まちこ さん プロフィール

  •  
まちこさん: 47歳主婦のむかつく絵日記
ハンドル名まちこ さん
ブログタイトル47歳主婦のむかつく絵日記
ブログURLhttps://machiko1192.muragon.com/
サイト紹介文まちこのリアルな日々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 84日(平均4.0回/週) - 参加 2018/04/09 18:52

まちこ さんのブログ記事

  • 季節は巡る
  • 知り合いに久しぶりのラインを送ったら 丸一日既読がつかない なんかあったのかなと心配する反面イライラ 上がったり下がったり、来月48になる歳のせい? オセロの駒がひっくり返る様に 嫌だった事も楽しみに変わる またその逆への転回も速い 子なし専業主婦に「昼間何してるの?」と聞かないで 毒母親、私に近づかないで 〇〇しないで、が多くなってきた 〇〇したい、を増やそう 龍馬、また桜の季節もどうせすぐ来る [続きを読む]
  • 過去
  • 独身アラフォー女性のブログを見て 何を慰めていたのだろう こどもがいないコンプレックスに縛られ 一歩も前に進めずにいた こどもを産み育てる以上に 素晴らしい仕事なんて存在するのだろうかと もっと早く結婚していたら 今の夫でなかったら 違う過去を求めるのは 今の自分が幸せじゃないから 龍馬「過去を変えると僕に会えなかったよ」 [続きを読む]
  • 痛み
  • 人の痛みは今の医療でも測れないらしい だったら尚更、人の痛みを想像しなくては 体の痛みだけでなく、心の痛みも 私今それ言われて心痛んだよ なんて相手に伝えないし わかってよ!なんて思っても無理 相手からも、それは心が痛むから言わないで なんて言われない お互いに痛みを更に広げつつ会話して じゃあまたね、なんてバイバイした後 もう二度と会うもんかと、また心痛めてる 龍馬の腰の痛みを想像してみる [続きを読む]
  • アルマゲドン
  • こんなに心が荒々しいのはなぜ? 離婚した、こどもを虐待している、 家族仲が悪い等 ハッピーに生活してない家庭を検索してしまう 久しぶりに友達に会った時 私が不妊だと伝えた筈なのに 変わらず普段のこどもとの生活を話してくる 彼女の生活はこどもが占拠しているのだから 仕方ない 興味ないとは言えないし 勿論それ以外の話もあるけど また会いたいと思えなくなってきた 夢の中が一番楽しい 起きたら現実の殺風景 [続きを読む]
  • 龍馬は喋らない
  • ずっと家に居る日が続くと いつか外に出られる日が来るのだろうかと 病院には行ってないけど、何かの病名はついてた気がする 一番悲しい事は、人からの親切や優しさにまで 鈍感になる事 いつから本当の悩みを、誰にも言えなくなったんだろう 本当に悩んでる時も、誰かには相談できていたはず ワイドショーは同じ事ばかり 働きたいな ストレスも生じるだろうけど、この毎日何して時間潰そうと 考える虚無感からは解放され [続きを読む]
  • 後期高齢者の母と
  • このイライラは何だろう・・・ 妹には娘2人いて、母も娘2人産んだ この繋がりへ嫉妬? 地震でしばらくガスが止まった 日頃のありがたみがわかったばかりなのに また日常へと戻っていく もうすぐ48歳 いつまでもグジグジ言ってる場合じゃない 明るく楽しく前を向いて 同世代は100歳まで生きるつもりで 人生設計をしなくてはいけないらしい あと50年、下向いて生きていくの? この地震で一瞬にして、非日常へと [続きを読む]
  • ペアルック
  • いつから更新してないんだろう・・・ 家からほとんど出ず、昼も夜も寝たきりの日が続いた 世の中は眩しくて、自分だけが闇の底へと落ちているようだった 健康な肉体があるのに、やる気になればできるはずなのに 何もする気が起こらず、ただ羨ましがり妬んでいた 這い上がってまだまだ先の長い人生 明るく楽しく笑って過ごしたいのに どうすれば這い上がれるのかもわからず ただもがいていた 何でもいいから、自分が楽しい [続きを読む]
  • 母の日
  • 現時点で母に花を送れる幸せ 何故そこだけに留まっていれないんだろう 母の日だから娘と映画 息子から花束 そんな幸せは対岸の火事のように 後何年経てばこんな気持ちが消えるんだろう 龍馬のお母さんはどこ? [続きを読む]
  • 許容範囲
  • 一言にカチンとくる事が増えた 人を批判する自分は何かやってんの 何も・・・ 許容範囲が狭まってるんだろう いちいちムカッとくる時間 楽しい事の方が多い日はいつだったか かたくなな態度が私の心を老けさせる 龍馬は文句言わないね [続きを読む]
  • 変化
  • 母の姉妹は80代70代 40代の私と変わらない会話をしている 人は何歳から変わらないんだろう 3つ子の魂百迄 産まれてから根本的な変化などないのかも 私は後40年、愚痴って生きてくのか 明るく前向きに生きていけるのか 龍馬も産まれてから変わってないね [続きを読む]
  • 登下校
  • 1時間目から6時間目までを過ごす間 私は無駄に時を送っている どんな目つきで私は人を見てるんだろう ネトッとした妬みの視線を送ってる 客観的にみると怖い 自分は変わりたい 変わらなきゃいけない 自分を守れるのは自分しかいない [続きを読む]
  • 選択
  • 友達の友達に近づくのは危険 彼女は自分で選んだ友達じゃないから 仲良くしてる時間はごまかされる 一人になった時に虚しさしか残らない 馴れあいで付き合ってもろくな事ない もう二度と行きたくない場所には行かない 会いたくない人とは会わない 龍馬の友達は私と夫? [続きを読む]
  • 電車の中で
  • 色白の可愛いママそっくりの男の子 ママが何度もこちらを見て喋りたそうにしている 「可愛いですね」と素直に言えそうだった 「お子さんは?」 そう聞かれるのが怖くて話しかけられなかった 私が不妊治療失敗して、悶々と過ごしてるなんて 想像もつかないのだろう 「不妊なんで、やめてください」 そう言ったら引かれるだろうな [続きを読む]
  • 女友だち
  • 子持ち同士の会話 「犬を幼稚園に行かすって」 「お弁当持たせるんだって」笑いながら 何がおかしいの 七五三の写真を堂々と送って来る彼女たち 私は夫と犬と幸せに暮らしてると思ってるからなんだろう 想像力の欠如 近所の家並み、同じように車が停まっていて 変わらぬ外観でも、各家庭の中身は他人には計り知れない ある同世代の彼女のことは好きだけど 息子と娘の就職先の話、徐々にランチ断るようになった 40代後 [続きを読む]
  • スーパー
  • 子連れのいない時間帯って・・・ 朝一番に行ったら、いきなりパパと娘 朝から楽しそう 心がザワつく 幸せな人は自分の幸せに必死で 時に周りを傷つける こどもの姿がみえない街は 活気がなくて日本の未来も無くなるけど 羨ましい、おさめ所が無い気持ちは いつか消えるんだろうか [続きを読む]
  • 介護
  • 毒親に育てられた私は、母の介護が出来そうにない ヒステリックに怒鳴られた記憶が モタモタした母に厳しくあたる シワシワの口元にスプーンで食事を運ぶなんて 車椅子は乱暴に押し、老いた身体の着替えも冷たい 私のルーツである母を否定するのは自分を否定する事 人生の幸せ分量は皆平等であって 幼少期不幸だったら大人になって取り返せるんじゃないの 龍馬の介護は任せといて [続きを読む]
  • キャッチボール
  • 龍馬と散歩中みかけてしまったパパと息子 一人で良かった 最近一緒に見る夫の視線がせつない 恋い焦がれても手に入れる事が出来なかった 生活への憧れが募り過ぎ、憎しみへと形を変える できちゃった婚で高校中退した知り合い 60代になり3人のこどもと5人の孫 この歳になると勝ち組はどっちかわからない もう一度運動会、入学式、卒業式と イベント事を経験できる それらの一通りが無い私は 何をして暇潰しをすれば [続きを読む]
  • 親権
  • 夫はいいパパになったと思う それは龍馬を介しても感じる 叱る時はしっかり叱り、褒める時はめちゃめちゃ褒める 今ならまだ夫は自分の子をもうけられる 夫はいい人だから、自分からは言いださない 私から離婚を言い出すべきなんじゃないか 義父母は多分、離婚を内心喜ぶ 長男の孫が欲しいから 悲しむふりはするかもしれない 義父母の為にも私は何一つしてあげられてない 龍馬の親権はどちらに? [続きを読む]
  • ハイキング
  • 久しぶりに明るい気持ちで夫とハイキング ひきこもってた冬から、ようやく暖かくなり 気持ちがフッと軽くなった 低気圧も気持ちの落ち込みに関係してたのかな、なんて 乗った電車にパパと娘 手を繋いでリュック姿 隣りの夫はどんな気持ちで見てるんだろう 私と同じかな もしかして私を責めてる? 一気に楽しくなくなった 街には親子連れが溢れてる “それって自慢?” 私に自慢してる訳ない こどもが嫌いだったらどん [続きを読む]
  • 不妊専門クリニック
  • 不妊専門クリニックに通っていた頃 小さなこどもを連れて来るママがいた やめてほしい 見たくない気持ち、わかんないの? だけど、事情があるんだろう 表面しか見れない浅はかさは 全てに通じてしまう 子育ての悩みや、大変さを知らない事実に 胡坐をかいてるのかも ただひたすらに羨ましがってる 体験してなくても 想像はできるでしょ 何に対しても、「それって自慢?」 死ぬまで、こども欲しかったは続く こどもを [続きを読む]
  • スタバで赤ちゃんを抱っこしてるママ このテリトリーに入ってこないで テリトリー? 不妊様お断りだと、こちらが排除 自分中心過ぎる こどもが好きで、こどもに恵まれなかった女性は 世界に私ひとりだけじゃない 姪が大学受験に失敗した 志望校に合格したものなら、今後一生 母と妹に姪の大学名を自慢されてただろう 姪の失敗に安堵した なんて小さな心 だんだん心がしぼんでゆく 夢の中が一番楽しい りんごの実がイ [続きを読む]
  • 龍馬ごめん
  • 龍馬に謝らなければいけない 龍馬を迎えて6ヶ月の頃 不妊治療終了後、気が抜けたようになってた 冬の夕方、お散歩 公園のベンチに座って龍馬のリードを外し ボオッとしてた 気付くと真っ暗 「龍馬ーー!!」 呼んでも来ない 真っ青になって探したけどみつからなかった ご近所さんとそのワンちゃんにも探して貰ったが、みつからず どのくらい時間が経ったのだろう クリーム色の麻袋や、捨ててあるビニール袋まで 龍馬 [続きを読む]
  • 小梨
  • 小梨サイトを覗いてしまった 胸をえぐる言葉の羅列 夫婦とも、こども好きで 欲しいと望んだけど 病院で「原因不明不妊」と告げられ あきらめざるを得なかった者が ここに存在する事を、知ってください “死ねばいいのに”という激しい憎悪 その感情はブーメランのように 自分に跳ね返る おまえが死ねよ そう言われると、ぐうの音も出ない 龍馬との散歩中 可愛い公園で [続きを読む]
  • 女同士
  • 既婚、未婚、子あり、子なし 境界線は自分の心の中だけでなく 見えないけど、確かに存在する そこを乗り越えたつもりで 彼女たちと接しても たいてい疲れて帰って来る アラフォー女子グループの中で 私ともう1人だけ既婚者 独身組ライングループには勿論入れて貰えない 先日、そのもう1人の既婚者が離婚して 独身組ライングループに加入した ライン上で私の悪口が言われているのは 薄々感じていた 嫌だったけど我慢 [続きを読む]
  • スーパー
  • スーパーに親子が少ない時間帯は 何時くらいなんだろう 小さな女の子が 野菜売り場の前で ビニール袋の筒をカラカラ回し 床一面がビニールの海になった ふっくらした若いママ その子の頭の上に 自分の手をかざし 自分の手の甲を ペシッと叩いた 音が響き、女の子は 火がついたように泣いた ママはカートを押して その場から離れていった ひとり残されたその子の 爆発的な泣き声で スーパーが満たされる いいママ [続きを読む]