系 さん プロフィール

  •  
系さん: スイス de 滑稽譚
ハンドル名系 さん
ブログタイトルスイス de 滑稽譚
ブログURLhttps://99tankei.blog.fc2.com
サイト紹介文ユーモアにプラスαを加えて綴る36年間のマイ・スイス暮らしの記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 215日(平均6.1回/週) - 参加 2018/04/14 10:44

系 さんのブログ記事

  • もう暫くはスマホの束縛から自由でありたい(^^;
  •     (今日の写真は隣り村の晩秋の風景)(こちらの日付の)明日14日は「またたび」に出ます。帰宅はかなり遅くなると思います。それはいいとして、ブログ仲間さんたちとコミュニケーションをとりながらブログを世界に発信していく上で、私にはマイナーな点がひとつあります(私の立場だけでみた場合は逆なんですが(^^;)。うちを一歩出てしまうと、私にはもうインターネットにつながる手段がなくなることです。これは旅に [続きを読む]
  • 偶然バスで乗り合わせた日本語名の老犬
  •      (先週の7日に撮影↑)********************************【消却するつもりだった記事なんですが、ステキな出会いだったので思い直し、記念にとっておくことにします。】                                 『偶然バスで乗り合わせた日本語名の老犬』昼食の時間にかかっていたせいか、市街地から村に帰るバスの中はガラ空きだった。私は4人掛けの席に座って、読みかけの文庫本に目を落 [続きを読む]
  • パスポート写真 「笑っていいとも」な国もあるんですって?
  •   (2016/11/15 GR州にて撮影)身分証明証の更新に写真が必要になったので2種類の表情写真を役所に持参した。「できればこちらを」唇の両端が上がっている微笑み写真を指差してお願いしてみたのだが、「いや〜、フラウ(ミセス)〇〇〇〇、笑っちゃダメなんですよ」と担当の男性に笑われてしまった。しょうがない。指名手配中のような仏頂面の方を提出した。それにしても、どうして爽やかに笑っている顔はハネられるのだろう [続きを読む]
  • 日本語の裏と表
  •    「ボクらには表も裏もないよ。今この瞬間があるだけさ」(ご近所さんちの猫)今日、古い雑記帳をめくっていたら、第一生命が募集した『サラリーマン川柳』の走り書きが出てきた。【電話口「何様ですか?」と聞く新人】実はこれ、笑わせてもらったあとに考え込んでしまったのだ。新人くんが電話口の相手に本気でこう尋ねたからこそ、そこに笑いが起きるわけだけど、しかしどうだろう。もしこの新人くんから、「私はきちんと『 [続きを読む]
  • 我が家だけの変わったトマトソース
  •   (「おらが村」にて)                    (日本では和食で通していたことは、既に別の記事でお話した。)そういうわけで私はスパゲティすら日本で食べたことがなかったのである。それが今じゃあ(夫に飼い慣らされてしまったんだろうな)好きになってしまった(笑)夫は出来合いのトマトソースや缶詰のトマトが好きではないので、トマトを煮るところから始めるわけだが、実はこちらの料理はトマトソース [続きを読む]
  • 村の色彩が刺激になって 今日は旅をしてきた
  •   今日は旅に出る予定などなかったのだが、昨日の「おらが村」の色彩に心を動かされて突然「旅心」が起きてしまった。でも行って正解。慌ただしい出発だったけれど、でも美しい秋の風景に心が洗われ、邪心が抜けて透明人間になって帰ってきた(笑)。あっ、そうそう。今日訪れたこの村は絹のベールのような薄霧に包まれていたので、方向によっては写真の風景がボヤケてみえる。決してデジカメのせいではない。けど、せっかくの霧 [続きを読む]
  • 緑と赤と黄 おらが村の色彩に興奮(^^;
  • 追記/これから半日の旅に出ます。帰りは夜になります。(こちら時間)9時55分記  今日バスの窓から見た森の色が、急に鮮やかになったようで慌てた。数日中には葉がかなり落ちてしまうかもしれないからだ。村の南側は撮影するなら今日か明日だな。そう思った。帰宅したのが(こちら時間の)14時15分頃。やっておくべき家事をアバウトに済ませると、デジカメを取り出し準備を始めた。で、外に飛び出したのが14時50分頃だ [続きを読む]
  • 交通事故で「失顔症」を発症した義母
  •     (去年の11月4日「おらが村」にて撮影)  「相貌失認」(失顔症)という聞きなれない障害のことを知ったのは、義母が交通事故で脳に損傷を受けたのがきっかけだった。義母は連れ合い(私にとっては義父)に先立たれて以来、田舎で一人暮らしをしていたのだが、健康状態はホームドクターのお墨付きで、細胞が飛び跳ねるのが見えると言われたくらい元気だった。その日もいつものように自転車で丘を越え草原を越えて、町の [続きを読む]
  • シクラメン花粉症
  • 私の旧ブログでは多くの人に読んでいただいた記事です。役立つ情報としてこちらにもアップしておきたいと思います。声を大にして言いたいのは、私のようなヘマさえしなければ、そう簡単にはシクラメンの花粉に反応するようなことはないと思います。    (撮影は去年の11月01日 朝霧の棚びくうちの村で)                    シクラメンと言えば世界中の人に愛されている冬の室内用の代表的な花です。 [続きを読む]
  • ひどいアレルギー
  •     撮影 2018/10/28(土)数日前からひどいアレルギーでヒーコラヒーコラ息しております。(^^;(←どんな状態に陥っていても私の脳内辞書にはこの笑っている絵文字しかないので、またこれを使います)。先ほど、仮の薬を薬剤師さんからゲットしてきました。うまくいくかいかないか、二つに一つ。丁が出るか半がでるか、試してみなきゃ分からない。って、これどっちがどっちなの?(^^;そんなわけで、今日は早めに記事 [続きを読む]
  • 欧州の約三分の二が冷蔵庫の中
  •       (トップとラストの写真は去年の11月30日に「おらが村」にて撮影)*****************ブログ仲間さんの一人から雨の心配をしていただきました。有難うございます。お陰さまで土曜日にはうちの村にも恵みの雨が降り、大地の草も森の木々もみんな一斉に「第九」の大合唱♪をしておりました(笑)。水分不足で衰弱ぎみの上にホコリをかぶって色あせていた葉っぱが、週末の雨でびっくりするほど色彩を取り戻しました。 [続きを読む]
  • イタリアの画家セガンティーニが愛した美しい村
  •   2015年の10月下旬。ちょうど今ごろの季節である。夫と一緒に旅をしたソーリオからの帰り道、バスを途中下車してマローヤに立ち寄った。マローヤはオーバーエンガディンの西の端っこにある小さな村。イタリアの画家セガンティーニが愛し暮らした村として有名だ。アルプスの絵を描かせたら彼の右に出る者はいないと言われるセガンティーニ。惜しむらくは、わずか41歳という若さで1899年にここで亡くなっている。写真の中の [続きを読む]
  • 女性が皆、美人に見えた 初めての日本訪問
  • ※今日から冬時間。日本の午前0時がスイスでは前日の午後4時になります。この時間までに帰宅するのはキツイ日が多くなると思います。よろしく)。    (今日の写真2枚は「おらが村」にて去年の晩秋に撮影)************************          『女性が皆、美人に見えた 初めての日本訪問』私の夫が初めて日本を訪れたのは、もう40年近くも前のことになる。それまでは東南アジアにしろ東アジアにしろ、アジア方面に [続きを読む]
  • 睡魔に脚を引きずり込まれながらも ブログの更新(z_z)
  •   (今日の↑トップとラスト↓の写真は、どちらも2015年10月25日隣り村にて撮影。この年の秋は駆け足でやってきました。)*****************************逆風も、逆から見れば順風だよね。これは10年ほど前の、或る企業のコピーライトです。こういう風にホンの少し視点を変えられる人って素敵だね。下はインターネットの大海に浮上していた名(迷)言。これ↓実に言い得て妙だと私は思うなぁ。(^^;女の恋は上書き式  男の [続きを読む]
  • 夫が作る「リンゴクーヘン」 形はイビツだが、味はグー(笑)
  •           「リンゴクーヘン」は、スイスのドイツ語圏では「Apfelwähe」(アップフェルヴェーエ)という名前でお馴染みだ。だけど日本では「リンゴヴェーエ」と言われても分かる人は少ないと思う(いないよね、きっと(^^;)。なので、ここでは「リンゴクーヘン」の名称で通すことにする。さて、そのリンゴクーヘンだが、この間の日曜日に20年ぶりに夫が作ってくれた。昔は秋になるとリンゴクーヘンばかり食べさせら [続きを読む]
  • あ〜無情、雨に降られたかったのに、振られてしまった。(^^;
  • ※初めて遊びに来て下さった方は、昨日の記事に目を通していただいてからの方が分かりやすいかと‥‥。(^^;    今朝、出かける時には灰色の紙をべったり貼り付けたような、思わせぶりタップリの空だったので、雨が降るのも時間の問題だろうと信じて疑わなかった。バス停でもバスの中でもチューリヒ市内を歩いていても、雨が気になって仕方がなかった。チラッと灰色の空を見上げては、今か今かと待ちわびた。そしたら午後、 [続きを読む]
  • カラカラ天気で息も絶え絶えの樹木の葉っぱ>おらが村
  •   (上の写真は、うちの近所の庭で去年の黄葉のピーク11月13日に撮影。今年は色づく前に、もう枯れかけている。)_____________今日水曜日はうちの村にも、やっと、本当にやっとのことで雨が、アルプスには雪が期待できそうだ。もちろん1日だけではとてもじゃないが、このカラカラ大地は潤せない。予報では今週の土・日も雨らしいので、本格的な雨になれば、これでうちの村の樹木も、ひと息つけるのではないかと思 [続きを読む]
  • 10/20の記事に寄せられたコメント
  •      (2017年10月22日 うちの村にて撮影) 10月20日の記事『‥‥私はしどろもどろ』に、ブログ仲間さんからコメントが寄せられました。コピーをして、こちらにも貼り付けさせてもらいます。         (2016年10月22日 近所の村にて撮影)系さん、そりゃ、しどろもどろ!私も似たような経験があります。日本人と結婚したウィーンっ子、このウィーンっ子のご家族と同席して結婚の経緯のお話になり、皆さん声を揃え [続きを読む]
  • おばあちゃんは日本人の私を避けている!と思いきや‥‥
  •       (2014/11/07 薄霧の中「おらが村」にて撮影)今日初めて(or 久しぶりに)このブログを訪ねて来て下さった方は、昨日の記事に目を通していただいてからの方が (?_?)←こうならず済むかと‥‥。昨日の記事はこちらです⇒「村の人から打ち明けられた愚痴に、しどろもどろ」                    (2018/09/23 撮影)今後バス停でおばあちゃんに会っても、私の方からはこの話を持ち出さないことにした [続きを読む]