まちこ さん プロフィール

  •  
まちこさん: 47歳主婦のむかつく絵日記
ハンドル名まちこ さん
ブログタイトル47歳主婦のむかつく絵日記
ブログURLhttps://machiko1192.muragon.com/
サイト紹介文まちこのリアルな日々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 14日(平均12.0回/週) - 参加 2018/04/09 18:52

まちこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • スーパー
  • スーパーに親子が少ない時間帯は 何時くらいなんだろう 小さな女の子が 野菜売り場の前で ビニール袋の筒をカラカラ回し 床一面がビニールの海になった ふっくらした若いママ その子の頭の上に 自分の手をかざし 自分の手の甲を ペシッと叩いた 音が響き、女の子は 火がついたように泣いた ママはカートを押して その場から離れていった ひとり残されたその子の 爆発的な泣き声で スーパーが満たされる いいママ [続きを読む]
  • 優しい人
  • かわいそうって思われるのは 何よりつらい つらいから強がる 強がるから泣き損じる 泣きたい時は 声をあげて思いきり 泣けばいい それでスッキリしなくてもいい 次の日も泣きたければ また泣けばいい 強がって涙流さないと 心におりが溜まる 溜まりすぎると それを許してくれる 優しい人に やつあたりしてしまう その優しい人は きっと許してくれるだろう 次に連絡したら 「こないだはごめんね」 と謝られる [続きを読む]
  • バレーボール
  • 夫の家に 初めて挨拶に行った日を思い出した 食事の後 TVでバレーボール観戦をした おかあさんが、応援に熱が入り 「それー!いけー!」 と大きな声を出した 一瞬静まり 次の瞬間、みんな笑った 「こういう家です」 夫は照れながら言った 明るい家だった 長男の夫には、子どもができず 夫の妹には男の子2人ができた おかあさんは 孫にかかりきりで楽しそうだった 田舎出身のおとうさんは 内孫がほしいと言った [続きを読む]
  • 朝も昼もない 夢の中が一番楽しい 夢がひとつの壮大な映画のよう こんなに現実で笑った事ないってくらい 楽しい 夢は、現実の欠損を埋めると 聞いた事がある いたずらに時を無駄にしてきた 死に向かってなんとなく 一日無駄に過ごし もったいない事をした、とか 後悔も反省もなかった 明日もまた つまらない無意味な一日が 過ぎていくのだろう 深い海の底にいるみたい また夢を待つ 列車が飛び花火があがる [続きを読む]
  • 夕方
  • テレビの音を最低限にして 一日中つけて カーテン閉めきって ひたすら眠る 隠れるように生きてる 昼前起きて またすぐ座椅子で寝て 夕方 ごはんの支度して 食器さげたら シンクぐちゃぐちゃのまま また布団で寝る 死に向かっているだけの毎日 何が楽しくて生きてるんだろう おまけに家の前は通学路 夕方 ランドセル揺らして 帰ってくる小学生 まともに見れない 今日一日 私は何した? 泣いたら 龍馬が顔なめ [続きを読む]
  • 幼稚園バス
  • 幼稚園バスのお迎えの時間 龍馬と散歩してしまった ママたちの前を通る気まずさ 「かわいい」 龍馬を見てひとりのママが言う ママたちの方向を見れない 神さま 何か私のした事で どうしても許されないのでしたら 別の罰を 100個でも200個でも受けます どうか 子どもを産めない という罰だけは やめてください 龍馬 子どもをあきらめたから 会えたんだけどね・・・ [続きを読む]
  • 独身アラフォー女子 DV、モラハラ夫 そんなサイトばかり見ていた 自分は今、幸せなんだと 立ち位置の確認 ドス黒く 鉛のように重い負の感情が 蛇のように 自分に絡みつき、締め上げる 結局 苦しいのは私 仕事もあって、子ども2人と 素敵なダンナ様 そんな女性に いいな、羨ましい から ずるい、憎い に変わっていく感情 「他人の幸せを共に喜び 不幸を共に泣く」 その逆が、身体に染み渡り 当たり前になっ [続きを読む]
  • 心がそっぽ向く
  • 叔父が手にしたipad 孫の動画を見せられる ここで、シャッター降ろしてしまった 本当はipadについて 教えてほしい事があった 情報をまた1つとりこぼした こういう事、よくある 3姉妹のお母さんで 仲良くしたい人がいる でも、カテゴリー “子どものいる人” だからシャッター降ろす 損してるのはわかっています だけど 一度さげたシャッターは もう上がらない 龍馬、 どうしたらいい? [続きを読む]
  • 毒親
  • 実母との関係性が 私に子どもがいない一因ではと わりと真剣に思ってる “毒親”という言葉が そのまま当てはまるような母 私の夫の収入や会社名等 母は良く思ってなかった 「子どもなんて要らないわよ」 新婚時に言われた その後は 「あなたのとこの子どもって きっと服装も貧しいんでしょうね」 我が耳を疑った 母の意図とは何だったんだろう シングルマザーなんて言葉が 無かった時代 我が家は母子家庭だった [続きを読む]
  • 端午の節句
  • 龍馬と散歩中 鯉のぼりをみつけた そうか もうすぐ、こどもの日 毎年この辺りの日がつらい ないものねだりと人は言うかもしれない ないもの=こどもって 大きすぎやしませんか ポッカリ空いた心の隙間を なにかで早く埋めなくちゃ 人から言われて傷ついた言葉は いつまでも残る 人を傷つけた言葉は 都合よく記憶から消される 脱ぎ捨てた靴下と龍馬 [続きを読む]
  • 他人の不幸は
  • 気持ちをおし殺してはいけない 寂しさを隠してた 本当は凄く寂しい “隣の家族は青く見える”のドラマは 「流産から子どもなしへの未来に向かって歩いていく2人」 でラストだった 妊娠せず、よかったと思った だから何? 自分の置かれている状況は何1つ変わらない もしかしたら後退しているのかもしれない 他人の不幸を蜜と感じたその瞬間に1歩ずつ 「不妊様」 妊娠できない女性を揶揄した言葉 私はそこに足を突っ [続きを読む]
  • 子ども好きな夫
  • 夫は子どもを欲しがった 違う誰かと一緒になってたら 夫には子どもがいたような気がする 離れた方がいいのかな 罪悪感を抱えながら生きてる 母と温泉に入った時 「あなたに子どもがいなくて良かった。 だって体が・・・」 と言われた どういう意味だろう 胸が小さいから お尻が小さいから 母にはわかってもらえなくていい ただ夫にはわかってほしい 本当にパパにしてあげたかったんだよ 龍馬 うちに来てすぐおなか [続きを読む]
  • 未来
  • 母は75歳 介護が必要になった時に 私は世話できるだろうか 心狭いけど、私たち夫婦には 世話してくれる子どもがいないのに 息子がいる女友達は姑に優しい 娘しかいない女友達は姑に厳しい 自分が将来、姑になるかどうかの心理? 女同士、親子であっても友達であっても 子を産んだか産んでないかの境界線で 未来への見方が変わってくる 龍馬の小さい頃の写真ばかり 最近見てる もう8歳 介護が必要になったら いつ [続きを読む]
  • フカフカの子宮
  • 不妊治療がうまくいかなかった時 妹の言った言葉が忘れられない 「子宮を取り替えてあげたい」 妹は健診で、まだまだ健康な子宮ですねと 褒められたそうだ もう2人の娘を産んだから 産めなくて悩んでいる人と 子宮を取り替えてあげたいと 出来もしないことを・・・ 妹に私が不妊治療をしている事は言っていない 傷つきやすくなっているのだろうか 自信がないから卑屈になっているのだろうか 妊娠がそんなに偉いですか [続きを読む]
  • 子宝草
  • 昼も夜も寝て起き上がれない日が続いた 過去に戻りたいと望むばかりで 前を見れない 甘え、わがままでしょうか ゆっくり夫婦で歩いていこうと 穏やかな気持ちになる日もあるけど 産まないのではなく、産めない 隣人が子宝草をくれた 私の歳を知らないのだろう のちに別の人から私の歳を聞いて 気まずそうにしていた [続きを読む]
  • 自分いじめ
  • 神様は耐えられない試練は与えない 耐えられない試練だったのかも 私にとって出産、子育ては もう子どもが望めないと確信した時 視界がグラッと揺らいだ 子どもが大好き かわいくて、しかたない この気持ちが増すと 自分いじめに刃が向く [続きを読む]
  • 母娘マウンティング
  • 母と妹は女の子2人を産んだ 私と彼女達の間には 家族といえど、壁がある なんだか見下されているような 母と、不妊治療をしても授からなかった 女性のドキュメントをTVで見てた時 「最後までやらなかったのね」 と母は言った 欲しい時にすぐ妊娠した母に 不妊治療をしている事を私は 言ってない 不妊治療のゴールは出産 最後があるかはわからないんだよ すぐ妊娠した妹にも多分 理解されない 一生付き合っていか [続きを読む]
  • 不可思議
  • 妹には2人の可愛い娘と 素敵な旦那様がいる 都内高級住宅街の一軒家に 4人で住んでいる 幼い頃から、私の方が努力してきた なのに、なんだこの差は!? 同じ親から生まれ、同じ環境で 育ってきたのに [続きを読む]
  • 歪んだ気持ち
  • 広汎性発達障害をもつ男の子の お母さんと話をした かわいいですねと言ったら じゃあどうぞ と眉間に皺を寄せて言われた 大変な経験を私は知らない でも、その子の存在そのものが 愛おしくてたまらず 心底かわいいなと思ったのだ ひとりも子どもを産むことが できなかった私にとっては あなたには娘もこの子も ふたりもいるじゃない [続きを読む]
  • 心がせまい
  • 夕方のニュースで 終わりに、今日誕生した赤ちゃんが映る。 即座に隣のチャンネルに変える。 動物のコーナーに。 傷つく人もいるのだから、産まれたての赤ちゃんを 放送しないでほしい、というのは おかしな事だとわかっている。 婚活がうまくいかない人の前では 結婚指輪を遠慮しますか 子どものいない女性の前では 子どもと歩かないよう気をつけますか そんなことはあり得ない。 自分で気持ちを処理するしかない。 [続きを読む]
  • 未来がみえません
  • 2歳違いの妹には、大学生と高校生の娘がいる。 最近は一緒にショッピングにでかけている。 妹は娘の子を将来、自宅の和室に寝かせることを このごろ妄想しているそうだ。 子どもがいない、ということは孫もできない。 今年48歳になる私は 未来の楽しみがありません。 今日は龍馬くんの8歳バースデーです。 この子がいなくなったらと思うと。 どうやって50代を生き抜いていけばいいんだろう。 [続きを読む]
  • はじめまして
  • 47歳子なし専業主婦のまちこです。 どうぞよろしくお願いします。 40歳で不妊治療を終了後、日々鬱々と 暮らしています。 旦那は2歳年下の薄給サラリーマン。 それでも専業主婦をやっていられるのは 子どもがいないからだと思います。 50歳を目前に、子なし人生を どうやって生き抜いていけばいいのか、 まるで光が見えないのです。 そんな闇の日々をこれから書いていきますので おつきあい下さい。 今日のでき [続きを読む]
  • 過去の記事 …