M字 さん プロフィール

  •  
M字さん: M字ハゲおやじの野望 〜season2〜
ハンドル名M字 さん
ブログタイトルM字ハゲおやじの野望 〜season2〜
ブログURLhttps://mhageseason2.blog.fc2.com/
サイト紹介文野望という言葉の意味を調べたら「望んではならない不届きな望み」らしい、でも写真が上手くなりたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 99日(平均6.8回/週) - 参加 2018/04/10 22:27

M字 さんのブログ記事

  • 涼を求めて来たものの
  • (昨日の続きとなります)あまりの暑さでトンボ公園の散策をあきらめて、帰りコンビニで「ガリガリ君(アイス)」を購入。気象庁さんの言うことを守り、エアコンをガンガン効かした室内でアイスでも食べようと思いまして。でもせっかくの3連休...そんなことをしていたらお天道様に申し訳ないと思いまして、涼を求めてやって来たのが近くの川のほとり、ちょっとだけ涼しいのでここでアイスを食べながら作戦を練ることにします。RICOH [続きを読む]
  • こんな日はトンボは撮れない
  • 日本列島がほぼ亜熱帯化した三連休の中日の午前8時前、いつものトンボ公園に出発しようとすると、嫁さんに「 バカじゃないの!死ぬわよ(`◇´)ノ」とか言われましてね。チーム森田の”天気で斬る!”よりそれでもやってきたトンボ公園でしたが....あまりの暑さで30分であえなく撤収 ヾ(--;)てすからトンボの写真はありません、なのでトンボの化石を撮ってみました、何処にあるか分かりますか?PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10 [続きを読む]
  • ショウジョウトンボの一発芸
  • 梅雨も明け、本格的なトンボシーズンの到来となった高知県地方、朝早くから「セミ」が大合唱を始め、よけい暑さをを感じます。トンボの記事が多いですが、 トンボはもう飽きちゃいましたか...?さて、今日のトンボは夏の定番中の定番のトンボとなります m(_ _)m今からこのショウジョウトンボ(♀)さんが一発芸を披露してくれるようです。PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WRショウジョウトンボ(♀)さんの逆立ちです [続きを読む]
  • 太陽のタマゴをたべてみた
  • 夏の日差しがガンガンと容赦なく照りつけて尋常じゃないほど暑かった金曜日、日中の最高気温は午前中からグングンと上がり34度となりました。そんな日の夕方、宮崎県に住む娘の友達から「太陽のタマゴ」という物が送られて来ましてね。OLYMPUS SZ-31MRでは早速開けてみましょう v( ̄ー ̄)vワンダホー (^0^)/~~ 完熟〜!OLYMPUS SZ-31MR大きさはこんな感じです。緊張して手が震えてボケた (--,)OLYMPUS SZ-31MR切り方は説明書があり [続きを読む]
  • 地球温暖化の申し子らしいベニトンボ
  • 赤いトンボといいますと、まず思い浮かべるのが「ショウジョウトンボ」とか「赤トンボ」とかではないでしょうか?いつものようにトンボ公園の池のまわりをうろついていますと、非常に目立つ色のトンボが翅を休めています。「ショウジョウトンボ」かなと思いましたが、ちょっと色合いが違うような気がする。ベニトンボ(♂)と思われます。名前に「ベニ(紅)」と付きますが、どう見ても「ショッキングピンク」のよに見えるのは老眼 [続きを読む]
  • 黒銀ことクロスジギンヤンマ
  • 「黒条銀蜻蜓」と書いて「クロスジギンヤンマ」と読みます。略して「黒銀(クロギン)」なんともシブイ名前ですこと v( ̄ー ̄)vその「黒銀」の姐さんが一人で卵を生んでいましたので了解を得て撮影いたしましたので御覧ください。クロスジギンヤンマ(♀)の単独産卵(*2018年5月4日撮影)PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR本家?のギンヤンマの産卵は昨日の記事のように共同作業のようにして行うのですが [続きを読む]
  • ギンヤンマのハートから産卵
  • 大雨の降る前の蒸し暑い日、いつものようにトンボ公園を散策しておりますと、ヤンマと見られるカップルが生殖活動に励んでいるところに遭遇しました。ちょっと失礼してその様子を観察することにいたします。ギンヤンマの交尾です。トンボ愛好家の人たちはこれを「愛のハート型」とか呼ぶそうです。(逆ハートに見えなくもありませんな)PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRハートが終り、産卵を始めました。 [続きを読む]
  • 四万十川河口の太平洋と台風マリア
  • 活発な梅雨前線による西日本豪雨により各地で未曾有の被害が発生しました、被害に遭われた地域の皆様方にはお見舞い申し上げます。大雨により増水した四万十川河口部の様子です。白い建物のある山と防波堤の間が四万十川河口です。PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF濁流が太平洋に流れ込み、いつもの青い海とはまったく違います。(右が四万十川河口)PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF [続きを読む]
  • (捕食)お食事中失礼します
  • イトトンボ界では「獰猛なハンター」としてその名を轟かせているトンボが草につかまりくつろいでいるように見えます...。キイトトンボ(♂)PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR後姿だけではなんかもの足りませんので正面に回り込んでみますと.....。ゲロを吐いているのではありません、お食事をしているのです。PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WRその黒い物体はなんですか、おいしいの?PENTAX K-3+smc P [続きを読む]
  • 半分、青い。かも?
  • タイトルに『半分、青い。』と書きましたが、先週の初めから急展開をみせたNHKの連続テレビ小説の話ではありません、青いトンボの記事となります。なぜ「半分青い」かと申しますと、下の絵を見てもらったら分かるように、トンボも「青い」し背景も微妙に「青っぽい」からです。チョウトンボ(♂)かな〜?それにしても、大変素晴らしい逆立ちですこと d( ̄  ̄)PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR「ほとんど青じゃね〜 [続きを読む]
  • 今日は七夕...しかし
  • お空の上では約15光年離れた超長遠距離恋愛中?の「織姫さまと彦星さんが1年に一度だけ会える」日となっているようです。その様子をテレビで中継していましたので御覧ください m(_ _)m一方地上では、前線が九州から関東付近に停滞。断続的に発達した雨雲がかかり、猛烈な雨も、土砂災害や川の氾濫に厳重警戒が必要となっています。四万十川の様子です。(7月6日午後0時31分/左岸より)PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED [続きを読む]
  • 暴れ川四万十川と赤鉄橋
  • (昨日の続きとなります)沈下橋の状況確認を終え四万十川を下ります。見えて来ました、四万十市のシンボル?「赤鉄橋 」茶色く濁って流れるのが清流四万十川です。PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRいつもの撮影ポイントより、そんなに増水してませんが濁流です。(四万十川右岸より)PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR対岸からとなります。(四万十川左岸より)PENTAX K-3+smc P [続きを読む]
  • 四万十川の沈下橋沈下する
  • 台風7号は何事もなく通り過ぎ、今は薄っすらと青空が見え始めたところです。そんな中、台風とか大雨で川が増水したときに、橋が水中に沈んで(沈下する)しまう構造の橋の状況をお伝えします。四万十川最下流に架かる「佐田沈下橋(今成)橋」です。(昭和47年完成 全長291.6m 幅員4.2m)4日午前6時30分頃、水没しちゃってます。(左が上流)PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR何処に橋があるかわかりま [続きを読む]
  • 雨に打たれるトンボ
  • 関東甲信地方は平年より22日早く梅雨明けしたようですが、四国地方はまだのようです。そんな訳で、今日も降ったりやんだりのお天気です。当然、トンボの観察には出かけられません...。夕方、自宅の庭を眺めていたら、雨に打たれながら木の枝で休む?トンボ発見!傘を差して撮ったのが下の絵となります。ハラビロトンボ(♀)のようです。PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WRだいぶお年を召されているようで翅がボロボロ [続きを読む]
  • 残念な名前の牡丹臭木
  • 紫陽花がそろそろ終わろうとするこの時期、庭の片隅にちょっとだけ紫陽花に似た可愛らしいピンクの花が咲きました。PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR高さは優に1mを超えていて、そこらじゅうからツボミが出ています。PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR花を見ただけではこの名前は想像できません (・_・?)牡丹臭木(ボタンクサギ)PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WRつぼみも可愛いです (∵)P [続きを読む]
  • コオニヤンマの羽化(途中から)
  • (写真11枚、長くなりますので適当に見てください)蒸し暑い日の午後2時頃、人気の無い山間の渓流の畔を一人で散策しておりますと....PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR足元の草の茂みの中で、白っぽい不気味な物が目に飛び込んできた。何かと思い近づいてみますと、どうやらトンボが羽化しているようです。この時間帯から?(14時06分)PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR時間も時間ですし、羽化の途中で力 [続きを読む]
  • モヤにかすむ?赤鉄橋
  • 自宅出発6時過ぎ、今朝は湿度が高いのかジメジメと蒸し暑く、”モヤ”?がかかっているような気がします。そんな中、稲が青々と育つ田んぼの真ん中の直線道路を市街地方面に向かいます。PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR途中「四万十川」にさしかかり、「赤鉄橋」を渡るのですが、ちょこっと車を止めて撮影してみました。これを撮りたかったのですが、「モヤにかすむ赤鉄橋」....あまりかすんでません (- [続きを読む]
  • ウニではなかったエキナセア
  • まだ朝露の残る午前7時すぎ、日が射すのをまって「うに」みたいに丸くてトゲトゲみたいなのがいっぱいある植物を撮ってみた。PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR黄色いうにPENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WRオレンジのうにPENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR調べたら、「エキナセア」という植物らしい、ギリシャ語で「ハリネズミ」という意味ですって、納得 d( ̄  ̄)ウニじゃなかった (--,) [続きを読む]
  • 赤トンボ現る、ノシメトンボ
  • あまり聞いたことの無いような名前のトンボですが、ものすごく普通種で何処でも見られます。ノシメトンボ(♂)だと思います。PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR街中でも平気で飛んでいますので、ボクみたいに山奥の池まで行く必要もありません d( ̄  ̄)PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WRこのトンボは「アカネ属」に分類され、皆様ご存知の『赤トンボ』と呼ばれる種類となります。でも、秋になってもあ [続きを読む]
  • 四ヶ村溝の水車
  • 高知県四万十市安並(やすなみ)というところの田園地帯の中では、のんびりと十六基の水車がカタコトと水を汲み上げています。 PENTAX K-3+smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR四ヶ村溝(しかむらみぞ)は、藩政時代、土佐藩奉行の野中兼山により、四万十川の支流後川の麻生に分水目的の井堰(長さ160m、幅11m)を設け、秋田・安並・佐岡・古津賀の四ヶ村を灌漑(かんがい)するために作られたものです。PENTAX K-3+smc P [続きを読む]
  • ヤンマみたいなウチワヤンマ
  • ↓トンボの名付け親のえらい学者さん(昔の人)「おっヤンマみたいなでかいトンボがいるジャン!」「シッポの先っぽがなんか広いぞ?団扇(うちわ)つけてるみたいだな (・_・?)」「よっしゃ、このトンボの名前はウチワヤンマで決まりじゃ d( ̄  ̄)」PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR とか、ちゃんと調べもせずに見た目でだけで適当に名前を付けられちゃったかわいそうなトンボさん...。実はこのトンボ、ヤンマと名前 [続きを読む]
  • 坂本(さかもと)ダム
  • 高知県の「坂本」と言えば、まっ先にピーンと頭に浮かぶのが「坂本竜馬」さんではないでしょうか?今回訪ねたのは、その竜馬さんとはまったく縁もゆかりもない「坂本」という土地に造られたダムのお話になります。高知県西南地域の拠点都市である宿毛(すくも)市という所の山間の県道を愛媛県方向に軽トラで走っておりますと、そのダムが見えてきました。PENTAX K-3+smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED/IF遠いですね、もう [続きを読む]
  • ヒメコウホネのまわりでは
  • ヒメコウホネ(下の画像の黄色い花)とは、6〜9月に咲くスイレン科の植物です。浅い池なんかで見かけますが、流れの緩い小川に出現することもあるようです。根茎が骨のように見え、ヒメ(小さいから姫)コウホネ(河骨、川骨)の名の由来となっているようで、環境省レッドデータによれば"絶滅危惧Ⅱ類(VU)"に指定されています。いつものトンボ公園のヒメコウホネのまわりでは今、いろんなイトトンボが活発に生殖活動を行っていま [続きを読む]
  • 九夜月(くやづき)
  • 夏至の日(21日)の「上弦の月」を撮りたかったのですが、梅雨の真っ只中ということで、あいにくの雨模様、明けて22日の午後、雲の間を見え隠れする「九夜月」を撮ることができました。6月に入って初めての撮影となります。九夜月(くやづき)2018年6月22日午後7時50分(月齢8.63)PENTAX K-3+HD DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE九夜月(くやづき)とは月の満ち欠けの通称で上弦の翌日の月の事を言うそうです。これから約一週間後 [続きを読む]
  • 逆さとんぼ
  • 池の中に一本の棒があります。その棒の先っぽで縄張りを張るヤンマみたいなサナエとんぼ・・・。逆さ富士ならぬ『逆さとんぼ』でございます。ウチワヤンマ(♂)PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR本家の「逆さ富士」のような幻想的で幾何学的景観には程遠い作品となりました (_ _|||)ウチワヤンマ(♂)PENTAX K-3+smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WRもう少し池の水が綺麗だったら良かったのに ( _ _ ).......... [続きを読む]