RXI04141 さん プロフィール

  •  
RXI04141さん: ベイスターズが勝ったら更新するブログ
ハンドル名RXI04141 さん
ブログタイトルベイスターズが勝ったら更新するブログ
ブログURLhttp://i-love-baystars.blog.jp/
サイト紹介文シーズン中は原則「勝ったら」更新します。時々、気分によって「号外」がでます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 235日(平均2.6回/週) - 参加 2018/04/10 23:28

RXI04141 さんのブログ記事

  • 11月のニュースを振り返る。
  • 早いものでもう11月も終わり。この1ヶ月のニュースを振り返りたいと思います。11/7 エスコバーと再契約成立。11/25 パットンと再契約成立。懸案だった外国人リリーバーとの再契約。下手すれば2人ともメジャー復帰かと思われたのでこの契約成立は大きいと思います。パットンは2年契約で、出来高含めると2年間総額最高400万ドルといいますが、8回を任せられて場合によってはヤスアキの代わりもできる存在は、そうそうい [続きを読む]
  • 2018年のドラフトは、よいドラフトだったと思います。
  • 今日はドラフト会議。今年は育成も含めて7人の指名でした。http://www.baystars.co.jp/news/2018/10/1025_03.php1位   上茶谷 大河 投 右右 東洋大         22歳2位   伊藤 裕季也 内 右右 立正大         22歳3位   大貫 晋一  投 右右 新日鐵住金鹿島     24歳4位   勝又 温史  投 右左 日大鶴ヶ丘高      18歳5位   益子 京右  捕 右右 青藍 [続きを読む]
  • 2018年投手陣振り返りと補強ポイントなど
  • 昨日に続いて今度は投手陣の振り返りです。チーム防御率(カッコ内はリーグ平均)2015 3.80(3.24)-6位 偏差値352016 3.76(3.69)-5位 偏差値492017 3.81(3.67)-4位 偏差値472018 4.18(4.10)-5位 偏差値46チーム完投(カッコ内はリーグ平均)2015  7( 8)-5位 偏差値462016  9( 8)-1位 偏差値652017  5( 6)-4位 偏差値462018  2( 7)-6位 偏差値43チーム被本塁打(カッコ内はリーグ平均)2015 113( 97)-6位 偏差値392016  [続きを読む]
  • 2018年野手陣振り返りと補強ポイントなど
  • 世間はCSファイナルステージに突入ですが、ベイスターズは全日程終了して早くもオフシーズン。過去2年間を考えると、やはりもう終わり?という気分になりますね。今更ですがこのブログもオフシーズンモードということで、簡単に今年のチーム成績を振り返ってみようと思います。・チーム勝敗 67勝74敗2分 借金7(昨年は73勝65敗5分け 貯金8)・ホーム勝敗 33勝38敗1分 借金5(昨年は38勝29敗4分け  [続きを読む]
  • 10/9快勝もついに終戦。よく戦ってくれたと思います。
  • 他力とはいえCS出場に望みをつなぐには残り2試合勝つしかないところ。思い切って神宮に出かけてきました。大一番の先発を任された平良は序盤から落ち着いた内容で無失点で序盤を切り抜けますが、打線は2回、3回とチャンスをものにできません。特に3回は、連続四死球で無死一、二塁でソト、宮?、ロペスと回る絶好の場面で、ソト併殺、宮?凡退という最悪パターンだったので、得てしてその後に失点しがちなのですが、平良がし [続きを読む]
  • 10/7背水の陣。1番筒香2番ソトで接戦を制して首の皮一枚残る。
  • 負けたら終わりの試合。今年を象徴するような試合展開でしたがソトの犠牲フライで9回に勝ち越し。ギリギリのところで踏みとどまることができました。出塁率を重視ということか、1番筒香という驚愕の布陣。初回、いきなり連続四死球で無死一、二塁のチャンスを得ますが、3番乙坂の送りバントが小飛球となり、大瀬良が取り損ねたもののキャッチャーからサード、セカンドと素早く送球されてまさかの併殺。なかなかプロでもお目にか [続きを読む]
  • 【号外】10/6まさかの3連敗にがっかり。最後まで意地を見せてほしい。
  • 残り6試合、4勝2敗のハードルは高いとは言え、大きな目標が見えている勢いで克服可能と思ったのですが、まさかの3連敗。自力CSが消滅してしまいました。3試合とも1点差とは言え、簡単に先制を許してしまい、味方が拙攻という今年のダメなパターン。スワローズも順位が決まって消化試合と思ったのですが、勝てませんでした。今日も初回、制球に苦しむ藤浪に対してロペス、筒香が残念な内容で先制点が取れなかったのが全てで [続きを読む]
  • 10/1濱口快投に打線も応えて大勝!CSへあと4勝!
  • CS出場に向けて毎日が大一番です。今日は眼下の敵タイガースとの一戦でしたが、初回にロペスのタイムリーで早々と先制。ここのところ調子が落ち気味だった大和の出塁が生きました。先発濱口が序盤から快調に飛ばしてタイガース打線を封じると、5回、待望の追加点は伊藤光のタイムリー二塁打。さらに2死からソトのホームランダービートップタイとなる38号2ラン、そしてロペスの26号と大きすぎる2連続アーチで一気に勝利を [続きを読む]
  • 9/25ピンチでの継投ことごとく決まり、ロペス会心の一撃で接戦制す!
  • 今日はまずは国吉。一体どうなるのかと思われましたが、4回途中まで無失点。100点満点でしょう。筒香の38号ソロによるリードを守り切りました。2番手は今日もエスコバー。4回のピンチはしのぎますが、5回に1点を失います。さらに続いたピンチは今度は三上が断ち切ります。打線は5回に嶺井、6回には乙坂と下位打線にタイムリーが出る珍しい展開で追加点を奪いますが、4番手今永がいきなりカープのクリーンナップに捕ま [続きを読む]
  • 9/24エスコバー好リリーフ。ソトの2発でカープの優勝を阻止!
  • カープの優勝がかかる3連戦。胴上げは目の前で見たくはないものですが、日曜日は善戦むなしくサヨナラ負け。ただ石田、今永の好投など、明るい兆しもあり、三嶋も制球が定まらずサヨナラ負けもやむなしという思いでした。優勝マジック1で迎えた今日の試合は濱口とジョンソンの対決。ただ濱口はぴりっとせず序盤からカープ打線に捕まってしまい3回途中でKO。味方が3回に見事な攻撃で逆転しただけにもったいなかったです。しか [続きを読む]
  • 9/22ゴメス引退試合も白星で4連勝。CS出場へ戦い抜くのみ。
  • 今日は後藤ゴメスの引退試合。初回、いきなり筒香の3ランで先制すると、1点差に迫られた2回裏には、大和の技ありタイムリーで追加点。3回以降、追加点はなりませんでしたが、先発平良が制球よく6回まで投げきると、7回からはレギュラーシーズンでは初リリーフとなる今永。やや制球がばらつくところもありましたが無失点で抑えると、8回パットン、9回ヤスアキと万全の継投でドラゴンズの反撃を許さず、本拠地最終戦を白星で [続きを読む]
  • 9/21加賀引退試合で京山が準完投の好投!12連戦、初戦を白星スタート。
  • 12連戦の初戦、しかも加賀の引退試合。ここから1試合も落としたくない試合が続きますが、いきなり京山が京田に一発を食らってしまいます。相手先発が苦手にしている小熊だけに嫌な雰囲気になりましたが、打線が素早い反撃。1回裏、大和がフルカウントから内角高めのボール気味の球をうまく体を回転させてレフト線の二塁打で出塁。ここのところの内角打ちのうまさ、何か一皮むけたものを感じます。宮?は右打ちで走者を進めると [続きを読む]
  • 9/19東、7回2死までパーフェクトの好投で11勝目!
  • 勝負の12連戦を前に、東を立てて臨むジャイアンツ戦。必勝の1戦で、東が素晴らしいピッチングを披露してくれました。7回2死までパーフェクト。ストレートと変化球を打者の左右高低、しっかり投げ分けてジャイアンツ打線を手玉に取りました。やはりしっかり内角に投げ切れているのがいいのでしょう。3ボールも結構ありましたが、与四球ゼロが示すようにそこから崩れずしっかり勝負できていたのも流石です。マギーの一発は残念 [続きを読む]
  • 9/17宮?、ソトの活躍で徳俵に親指一本踏みとどまる。
  • 監督がもっとも大事な試合といっていた日曜日は、歴史的な大敗でした。あそこまで打たれるとぐうの音も出ないといいますか、どれだけ取られても1敗は1敗というしかない状況でした。個人的には田中健二朗が極めて残念でした。どうしちゃったのかなぁ。8回の三嶋、砂田もあの展開で投げさせる投手でないだけにかわいそうでした。切り替えて臨むしかない今日の試合、もっともここで負けたら本当にジ・エンドという雰囲気になるので [続きを読む]
  • 9/15平良、完璧なピッチングで菅野に投げ勝つ!
  • 先発平良、素晴らしいピッチングでした。ストレートも変化球も低めに決まり、全くジャイアンツ打線に隙を見せず。先頭打者の坂本にヒットを許したあとはパーフェクトピッチングで7回まで。7回1死から、重信のレフトフライを筒香が照明が目に入ったようでそらして三塁打にしてしまいここでお役御免となりましたが、完璧な内容でした。打線は菅野相手ということでどうかと思いましたが、初回に相手のエラーで1点。3回には珍しく [続きを読む]
  • 9/14井納好投。終盤もつれるも砂田、三嶋、山?好リリーフ!
  • 広島でのカープ戦、初戦はとったもののその後は続かず負け越し。今年はどうもこのパターンが目立ちますね。またまた最下位転落でいよいよあとがなくなってきましたが、今日は井納が前回のヤクルト戦に続く好投。力のあるストレートにスライダー、フォークも決まって7回途中まで無四球1失点。大城に低めのストレートをうまく打たれたところで交代となりましたが、完璧な内容でした。打線も2回に2死から井納のヒットでチャンスを [続きを読む]
  • 9/11濱口好投で、大事な7連戦、白星スタート!
  • 逆転CS出場に向けて負けられない試合が続きます。今日は先発濱口がナイスピッチング。回の先頭をしっかり抑えて6回4安打1失点。カープ打線が割と早打ちだったこともあってか、わずか84球で投げきりました。最大のピンチは6回、無死一、二塁でクリーンナップを迎えたところですが、丸、鈴木、松山を外野フライで無失点。ここでお役御免となりましたが、素晴らしい内容でした。打線もジョンソンから今季初出場となる細川がス [続きを読む]
  • 【号外】9/8反省点の多い痛恨の逆転負け。それでも明日はやってくる。
  • CS出場に向けて本当に負けられない戦いが続きます。今日はロペスの3ランで幸先よく先制し、今永が追いつかれたピンチは藤岡がしのぎ、すぐにソトの3ランで勝ち越し。しかし山?康晃を使わないと決めたと思われるリレーが崩壊。痛い痛い、逆転負けになってしまいました。投打とも、反省点がかなり多い試合だったと思います。ある意味、今年を象徴する試合なのかもしれません。今永・・初回は3者三振の完璧な内容だったのに、5 [続きを読む]
  • 9/7井納、7回無失点の好投!桑原、値千金の決勝打!
  • 逆転CS出場に向けて、もう負けられない3連戦。鍵を握る先発井納でしたが、初回、先頭打者の坂口が初球を打った打球が右足甲を直撃。心配されましたが元気にマウンドに戻るとそこからほぼ完璧なピッチングで7回無失点。ストレートに力があり、変化球の制球も安定していました。ポイントとなる先頭打者を全て抑え、出した走者は7回でわずか3人。四球も7回2死からバレンティンに与えた1つだけと文句なしの素晴らしいピッチン [続きを読む]
  • 9/5東、粘りの投球でついに10勝に到達!
  • 勝負の8月は結局10勝15敗に終わり、9月に入っても投壊が止まらず甲子園は連敗。今日はいまや先発投手陣唯一の希望、東が先発。序盤から結構ピンチの連続でしたが、勝負所はよく踏ん張り、6回を2失点と今日もしっかり試合を作りました。味方の援護もあってついに10勝に到達。新人投手の初戦からジャイアンツ戦4連勝は史上初とか。これはよくわからない記録ですが、昨年の濱口に続き新人投手の2桁勝利というのは、本当に [続きを読む]
  • 8/30東が快投。筒香が一発。投打の主役の活躍で快勝!
  • 昨日は投打の主役が振るわず痛い敗戦でしたが、今日は投打の主役が千両役者の働きでした。まずは先発の東。ストレートも変化球も文句なしの内容で7回4安打無四球無失点。ビシエドに3本ヒットを打たれましたが、他はほぼ完璧。特に塁に出すとうるさい1番から3番を完璧に封じたのが素晴らしかったと思います。唯一のピンチ、5回の1死二、三塁も福田、大野を連続三振。お見事でした。打つ方は筒香。3回、宮?の内野ゴロの間に [続きを読む]
  • 8/28救援の中後、石田が好投!嶺井の決勝アーチを導き快勝。
  • なかなかカード勝ち越しができず、今日からは最下位争いの3連戦。先発の平良が序盤、ドラゴンズ打線を抑えている間にソトの一発と嶺井のラッキーな内野安打で2点を先制。いい流れを作りましたが4回2死から平良が失点を許すと、5回も先頭の平田を歩かせてしまったのが痛く、大島のタイムリーで同点。なおも1死二、三塁で平良は交代。どうしても5回は平良、鬼門ですね。火曜日の先発投手なので、もう少しイニングを食えるとよ [続きを読む]
  • 8/24打線がつながり3連勝。濱口、粘って2勝目。
  • 今日は序盤から打線がつながり珍しくホームランなしで6得点。先発の濱口はピンチの連続で5回までに被安打8、3四球という内容でしたがよく粘って2失点。待望の2勝目となりました。打線では2回の攻撃が光りました。先頭の伊藤が四球を選ぶと、続く桑原のレフト前ヒットで伊藤が一気に三塁を奪う好走塁。無死一、三塁から濱口が一塁走者を送るバントを決め、9番スタメンの柴田が一塁線を破る2点タイムリー二塁打。さらにソト [続きを読む]