kentore さん プロフィール

  •  
kentoreさん: 賢トレ
ハンドル名kentore さん
ブログタイトル賢トレ
ブログURLhttp://kentore-tradetobusiness.site/
サイト紹介文「稼げる」「儲かる」をキーワードにお金に関する情報を発信 FX 株式 為替
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 59日(平均5.7回/週) - 参加 2018/04/13 15:45

kentore さんのブログ記事

  • 今週の重要経済指標
  • 前回変動幅 前回 予想 (ドル円)6/1217:30 英国・ILO失業率 +4.0pips 4.2% 英国・雇用統計 +4.0pips 2.5%/3.12万件 (失業率/失業保険申請件数)18:00 ドイツ・ZEN景況感指数 -7.4pips -8.221:30 アメリカ・消費者物価指数 -24.2pips 0.2%/2.5%/0.1%/2.1% (前月比/前年比/コア・前月比/コア・前年比)6/1317:30 英国・ [続きを読む]
  • 為替相場はG7へ向け調整の動き
  • 今週はじめはイタリア政局の不透明感が一服し、リスクオンの流れとなり好調なドルでした。しかし7日からはG7サミットや米朝首脳会談、FOMCと重要イベントに備え、調整の動きとなっています。今年3月から鋼鉄アルミに25%の輸入関税をかけるなど過剰な保護主義に走っているトランプ米大統領ですが、G7サミットでもその強硬な姿勢は崩さないと見られています。マクロン仏大統領はこのトランプの通商政策を「覇権主義」と [続きを読む]
  • 5月度米雇用統計発表、利上げを後押しする結果に投資家たちの期待高まる
  • 好調な米経済を反映している雇用統計1日に発表された米雇用統計では、非農業部門の就業者数が前月比22万3000人増と予想を上回る伸びを見せました。予想では非農業部門雇用者数19万人、失業率は3.9%でしたが、今回の雇用統計の結果はそのどちらも上回る雇用者数は22.3万人、失業率は先月よりさらに0.1%低下し、2000年4月以来18年ぶりとなる低水準にまで回復しています。先月は振るわなかった賃金も1時 [続きを読む]
  • 米国の労働者不足、ベトナム戦争以来最低の水準となる恐れ
  • 米国の深刻な労働者不足アメリカでは、トラック輸送、建設、小売り、飲食、原油掘削、ハイテク、製造、ホテルなどの宿泊業など様々な業種で労働者確保が困難になっているようです。リーマンショク以降、1%〜2%の低インフレ率のもと9年間景気拡大を続けてきたアメリカですが、ベビーブーマーが引退していく中で、労働力不足はさらに深刻になると予想されます。5月の雇用統計にて発表された失業率は3.9%と17年来の低水準にあ [続きを読む]
  • 2018年も続く仮想通貨ブーム、ブロックチェーン関連銘柄をチェック
  • 拡大するブロックチェーン事業に新規参入する企業が殺到している昨年大きな盛り上がりを見せた「仮想通貨」でしたが、2018年もその勢いは止まりません。今年の5月に入ってからも大手企業が続々と新規参入や事業拡大を発表しています。【6177】AppBankiPhone・iPadの情報メディアを運営するAppBank株式会社が、6月中旬から仮想通貨配布プラットフォームの「@BLAST(アットブラスト)」の提供を開始するそうです。同サービスは、 [続きを読む]
  • 【日本株式】割安感のあるファナック(6954) いつが買い時?
  • 4月26日、ファナック(6954)は大幅減益見通しを発表し、一時14%安に迫る大暴落となってしまいました。現在の株価は23,685円と当然1カ月前と比べてかなり割安となっています。今期は減益となる予想ですが、今後もさらに大きく株価が下がるようなことになれば、逆張りの好機となり、買いに走る投資家も多いのではないかと予想しています。ファナックの株価はこれ以上大きく下がることはなく、今が買い時なのだと主張するアナリストも [続きを読む]
  • 今週の重要経済指標
  • 前回変動幅 前回 予想 (ドル円)5/809:00 中国・貿易収支 +5.9pips -298億元 1866億元10:30 豪・小売売上高(インフレ調整前) -9.9pips 0.9% 0.6% 豪・小売売上高 +2.7pips 0.6% 0.2%14:45 スイス・雇用統計 +0.5pips 2.9%/2.9% 2.9%/2.9% (失業率(季調前)/失業率(季調済))5/921:30 アメリ [続きを読む]
  • アメリカ経済、健全ではあるが過熱感はなし
  • 今月4日米労働省が4月の雇用統計を発表しました。非農業部門雇用者数は予想の19.2万人を下回り、結果は16.4万人失業率は、2000年12月以来17年4ヶ月ぶりとなる3.9%まで低下、先月比0.2ポイント改善しました。アメリカの失業率が大きく改善していることが明らかになった半面、今回の雇用統計で浮き彫りになったのが賃金の伸び悩みです。平均時給は前月比予想+0.3%に対して、結果は+0.1%に留まりました。予想を上回る数字を出せたの [続きを読む]
  • 【外国為替】雇用統計発表前、今後もドルは上昇を続けるのか
  • 今月2日に110円を付けたドル円でしたが、FOMCの内容は「利上げは据え置き、サプライズはなし」という市場の予想通りの結果であり、発表後はニューヨーク為替市場では110円を付けた達成感からか利益確定の売りが続出し大きく下落しています。その後は109円付近にサポートがある気配で本日正午過ぎに一旦109円を割り、その後は109円台前半を推移しています。足元が不透明で引き上げに手間取っている欧州中央銀行 [続きを読む]
  • ユーロやポンドなどほとんどの通貨が下落する中、ドルだけは堅調に推移
  • ポンド主導でドル高に、ドル円やユーロドルも追随ポンドドルは、ロンドン市場序盤は1.3750付近でのもみ合いでしたが、英PMIをきっかけにポンドドルは一時1.36台へと下落しました。4月の英製造業PMIが53.9と事前予想54.8を下回り、1年5ヶ月ぶりの低水準となったことでポンド売りに勢いがつきました。ポンド円は150円台半ばから下げ止まらず現在149円台前半で推移しています。5月10日には英MPC会合 [続きを読む]
  • 今週の重要経済指標
  • 4/3021:30 アメリカ・PCEデフレータ -0.9pips (1.8%/0.2%/ (2.1%/0.2%/ (PCEデフレータ/PCEコアデフレータ/PCEコアデフレータ)1.6%) 2.0%)23:00 アメリカ・中古住宅販売制約指数 -1.7pips 3.1% 0.5%5/113:30 豪・中銀政策金利 -3.6pips 1.50% 1.50%23:00 アメリカ・ISM製造業景気指数 +0.7pips 59.3 58.55/218:00 ユーロ・実質GDP(速報値)(前期比/ [続きを読む]
  • 予想通りの経済指標でも、市場は予想通りには動かない理由
  • ある経済指標の結果が市場の予想通りであった場合、つまりそれは織り込み済みの情報ということになるので、為替レートは発表される前同様の動きを続けると予想されますが、実際はそうではありません。経済指標が発表され、その結果は予想通りであったが、市場はそれに大きく反応し、今まで緩やかに上昇していた価格が急落し、逆に下降トレンドとなってしまう場合がよくあります。その理由は、今までその通貨の価格を経済指標への期 [続きを読む]
  • ファナック大幅安も日経平均は続伸
  • 大幅安のファナック19年3月期の連結営業利益を前期比33.9%減と、大幅減益見通しを発表したファナックの株価は寄り付き直後に前日比約14%下落し、終値でも同9.3%安となり、1銘柄で日経平均を約90円押し下げました。しかし崩れぬ日経平均あまりに悲観的なファナックの見通しにも、日経平均自体は続伸し、前日比94円24銭高の2万2413円85銭で終えました。ファナックショクが相場全体に波及しなかった原因 [続きを読む]
  • 【シストレ】MT5に標準搭載されているインディケータを解説②
  • 前回の続きですPrabolic SAR(パラボリック SAR)パラボリックSARは、トレンド相場を分析するために開発された指標です。上昇トレンドでは指標は価格の下に表示され、下降トレンドの時は価格の上に表示されます。価格がパラボリックSARに交差した場合、指標が転換して価格の反対側のより遠い値が表示されます。パラボリックSARは、決済タイミングを見出す指標として優秀です。下降しているラインが上昇している価格と接触 [続きを読む]
  • 【FX基本編】トレーダーが覚えておくべき3つの市場とその取引時間
  • 主要な3つの為替市場東京市場が取引全体の約5%、欧州市場が約40%、米国市場が約20%を占めています。市場の特徴と値動きの傾向東京市場(09:00~15:00)日本、香港、シンガポールを中心としたアジア圏での取引が活発となります。3大市場の中での最も取引量が少なく参加者も少ないため、経済指標に対する反応も小さく高値安値が限定的で大きなトレンドが発生しにくい所謂レンジ相場が多い時間帯となります。ゴトー日と呼ばれる [続きを読む]
  • 今週の重要経済指標
  • 前回変動幅 前回 予想4/2323:00 アメリカ・中古住宅販売件数 +3.5pips 554万件 556万件4/2410:30 豪・消費者物価指数(前月比/前年比/刈り込み平均・前期比/刈り込み平均・前年比/加重平均・ 前期比/加重平均・前年比) +3.5pips 0.6%/1.9%/0.4%/ 1.8%/0.4%/2.0%23:00 アメリカ・新築住宅販売件数 -4.4pips 61.8万件 6 [続きを読む]
  • 今週の重要経済指標
  • 前回変動幅 前回 予想4/2323:00 アメリカ・中古住宅販売件数 +3.5pips 554万件 556万件4/2410:30 豪・消費者物価指数(前月比/前年比/刈り込み平均・前期比/刈り込み平均・前年比/加重平均・ 前期比/加重平均・前年比) +3.5pips 0.6%/1.9%/0.4%/ 1.8%/0.4%/2.0%23:00 アメリカ・新築住宅販売件数 -4.4pips 61.8万件 6 [続きを読む]