サイト ITメディアこれは、ヤバい。ボキャブラリーが小学生並になってしまうくらい興奮して、ヤバい。行くしかない。いや、行かねばならない。自分で剣を振りかざして、スライムを倒せるんですよ?ゾーマを前にしてガクガクブルブルできるんですよ?頭の中はすでにメダパニ状態です。VRzone新宿で4/27からやるら [続きを読む]
  • 貯信 - 信用を貯めるということ
  • 「貯信」という言葉を知ったきっかけはキングコング西野亮廣さんの本を読んだことです。この本で言われていたのは、お金がないから貧乏という時代は終わり、人や企業から信用されているかどうかがこれからより大切になるということでした何か新しいビジネスをしようとした時、始めようとした時に、多くの人がつまづくのは「お金」と「広告」です。それは、学校や企業でもそういったことは教えてくれないので、特に日本ではお金音痴 [続きを読む]
  • 木製のプラモデル - 動物や建築物
  • ふらっと立ち寄ったお店に、木製のプラモデルが売っていました。紙製のものは見たことがありましたが、木製だと更に耐久性があるので複雑な建築物などのプラモデルもできるので面白いですね。日本ならではの建築物もありましたし、これから色々なシリーズが売り出されるかも知れません。僕は単純に動物シリーズが可愛くて動きのあるものがあったので良かったです。プラモデルは組み立てるという「苦労」と出来上がっていく「楽しみ [続きを読む]
  • 自動運転と車社会の未来
  • 先日、テスラの電気自動車でオートパイロット中に大事故を起こし、死者が出ました。これは痛ましい事故ですし、まだまだ自動運転には改善しなければいけないことが沢山あるのでしょう。僕はこのニュースを見て、こういう事があったから自動運転はダメだという風潮にならずにしっかりと今回の件から学んで、次はどうしたら同じ事が起きないかを考え抜いて安全性を高めて欲しいと思いました。望む望まないに関わらず車のEV化はこれか [続きを読む]
  • 議論の習慣
  • 僕の話ですが、最近議論する機会が減りました。もっと発信していかないといけないなと思います。ただ、よく思うのですが議論をする時に意見の違いによって「敵対意識」を持つ人がいるのは僕は理解できないし、もったいないです。意見の違いがあるだけで、好き嫌いとかとは全く違う次元の話なので、徹底的に議論して正しい(と思われる)解を出していけばいいのに、途中で敵対意識を持つと感情が邪魔してしまって全くもって議論が進ま [続きを読む]
  • モチベーション格差
  • インターネットと、スマホの登場により知識格差はかなり縮小してきました。今や10代でも優秀なプログラマは沢山いますし、魅力的なスタートアップも沢山出てきています。リスクを取って自分で何かビジネスをする人がこれからもっともっと増えるでしょう。これは何が原因かは置いておいて、ここで重要なのは下記A〜Cで書くような「モチベーション格差」だと思います。A 行動する前に諦める、何か理由をつけてやらない、そもそもや [続きを読む]
  • 勉強と研究
  • "現代の魔法使い"と称される落合陽一氏が言っていたことで、勉強と研究の違いに強く共感したので備忘録として残しておこうと思います。勉強 = 他人が研究して得た結果を学ぶこと研究 = 他人が勉強可能な状態にするために未知の領域を知ることこれは、私が大学の時にも似たことを教授に言われたことがあるのですが、当時はそこまで重要だとは思わなかったのですが、今になってようやく腑に落ちました。要は、先人がどこまでやってい [続きを読む]
  • 日本の論文発表数と世界
  • さきほど知ったのですが、日本の論文発表数って中国やインドよりも少ないんですね。近年のネットによる知のグローバル化によって抜かれたということなんでしょうが、こうなると日本の勝てるところはどんどん少なくなってきますね。車も、トヨタを抜く中国企業が割とすぐに出てきそうです。株価だけならテスラにも抜かれそうですし。日本は国内の最適化ビジネスに走るしかないのでしょうか。それでも十分食べていける豊かな国ではあ [続きを読む]
  • 電話の印象
  • 電話をしている時、相手によって印象がものすごく違う。ほとんどはこちらに対しての感情がポジティブなのかネガティブなのか、あるいは無関心なのかということに分けられるが、無関心な時が1番辛い。ネガティブな方がまだマシ。何を嫌がられているのか分からないとしても。顔が見えないから余計にそう思う。僕は職業柄、相手に関心をもつことを自然に習慣化しているのであまり気にしたことはないが、仕事でテレアポが辛いとか接客 [続きを読む]
  • スマホネイティブ世代
  • 20歳以下のスマホネイティブ世代をいかに惹き付けるかがこれから色々な意味で勝負の分かれ目になる。会社組織はこれからどんどん機能しなくなるし、小さなコミュニティの集合体を作るのがうまいこの世代と対立するオヤジになるのではなく、コミュニティとコミュニティを繋げる役割を担っていくのが必要 [続きを読む]
  • 過去の記事 …