ログハウスで田舎暮らし さん プロフィール

  •  
ログハウスで田舎暮らしさん: ログハウスで田舎暮らし
ハンドル名ログハウスで田舎暮らし さん
ブログタイトルログハウスで田舎暮らし
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ohitorirougo1213
サイト紹介文ログハウスでの生活を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 111日(平均2.8回/週) - 参加 2018/04/09 08:00

ログハウスで田舎暮らし さんのブログ記事

  • すみれ
  • ログハウスのすぐ目の前に 池があるのですが 毎年 何回か完全に排水をするので綺麗に澄んでいます。事情を知らない釣り人が 糸を垂れるのですが魚はいません。湖面に映るのが 登山可能な山です。すみれが一輪さいていました。所で 今日7月11日は 神戸の新開地で「喜楽館」の開業日。落語を聞きに行きたい。新開地の庶民的な雰囲気が好きです。 [続きを読む]
  • ターシャの愛した花を植えてみた。
  • <ターシャの庭の花人気ランキングより>1.クレマチス 2.ボケ3.ツルバラ4.ジャスミン5.ムスカリ6.スノーフレーク7.花にら8.紫式部9.ミニバラ10.水仙11.椿12.シャガ13.ビオラ14.クチナシ15.つつじ16.雪柳17.ドクダミ18.高砂ゆり19.たんぽぽ20.鉄砲ゆり21.朝顔22.ヒメヒオウギスイセン23.菊24.ポーチュラカ25.トレニア26.すみれ27.カサブランカ28.花カ [続きを読む]
  • 小鹿が近くに来ました。
  • ログハウスのすぐ裏は 農道になっています。農道と言っても 行き詰まりで車は 殆ど通りません。ここに 小鹿が現れました。この近辺では よく鹿を見かけるのですがこんな近くで 小鹿は初めてです。立ち上がるとき よろめいていましたから生後1週間も経ってないかな。親鹿は見かけませんでした。最近は鹿狩りで 冬場は猟師がわなを仕掛けるのですが目立って減っていません。こんな鹿を見たら 猟師も仕留めるわけにはいきま [続きを読む]
  • 山ぶどうのメス木を発見した
  • 左 5枚葉メス 蕾が小さい 右 3枚葉オス つぼみが大きい山ぶどうのメスを山中で発見しました!メスは花の状態がオスと違うのは 知っていましたが葉っぱの枚数が違う、蕾の大きさが違うのは新発見でした!たまたま この山ぶどうが そうなのかもしれませんが。山ぶどうの実が成っているオス 葉が3枚メス 葉が5枚黄金虫が食い荒らす [続きを読む]
  • 実のつかない山ぶどう
  • 山ぶどうを野で見つけ 植えたのが10年位でこのように成長しました。房は付くのですが 実が成らない。何年たっても成らない。いつの間にか ミツバチが群集し 写真のように食べつくしたようになる。後でわかったのですが 房ではなく雄株の蕾だった。食べつくしたように見えたのは 蕾から花になった状態だったんですね。花にミツバチが群れていた。雄株だけでは 実が成らないわけです。雌株を春に注文しましたが 品不足でまだ [続きを読む]
  • ターシャ・テューダー クラブアップル
  • 【姫リンゴ・長寿紅】昨日 6月12日BS放送でターシャ・テューダーの放送がありました。孫たちも成長していましたね。彼女が没したのが10年前の92歳。バーモント州に理想の田舎暮らしを始めたのが57歳でした。その一年前 私はこのログハウスをたてました。その後 ターシャが好んだリンゴの木「クラブアップル」の見事な咲き方に憧れさて 日本にその木はないのかと 探していたら それは姫リンゴ「長寿紅」とのブログ [続きを読む]
  • アメリカの郵便ポスト
  • リサイクルショップで見つけた 古き良きアメリカ。ずっしりした重量感。埋め込むのが大変でした。倒れない様、垂直に。コンクリートでがっちり固定。さて、赤い棒は何なんでしょう。ポストですから郵便物を出すとき ポストマンに 持って行ってねと知らせる。又は 配達物があるよと ポストマンが知らせる。そんな時に 赤いバーを立てておく。広大なアメリカですから 近くに郵便局がない。道路沿いに立てることで 省力化を計 [続きを読む]
  • クレマチス ピールがきれいだ。
  • 何種類かのクレマチスを植えていますがほぼ咲き終わりですが このピールは今が盛りです。中規模の花ですが その分 数が多く 簡単に散らない。プリンセスダイアナプリンセスダイアナと このピールが特にお気に入りです。去年より100円高くなっていましたが 出来るなら挿し木で増やしたい。このブログの場所を「スペースマーケット」で紹介しています。宜しければご覧になって下さい。こちらを [続きを読む]
  • トユにネット
  • ログハウスは落ち葉が 盛んに散ってきます。それが トユに詰まって 雨水があふれかえりました。そこで考えたのが ネットをかぶせる事でした。手の届く範囲で 落ち葉を取り除きますがほったらかしでも いずれ乾いて 風で飛ばされます。以来 トユの掃除はしたことがありません。水があふれかえることもなくなりました。 [続きを読む]
  • ログハウスの弱点8
  • ログハウスでデッキの高さが 地面から30cm位というのも 珍しくありません。年に数回しか 利用しないと 草がデッキ下に生え 床上まで伸びてきます。それが床を腐らす原因の一つになります。業者は ログを立てて 終わり。デッキ床下は 土のままです。床下が低いと 体が入らず 草も抜けない。この場合 床板をめくって コンクリートは大変でしたら 固まる土を蒔くことを お勧めします。固まる土は 粉をまいて 水を [続きを読む]
  • ログハウスの弱点7
  • 玄関ドアーまでの入り口は 屋根が付いています。その屋根を支えているのが 2本の丸太。その丸太を支えているのが 写真の直径12mmの鉄のネジきりボルトです。ネジきりボルトである理由は ログは経年すると 寸法が変化しますから その時の調整のためでしょう。固定するナットもついています。左右2本ですごい荷重を背負っている。計算上はOKなのでしょうが 不安。そこで 頑丈な角材をはめました。これで安心です。丸 [続きを読む]
  • ログハウスの弱点6
  • logとは丸太のこと。丸太は 丸太のままでは必ず割れる。割れるとそこから 吹付の雨で 水が入る。入ると腐食の原因となる。虫が浸入する。一枚目の写真:ハウス本体の割れは 屋根があるのであまり気に掛ける必要はありませんが二枚目の写真:デッキのクロスしている部分は 浸水しやすい。割れ目に セメントやシリコーンを塗っています。 三枚目と四枚目の写真:たまたまアクリルのカバーが有ったので かぶせました。スペー [続きを読む]
  • ログハウスの弱点5
  • 雨ざらしのデッキは 腐りやすい。デッキが屋根つきでも 階段は屋根付きでありません。そこが盲点です。ステップの板厚が薄いと あるいは雨に弱い材質だと朽ちるのが早いですが朽ち始めるのが ステップの付け根です。水が溜まり いつまでも抜けないんですね。ゴミに 枯れ葉に水分を含み 常時 湿状態。見た目が丈夫なのに 付け根が朽ちて 全体を交換しなければならないケースをいくつか見てきました。それで 対策を考えた [続きを読む]
  • ログハウスの弱点4
  • 木造の建物は 普通 土台部分から腐っていきますが 野ざらしのデッキの場合は上部からですね。つまり 雨に腐食される。写真の下の丸太は 丈夫ですが 上部の丸太は見た目はわかりませんが 押せば凹む状態でした。湿気を含んで 柔らかい状態です。一旦柔らかくなると 乾燥しても元に戻りません。中をほじくりだして 部分的にセメントを詰めました。そしてペンキを塗る。同色のペンキがなかったので見栄えが 悪くなりました [続きを読む]
  • ログハウスの弱点3
  • ログハウスの弱点。デッキは野ざらし状態を対象に書いています。かかとが乾燥してひび割れると 細菌などに感染されやすい。その為保湿クリームを塗る。同じく 丸太がひび割れすると 水が浸入して 内部が常に湿気を持つ。徐々に腐る。保湿クリーム代わりに シリコーンを塗りましたが ちじむ。そしてはがれやすい。高価。そこで トユでカバーしました。後はステンレスの バンドで固定。パーフェクト!ですね!。 [続きを読む]
  • ログハウスの弱点2
  • ログハウスはデッキの手入れが大切です。この場所の近くに どんぐりの木があります。いまどき 細長い花が咲いて それが散り 板のへこみの隙間に入り込んでいました。あるいは 枯れ葉が入り込んでいました。取り出すのが 面倒くさい。雨に濡れれば いつまでもそこに濡れた状態で滞り そこから腐食しだす。そこでセメントで固めました。これで隙間をほじくる必要もありません。ログハウスを手に入れたらすぐ これをすると後 [続きを読む]
  • ログハウスの弱点1
  • ログハウスの弱点。それは ズバリ デッキです。ログハウスはメンテ費用が掛かると言われますが そのほとんどはデッキではないでしょうか。どのログハウスを見ても 最初に補修が必要なのは デッキです。例外なしですね。床が腐る場合もよく見かけますが デッキの丸太の部分や手すりがまず 腐りだします。丸太は 割れ目がある。そこから 長い年月で 雨が入るのでしょう。我が家も 例外なく デッキでした。新しい 丸太に [続きを読む]
  • オニユリが多数
  • オニユリは場所がよければ 急激に増えますね。ムカゴを採って あちこちに蒔いたこともあって一面オニユリです。写真の苗は おそらく今年は 花は期待できませんが 2〜3年後が楽しみです。 [続きを読む]