ぎりあ さん プロフィール

  •  
ぎりあさん: ちょこっと栽培する
ハンドル名ぎりあ さん
ブログタイトルちょこっと栽培する
ブログURLhttps://tyocottosaibai.blog.fc2.com/
サイト紹介文なるべく少ない栽培数で心地よい暮らしを目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 45日(平均11.8回/週) - 参加 2018/04/12 17:06

ぎりあ さんのブログ記事

  • Evelyn 開花しました
  • 昨日から蕾がゆるみ始めて、今朝開花しました朝日なのでちょっと赤味が強くでています花径12センチ、カップの深さ4センチの大輪ですフルーツ系の香り久しぶりに嗅ぎました今年は春が暖かかったので開花も早いかなと期待していましたが、いつもどおりの5月末でしたやっぱり美しいバラだなあ・・・・調子がよくないのにすごく頑張ってくれた、と人間の勝手なみかたではありますが、思うので残り2つの蕾はとってしまおうかなぁこのバ [続きを読む]
  • お、オリーブにつ、
  • 蕾!!!!!・・・といってもここともう一節の2箇所しか見つからなかった・・・・なぜこんなに騒がしいのかというと。前に花をみたのは2010年ごろだったので、とっても久しぶりで嬉しいのです。木自体に元気がなかったし。2013年に幹だけにする剪定を行ってからは、一度も花をつけませんでした。ここまで・・・・長かった・・・・でもまだ咲くと決まった訳じゃないので喜ぶには早すぎるかな。3月の記録で、「蕾が出なかったらばっ [続きを読む]
  • クロッカス・プリンセスベアトリクスをほりあげました
  • 葉がくたっとなり、先だけに緑を残しているクロッカスを、掘り上げることにしました。来年のために肥料をやったつもりですが、購入時そのままのため土が荒めの、山野草の土ぽいものなので流亡が激しかったかも。どうなったかな・・・・わりと大きな花が咲いたわりに、球根が小さめでした。これは、肥培失敗かも!ほかの球根と一緒に、土の中で秋まで保管します。来年あやしいなあ・・・・ [続きを読む]
  • プシキニアをほりあげました
  • 3月の終わりに咲き始め、遅いものも4月の下旬には咲き終わったプシキニア。葉が腐り始めたものもあるので、掘り上げることにしました。購入時30球あった球根は、昨年保存がまずかったために植え付け時には10個程度まで激減!芽はでたものの開花にいたるものはさらに少ないという、いわば惨敗の様相でした。今年は肥培を心がけましたが成果はいかに。まあまあの球がでてきました。来年も咲きそうなのは10個あるかないか、です。プシ [続きを読む]
  • Evelyn 開花直前の生育観察
  • 市中のバラは、ハイブリッドティーが満開になっていました。我が家のバラはいつも遅めです。今年は養生させます。11月中旬に植えつけて剪定時この位置の、現在のようすですひとつのクラウンから出ている3本の枝です。左の細枝は枯れて、今はありません。壱番目・・・頂部の芽は蕾つむ→でた新芽をアクシデント摘み→今の芽アクシデントで折ってしまったときに、ここからはもうでないかなーと思ったので一段下の葉をとっておいたと [続きを読む]
  • ガランサス・エルウェシーをほりあげました
  • 葉が枯れきってなくなったり、生えていても一部が黄色くなってきたガランサス・エルウェシーを晴天のうちに堀りあげることにしました。2月ごろから花の肥料に単肥の硫酸カリウムを追加して、球根を育てたつもりです。どうなっているでしょうか。数は少ないですが、けっこう大きく育っていました。花に特徴のあったものはラベルをさしおいて分かるようにしておきました。これはとがり気味の花弁の先にちょんと緑がのったもの。これ [続きを読む]
  • ゴールデンブルース5月
  • ちょっと株がダレてきましたが、満開が続いています。みんな朝日があたるほうを向いています。4月からずっと満開状態でしたが、丸みのある花形だった4月に比べ最近はきゅっとしまった小ぶりの花形になってきました。こういう形のほうが好みです。5月に入ってから肥料をやっていないのが良かったのかな。性質はとても優秀だと思います。あまり良くない土壌に植えて春は水をやっているだけの管理でもこんなにきれいに咲き続けます。 [続きを読む]
  • ガランサス・レギナエオルガエをほりあげました
  • 入手したのが花が終わった12月だったので今年は見所がなかった株ですがまじめに肥料をやって球根を育ててみましたどうなったかな・・・なんと、3個もありました!葉の様子から、2個あるかもと期待していましたが嬉しい誤算ですオーソサイド液につけて、お茶袋にいれて秋まで保管しますガランサスの保存は難しいほうだと思います乾燥するとしわしわになってだめになるので、いかに腐らないように乾かないように水分を保つか・・・大 [続きを読む]
  • アズカバンズエスケーピー堀上げ
  • 開花後、まじめに肥料をやって球根を育てたつもりですが、結果を見てみましょう地上部が枯れた球根を順番に堀上げていきます一番目はクロッカス・アズカバンズエスケーピー左側が今年咲かなかった球根、右が咲いた球根左は分球してしまいましたが、大きさとしては右の今年開花したものと同クラスまでになってくれました来年は期待できそう右は今年開花したので力を使い果たしていないか心配でしたが、ちゃんとありましたこれも分球 [続きを読む]
  • カボチャ5月
  • 5月14日種まきから49日二節目に蕾発見!雄花のようです。脇芽と一緒に摘んでおきます。4月の計画通りに雄花を出せたようですが、今度は雌花がでてくるかが心配になってきました・・・5月26日種まきから61日本葉9枚くらい土に元肥が入っていたので、つるぼけしないように肥料をやっていませんでしたが葉が黄色くなり、伸び具合もいまいちと感じたので1週間前に液肥をやりました全体が黄色かったり、葉脈だけ緑だったり窒素不足か、 [続きを読む]
  • フレンチタラゴンのこと
  • 芽吹きの様子はここ友さんに株分けしてもらいました。フレンチタラゴンは挿し木は(たぶん)つかないので、冬に株分けしてふやします。好きな香りなので欠かさないようにしています。強く香ります。夏の朝は小さな株なのにベランダに香りが充ちています。が、別にも書きましたがもともとハーブを料理に使うのは苦手。タラゴンの場合、料理に使うと葉一枚でキツくて食欲が落ちます。そこで酢漬けにしてみました。ドレッシングには強 [続きを読む]
  • Evelynの摘蕾後
  • 古枝が枯れてきてメンテナンスしたあとは、とりあえず順調な生育のEvelynです。唯一蕾をつけたままの枝は、蕾が5個もあがってきたので少し間引きました。大きな蕾は約2センチまでふくらんできました。一節下からは新枝がのびてきました。蕾を摘んだあとの節からは新芽があがってきました。といいたいのですが手前の摘蕾箇所の向こうにも折りあとが見えます。実は四日前、手入れ中、2センチほど出ていた新芽を知らぬ間に体当たりピ [続きを読む]
  • ガーデンルー
  • いいにおいがするのが好きだからハーブをいろいろ育てたけどハーブの香りがついた料理はあんまり好きじゃない・・・で育ててもほとんど利用しないことがわかったので、料理用に残すのはローズマリー、タイム、フレンチタラゴンでいいやあとなり。干しても香りの残るものをそだてることにしました。ポプリ用というのかな。タラゴンとルー、それからスイートウッドラフ。ウッドラフは夏に枯らしてしまったのでまた機会を待ちます。ル [続きを読む]
  • シラー・ビマセアのビミョーな開花
  • シラー・ビマセアほかの球根族からかなり遅れて、やっと開花しました!が・・・・さみしい。2016年にはその色合いと香りでちょっとした光景を作ってくれたのですけどね。三年目は花数ががくっと減ってしまいました。昨年球根をほりあげたとき球が小さくなっていたので、肥培失敗のせいです。おととしは何もしなくてもふっくら大きく育ったのに。一体何を間違えたのやら。とてもよい香りがするので、来年は買ってたくさん植えてみよ [続きを読む]
  • ジャガイモ5月
  • 5月6日植え付けからおよそ一ヶ月、やっと緑色が見えるようになりました。なんだか遅い気がするけど、大丈夫かな?5月14日植え付けから34日っていう日にちが意味あるのか分からないけど。植え付けるときの芽の状態にもよるのでは?まだほんのちょっとしか出ていませんが、がっしりとしたいい芽になってくれました。3芽でていたのをひとつ抜いて、2芽にしました。なかなか取れませんでした。なんとなくジャガイモは乾燥気味がいいの [続きを読む]
  • Evelynの枝が枯れてきた!
  • 蕾は3個でました。これは、新枝が30センチほど伸び、蕾をつけていますが、枝の付け根は・・・・枯れてきています。この位置、冬に残そうか飛ばしてしまおうか悩んで結局残した部分で、支枝がたくさん出ています。ほかにもこの枝はブラインドしかないので切ってしまいます。上の蕾のついた枝は、残念ですが黄変枝ごとカットしようと思います。追記:かれかけの枝を切ったあと、ほかの枝の蕾も摘んで、残り1つにしました。虫にやられ [続きを読む]
  • イチジクのスタートは遅いのです
  • ぽち芽がやっと葉らしくなったバナーネ芽先を剪定した枝実がついているので剪定をためらった枝剪定したほうは下の節からも芽が出てきましたが、実がついている枝は頂芽しかありません。ブランシュジャルダンテイユまだぽち芽が膨らんだ程度・・・・ [続きを読む]
  • 今年のホスタは調子がいいです
  • ホスタの魅力を広めたいの会をたちあげたい。いやおたくが最後の会員ですからーって声が上がるだろうから静かにしておこう。ゴールデンメドウの葉がようやく展開してきました。4月7日には展開しはじめたリバティと比べて、一月近く遅いです。ずいぶん違うものです。去年よりも大きく、また芽数もふえています。葉端のフリルもしっかりしてきました。秋に堀上げなかったのが奏功したかしら。5月1日2013年に入手して5年・・・ようや [続きを読む]
  • かぼちゃ 本葉二枚目から
  • 4月24日・たねまきから29日本葉が二枚展開しました。もう少しで定植できそう。たった二株しか残せないのはさびしい。昔の記憶では、雌花がよく咲いていて雄花が遅かったので、雌花よりも温度高めの、雄花着花促進管理にしてみました。といっても無加温アバウト管理ですが。この時期にしては高温がつづいたこともあり、管理方法としては成功のはずですが、そんなにうまくいかないかな。どうなるでしょうか。4月27日定植!1号2号一つ [続きを読む]
  • Evelynに蕾あがる
  • 1月2月の極寒期にこの展開を誰が予想したでしょうか。今年は早いな〜5月中ごろには咲いてくれるかも。ちょっと元気のない株なので、春はガマンして養生させよう。と思ったけど無理みたい。大事な時期なので、株元ヘオルトラン粒剤をまきました。2010年冬入手、4年預かってもらって2017年秋に帰宅したEvelyn。シュート、出てくれるかしら。 [続きを読む]
  • ボーンホルムズダイヤモンド鉢あげ
  • ボーンホルムズダイヤモンド秋果専用種耐寒性があり、マイナス20度でも耐えられる。木が若いうちから実をつける。寒冷地でも新鮮なイチジクを生で食せる品種のようです。イチジクといえば、甘露煮だもんね。このへんではね。 4月17日剪定枝を挿し木してもらったペットボトルに根が見えてきてからおよそひとつきたち、気候も良くなってきたことから鉢あげしました。太根が3-4本、長さも3-4センチくらいでした。扱いやすさとしてはち [続きを読む]