Tako さん プロフィール

  •  
Takoさん: ニューヨークブルース。国際結婚の悲喜コモゴモ…
ハンドル名Tako さん
ブログタイトルニューヨークブルース。国際結婚の悲喜コモゴモ…
ブログURLhttps://ameblo.jp/takoto-uchujintachi/
サイト紹介文NY生活30年目の私タコと、アメリカ人の夫イカオと、マンハッタン生まれ育ちの息子クラゲのNY生活。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 74日(平均3.9回/週) - 参加 2018/04/12 17:27

Tako さんのブログ記事

  • 片付けられないオンナ② 人間失格 (:_;)
  • 片付けられないオンナ、その後です。 結論から申しましてワタシは、人間失格ダ‼? ニューヨーク同僚物語シリーズをやってる間にドンドン片付けて シリーズが終わったら片付きましたあ??と自慢げにご報告したかったのに…現状維持のまま???? 少なくとも、こんまりバイブル片付けのときめき魔法を読み進めて極意を掴んでおけば良いものをアレ?あの本どこ!? ……ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 ……まあ、いいか… ?? [続きを読む]
  • NYでチップ要らないはウレシイ: ニューヨークトリビア⑥
  • 3年くらい前から、ニューヨークのレストランにも、ノーチップ制のお店がチラホラ出始め 日本食レストランにもいくつか出現?? 大戸屋、ラーメン一蘭、居酒屋りきなどがそう。 しかし私は大戸屋と一蘭には行かない。 一蘭に行かない理由は、ブルーノ様よりココナツラーメン、続編を読んで頂ければ明白。 大戸屋も、ランチの定食が20ドル以上のものばかりとは、一体どこが庶民派レストランなのか… 一蘭のベーシックラーメンと、大 [続きを読む]
  • 空中ぶらさがり結婚式の愛の深さ
  • はじめに、今回の大阪の地震で被災された方々の、一日も早いご回復と、お亡くなりになられた方々のご冥福を、心からお祈りいたします。m(_ _)m*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*2、3日前、ニューヨークのローカルニュースを見ていたら、こんな映像が!ん ⁉?何だ?コリャ! 単車が綱渡りしてるだけでも充分コワイのに、人がぶら下がってんスけど…!?なぬ ⁉?ドイツでスカイ・ハイ・ウェディングですと〜〜!? ぶら [続きを読む]
  • 泣き上戸のドゥーニャ : ラズーリは人種のるつぼ、最終回
  • ニューヨーク同僚物語、いよいよ最終回です! 前回のお話はコチラ乙女なマネージャーたち 初めてお読みの方はコチララズーリは人種のるつぼ①◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ブロナ以来、このシリーズでご紹介するほど強烈な個性の新人はなかなかいなかったが、私が入って半年以上過ぎた頃、ついにものすごい真打ちが入って来た??イタリア????ミラノ出身のグーグルより拝借ドゥーニャだ‼? 一体どこがどうスゴイかって [続きを読む]
  • トービーにときめくタコ : ラズーリは人種のるつぼ⑨
  • まだニューヨーク同僚物語?シツコクない? まあまあ… もう少しご辛抱下さい ??前回のお話はコチラ救世主ブロナ初めてお読みの方はコチララズーリは人種のるつぼ①◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ラズーリの中で、毎日は顔を合わせない同僚、それは営業のトービー。 外回りに出る前に、オフィスには毎日来てるはずだが、製作部の部屋にはたまにしか顔を出さない。それでもトイレに行く時に廊下で会ったりすると、いつもニ [続きを読む]
  • 救世主ブロナ : ラズーリは人種のるつぼ⑧
  • ニューヨーク同僚物語、続いてマス。前回のお話はコチラエイミーはニオう!?▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ジェシカとエイミーの、こぜり合いの板ばさみにも疲れるが??もっと耐えがたい、3、4日に1度の頻度で起こる、ジェシカのコーヒー、バシャー!地獄??(ご存知ない方はコチラを)から私を救ったのはブロナだった。 マリリンが去って1か月くらいして雇用されたブロナは、プエルト・リコ出身の両親を持つニューヨー [続きを読む]
  • エイミーはニオう!?:ラズーリは人種のるつぼ⑦
  • ニューヨーク同僚物語。前回のお話はコチラまだ10代のジェシカ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆グーグルから拝借した南米のボリビアの画像 なぜボリビアかというと私が入って間も無く退職したマリリンが、ボリビア出身だったから。 マリリンは一歳未満の赤ちゃんがいるシングルマザーでジェシカと同じくヒスパニック系とは信じられないほど物静かで優しいので、エイミーのお気に入りだったのだ。いつも踊ってるジェシカと聖母 [続きを読む]
  • まだ10代のジェシカ : ラズーリは人種のるつぼ⑥
  • ニューヨーク同僚シリーズ再開です。前回のお話はコチラフェアウェル、ミス・クワイエト職場のラズーリ・デザインの詳細はコチララズーリは人種のるつぼ①▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ジャッキーの良き話し相手になっていたジェシカはまだ18歳。一年前に高校を卒業したが、大学には進まず、このラズーリ・デザインで働き始め、あと一年は働いて学費を貯めてから州立大学に行くのだと。 自立心があって感心、感心。 ジェシカ [続きを読む]
  • フェアウェル、ミス・クワイエト:ラズーリは人種のるつぼ⑤
  • ニューヨーク同僚物語、ジャッキーの巻の最終回です。 前回のお話は、コチラ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆中華料理屋でのジャッキーとオバちゃんの壮絶な罵り合いを目の当たりにしてすっかり食欲を失った私とは裏腹に当のジャッキーは、私の買ったShrimp Lo Mein(えび入り焼きそば)や、ジェシカの買った Sesame Chicken(ごま風味の甘いチキン) などをモリモリ食べていた。 しかし食べながらもおしゃべりは止まらず、他の同僚 [続きを読む]
  • 言ってはイケナイ言葉の嵐 : ラズーリは人種のるつぼ④
  • タコのニューヨーク同僚物語④前回のお話は、コチラ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ 墓穴を掘ったのはジャッキーである。こんなことを口走ってしまった彼女。「I clearly said “duck sauce”!If you don’t understand English, why don’t you go back to China⁉?」( アタシはダックソースってはっきり言ったわよ!英語もロクに理解できないんなら、さっさと中国に帰ったら⁉?) あわわわわ〜??ダメー!ダメェー‼? 移 [続きを読む]
  • 悪夢のランチブレイク: ラズーリは人種のるつぼ③
  • ニューヨーク同僚物語的シリーズです。 職場のデザイン工房の詳細は、ラズーリは人種のるつぼ①◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ チェルシーの静かな一角にあるオフィスから、少し歩いてテイクアウト専門の中華料理屋に行く、ジェシカとジャッキーとタコ。どこにでもある典型的な、働く人みな中国人のお店。グーグルから拝借の似たようなお店。 3人それぞれ注文し、そう時間もかからず出来上がり、ジェシカと私は受け取ってお金を [続きを読む]
  • ミス・クワイエト旋風:ラズーリは人種のるつぼ②
  • ニューヨークで、初めてアメリカ人の中で働いたエピソードを綴るシリーズです。ラズーリは人種のるつぼ①は、コチラ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲「You’re the most beautiful woman I’ve ever met !! (君は僕が今まで会った中で一番美しい女性だ!)ってカレが私に言うのよ〜!キャハハ!」(≧∇≦)………(私)??まだやってるよ。 ジャッキーのカレ自慢 ( ̄ー ̄;朝から隣に座るジェシカ相手に、ゆうに2時間は [続きを読む]
  • ラズーリは人種のるつぼ① 初出勤のジャッキーと私
  • こんにちは、タコです! 今回から、私が30年前に来て以来魅せられているニューヨークで、初めてアメリカ人の中で働いたお話をシリーズでお届け!ヨロシク〜??  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 「 …… ってーな具合にさ、カレったら私の言うこと何でもきいてくれんの。オーッホッホッホ??」 私の向かいのデスクで、部屋中に響き渡る声で高らかに笑っているのは 私と同じく今日が初出勤と紹介されたジャッキーで [続きを読む]
  • 片付けられないオンナ
  • これまでも、私のブログで幾度となく 地味にリピートされて来たテーマ。 私は片付けが、致命的に、究極的に、超人的に、出来ない。片付け障害という発達障害があるならば、まさにそれだ。 他のも色々あるんじゃない?人格障害とか…   :-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:- 義兄2夫婦がニューヨークにキタ!②で大ゲサに騒いだ片付けはただリビングに溢れてる物を、留守中のクラゲ息子の部屋に押し込めただけ。今 [続きを読む]
  • 気配のないヒト⑤ 待ったなしのオンナ
  • 気配のないヒト④は、コチライカオと結婚⁉?私を邪魔者扱いするルームメイトのニックを見返す「切り札」と、冗談で思いついただけなのが考えれば考えるほどなんかそれってスバラシイ‼?     ような気がして来る。 ?? ?? 一緒に住もうと申し出てくれた時イカオ「いい考えだと思うんだ。いずれは結婚することになるかも知れないんだし…? 」タコ「あ、ゴメーン!アタシ独身主義! それにいずれは日本???? [続きを読む]
  • 気配のないヒト④ 金髪青い目モデルが小姑
  • 気配のないヒト③は、コチラ実はニックとイカオとタコの共同生活は、すぐには始まらなかった。ニックが渋ったからである。 彼らの借りてた部屋は、元々は2世帯の例えばAとBの部屋を奥の部分だけ繋げた変わったアパート。入口のドアも別々で、それぞれちゃんと壁で仕切られたプライベートな部屋が2つづつありシェアするのは、その奥にあるダイニング・キッチンとバスルームと大きな裏庭。私はイカオの居候になるわけで、ニックのス [続きを読む]
  • 気配のないヒト③ 男にモテる (私じゃない)
  • 私の自由の女神、ドロシーの冒頭でも触れたように イカオとの出会いは、ドロちゃん夫妻のソーホーのアパートに、私がルームシェアさせてもらったことが始まり。ある夜「ただいま〜」と私が帰ると初めて見る2人の白人男性がいた。「タコちゃん、友達のニックとイカオだよ」とドロちゃん。 「あー、よく話は聞いてマス〜。ヨロシク」と私。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 二人はイーストビレッジにある美術大 [続きを読む]
  • 気配のないヒト② 夢のないオンナ
  • 気配のないヒト①は、コチラ超現実的なオンナに変貌したといっても180°変身して、SM女王様になった訳ではない。そういうのを期待された方はスミマセン m(_ _)m誰もタコ にそんなモン期待せんわ! ただブスでドジで何の取り柄もない女の子と眉目秀麗、頭脳明晰、スポーツ万能の学園のアイドルが恋に落ちるというありえないハッピーエンドを量産して、いたいけな少女の心に間違った幻想を植え付ける少女漫画誌って血も涙もない金儲 [続きを読む]
  • 気配のないヒト
  • 夫のイカオは気配のないヒトである。存在感が希薄、と言った方が、わかりやすいかも知れない。 結婚してこの28年間、数え切れないほど日本の私の田舎に連れて行ってるが 結婚当初の、近所の人が外国人を見慣れてなかった時代にも、ハッキリ言ってイカオはあんまり浮いてなかった。 メガネを外すとちゃんと彫りは深いのだが、普段メガネをかけている時は、日本人を緊張させない顔立ちだ。つまり彫りが深くなく、違和感の少ない顔 [続きを読む]
  • ニューヨークトリビア④名前と逆で洒落た店
  • ニューヨークの面白カップル・キヨコとソーダの製作した「港町」プレミア上映を観に行く前に、食事をしたお店。その名もZurutto (ずるっと)??ご想像に容易いとおり、ラーメン屋である。なんか私って、外食するってーと、ラーメンばっかじゃねーかよ!(どんだけ貧しいん?)って言われそうだけど………そーなんです…(うなだれる)だってだって、リンカーン・センターの近くに、寿司屋とラーメン屋があるけどどっちがいい?って夫 [続きを読む]
  • NYの愉快なアーティスト・ドロシーとカシワギ
  • 前回の記事でご紹介した面白カップルの柏木こと、キヨコちゃんと私が出会ったのは過去記事、私の自由の女神、ドロシーでご紹介したドロちゃんのおかげ。ドロシー・カウフィールドは、日本とニューヨークで活躍する音楽家。 記事でご紹介したライブの撮影係をしていたのは柏木であった。何でも屋の柏木。まるで主役のようなビール「Blue Moon」左:かぶりつきのファン。真ん中:Mr. Shu Nakamura。右:Dorothy Cowfield. 以前チェル [続きを読む]
  • ニューヨークの面白カップル・キヨコとソーダ
  • さて今回ご紹介いたしますんは ニューヨークの、面白おしどり夫婦!紅組代表は、ニューヨークの桜の下で、丸餅vs角餅?の記事でお馴染みの(?)丸餅主役のお雑煮に、牡蠣は入れるわ、玉子焼きは入れるわ、ゴボウ、人参、ホウレンソウの野菜陣まで充実させるわで我々東日本代表を震撼させた金魚ちゃん その実体は、アニメダンスで一世を風靡する(可能性を大いに秘めた) ダンサーで振付家の、柏木規与子! Kiyoko Kashiwagi Profil [続きを読む]