なまけたろうギター さん プロフィール

  •  
なまけたろうギターさん: 40→70 ギターでデビューする!
ハンドル名なまけたろうギター さん
ブログタイトル40→70 ギターでデビューする!
ブログURLhttp://guitar-itsuka.hatenablog.com/
サイト紹介文40歳でギターをゼロから始め70歳でのデビューをめざすライターです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 246日(平均4.6回/週) - 参加 2018/04/11 22:47

なまけたろうギター さんのブログ記事

  • リズ・ブラッシャーのギターを聴いて心が揺れる
  • Fretboad Journal の動画で、リズ・ブラッシャーというメンフィス出身のアーティストを初めて知りました。youtu.beどこか?南部のアデル?みたいな感じで、ソウルフルな歌がとても印象的です。そしてもうひとつ、ギターも素敵だなぁと思いました。私もこれくらいトレモロかけて弾き語りしてみたい(笑)。それぐらいの揺らし具合に加えて、ヴィンテージ・ホワイトのボディに 3 ハムの SG を指弾きするというスタイルが、、もうカ [続きを読む]
  • 次のテーマはディミニッシュにしよう
  • そろそろ次に演奏する曲を決めないといけないのだけれど、どうやら、あれこれ考えるよりも思いつきに正直になったほうがいいと思ったのでした。guitar-itsuka.hatenablog.comということで、デヴィッド・ボウイの?Absolute Beginners?と、イタリアのアッシジで聴いた聖歌をモチーフにしたオリジナルをやることにしよう。guitar-itsuka.hatenablog.comと決めたはいいけれど、何かこの 2 曲をつなぐようなキーワードがほし [続きを読む]
  • カーディナルレッドのファイヤーバードがカッコいいなぁ。
  • ギブソンの 2019 年のコレクションを見ていて、ふと気になったのが、ファイヤーバードのカーディナルレッド。カーディナルレッドとかフィエスタレッドとか、派手なんだけどどこか渋さというか、奥ゆかしさも感じさせて好きです。このファイヤーバードも、定番のサンバーストとはかなり印象が変わりますよね。※ 画像はギブソンのサイトより。ファイヤーバードは、以前楽器屋さんで試奏させてもらったことがあって、見た目以上 [続きを読む]
  • やはり音楽はやめられない!
  • 昨日は、半年に一度の発表ライブで。午後からっだったのだけど、午前は締め切りがあったのでそれを仕上げていたらもう出なくてはいけない時間。結局ウォーミングアップもそこそこにあくせくと会場まで出かけ、本番となったのでした。結果からいえば。そう気負わずに(というか気負う暇もなく……)臨んだのが吉と出たのかもしれない。テスト前の高校生のように直前になって慌てて詰め込むような練習をしなかったのが吉と出たのか [続きを読む]
  • Supro が復刻したデヴィッド・ボウイのギター
  • 前の記事の続き、というわけではないのですが。guitar-itsuka.hatenablog.com偶然にも Guitarist がSupro の David Bowie Dual Tone を紹介する動画が UP していました。youtu.beうむ。こうやって観ると普通のギターなんだけど(笑)、デザインがカッコいいなぁ。もとになったギターは、ボウイが 2003 年から 04 年の A Reality Tour で使用した Dual Tone だそう。このモデルに限らず、最近復活した Supro のギター、レトロ [続きを読む]
  • たかが 10 分を、されど至高の 10 分に 練習時間を美しくしたい
  • ここのところ ギターに触れるのが 1 日に 10 分程度。発表ライブ直前で、これは今までに経験したことのない大ピンチではあるが、これはこれで乗り切るしかない。乗り切るすべを、学ぶためのチャンスとして捉えよう。と、そんなときにジュリアン・ラージの練習動画が。youtu.be美しい……。練習なのに、隅々までが美しい。練習するのに 10 分、というのは極限に近い時間。たとえ 10 分でも、そこに美しさを追究するのであれば、さ [続きを読む]
  • Rei の?Yer Blues?がカッコいい!
  • 昨日はついに 2 週間後に迫った発表ライブのリハーサルで。まぁ、いつもの通り、なかなか進歩しない自分に、まぁそんなもんなのかな、なんて思ったりしたのだけど(まぁそれはまたの機会に…)、終わった後に久しぶりに会った仲間たちと飲んだのはことのほか楽しかったりして。で、話はいつしかこんどのを通し越して来年の発表ライブの話に。まぁ、何をやるか、という話。僕たちのギター教室は課題があるのではなく、演奏する曲 [続きを読む]