ロック さん プロフィール

  •  
ロックさん: atopic8894976のブログ
ハンドル名ロック さん
ブログタイトルatopic8894976のブログ
ブログURLhttps://atopic8894976.muragon.com/
サイト紹介文アトピー性皮膚炎のあれこれ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 11日(平均9.5回/週) - 参加 2018/04/10 16:31

ロック さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • アトピー性皮膚炎を治してみて分かったこと 実践その4
  • 今回は筋肉です。人間の身体には主に下記3種類の筋組織からなるそうです。 骨格筋(横紋筋) 平滑筋 心筋 まず骨格筋ですが、私たちが一般に「筋肉」と考えている筋肉です。ほとんどの筋は骨に結合して、体を動かすために働いています。骨格筋は自分の意識化で自由に動かすことのできる随意筋です。 次に平滑筋ですが、気道や胃、腸、血管などの壁を構成しています。これらの筋は無意識のうちにコントロールされる不随意筋で [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎を治してみて分かったこと 実践その3
  • 今回は神経ですが、神経って自律神経のことです。鍼灸の治療しましたが、効果は抜群でした。詳しいことは専門家ではないので分かりませんが、頭部に鍼を刺した瞬間に、スーと何かがひいていくような感じがして、数分後に胃がぐぅーと鳴って、腸が動いているのが分かりました。そして終わった後とてつもなく体が軽い。これまじです。自分でもびっくりしました。ちなみに治療したのは骨の歪みを取ってからですよ。これ重要です。 自 [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎を治してみて分かったこと 余談その4
  • アトピー性皮膚炎を治すうえで、必ず関わってくる話が免疫です。 書籍を何冊か読んだことがあります。しかし言わせてください。免疫に関する知識は必要ないです。仮に勉強したところでよく分からないはずです。なにせ専門家もよく分かってないうえに未知の分野でもあります。考えてみてください。免疫って異物が体内に侵入してからの話ですよね?異物が体内に侵入しないようにどうするかが先決です。 花粉の季節にみなさんどうし [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎を治してみて分かったこと 実践その2
  • 実践その1で記載した通り内傷性アトピー性皮膚炎を治すうえで、骨の歪みを治すことは必須です。ちなみに私は背骨と骨盤歪んでました。あえて言うまでもありませんが、人によって骨が原因が影響の薄い方、もちろん全くない人もいると思います。これは勘違いしないでいただきたいのですが、原因って人それぞれパーセンテージが異なります。よって発症のボーダーラインを100%としたとき、食事が70%、神経が30%の人や骨が6 [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎を治してみて分かったこと 余談その3
  • 既に感の良い方や治療が成功している方は気づいていると思いますが、アトピー性皮膚炎は薬で治らないし、どこの病院に行っても治してもらえません。 この病気は遺伝的要因がありますが、環境的要因が大きいのです。 この病気は特に食に関して多大な影響があります。 考えてみてください。食物を消化して排泄するのに、薬なんていらないんです。 きちんと消化して排泄するには、正常な食物と正常な体が必要です。 正常な食物は [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎を治してみて分かったこと 余談その2
  • アトピー性皮膚炎が治らない人について考えてみました。 アトピー性皮膚炎が治らない人っておそらく3パターンいると思います。 治らないと思い込んであきらめている人 治そうとしているが全く見当違いなことをしている人 遺伝的要因が強すぎて治らない人 1の人は治るわけがないです。症状が軽症ならば分かりませんが、自然治癒はほとんどないでしょう。 2の人は自分です。アトピー性皮膚炎が何らかの方法で治ることは知っ [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎を治してみて分かったこと 余談その1
  • そもそもアレルギーって何なのでしょう? この病気を通して分かったことは、排出・防御作用ってことでした。 思い浮かべてください。嫌な花粉の季節にどんな症状が出ているでしょうか? 涙 くしゃみ 鼻水 せき 鼻づまり 喘息 人によっていろいろあるでしょうが、ざっと上記のようなものでしょう。 上の4つは水分と呼吸を使って異物を追い出す排出ですね。 下の2つは粘膜で炎症を起こし、腫れさせて異物の侵入を阻止す [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎を治してみて分かったこと 実践その1
  • 内傷性アトピー性皮膚炎を治すうえで実践する前に理解しておくことがあります。 それは原因にどんなもの存在するかということです。 原因として遺伝的要因と環境的要因の2種類があります。 以前にもお話ししたように遺伝的要因(皮膚や粘膜が弱い)は現段階で治療することは不可能です。なのでやることは環境的要因をいかに改善していくかということに尽きます。では各要因を見ていきたいと思います。 人によってそれぞれ異な [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎を治してみて分かったこと 理論その4
  • 内傷性アトピー性皮膚炎(自分で作った造語。詳しくはその2に記載。)を治すうえで重要なことは消化と排泄です。これがスムーズ且つ的確に行われないと、粘膜が弱いので異物が大量に入ってきます。おまけに免疫が反応してその4に書いたようにデスマーチを繰り返し、お手上げ状態となります。 じゃあどうするかを考察したいと思います。 この画像にあるように内傷性アトピー性皮膚炎を治療するには5段階必要です。 食事 咀嚼 [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎を治してみて分かったこと 理論その1
  • アトピー性皮膚炎は2種類あります。 外傷性アトピー性皮膚炎と内傷性アトピー性皮膚炎(適切な用語ではない)です。 まず外傷性アトピー性皮膚炎ですが、直接皮膚に異物が触れて、炎症が起きるタイプ。 汗、油、界面活性剤、お湯(頻繁に使用した場合)などが原因です。 正直原因がはっきりしていて分かりやすく、適切な処置をすれば、簡単によくなります。 (先天性的要因が強い場合を除く) 仮に炎症が起きていれば、ステ [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎を治してみて分かったこと はじめに
  • あれこれやってみて分かったんですが、アトピーは完治しません。(というか完治するはずがない) 厳密に言うと、アトピー性皮膚炎は治るんですが、アトピー性皮膚は治らないです。 これは、遺伝性に基づくもので今のところ改善する方法はないようです。 日本人のアトピー性皮膚炎患者の約3割弱にフィラグリン(角層のバリア機能の形成や水分保持といった機能の蛋白)遺伝子変異がみられるそうです。遺伝子に変化が起きない限り [続きを読む]
  • 過去の記事 …