けんちゃん さん プロフィール

  •  
けんちゃんさん: けんちゃんが米国株を語るブログ
ハンドル名けんちゃん さん
ブログタイトルけんちゃんが米国株を語るブログ
ブログURLhttps://xn--v8jj2cyhrb2bdc8xpnniy982bgx0bfm5cso2b.tokyo
サイト紹介文米国株の今後の予想や市況を分かりやすく解説します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 126日(平均2.6回/週) - 参加 2018/04/11 15:31

けんちゃん さんのブログ記事

  • 【書評】株式トレード 基本と原則 マーク・ミネルヴィニ【成長株投資家】
  • けんちゃんです。株式トレード 基本と原則 マーク・ミネルヴィニの本の書評について書いていきます。書評を始める前にそもそもマーク・ミネルヴィニとは誰だ?と知らない方も多いと思いますのでまずどんな実績があるのか?どのような人物なのかを書いていきます。マーク・ミネルヴィニとはどんな人物なのか?マーク・ミネルヴィニ氏は数千ドルから数百万ドルまで増やし、僅か5年で3万3500%の途方も無いリターンを叩き出した伝説の [続きを読む]
  • ひふみ投信とレオスひふみプラスは今からまだ上がる?下落する?
  • けんちゃんです。最近、話題のひふみ投信とレオスひふみプラスが値下がりしたことによりTwitter上では「人の金を返せ」や「昼休憩などをせずに取り戻せ」と炎上しているようです。そもそもひふみ投信とレオスひふみプラスとは何なのか?どういった株の投資対象で今まで歩んできたのか。ひふみ投信とレオスひふみプラスは売り時なのか?買い時なのか?を考えます。ひふみ投信とレオスひふみプラスとはまず、ひふみ投信とレオスひふ [続きを読む]
  • ひふみ投信とレオスひふみプラスは今からまだ上がる?下落する?
  • けんちゃんです。最近、話題のひふみ投信とレオスひふみプラスが値下がりしたことによりTwitter上では炎上しているようです。そもそもひふみ投信とレオスひふみプラスとは何なのか?どういった株の投資対象で今まで歩んできたのか。ひふみ投信とレオスひふみプラスは売り時なのか?買い時なのか?を考えます。ひふみ投信とレオスひふみプラスとはまず、ひふみ投信とレオスひふみプラスは設立当初は小型成長株に投資を開始してきま [続きを読む]
  • 新聞がいらないオワコン化し衰退する時代に考える株投資の在り方
  • けんちゃんです。今回は新聞と株の考え方について書きます。私が子供の頃は新聞と言えば番組欄を見て今日の番組を調べたり、チラシを見たり、チラシの裏にお絵かきしたりしていた記憶があります。そんな新聞ですが昔は新聞を取るのは当たり前でしたが最近は新聞を取らない世帯が当たり前になってきて新聞がいらない世帯が増えて衰退してオワコン化してきています。 考えられる原因はデフレによる長期不況により年収の低下から家計 [続きを読む]
  • 中国株の時価総額が日本株を下回る【日本はふたたび2位へ】
  • けんちゃんです。中国株が貿易戦争の影響で株価が下落して時価総額が6兆900億ドルに目減りして日本株の6兆1700億ドルより下回ったそうです。2014年から中国株が日本株を上回ってきましたが貿易戦争による関税の引き上げ合戦によって中国株は下落して今回の結果になったそうです。また株価が下がっている理由は中国の景気が鈍化してきていることもあります。今回の下落は景気が鈍化しているのと貿易戦争の関税の引き上げ合戦の影響 [続きを読む]
  • 成長株の見つけ方【初心者が大損を極力防ぐためのコツ】
  • けんちゃんです。株式投資というと大体、バリューとグロースに2つに分かれるのですがその中の1つの本日は成長株の見つけ方【初心者向け】を書かせて頂きます。 ●株投資が初めての人へ今回、タイトルに初心者向けと書いてありますが悪魔でも成長株(グロース)投資の個別株に対しての初心者向けですので本当の初心者は米国株式全体に投資できるVTIか世界株式に投資できるVTをおすすめします。全体の指数ですがバリューとグロースが [続きを読む]
  • 日銀が長期金利上昇を容認したので日本国債は売った方がいいのか?
  • けんちゃんです。日銀が日銀決定会合で長期金利の上昇を容認しました。2016年9月から日銀は長短金利の操作を行っていたのですがそれらの変動幅を広げる方向で決まったそうです。そういったことを実地することにより超低金利により短期債券と長期債券の利ざやが稼げず苦境に陥ってる金融や銀行などのダメージを減らす狙いがあります。また超低金利により取引が少なく流動性が欠けていた債券市場を活発化させる狙いがあります。日本 [続きを読む]
  • FANGやハイテク株などのグロース株相場の終焉か?
  • けんちゃんです。米国株の相場を引っ張ってきたハイテク関連やハイテク中心のNASDAQが7月25日から7月30日まででNASDAQは-3.9%、S&P500は-1.6%下落しています。巷ではFacebookやTwitterやNetflixの決算に投資家が損失を受けてしまい、その損失の穴埋めのために好調なほかのハイテク銘柄の利益確定売りにより下落しているとも言われています。それ以外にもグロース株は投資家の期待に答えることができないと大幅な下落が起きるの [続きを読む]
  • 孫正義の名言&格言集【財を成した偉大なる株投資家&事業家】
  • けんちゃんです。本日は一代で大成功した株の投資家&事業家の孫正義の名言&格言集を書いていきます。 退却には攻撃の10倍の勇気がいる。退却の決断はトップしかできない。退却ではボコボコに非難される。やられる、恥ずかしい。これに耐える勇気がないと、もう戦えなくなる。 新しい事業を始めたり、株を買う時は称賛を浴びますが株や事業で「これは駄目だ」と退却の意思を見せて逃げるのは損はするし、周りには叩かれるし、良 [続きを読む]
  • 孫正義 AI(人工知能)とライドシェアは将来有望【天才投資家】
  • 日本で言えば「ソフトバンクの孫正義」といえば知らない人はいない有名な方ですが投資家としてもかなり敏腕です。その孫正義氏がライドシェアに対する政府批判と同時にAI(人工知能)の投資を推しています。「(自家用車を用いた相乗りなど)ライドシェアを禁止しているなんて、こんなばかな国はあるか」と関連法制で規制を続ける政府の姿勢を強く批判した。また、孫氏は「人工知能(AI)を制するものが未来を制する」と述べ、今後AI [続きを読む]
  • ネットフリックス(NFLX)が成長鈍化懸念で-14.6%の下落した件
  • けんちゃんです。ネットフリックス(NFLX)が時間外で一時-14.6%を記録するなど失望売りにより、下落しております。原因は2018年4月から6月期の決算です。 ●今回の決算で良かった所米国外や米国内にて一人あたり単価が過去最高売上利益ともに過去最高を記録●悪かった所長期借り入れは過去の水準に比べて最高額へ 新しいオリジナル作品を作るために借り入れを更に増やす予定予想した会員数を大幅に下回る 予想が+620万人に対して [続きを読む]
  • ドイツ銀行の破綻危機は将来の大暴落の火種となるのか?
  • けんちゃです。本日はドイツ銀行の事について書いていきたいと思います。ドイツ銀行と聞いて皆さん、何をイメージされますか?大抵の方はよく知らないと言った方が多いと思います。ドイツ銀行は2009年の経営危機になるまでドイツの3大銀行と呼ばれた1870年から続く中央銀行ではない老舗の民間の銀行です。日本だとマイナーなので知らない方がほとんどだと思いますが日本でも活動拠点を持っており、ドイツ銀行、ドイツ証券、ドイチ [続きを読む]
  • 株投資でAI(人工知能)の恩恵を受ける関連銘柄【拡大する市場規模】
  • けんちゃんです。AI(人工知能)で将来、多くの人々の仕事がなくなり、趣味に生きる人が増えると言われています。また、2045年には人間の知能を超えた人工知能が地球を支配する日が訪れると言われています。まぁ、そんな怖いような嬉しいような予測はされています。将来、どうなるのかは分かりませんが経済的には2030年には3671億ドルにまで市場規模が膨らむと予想されています。そういったこともあり、新しい分野なので今までになか [続きを読む]
  • 投資の判断基準で間違えて大損しないための4つの方法
  • けんちゃんです。今回は投資の判断基準を書かせていただきます。投資といっても王道な株や不動産や債券から少しマニアックな金や原油などのコモディティや高金利がウリのソーシャルレンディングや仮想通貨など現代では様々などものがあります。そういった投資での投資をするかしないかの判断基準はまさに投資が成功して利益を獲れるのか失敗してお金を減らす結果に終わるかを分けるところがあります。一体、失敗する人と成功する人 [続きを読む]
  • 逆指標が出たら相場は終焉するので私は米国株から撤退する
  • けんちゃんです。皆さんは逆指標というものをご存知ですか?逆指標というのは相場へのシグナルが逆の意味となってることを指します。例えばよく言われるのはTVなどのメディアが株をやたらおすすめしたり「株の素人でも3億円儲かりました」みたいな本などがよく出版されるようになると株やその投資は終わりをつげるというものです。なぜ、そういったことが起こるかと言うと普段、株やその他の投資に興味がない人が押しかけるときは [続きを読む]
  • 利上げ期に長期債券をポートフォリオに組み込むのはヤバいのか?
  • けんちゃんです。 利上げ期といえば政策金利が上昇して連動性の高い短期金利が上昇します。それにともなってスピードの違いはありますが長期債券の金利が上昇する場合が多く債券価格が下がるのが一般的です。 そういった状況下で利上げ期は長期債券をポートフォリオに含むのはやめたほうがいいのか?利上げ期には伝統的な株と債券のポートフォリオでリターンを保ちながらリスクを減らす結果にならないのか? そういったことを今回 [続きを読む]
  • ウォーレン・バフェットの名言集【解説付き】
  • けんちゃんです。本日は投資をしている人なら皆が知ってるオマハの賢人「ウォーレン・バフェットの名言」を見て教訓と投資へのヒントを少しでもいただきましょう。 株式の乱高下は敵とみなすのではなく友とみなしたほうが良い。また愚行は参加するのではなく利用するものである。 株式市場は一般的に債券などに比べて激しい動きをするものです。そういった中で素晴らしい会社が一時的な自力で解消可能な問題で投げ売りされていたら [続きを読む]
  • 日本小型成長株アクティブファンドはS&P500に勝てるのか?
  • けんちゃんです。近頃、知人が日本株の小型成長株のアクティブファンドで儲けまくってウハウハという話を聞きました。私は株のアクティブは高い手数料なので基本的にはインデックスに負けると思っているのと基本的に米国株派なので抵抗がありました。ただ、本当に米国株に比べて優位性があれば投資金額の1割をアクティブを数種類に分けて投資するのもありかなと考えてました。早速、証券口座にログインをして楽天証券でアクティブ [続きを読む]
  • アメリカの債務がGDP比で過去最高を記録したヤバい理由
  • けんちゃんですアメリカの債務がGDP比で過去最高を記録したのがヤバいのはなぜなのか?その理由とは何なのか?まずは国の経済規模を表す米国のGDPと米国政府債務との比率をご覧ください。見事に右肩上がりで史上最高ということが分かります。グレーの縦線は景気後退の時期です。チャートを見ていただくと分かりますが景気後退の後半は右肩上がりなることが分かります。その原因は不況などの際は景気を刺激するため財政出動や米国債 [続きを読む]
  • 株のルールを決めてから売買しないと投資が失敗する理由
  • けんちゃんです。よく株はルールを決めるのが大事と聞きます。ルールとはある一定の条件を満たした場合に機械的にする動きを予め決めておくことです。 例えば3ヶ月ごとにポートフォリオをリバランスすると決めたら機械的に低くなった資産を買い高くなった資産を売り一定のリスク許容度に収まるように株や債券などを売買したりします。 こういった行為は理にかなっておりリスク許容度も抑えれますし、安くなった株や債券などを買い [続きを読む]
  • 株の売り時を判断する2つの方法
  • けんちゃんです 株を買ったはいいけど売り時が分からない…。そう、買う以上に難しいのが株の売り時… 長期投資家にとっては投機家と言われるかもしれませんが株が下がるなら一番高いところで売りたいのが本音…。 しかし、世の中では「そんな魔法の方法はない!」「知っていたらそいつが世界一のお金持ちになっている!」といった声が耳をふさいでいても溢れんばかりに聞こえてくる・・・ しかし、本当にそうなのか? 自分で考え [続きを読む]
  • 債券インデックスがアクティブに勝てない2つの理由
  • けんちゃんですインデックスと言えばS&P500や日経平均などの指数が有名ですがそのインデックスが個別株に積極的に投資する大半のアクティブ投資家に勝つという統計や研究結果が本やネットの記事などで広く広まりました今ではそういった指数の値動きを再現するETFや投資信託は長期投資家にとっては無くてはならない存在となっております。特にインデックスなどに積極的に投資するパッシブ運用は株のことをよく知らない初心者投資家 [続きを読む]