えーぴー さん プロフィール

  •  
えーぴーさん: 切手買取のいろは
ハンドル名えーぴー さん
ブログタイトル切手買取のいろは
ブログURLhttp://xs9492.wp-x.jp/
サイト紹介文切手についてくわしく プレミア記念切手の価格はなぜ下がった?理由を考察
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 209日(平均0.4回/週) - 参加 2018/04/13 07:15

えーぴー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 切手コレクターにとっての処分時期とは
  • 切手収集は転換期に入っています。切手ブームの頃は投資用として買われました。自分の貯金、資産のためと買いに走ったのです。昔は株式投資はあったのですが、他の投資先は少なかったと言えます。一般の人にとって株を買うのは難しい所もありました。月に雁、見返り美人はコレクターにとっては高値の花でした。欲しくても買えない人が多くいたのです。20世紀後半ごろには復刻版のプレミア切手が発売されました。現代ではネット通販 [続きを読む]
  • 琉球切手買取比較
  • 琉球切手は昔の沖縄の切手。今の沖縄のものとは違って、セント、銭等古いものです。普通の切手ショップでは買取できないため、買取できる会社を比較しました。福ちゃん・郵送買取全国対応・手数料無料・専門査定員あり福ちゃんは切手から古銭、着物等総合買取会社です。古い琉球切手も買取対応します。買取価格に自信があり、切手の査定でも高水準。日本各地に店舗はありませんが、自社での販売ができるので査定額は高い傾向です。 [続きを読む]
  • 外国切手 買取比較 査定会社詳しく紹介
  • おたからや全国の都市部の駅前に出店中。郵送や出張も一部地域ではじめました。外国切手は中国をメインに買取しています。赤猿、オオパンダ、毛沢東シリーズなど高額なものは買取します。使用済みで消印のあるような外国の切手コレクションは応相談です。売れない種類も出るため、分類しておくといいでしょう。切手マルメイト公式ホームページを持っていて、宅配便での買取も対応します。ネット通販で珍しい切手を買うこともできま [続きを読む]
  • 記念切手 買取比較 査定会社詳しく紹介
  • 新橋スタンプ商会東京新橋に会社があり、札幌にも支店を出店しています。マスコミのTV出演が盛んで、切手の組合にも加盟しています。買取対応するものは日本、外国、古切手などで葉書や封筒などは応相談です。切手の販売をしているため、種類や知識に詳しいところがあります。ショーケースにレアな切手が入れられていて、店舗では切手コレクターの方も見られます。記念切手は価値の低いものも買取。プレミアが付くような明治時代、 [続きを読む]
  • SLシリーズ 記念切手詳細
  • ◆第1集 1974年11月26日20円D51型 C57型◆第2集 1975年2月25日20円C58型 D52型◆第3集 1975年4月3日20円8620型 C11型◆第4集 1975年5月15日20円9600型 C51型◆第5集 1975年6月10日20円7100型 150型記念切手のSLシリーズの買取価格は額面以下が多くなっています。SLシリーズ全種セット、台紙貼りやシート貼りなどは査定額がプラスされます。2万の連刷になりますが、バラにしても同じくらいの価格になるでしょう。記念切手 [続きを読む]
  • 戦後50年メモリアルシリーズ 昭和の名優たちの生きた証
  • 1996年、平成に入ってから戦後50年メモリアルシリーズは発行されました。・第1集日本国憲法発布サンフランシスコ平和条約締結沖縄復帰・第2集東京オリンピック日本万国博覧会・第3集高度経済成長(新幹線)家電と女性・第4集情報通信の発達環境と自然保護・第5集若き石原裕次郎俳優石原裕次郎悲しき口笛の美空ひばり歌う美空ひばり手塚治虫とキャラクター手塚治虫自画像とアトム戦後50年メモリアルシリーズは額面が50円ですが、や [続きを読む]
  • 記念切手の価値が低い 他より安いのはなぜか
  • 記念切手は行事や国のイベントなどで発行されます。貴重なものは100万枚以下。多いものでは1,000万枚以上あります。現在では額面割れしているのがほとんどのため、少し昔の記念切手でも額面以下の価格で買い取られます。昭和の記念切手、戦前のものは高いとされます。これは人気もあり希少価値もあるからです。コレクターでも種類や名称がわからないくらい、大量の記念切手が発行されました。もともと紙の郵便用切手。金貨やブラン [続きを読む]
  • アメリカ切手の価値が高くない理由とは
  • アメリカの切手は日本では数百円から数千円です。日本のプレミアは一枚でも1万円以上。この価格差はどこから来るのでしょうか。日本では海外のものが売れにくいところがあります。中国切手や、外国の切手です。美術の世界では朝鮮や中国、欧州のものが好まれますが、日本の愛好家は日本のものを好みます。日本の切手は国内では高額で取引されています。反対に、外国の切手はその国では高値で取引されます。もちろん高いものは日本 [続きを読む]
  • 東京五輪と切手の価格のこれから
  • 2020年には東京オリンピックが開催されます。2回目の記念イベントということで、スポーツ以外の部分でも盛り上がりをみせています。主役は選手であり、競技ですがお金と業界の事情が絡む問題でもあります。第1回目の東京五輪の時は、切手ブームが終わりになったころでした。プレミア切手が高値を付け、人々が手の届かない価格になる。株価でも最高値を付けた後は急落するものです。プレミア切手の価格は下がっていきました。元々高 [続きを読む]
  • 見返り美人はなぜ価値が暴落したか
  • 切手趣味週間はコレクターから一般の人まで人気がありました。有名作家の絵柄で額面もやや高い。普通の郵便用とは違った付加価値がありました。当時で5円の切手は今にすると100円以上にはなるでしょう。見返り美人の額面よりも、取引された金額です。発行枚数が約150万枚と少なかったのに対して買いたい人は多かったのです。記念切手は郵便用とは違って、記念品でもあり投資目的でもありました。記念としてよりもこれから価格が上 [続きを読む]
  • 過去の記事 …