幼児さんすうインストラクター曽山桂子 さん プロフィール

  •  
幼児さんすうインストラクター曽山桂子さん: わくわく!さんすう子育て
ハンドル名幼児さんすうインストラクター曽山桂子 さん
ブログタイトルわくわく!さんすう子育て
ブログURLhttps://ameblo.jp/sssmic/
サイト紹介文数や形が大好きな子ってどんな子?幼児さんすうインストラクターからさんすう子育てのお話をお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 12日(平均8.2回/週) - 参加 2018/04/09 09:37

幼児さんすうインストラクター曽山桂子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ゼロは悪魔の数字?
  • ■ゼロは悪魔の数字? 「0(ゼロ)は悪魔の数字なんだよ」 昨晩、息子が急に「悪魔の数字」なんて言うので驚いてしまいました。 しかし、よく考えてみると、彼がいま熱心に読んでいる「算数おもしろ大事典IQ」にその話が書いてあったな。 そう思い出して、私はほっとしたのですが… 算数おもしろ大事典IQ 増補改訂版4,104円Amazon 〈どんな数字にも0をかけると0になってしまう。〉〈1の右に0をかくと「イチ」が「ジュウ [続きを読む]
  • てのひらにひきざんを
  • ■ひきざん好きですか?「たしざんはできるのに、ひきざんができない…」 以前、そのようなご相談をお受けしました。 たしざんは楽しそうにやっていて、もっと問題だして!なんて言っていたのに、ひきざんにはそれほど熱中しない… なにか理由がありそうですね。 今日は「ひきざんの導入」をテーマにしたいと思います。 ■たしざんは好き算数の問題文には様々なモノが登場します。甘いお菓子、かっこいい乗り物、きれいなお花、 [続きを読む]
  • 展開図トランスフォーム!
  • ■空間認知能力昨日の記事では子どもの空間認知についてピアジェらの研究をご紹介しました。他にも、これまで、空間認知能力については、たくさんの研究結果が発表されてきました。 「空間認知能力は訓練や働きかけで改善できる」ということも、その中で明らかになったことのひとつです。 空間認知能力という大きなテーマのうち、今日は展開図に焦点を当てて、本を一冊ご紹介したいと思います。 ■展開図はトランスフォームがお [続きを読む]
  • 3歳でも何角形かすぐわかる!たのしくて簡単な方法
  • ■子どもにとって三角形と四角形は同じ?子どもの空間認知は位相的認知(トポロジー的認知)から、ユークリッド的認知へと発達します。これは、スイスの心理学者ピアジェらの研究から明らかになりました。(ピアジェらの論文はこちらです) 小さな子どもは、まず、ある領域の中か外かだけを認識しています。その内、点などのつながりを意識するようになり、やがて、長さや角度によってさまざまな形を区別するようになるのです。 [続きを読む]
  • 迷ったときは笑い声のする方へ
  • ■エビデンスってなに?エビデンス。ここではエビデンスを科学的根拠とします。この科学的根拠は、ランダム化比較試験に代表される統計学的手法により得られます。そして、科学的根拠に基づいて方針決定することを「エビデンスベースト」といいます。 ■Evidence Based Education=科学的根拠に基づく教育私は日本数学教育学会に入会しています。 毎月届く会報には様々な研究が発表されています。ケースレポート(事例研究)が豊 [続きを読む]
  • 数検第319回は明日です
  • ■明日は数検第319回個人受験の日です明日は2018年4月15日。実用数学技能検定の個人受験検定日ですね。 数検を個人受験できる年3回のチャンスのうちの1回目です。 今回初めて受験する小さなお子さんも多いのではないでしょうか。 ■忘れ物がありませんように試験が始まるまでは、親は子どもと一緒に試験会場に入室できます。私たちは子どもの受験票や筆記具の準備をしてあげられるし、解答用紙に必要事項を書いてあ [続きを読む]
  • 〇△□…描くのが一番難しいのは△!
  • ■子どもをほめて育てるってどうやって? 「子どもをほめて育てる」 保育・教育における大きなテーマですね。 子どもをほめて育てること。大人ができる前向きな働きかけのひとつです。 それと同時に不安の声も聞こえます。 「どうほめていいのかわからない…」「なにをほめればいいのかわからない…」 私自身、いつも同じような言葉でほめてしまうことを気にしていました。 子どもの成長や発見に感動しているのに、私の口から [続きを読む]
  • ブログをご紹介していただきました!
  • 一般社団法人日本幼児さんすう協会代表理事 大迫ちあき先生が、このブログをご紹介してくださいました!! 先生の著書と出会って、幼児さんすうインストラクター養成講座を受講して… 今日このようにご紹介いただけるとは、思ってもみなかったことです。 ほんとうに光栄です。 幼児さんすう指導者養成スクールの皆様にも、お世話になってばかりです。 どうもありがとうございます。 幼児さんすう指導者養成スクール様HPhtt [続きを読む]
  • 親子の会話は数学の成績を上げる
  • ■親子の会話が数学の成績を上げた2015年サイエンスに掲載された論文にこのような記述があります。 「親子で数学の話をすると、子どもの成績が上がり、親が子に与える数学的教育の質も向上する」 このシカゴ大学の研究はベッドタイム・マスというアプリを使用して、親子で数学の話をしたグループの数学の成績を調べたものです。 この実験のために家庭ですること。それは、アプリを開いて、親子で数や図形のクイズに挑戦した [続きを読む]
  • 10までかぞえるとき4と7はどう読むの?
  • ■まずは「4(よん)7(なな)読み」がおすすめ子どもとかずを数えるときには、まず「よんなな読み」で教えて、理解に合わせてだんたんと「ししち読み」も使えるようにしましょう。 ※数の数え方は「よんなな読み」と「ししち読み」の2通りあります。「よんなな読み」「ししち読み」について詳しくは前回のブログをご覧くださいね。→よんなな運動(数詞の秩序性) 今日は数学的知見から「よんなな読み」をおすすめしたいと思い [続きを読む]
  • よんなな運動(数詞の秩序性)
  • ■はじめてのかず赤ちゃんが誕生して、一生懸命育てて、すくすくと成長して…いよいよ数を教えるころかなと1から10まで数えてみせる。 お父さんやお母さんから生活の中で数を教わる。幼児さんすうの始まりはとても温かくほほえましいものです。 ところで、この「10数える」ということに、じつは幼児教育のテーマが隠れています。 ■「よんなな読み」と「ししち読み」あなたは1から10まで数えるときに4と7をどう読みます [続きを読む]
  • 幼児さんすうインストラクター
  • 最近、受験制度が変わる!と多方面から聞くようになりました。息子の通う英会話教室でもそれに合わせてプログラムの大幅な改定がありました。 子育て中の親にとって関心の高い話題です。 数学教育界もその流れの中にあり、実用数学技能検定(いわゆる数検)はますます注目されています。 「幼児さんすうインストラクター」は数検を実施する公益財団法人 日本数学検定協会の認定資格です。養成講座を受講し、試験を受けて認定さ [続きを読む]
  • 無料体験レッスンのおしらせ
  • 無料体験レッスン受付開始のおしらせです。 〜無料体験レッスン開講予定〜4月11日から毎週水曜日にレッスン開講いたします。13:00〜 幼児さんすう教室14:00〜 幼児さんすう教室15:30〜 数検教室16:30〜 数検教室17:30〜 数検教室※各回の算数レベルはご相談のうえ設定させていただきますので、お気軽にご連絡ください。 レッスンは45分です。各クラス定員は3名です。レッスンに使う教材や筆記具はすべて当校で用意してお [続きを読む]
  • MICさんすうスクール開講
  • 本日、MICさんすうスクールを開講しました。 MICさんすうスクールは札幌の幼小一貫さんすうスクールです。「かずって楽しい」「かたちっておもしろい」その気持ちを大切に、数学教育の基礎を育てます。 当ブログでは、レッスン風景や教材、幼児さんすうインストラクターとしての活動等をご報告していきたいと思います。 よろしくお願いいたします。 MICさんすうスクール 代表 曽山桂子 MICさんすうスクールHP  https://www.ss [続きを読む]
  • 過去の記事 …