BITAGE さん プロフィール

  •  
BITAGEさん: 仮想通貨情報メディア BITAGE
ハンドル名BITAGE さん
ブログタイトル仮想通貨情報メディア BITAGE
ブログURLhttps://cryptocurrency-jpn.com/
サイト紹介文BITAGEでは、仮想通貨に関する初心者向けの情報から、最新の仮想通貨に関連した情報を発信しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 71日(平均5.1回/週) - 参加 2018/04/11 13:56

BITAGE さんのブログ記事

  • Bitcoin(ビットコイン)を無料でもらう方法
  • Bitcoin(ビットコイン)は数ある仮想通貨のコインの中でも最も有名なコインと言ってよいでしょう。仮想通貨についてあまりよく知らない方でも、Bitcoin(ビットコイン)の名前は聞いたことがあるという方が多いと思います。今後、仮想通貨はいろいろなところで利用されるようになり、そして投資対象としてもどんどん盛り上がりを見せてきています。そこでそろそろ自分も仮想通貨に手を出してみたいと考えている方もたくさんいらっしゃ [続きを読む]
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)の登録方法と入金方法を解説
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)はイギリスにある仮想通貨取引所で、設立は2013年ですので比較的古い仮想通貨取引所になります。ビットコインからハードフォークで誕生したビットコインゴールドの配布が行われるなどしたことで、HitBTC(ヒットビーティーシー)は広く知られるようになりました。取扱通貨の数も多いので、今後様々なアルトコインの取引を行う事を考えている方は、登録しておいた方がよいかもしれません。そこで、HitBTC [続きを読む]
  • TOPBTC(トップビーティーシー)の登録と使い方、売買方法
  • TOPBTC(トップビーティーシー)は取引所の取引量ランキング14位で、取引量は11,071,424,238 JPY(15,473 BTC)となっています。※2018/06/18時点TOPBTC(トップビーティーシー)の拠点であるマルタ共和国は、仮想通貨業界では今非常に注目の場所となっています。2018/04/24に仮想通貨とブロックチェーンに関する3法案を承認した事や、仮想通貨関連の事業に対しては実質法人税が約5%程しかかからないという点で非常に仮想通貨に対して [続きを読む]
  • Bibox(ビボックス)の登録・入出金・売買方法
  • Bibox(ビボックス)は2017年11月25日から取引所運用をスタートしました。現在の取引高は24hの取引量でトップ10位するほどに急成長している取引所で、今、世界的に注目されている取引所の一つです。Bibox(ビボックス)の概要手数料/通貨Biboxプラットフォームでトークンを取引するときにBIXで支払いを行うと、取引手数料の50%割引を受けることができます。取引手数料を支払うのに十分なBIXを保有している場合、システムは市場価格に [続きを読む]
  • Coinbene(コインベネ)取引所の概要と登録方法
  • Coinbene(コインベネ)は中国の仮想通貨取引所です。24時間あたりの取引量はおよそ100億前後あるので、海外の仮想通貨取引所としてはまあまあの規模になります。取扱通貨の種類も60種類程度あり、大手取引所ではみかけないレアなものもあります。今後、Coinbene(コインベネ)に上場予定のコインも多数あるようなので、アカウントだけ開設しておいてよいと思います。Coinbene(コインベネ)の概要 取引手数料0.1% 取引通貨全56種BTC,E [続きを読む]
  • BCEX(ビーシーイーエックス)の概要と登録方法や使い方
  • BCEX(ビーシーイーエックス)の概要手数料/通貨 入金手数料無料 出金手数料コインにより違う※参照:https://bibox.zendesk.com/hc/en-us/articles/360002336133-New-Fee-Structure-on-Bibox 取引手数料通用:0.1%控除対象:BIXを使用している場合は、BIXを使用して割引取引料金を支払うことができます 基軸通貨BIX,BTC,ETH,USDT,DAI 取引通貨全56種BTC,BIX,ETH,ETC,BCH,LTC,USDT,EOS,TNB,BTM,CMT,PRA,LEND,RDN,MANA,HPB,MKR,D [続きを読む]
  • 世界の海外仮想通貨取引所ランキングTOP10【2018年6月8日更新】
  • 海外の仮想通貨取引所ランキングをご紹介する前に、現在あなたは仮想通貨の取引所をいくつ開設していますか?海外の取引所は利用されていますか?仮想通貨の取引所は国内のものと海外のものがあります。どちらも仮想通貨の取引を行えるという点では一緒ですが、取り扱っている通貨の数や手数料など様々な点で違いがあります。国内の取引所は日本語表記がされており、ネット上ではレビューなどもたくさんありますので情報絵を得やす [続きを読む]
  • 仮想通貨取引所『CoinEx』への登録/入出金/売買方法について
  • CoinExは中国の世界大手ビットコインマイニングプール「ViaBTC社」が運営している仮想通貨の取引所です。ビットコインキャッシュが基軸通貨となっており、全部で14種類の通貨取引が可能です。※2018年1月にViaBTC社はマイニング事業の廃止を発表しました。CoinExの特徴手数料が安いCoinExはまだオープンして間もない取引所なので通貨の数はすくないですが、maker手数料0%、taker手数料0.1%、送金手数料無料という手数料の安さが魅 [続きを読む]
  • Litecoin Cash(ライトコインキャッシュ)の概要や上場先と評判
  • Litecoin Cash(ライトコインキャッシュ)はいろいろな意味で最近話題となっている仮想通貨です。Litecoin Cash(ライトコインキャッシュ)という名前を聞けばすぐに思いつくのが「ライトコイン」ですよね。仮想通貨について予備知識がある方なら名前だけですぐに「ライトコインがハードフォークしてできたのがライトコインキャッシュ」と想像付くと思います。※ハードフォークとはそのLitecoin Cash(ライトコインキャッシュ)の元であ [続きを読む]
  • Cryptopia(クリプトピア)の登録方法や入出金・使い方を解説
  • Cryptopia(クリプトピア)は海外の仮想通貨取引所ですが、取り扱っている通貨の数が多いのでまだアカウント開設していなくて、今後本格的に仮想通貨の取引をと考えている方にはぜひ開設しておいてほしい取引所の一つです。600種類近くのコインを取り扱っているCryptopia(クリプトピア)は、本人確認なしでも利用ができる為アカウントを開設してすぐに取引できます。Cryptopia(クリプトピア)へ上場するコインですが、ICO直後の [続きを読む]
  • Storiqa(ストリカ)の概要と取引所について
  • Storiqa(ストリカ)は経済市場に変革をもたらす可能性があるプラットフォームを提供します。ブロックチェーン技術を利用して商品の買い手と売り手を直接繋ぐことで、これまで発生していた仲介手数料が不要になります。また、将来的には仮想通貨による商品の売買システムの構築も目指しています。仮想通貨による決済を導入すれば、世界中のどこの商品でも手数料を気にすることなく購入できるようになるということです。しかもいずれ [続きを読む]
  • Centrality(セントラリティ)の価格と買い方や将来性
  • Centrality(セントラリティ)とはCentrality(セントラリティ)は今かなり注目が集まっている仮想通貨の一つです。その注目度の高さはICOにて100億円相当のトークンがたったの6分程度で完売したところからもわかります。今後新たな取引所への上場予定もあってまだまだ高騰するのではないかとも言われています。そんなCentrality(セントラリティ)の概要や買い方、今後についてみていきたいと思います。基本情報 通貨単位CENNZ発 [続きを読む]
  • Apex(アペックス)のトークン情報とBit-Z上場について
  • Apex(アペックス)とはApex(アペックス)はB2C(Business to Consumer)の為のプラットフォームです。Apexプラットフォームを利用することで、企業と消費者が直接つながりやり取りをすることができる=中間マージンのコストカットという、仮想通貨のICOではよくあるパターンではあります。基本情報 通貨単位CPXトークンの種類NEO BLOCKCHAIN資金調達目標25,000,000 USDトークン発行2月下旬ホームページhttp://www.apexnetwork.io/ホワ [続きを読む]
  • TradingeneのICO情報と取引所上場について
  • TradingeneとはTradingeneのプロジェクト概要ですが、こちらはブロックチェーン技術を利用したオークションプラットフォームとなります。このプラットフォームを利用して、システムトレード市場に現在起こっている問題を解決し、スムーズに効率よく投資家が利益を出せるようにすることを目的としています。近年、株式投資やFXや仮想通貨(仮想通貨FX)によるトレードを行う個人投資家が増えてきていますが、個人投資家がトレードを行 [続きを読む]
  • QTUM Core Walletの作り方
  • 1.QTUM Core Walletをダウンロード ①https://github.com/qtumproject/qtum/releasesにアクセスし【QTUM Wallet】をダウンロード自分の環境にあったファイルをダウンロードします。Windows 環境の方は、相当古いPCでない限り64bit版を選んでおけば間違いないです。うまくいかなければ32bit版で進んで下さい。最近のMac環境であれば「qtum-0.14.12-osx64.tar.gz」をダウロードすると大丈夫です。※ご利用のOS名の後に-setup-unsigne [続きを読む]
  • LBankの登録方法と送金方法
  • 登録方法1.トップページで「SIGNUP」を 2.情報の入力①:メールアドレスを入力※キャリアメールや社内アカウントの場合エラーが起きる場合がある為Googleアカウントにて作成②:「Send」を すると上記アドレスに「info@dm.lbank.info」からコードが送信されます(6桁) 。③:上記のコードを入力 (6桁)。有効期間が60秒なので60秒以内に④④: 左記マークを しながら一番左までずらすようにスライドさせる [続きを読む]
  • Bit-Z(ビットジー)の登録方法
  • Bit-Z(ビットジー)のアカウントは、【レベル0】 閲覧のみ可能【レベル1】 入金と売買可能【レベル2】 1日2BTCまでの出金可能【レベル3】 1日10BTCまでの出金可能の四段階に分かれています。Bit-Z登録はこちら【レベル0】の登録方法1.Bit-Z(ビットジー)公式サイトを開いたら、右上にある「Sign Up」を します。2.次に、「Sign Up」のフォームが出てきますので、必要事項の入力をします。①メールアドレスの入力②パスワ [続きを読む]
  • 仮想通貨BunnyToken(バニートークン)のICOと詳細
  • BunnyToken(バニートークン)とはBunnyToken(バニートークン)はこれまで当サイトでご紹介してきたプロジェクトとはまたちょっと違ったものとなります。何が違うのかというと、決済プラットフォームであるという点は他のプロジェクトにもよくあることですが、BunnyToken(バニートークン)は主に「アダルト業界向け」であるというところにあります。要するに成人向けコンテンツの決済方法として作られたのがBunnyToken(バニートークン) [続きを読む]
  • 仮想通貨BunnyToken(バニートークン)のICOと詳細
  • BunnyToken(バニートークン)とはBunnyToken(バニートークン)はこれまで当サイトでご紹介してきたプロジェクトとはまたちょっと違ったものとなります。何が違うのかというと、決済プラットフォームであるという点は他のプロジェクトにもよくあることですが、BunnyToken(バニートークン)は主に「アダルト業界向け」であるというところにあります。要するに成人向けコンテンツの決済方法として作られたのがBunnyToken(バニートークン) [続きを読む]
  • PLAYCOIN(プレイコイン)ミートアップ開催に関する情報
  • PLAYCOIN(プレイコイン)のミートアップが2018/5/25に都内で開催されました。PLAYCOIN(プレイコイン)ミートアップの内容は参加者限定の情報となっていますが、一部ネットで情報を得ることができましたので、その情報をまとめてみたいと思います。※PLAYCOIN(プレイコイン)に関する情報は以下の関連記事を参考にしてみてください。>>PLAYCOIN(プレイコイン)がLBANKへ上場!!※5月11日17時に確定>>PLAYCOIN(プレイコイン)がCobin [続きを読む]
  • QtumCoreWalletからbitFlyerへ送金して出金する方法
  • QtumCoreWalletからbitFlyerへ送金して出金する方法を解説します。QtumCoreWalletで保有しているコインをbitFlyerから出金するには、一度COBINHOODへ送金してからbitFlyerへ送金して出金という流れになります。■手順1.QtumCoreWalletからCOBINHOODへ送金2.COBINHOODからbitFlyerへ送金3.bitFlyerから出金※bitFlyerの登録方法はこちらでご紹介しています。>>ビットフライヤーの登録方法から使い方・評判まで徹底解説!bitflyer [続きを読む]
  • ThinkCoin(シンクコイン)のICO・仮想通貨まとめ
  • ThinkCoin(シンクコイン)とはThinkCoin(シンクコイン)はP2P方式のブロックチェーンを用いたデジタルトークンです。開発したのはオーストラリアのFXブローカー「ThinkMarkets」です。ThinkCoin(シンクコイン)の主な利用目的は金融商品の取引などとなっています。これまで金融商品の取引は、取引所などを介して行っていた為、利用者は多くの手数料を支払いながら利用していました。しかし、ThinkCoin(シンクコイン)はP2P方式のブロッ [続きを読む]