ecla さん プロフィール

  •  
eclaさん: 私と子供達のDV体験日記
ハンドル名ecla さん
ブログタイトル私と子供達のDV体験日記
ブログURLhttp://violence.site/
サイト紹介文DV夫と離婚か家族再生か悩んでいる方へ、前へ進む勇気を持つ為に読んでほしいブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 16日(平均9.2回/週) - 参加 2018/04/09 15:30

ecla さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ストレスは万病のもと。続き②
  • 私は将来的に 今のままの状態を 続けていると ガンになってしまう。 そう思ったら 少しでもストレスは 発散させないとと 思いました。 でも飲みに行っても 夫はふてくされる。 休みの日に一緒に出掛けても 混んでるところはイ 続きを読む → [続きを読む]
  • ストレスは万病のもと。続き
  • スポンサードリンク 私は、病院の駐車場で 泣くだけ泣いて 落ち着いたところで 車を発進させました。 子供達を迎えに行き 2人に笑顔を見ると やっぱりガンにはなれない そんな思いだけが 頭をよぎりました。 家に帰宅し 子宮 続きを読む → [続きを読む]
  • ストレスは万病のもと
  • そういえば 私。 まだ彼に出会う前。 夫との関係も崩れ 夫への気持ちも冷め そんな夫婦仲の悪さが 子供たちへ悪影響だと 感じていました。 全てが私を苦しめ 挙句の果て 夫に骨を折られた時には 私の気持ちは はきどころが無 続きを読む → [続きを読む]
  • DV男は神経が腐ってる
  • スポンサードリンク おはようございます。 実は ここ2〜3日の間に とても不快な事が ありました。 現在、夫とは 離婚しています。 夫は 私達が 一緒に住んでいた頃の 戸建てに残り 私達はそこから 車で5分程度の祖母 続きを読む → [続きを読む]
  • これでいいのかもしれない
  • 彼に会い メールを交わすことで 私の心は 穏やかさを 保っていました。 私は彼に惹かれていたので 夫の行動や言動が 癇に障ることもなくなりました。 夫自身も 穏やかになってきたように 見えました。 何よりも私たち 夫婦の 続きを読む → [続きを読む]
  • チックとは
  • チック障害とは 「チック」 何となく聞いたことがあって 何となくでしか知らない という方が多いかもしれませんね。 チック障害は 我が息子にも見られた 症状です。 幼児期から学童期に 見られる 本人の意思とは 続きを読む → [続きを読む]
  • 甘い自分
  • 彼からの お茶の誘いを受けたとは言え いつその日がくるのだろうと 少し後悔している 自分もいました。 でも彼とメッセージをしていると ギスギスしていた 自分の心が少し 穏やかになっていくのを 感じました。 潤っているよう 続きを読む → [続きを読む]
  • 入学式
  • 今年は桜の開花も 早いせいか あっという間に 散ってしまいましたね。 我が息子は 今日 中学校の入学式でした。 先日まで 黄色の帽子をかぶり ランドセルを背負っていた息子。 夫の家を出たころは 息子がまだ小学3年生でした 続きを読む → [続きを読む]
  • 落ち込みました
  • 今日、 お仕事で ミスをしました。 社長から 物凄く 怒られました。 私は現在 会社で 事務をしています。 営業事務なので お客様相手に なります。 大小の問題ではありませんが 小さなミスもお客様には 迷惑に そして会社 続きを読む → [続きを読む]
  • 彼から誘われました
  • 飲み会の帰り 私は男の人と 普通の会話をしたことが 少し嬉しくなっていました。 私は普段夫以外の男性とは 話をすることがありません。 夫は 私が他の男性と話をすると ものすごいやきもちを焼きます。 冷たく当たり 無視など 続きを読む → [続きを読む]
  • 私の心の闇
  • 私達夫婦は 私の気持ちが離れていく一方で 夫は私の気持ちを取り戻そうと していました。 しかし 私の気持ちが 夫に向いてないと察すると 私に冷たくあたり リモコンを投げつけてみたり 皿を投げたり ドアを思い切り 閉めたり 続きを読む → [続きを読む]
  • 思いやりのない夫
  • 結局 夫との言い争いの後 私たちは何事もなかったように 日々の生活を送っていました。 私の手術から2週間たち 私は仕事復帰をしました。 当初、本社での 事務勤務との事だったのですが 園長が上司に掛け合ってくれ 何とか保育 続きを読む → [続きを読む]
  • 夫との言い合い
  • 骨折の痛みと ショックと とにかくいろんな感情に 苛まれていました。 結婚前の浮気から 結婚後の浮気 そして痴漢 そして暴力 夫と一緒になって 私は笑うことできていたのかな・・・ 息子が産まれても 一人淋しく育児をし 泣 続きを読む → [続きを読む]
  • 手術の日
  • 腕の手術は 1泊2日で 行われました。 手術当日の朝 私は夫に連れられ 病院へ向かった。 私を降ろすと夫は 仕事へ向かいました。 私が付き添いはいらないと 断ったから。 なんの心の支えにもならないと 感じた 続きを読む → [続きを読む]
  • 過去の記事 …