だめうさ さん プロフィール

  •  
だめうささん: Personal preference
ハンドル名だめうさ さん
ブログタイトルPersonal preference
ブログURLhttp://dameusa.com/
サイト紹介文自閉症(LDとADHD)の息子を持つYさんの子育て奮闘記を書いています。参考になれば幸いです。
自由文完全に個人の趣向で書いてます 好きなもの 洋画、海外ドラマ、韓国ドラマなど

最近ではYさんの息子さんJ君の事を書かして頂いてます

発達障害のお子さんを持つママ達の参考になればとのYさんの思いをお伝えしたいと思ってます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 166日(平均6.7回/週) - 参加 2018/04/13 06:14

だめうさ さんのブログ記事

  • リメンバー〜記憶の彼方へ〜1話~20話
  •  相関図あらすじ幼い頃に母と兄を事故で亡くし、父ジェヒョクと慎ましく暮らすジヌ。ある日、彼は女子大生イナからスリと間違われ警察に突き出されるが、天才的記憶力を発揮して無実を証明。これが2人の運命的な出会いとなる。そんな中、ジェヒョクは顔見知りの女性の遺体を発見するが、認知症で記憶が曖昧なことから被疑者として逮捕されてしまう。実際に殺人を犯したのは、傍若無人の振る舞いを続ける財閥御曹司のギュマンだっ [続きを読む]
  • 念願のDS!と特技のパズル(自閉症のお子さんの特徴)
  • 3年生の冬には、念願のDSを手に入れたJ君Yさんは、DSは目が悪くなるとか中々やめれない と言う周りのママ達の声を聞いて、少し心配されていました。しかし、良く見てみると、画面に出てるコメントをちゃんと読まないと、進まなかったりする為 J君にとっては「読む勉強」や「考える勉強」になるのでは?と思いDSで遊ぶことを許したそうです。しかし、やはり心配はあるので、ここで「約束」をします。※ 約束 ※ 平日は、1日1時 [続きを読む]
  • 3年生は辛い!でもとってもユニーク
  • 小学3年生のJ君の、とってもユニークなお話をお伺いしましたので、ご紹介したいと思います。 何ともJ君らしいエピソードです。忘れたわ〜と言いながら 色んな事を覚えてるJ君支援学級で、3−1のクラスで行った理科のテストを、再チャレンジする事になり、★再チャレンジとは、少し説明すると解けそうな所があったため、ゆっくり説明して、もう一度やってもらう事です。なので、このままの点数かこれより上がるかのどちらかで [続きを読む]
  • ぼくの名前はズッキーニ(2016 スイス)
  • 誰にも愛されない子供たちが希望を見出していく心揺さぶるストップモーションアニメ あらすじいつも屋根裏部屋でひとりで絵を描いて遊んでいる少年イカールは、ママと二人暮らし。パパが“若い雌鳥(女性)”のもとに去ってしまってから、ママはビールを飲んでは怒ってばかり。ある日、いつものようにビールの缶でタワーを作って遊んでいる時、ママは不慮の事故に遭い、帰らぬ人になってしまう。事故を担当した警察官のレイモンは [続きを読む]
  • 皆に追いつきたいのに・・譲れないこだわり
  • 小学3年生のJ君、やはり1番の苦労は漢字です。3年生の3学期になっても、1年の「読み」2年の「書き」を支援学級でやってました。 支援学級に通っていたある日の事J君「支援学級からの宿題 算数だけじゃなくて、漢字も出してー」先生「J君は、クラスの宿題も毎日きちんとやってるし、支援学級から漢字まで出したら、きっと毎日大変だよ」J君「学校と家の両方で漢字をやったら、今は1、2年の漢字やけどいつか、3年の漢字 [続きを読む]
  • とにかくマイナーモード・・・
  • 小学3年生の頃のJ君は、とにかく自尊心が低くて、どうせ、、オレなんか・・と言うような事が増えてきたそうです。半端なくマイナー思考に・・3年生の遠足の前日に家庭内での会話おばあちゃん「明日の午前中、雨らしいでー」何気なく言ったこのおばあちゃんの言葉に、突然怒り出し、超がつくほどのイライラモード! 遂には泣き出してしまい、Yさんは落ち着くのを待ってゆっくりと話を聞いてみたそうです。J君「雨は オニが降ら [続きを読む]
  • 「オレのルール」の勉強法
  • 小学3年生 文章問題の苦手なJ君ですが、宿題で文章問題が出ると「わからんから明日、学校(支援学級)でやるわー」と言うのですが、この日は文句も言わずに、黙々と進めていました。Yさん「すごいなー!」J君「だって最後のひっ算は全部引き算やったから、きっと他も全部引き算やと思ってやってるねん」Yさん「文章は読んでみた?」J君「読んで無い!読んでもわからんしな!でも オレは引き算って決めてやってるから、大丈夫や [続きを読む]
  • 毎日の宿題でもこだわります!
  • 小学3年生のJ君には、宿題が沢山あります。算数についていけない為に、支援学級で算数を受けています。その為、クラスからの宿題、支援学級からの宿題 この2つです。J君は本来なら、クラスの算数の宿題じゃなく、支援学級の宿題のみでいいはずなんです(Yさんもその様に伝えてます)しかし、クラスでの終わりの会はみんなと一緒に受けているため、クラスの宿題が黒板に書かれています。それを自分で連絡帳に記入。J君の考えは・ [続きを読む]
  • 書くことを生活に取り入れる
  • 書くことを生活に取り入れる前回の続きの「書くことを生活に取り入れる」Yさんが次に考えられたのが、J君の大好きな ごっご遊び です。★ レストランごっご ★いつもJ君が 店員さんで Yさんがお客様J君「いらっしゃいませ〜ご注文は? ハンバーグにオムライス、スパゲッティーもありますよ〜」と言っていたので、ここで思いついたそうです。どうせならメニュー表を作ろう! これにはJ君も「いいねー!作ろう!」そして、 [続きを読む]
  • 専門医の先生の見解(LDとADHD)
  • 小学3年生のJ君 今まで通っていた専門医から別の医大を紹介されそこへ通う事に! 初診扱いの為、細かい検査となります。そこで出会った先生からの言葉がYさんの心にとても響いたそうです。先生「いくら医学的な検査をしたり、データを出してもやはりこの子に一番いいのは、母親の直感です。これから先高学年、中学生に進めばこの子は人1倍・・いや・・3倍ぐらいの悔しい思いや、つらい思いをする事があると思います。でも、こ [続きを読む]
  • 友達とのトラブルやいじめ
  • J君が小学校1年生から4年生の間に色々な友達とのトラブルがあったそうです。J君の通っている小学校は人数も少なく、ぎりぎりの2クラスで全部合わせても、46名 全員が顔見知りの状態ですね。常にトラブル相手は決まっていて、3人※ H君 (言葉で傷つけるタイ)※ R君(脅かし系で手が出るタイプ)※ M君(すぐに手が出るタイプ)小学校1年生の時のH君とのトラブル興奮すると、ヨダレが出ちゃうJ君それを見たH君はH君「 [続きを読む]
  • お風呂の時間を楽しくさせる秘策!
  • 小学校2年生のJ君、実はお風呂があまり好きじゃないんです。この理由が「服を脱いだり、着たりするのがいや!」お風呂に入る事自体はきらいじゃないそうです。じゃー何故お風呂が嫌いなのか 具体的にお伺いしてみると体を上手に拭けない為なんです。 お風呂からあがって体をふきますが、その時、前の部分は見えるので、拭けますが 見えない部分の背中・おしり・足の後とにかく見えない部分が拭けない!いつも、ほぼ拭かないで [続きを読む]
  • 困ったことを改善し、やる気を出させる秘策!
  • J君が小学1年生の頃、近くのスーパーにはガムのガチャガチャが3つあったそうです。10円、20円、50円と 値段に応じてガムの大きさが違います。J君は、おばあちゃんとスーパーに行くと、いつも20円のガチャガチャをしたがったそうです。泣いて暴れると困るので、おばあちゃんは「20円やし・・」と思って20円のガチャをさせてたそうですが、段々エスカレートしてきて、「緑がでるまで!」とか「あと1回!」とか・・お [続きを読む]
  • 100体のウルトラマン騒動
  • 小学校1年から2年の頃の出来事です。J君は大のウルトラマン好き!100体以上のウルトラマン関係のフィギアを持っていました。このフィギアが騒動の元となって行きます。J君はDVDや本通りに古い順番でセリフ付きで、戦いを再現するそうです。古い順番にこだわる為、ウルトラマンからはじまり、マックスまで!テレビの順番に、怪獣と次々と戦いのシーンのみを再現します。1つ1つの戦いの場面も長く、全部やりきるまで大体2時 [続きを読む]
  • ボス・ベイビー(2017)アメリカ
  • 赤ちゃんなのに、おっさん!?ボス・ベイビーが巻き起こす騒動を描いたアニメ映画ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションの初タッグが実現。赤ちゃんのおっさんぶりに笑いがこぼれること必至。外見はかわいらしい赤ちゃんだけど中身はおっさんな「ボス・ベイビー」が巻き起こす騒動を描き、全米大ヒットを記録したアニメーション映画。「怪盗グルー」シリーズのユニバーサル・スタジオと「シュレック」のドリーム [続きを読む]
  • 予期せぬ出来事に対応出来ない(冬)
  • J君が小学校1年の(冬)の頃のお話です。J君にはこだわりの いつも買うお気に入りのお菓子があるそうです。この日は、たまたま(売り切れ)だったそうで、もう・・そうなるとJ君「いつもあるのに!!今日はない!!」無い事がどうしても受け入れられないJ君J君「なんで、ないねん!このスーパー最悪や!・・大嫌い!!!」この様に大きな声で 文句を言い続け、マフラーを投げたりと周りから見るとちょっと迷惑な行動をしていまし [続きを読む]
  • 予期せぬ出来事に対応出来ない(夏)
  • J君が小学1年生の(夏)の頃の出来事です。J君には 同じ年の いとこ K君がいます。夏休みに いとこのお家に遊びに行かれました。仲良く2階で遊んでいたので、YさんとYさんのお姉さんは下の部屋で、おしゃべりタイムすると、2階から何かが倒れたような、大きな音が!!すぐに行ってみると、扇風機が倒れていて、中の羽が1枚折れていたそうです。J君がその折れた羽を、必死で直そうとしていましたが、Yさんの顔を見るなり、 [続きを読む]
  • ソロモンの偽証(韓国ドラマ)2017
  • 宮部みゆきのベストセラー小説を韓国で連続ドラマ化したヒューマンミステリー「太祖王建」「海神-ヘシン-」などの名プロデューサー、カン・イルスが演出。生徒たちの複雑な心理描写と緊迫感、そしてクライマックスに生まれる感動から目が離せない。■CASTキム・ヒョンス 「星から来たあなた」「朝鮮ガンマン」チャン・ドンユン 「学校2017(原題)」チョ・ジェヒョン 「鄭道傳 」「マスター・ククスの神〜復讐の果てに〜」ソ・ジ [続きを読む]
  • 「こだわりの 読みきかせ ごっこ」
  • 小学校2年生のJ君 この頃小学校では「読み聞かせ」の時間がありました。外から招いた方に本を読んでもらうのです。ある日の夜、「読み聞かせごっこ」が始まります。J君「読み聞かせごっこしよー」Yさん「どんなん?」J君「僕が先生やから、いつも先生が持ってる袋かしてー」Yさん「どんな袋?」J君「肩からかける 本が入るちょうどいい大きさの!」Yさんはいきなりの事で、どれがいいのかわからず、お家にあるありとあらゆる袋 [続きを読む]
  • 「オレって、なんの障害?」の続き
  • 前回の記事でJ君が障害についてYさんに質問をしてきました。そのことで、YさんもJ君に障害の事を話すようにされましたが、やはり友達との関係の事では心を痛められました。同級生からのJ君へのからかいに対して、YさんがJ君に話された内容です。字が汚いなど、からからいを受けた場合には、強くなって言い返せ!「障害じゃない!「自閉症」ってゆーねん!「障害」って言わんといて!」「みんなみたいに、きれいに書かれへんけど、 [続きを読む]
  • 「オレって、何の障害?」
  • 小学校生活も慣れてきた2年生の頃、少しずつクールダウンも身につきはじめ、段々と落ち着いてきたのですが、今度はお友達関係に悩まされていきます。J君は、支援学級に=ひかり に席があります。お友達から「お前、障害あるやろ?ひかりに行ってる子は障害あるねんでー、ひかりに行ってる子は障害やー!!」とからかわれるようになったそうです。それからのJ君はひかりに行くのを嫌がったり、「障害」という言葉に敏感になります [続きを読む]
  • 暴力と暴言の対処 その②
  • クールダウンを身に着けるために、親子で始まった「親子家庭学習」7月の初めごろは・・・中々 クールダウンする事に対してJ君自身が ピンとこず すんなりとは行きません。★宿題中 イライラしてきたなと思ったら、Yさんはさり気なくJ君に「そろそろ、リラックススペースに行く?それとも暴れちゃうの?シールどうする?」と、この様に声をかけられました。J君は渋々 リラックススペースへと移動ブツブツ文句を言いながらも、 [続きを読む]
  • 暴力と暴言の対処 その①
  • 小学校1年生の頃のJ君は、環境の変化に対応できず、不安定な事がかなり多く(ほぼ、毎日がパニック状態)怒りはすべてお母さんへの暴力と、暴言に繋がっていました。通院していた、専門医より 入院を勧められましたが、YさんはJ君と離れることは考えられず、先生に、入院以外で何とか、落ち着ける方法が無いのか?相談されました。そして「親子家庭学習」をする事になったそうです。1年生の夏休みを利用して、(7月、8月)こ [続きを読む]
  • 約束は絶対!だけど・・成長したね
  • 発達障害のおこさんには約束とパターンは絶対!を前に書かせて頂きましたが、今回はそこから1歩前進したJ君の様子です小学1年生 遊園地へ行く約束の日 この日は一緒に遊園地へ行くと約束した日でしたが、Yさんは 起きた時に体調の異変を感じておられました。熱を計ると、38度 それでもJ君は楽しみにしていたので、ハイテンション!Yさんは”行くしかない” と覚悟!しかし、頭は重く ふらふら状態だったためJ君にこう言 [続きを読む]
  • ほっこり笑えるエピソード集
  • 小学1年生のJ君 ある日の夕食での会話ですJ君「今日、先生が言っててん! 1月はいく(行く)、2月はにげる(逃げる)3月はさる(去る)やから、3学期はあっと言う間に終わるんやってー!でも・・サルって足早かったっけ?」「去る」を「サル」と勘違いしていたJ君でした。小学校2年生のJ君 歯医者での出来事歯医者さんに行ったら、椅子の頭の部分が少し下がりますよね。先生はその、下がっている部分にしっかりと 頭を置 [続きを読む]