健康ドクター さん プロフィール

  •  
健康ドクターさん: 健康ドクター情報局 グルテンフリーで健康に!
ハンドル名健康ドクター さん
ブログタイトル健康ドクター情報局 グルテンフリーで健康に!
ブログURLhttp://kenkoudoctor.info
サイト紹介文健康的な食生活のキモは炭水化物制御だった!グルテンフリー、糖質制限、MEC食に関するお役立ち情報!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 16日(平均11.8回/週) - 参加 2018/04/10 22:48

健康ドクター さんのブログ記事

  • 不妊はグルテンフリーで克服できる!?
  • 不妊治療は過酷では?と想像する。見ていて痛々しい感じがする。少しでも役立てば。不妊治療中の女性を知っている。彼女は、仕事と治療と両立できるか悩んでいた。相談も受けたことがある。特に何も解決はしなかったが、話を聞いて、こちらの理解を整理しているうちに、彼女自身が整理がついたようで、お礼を言われた。何もしてないのだが。その後も、妊娠の報告は聞かないまま、1年半くらいすぎたかな。まだ治療をしている。同時 [続きを読む]
  • 腎結石と腎がんは関係ある?
  • ぼくは腎結石持ちだ。 健診でエコー検査を受けると、 右の腎臓に結石が見える。 10年前から指摘されている。10年前からエコー検査が健診に加わった。 だからわかっただけなら、 もっと前からあったかもしれない。腎臓に石があることはそれ自体は大したことではない。 何も症状がない。それが尿管に落ちてくると痛い。 それはそれは痛い。 文字通りのたうちまわるほど痛い。尿路結石の痛みに耐えかねて、 医務室にきた従業員がいた [続きを読む]
  • 鉄を補給するとカンジダがはびこるか?
  • 鉄補給とカンジダ症を気にするツイートを目にして調べてみた。 また先日来カンジダ症というどこの部位かを特定しない病名を見ていたので、気になっていた。ぼくは、口腔カンジダと膣カンジダしか教わった記憶がない。しかし、腸カンジダなるものがあったのだ!カンジダって何?カンジダはかびだ。カンジダ・アルビカンス(Candida albicans)が本名。ヒトの口、皮膚、膣、腸管にいるかび。仲良く共生している。共生とは持ちつ持た [続きを読む]
  • アルコールは太るか?グルテンフリーアルコールならどうか?
  • 今年の年初から原則禁酒している。しかし、ここのところ何回か飲んでいる。一回に飲む量は格段に減ったが、なぜか体重が増える気がする。今日は、アルコールは太るのか、について。アルコールはゼロカロリーか?食べ物を燃やした時の熱量をカロリーと呼んでいる。体の吸収と利用率を考慮しているとはいうが、そもそも体の中では食品を燃やしているわけではない。この事実を確認した後から、カロリーは無視しろ!の賛成派だ。しかし [続きを読む]
  • 双極性障害とは?グルテンと関係あるか?
  • Kさんは、小柄で、元気な男性の技術者だった。その時はカスタマーセンターに配属されていた。神奈川にある部署に所属するのだが、自宅は千葉だ。その当時、在宅勤務という制度はなく、千葉から通うという。Kさん自身は、双極性障害で休職していた。奥さんも介護しなくてはならなかった。Kさんはうつが回復してきたところで、奥さんの介護をしていたという。今後も奥さんの介護をしながら、ご自分は湘南の部署に出社する。そんなこ [続きを読む]
  • パン狂気を知っているか?Bread Madnessの歴史
  • 1500年から1700年のヨーロッパ。 狂気は、魔術と関係していると考えられた。 パン狂気(Bread Madness)と言われた。これは麦角(ばっかく)と言われるかびで汚染されてた、 ライ麦パンを食べたことによる。 精神依存を起こす薬物のLSDと同族の物質だ。今から50年ほど前。 統合失調症は、米国ではパン狂気と呼ばれていた。 なぜかというと、 統合失調症の患者さんが小麦を食べるのをやめると、 症状が消えることがあったからだ。そ [続きを読む]
  • 不安が起きるんじゃないかという不安。グルテンとの関係は?
  • 不安は誰しも持っている。不安も度が過ぎると病気になる。不安障害と呼ばれる。心配しすぎ。それもどう考えても度が過ぎている。「合成洗剤を使ってはダメだ。蛍光剤が入っている。」化学物質は確かによくないけど。。。「卵を触ったら手を洗わなくてはダメだ。汚いから」そんなに汚れてはいないと思うよ。というか、何も触っていなくても人の手は基本きれいじゃないよ。「放射線の内部被ばくが問題だから、マスクをしなくてはダメ [続きを読む]
  • 1型糖尿病はグルテンと関係あるか?
  • 彼は、Nくんと言った。Nくんはもう二十歳を超えていたが、小学生のころから通院しているせいか、熟練の看護師さんたちからはいまだに子供のような扱いだ。彼のトレードマークは分厚い眼鏡だ。トレードマークは不本意かもしれない。いわゆる牛乳の瓶底レンズの黒縁メガネ。Nくんはよく倒れて運ばれてきた。原因は血糖だ。時には血糖値40の超低値。時には血糖値400の超高値。インスリンを一日4回打っているんだけど、なかなか血糖値 [続きを読む]
  • グルテンフリーで乾癬はよくなるか?
  • 皮膚は一か月で生まれ変わる。日焼けしすぎて真っ黒になっても、夏が過ぎて、秋風が吹くころには、かなり冷めた色に落ち着いてくるゆえんだ。それが、10倍速になったらどうなるだろうか?10倍速ということは、三日で生まれ変わってしまう。置き換わってしまうというほうが正確か。皮膚がどんどん作られ、どんどんむけて落ちる。頭からふけが落ちるなんてものじゃない。皮膚がぽろぽろとどんどんむけて落ちる。白い、銀色にも似た色 [続きを読む]
  • 膀胱と前立腺にもグルテンフリーは効く?グルテンフリー物語その24
  • ティムがやってきたのは、 背中の痛みがひどいのと、 間質性(かんしつせい)膀胱炎だったからだ。間質性膀胱炎は、膀胱のひどい痛みと 炎症を起こす自己免疫異常の状態だ。ほかにも前立腺の炎症と、 頭痛、高血圧があった。排尿とセックスをするのに痛みがあって、 不安になってしまう。すでに三人の医者にかかっていて、 七つの薬を飲んでいた。 薬は、麻薬系の痛み止めトラマドール、 二つの血圧の薬、膀胱と前立腺の薬、 不安 [続きを読む]
  • 神経ダメージを起こすビタミン不足は?グルテンフリー物語その23
  • スーザンはランナーだった。 走るのが好きだった。 走ることで体形を保っていた。 しかし、それは歩くのが大変になるまでだった。特にけがをしたわけではなかった。 歩くときや走るときに、 片足を引きずるようになった。その結果、シューズがすぐに ダメになってしまうことに気づいた。脚が重く感じ、 ふらふら感も感じるようになった。症状は、グルテンが引き起こす、 典型的な神経ダメージだった。不幸にも医者はそれを知らなか [続きを読む]
  • 口内炎が痛すぎる!どうすりゃいいのさ!?
  • 口内炎になると凹む。 痛くてものを食べるのさえおっくうになる。口の中をかんじゃったあと、 あ、口内炎になっちゃうねと思うとほんとに凹む。でも、かまなくても口内炎に苦しみ続けることがある。そもそも口内炎てなんだ?口内炎は、口の粘膜に炎症が起きたもの。最初は赤く腫れて、 そのうち中心から白くなってくる。 白い部分は潰瘍(かいよう)という。白い部分が広がることにはとてもとても痛くなる。書いてても痛いもんね( [続きを読む]
  • 50年間の湿疹がなくなった!グルテンフリー物語その21
  • 小さいころから、シャナはひどい湿疹と、 アレルギー、胃の不調を抱えていた。医者に行っても、 ステロイドの軟膏が処方され、 抗生物質が出され、 アレルギーの注射を打たれ、 抗うつ剤がわたされた。湿疹はそれはそれはひどく、 顔全体に広がっていた。シャナは、外見をひどく気にしていて、 生活するのが怖くなっていた。スキンケアとメイクを変えたりしたが、 無駄だった。長期にステロイドを使うと、 骨密度が減り、 ホルモン [続きを読む]
  • 50年間の湿疹がなくなった!グルテンフリー物語その21
  • 小さいころから、シャナはひどい湿疹と、 アレルギー、胃の不調を抱えていた。医者に行っても、 ステロイドの軟膏が処方され、 抗生物質が出され、 アレルギーの注射を打たれ、 抗うつ剤がわたされた。湿疹はそれはそれはひどく、 顔全体に広がっていた。シャナは、外見をひどく気にしていて、 生活するのが怖くなっていた。スキンケアとメイクを変えたりしたが、 無駄だった。長期にステロイドを使うと、 骨密度が減り、 ホルモン [続きを読む]
  • なってからでは遅い。転ばぬ先の杖。
  • 彼は8時半に社宅を出る。トヨタの社宅だ。 もう40年物の昭和の間取りの社宅。 エレベータはない。駅までは、10分の距離だ。 しかし、電車に乗る25分前に家を出る。 彼の歩みはゆっくりだ。左手左足が不自由なのだ。 左手はかたまってほどんと動かない。 左足は突っ張っていて動かしにくい。右手にはステッキ。 左足を出した時のバランスとり用だ。一歩一歩バランスを崩さないように、 突っ張る左足を出していく。どうしても、道の [続きを読む]
  • サプリメントを飲めば必ず健康になれるか?
  • Tさんはエンジニアだった。東京都心の大手電機メーカーで、バリバリ働く30歳だった。定期健康診断の結果で、呼び出してきてもらった。顔色はいたって健康だった。何を言われるのだろうと少し緊張しながらも、照れ笑いを浮かべながら、診察室に入ってきた。従業員は、年に一回定期健康診断を受けることになっている。その結果をもとに、よい生活習慣の情報提供をするグループと、呼び出して生活習慣について指導するグループと、す [続きを読む]
  • 薬は本当に病気を治すのか?
  • 「薬は効くと思う人」「はーい!」「薬は病気を治すと思う人」「はい、はーい!!」今日は、薬と病気の話だ。「先生、この薬で治りますか?」「はい、じゃこの薬出しておきますね」「先生、この薬で治りますか?」「うん、きちんと飲んでね。飲まないと悪くなるよ」薬を飲むと悪化を防ぐことはできる。でも、薬で治ったのを見たことない。いわゆる生活習慣病と言われる病気の話だ。高血圧、脂質異常、糖尿病、高尿酸血症、誰一人と [続きを読む]
  • ナス科の植物にご用心!グルテンフリーで症状改善その20
  • グルテンフリーにも限界がある。 グルテン敏感性の人は、 グルテン以外の食べ物にも敏感なことがある。 そんな症例の物語。グルテン敏感性とは?グルテンフリー物語―ルビーの場合―ルビーが受診したのは、 ひどい関節痛のためだった。リウマチと診断されていた。関節が痛いので、 運動をすることはできず、 子どもを抱きかかえることもできなかった。リウマチ科の医者からは、 メソトレキセートという効果の強い薬が処方された。 [続きを読む]
  • その後、心房細動はどうなった?
  • 持病に心房細動(しんぼうさいどう)がある話を以前にした。 その後どうなったかお話ししたい。なぜ毎日豆腐を食べているのか? GeneLife Genesis 2.0で見たマグネシウムの傾向心房細動とはどんな病気で、なぜ問題か?心房細動はぼくの持病だ。 心房細動とは、心臓の部屋のうち、 心房という部屋が、細かく震えるようになる病気だ。細かく震えるということは、 全身に血液を送り出す合図が、 リズミカルでないことを意味する。これ [続きを読む]
  • あんたがたドコサ?イコサ!DHA、EPAの話
  • 今日は鰯(いわし)の刺身を食べたので、 青魚でおなじみのDHA(ディーエイチエー)と EPA(イーピーエー)の話をしよう。一世風靡したブームは去って、 完全に定着した感じだね。知っている人は知っているけど、 知らない人は気にしてない。健康意識高い系の人は誰でも知ってる脂肪酸の話。DHAとEPAは必須脂肪酸、何それ?DHAとEPAは必須(ひっす)脂肪酸と言われている。 何が必須かと言うと、 食べるのが必須。絶対必要。でも、 [続きを読む]
  • デメカルの自宅血液検査キット結果キター!
  • デメカルの自宅で採血した、 血液検査の速報結果が到着した!早速レポートするね。デメカルの自宅血液検査キットって何?デメカルの検査キットで採血してみたデメカルの血液検査の速報結果!速報は突然やってきた。そりゃそうだ。速報だもん。土曜日に検体を投函した。 火曜日に測定し、 水曜日本日測定結果速報!速い!速報はメールでお知らせがきて、 リンク先のウェブサイトで見ることができる。早速見ていこう。デメカル血液検 [続きを読む]
  • 糖質制限してもいいのか、しないほうがいいのか?
  • このところ糖質制限界隈がかまびすしい。糖質制限すると早死にするんだと、大騒ぎだ。この騒ぎについて考えてみた。糖質制限が叩かれている理由は何か?このところ立て続けに糖質制限がダメだという情報が喧伝(けんでん)されている。発端は、穀物を主な食料とするネズミに、穀物を与えない糖質制限をしたら死んだという話。そりゃそうだ。そりゃ死ぬだろうよ。その結果を持って、人が糖質制限すると早死にすると大騒ぎになった。 [続きを読む]
  • 喘息は小麦アレルギーと関係ある病気
  • 喘息(ぜんそく)は、呼吸の病気だ。最悪死ぬ。息ができないと死ぬからだ。本人は滅茶苦茶苦しい。周りは案外理解できていない。喘息とは何か。喘息とグルテン敏感性はどのくらい関係あるか。喘息で死なないためにどうしたらいいか。今日は喘息について。喘息とはどんな病気か?ヒューヒューゼーゼー言って、咳が出て、息が苦しい病気。肺の中の管である気管支の病気。自分の免疫が過剰に反応して気管支の炎症が続き、痰がでて空気 [続きを読む]