系 さん プロフィール

  •  
系さん: スイス de 滑稽譚
ハンドル名系 さん
ブログタイトルスイス de 滑稽譚
ブログURLhttps://99tankei.blog.fc2.com
サイト紹介文ユーモアにプラスαを加えて綴る36年間のマイ・スイス暮らしの記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 72日(平均6.8回/週) - 参加 2018/04/14 10:44

系 さんのブログ記事

  • 雪解けの春と草花の夏が同時に訪れる2000mの峠(写真集)
  • オーバーアルプ峠に出かけて行ったのは先日の6月20日(水)。今日はそのときに撮影した写真を何枚かアップします。さすがに湖の氷はもう解けていましたけれど、雪はまだ少し残っていました。スイスの三大名花のうち、りんどうはあちこちの雑草の間から、青紫の花びらを遠慮がちにのぞかせていましたが、アルペンローゼはまだほとんどが蕾。7月に入るといっせいに満開になるでしょう。(今日の写真撮影はすべて2018年6月20日)   [続きを読む]
  • (こちらの日付で)今日はここまで変わった欧州の気温の色 
  •   一夜にして広い範囲で気温の色が変化した欧州。カメレオンも顔負けの変わりっぷりである。昨日の記事はこちら。うちの村では午前中はヤッケなしでは身震いするくらいの涼風が吹いていたが、直射日光は1年で最も高い領域から照りつけてくるので、足して2で割れば理想的な快適温度になる‥‥ってわけにはいかないか。(^^;                 6月22日(金)付けの無料新聞 『20minuten』より      [続きを読む]
  • トンビの幼鳥を見た場所で奇妙なものに遭遇
  • (今日の写真は1枚を除いて、すべて2018/06/17に撮影)************トンビの幼鳥を見たのは先週の(こちら時間の)木曜日。それ以来、ふとした拍子に思い出しては気になる日々が続いていた。《親鳥に会えただろうか?》 《ちゃんとエサにありつけているだろうか?》心配してもどうすることもできないじゃないか、と自分に言い聞かせても、やっぱりヒョンなことで思い出しては気を揉む。情が移ってしまったらしい。先 [続きを読む]
  • なかなか頭に入らない大麦、小麦、ライ麦の区別
  • (こちら時間の)15時過ぎに今日初めてPCを立ち上げニュースを読んで、びっくり。震源地は、めったに起きない場所だったとか‥‥。大阪には家族を始め、ブログ仲間さんや友人も住んでいます。大丈夫だったかな? 皆さん、お見舞い申し上げます。******************(たった今↑撮影)昨日、夫が農家から分けてもらってきた数本の小麦↑を見て、4年前のブログ記事を思い出しました。もう一度学習する意味でも [続きを読む]
  • 蚊に刺されやすいタイプ
  •   実は昨日の記事の最後に、蚊に刺されやすいタイプをテーマにしたNHK電子版サイトのリンクを貼る予定でした。チェックしてみると、残念、もうリンクが切れていたのです。もったいない。そこで、1年ほど前にそのNHKの記事を私の旧ブログでとりあげたことがあるので、それをみながらもう一度書き直してみます。____________________________        『蚊に刺されやすいタイプ』デング熱やら [続きを読む]
  • 温暖化でアルプスのこっち側にもやって来た蚊「タイガー」
  • (チューリヒ湖 撮影は今日)《昼間でもアタックしてくる行動的な蚊》《人を死に至らしめるウイルスの運び手としての蚊》こんなキャッチフレーズで、ここ数年夏が近づくたびにどこかの新聞が話題にする蚊「タイガー」。タイガーとはいかにも強そうな名前だけれど、日本語では子どもでも知っている「シマ蚊」のことだ(‥‥と思うが、百%の自信はない)。私も小さい頃は、田舎の山や森で仲間たちと転げ回って遊んでいたので、シマ [続きを読む]
  • こんな可愛いチビが草むらから飛び出してきた
  •   昨日の記事に書いた通り、あれからすぐに速歩ウオーキングに出発。うちを出て住宅街を30メートルほど北へ行くと、左手には↑上の写真のような風景が、そして右手には、これまで目にタコが(笑)できるほどお見せしてきた裏山が顔を出す(ただし上の写真は5月5日に撮影)。一本道のずっと向こうの草むらから何かが飛び出してきた。リス? いや、野ネズミかな?大急ぎで距離を縮めると、何とミランの幼鳥ではないか!ボケて [続きを読む]
  • 今年もクラシックな赤で決めたゲラニューム&欧州色分け気温図
  •    写真はホンの10分ほど前に撮影。好天が続くとどんどん花が湧き出て(^_-)-☆きます。最近ではゲラニュームの色や種類も増えて多様になってきました。ですが、うちではここ数年、昔ながらの、いわゆるクラシック・カラーの赤で決めています。このゲラニュームの花のお蔭で、蚊やハエもめったに入って来なくなりました。これ、ホント。v(^^)vでも結構、手入れがたいへん! これまでは夫が週末に手を入れてきましたが、これ [続きを読む]
  • ペットの多頭飼いは愛情の分配にご注意を
  • (スイス側のライン川)*************猫が菩薩のように穏やかな表情を何日も続けていたら、ウツ病が隠れているかもしれない‥‥というのが今日のテーマだ。古いファイルの整理をしていたら、プリントアウト用紙の間から新聞の切り抜きが出てきた。『三谷幸喜のありふれた生活』という題のエッセイだが、とにかく切り抜きなので、今となっては新聞社名が分からない。一時帰国の時に毎朝カフェーに立ち寄って読んでいた [続きを読む]
  • トラムの線路で腰を抜かしてしまった二人の高齢者
  • 【本文に入る前に】昨日の更新記事、テニス選手のフェデラーの「衣替え」の件は、ひとまずこっちに置いときます。多くの新聞社が記事にしてしまったものだから、フェデラーも慌てたようです。彼は「まだ決まっていない」と強調。まっ、彼がどっちに転んだとしても、これだけは確実です。私にもあなたにも契約金は入ってこないと(笑笑)。    ********************          『トラムの線路で腰 [続きを読む]
  • フェデラーが錦織と同じメーカーに「衣替え」?
  • 今朝は出先で用事を済ませた後、無料新聞を手にカフェーへ。ページをめくっていて、上↑のブログタイトルのような記事の内容に出合い、思わず「えっ!」と声を挙げてしまった。そう言えばフェデラーがナイキとの契約更新で、10年という長期にわたる契約を結んだのが2008年。あのときには、10年後にはもう引退しているであろうフェデラーの顔が浮かんできて、ナイキの気前の良さと度胸にはびっくりしたものだが、そこはド素 [続きを読む]
  • 少し大きくなったかな、ブログの文字
  •     (おらが村にて2013年6月16日撮影)ここ数日の舞台裏での奮闘が実を結び、文字が少しは大きくなったかなと思います。ブログを再開して2ヶ月弱。その間、小さくなった文字のことを気にしながら更新してきました。もし私がどこかのブログを訪問して、そこに蟻の行列のような文字が並んでいたとしたら、自分で大きさの調整を図ってみようとする前に、読む気が消沈してしまうのではないかと思います。それが分かっていな [続きを読む]
  • ランキング・バナーの取り付け一つに 丸一日!
  •               (一人旅 2013年6月7日撮影)今日の記事は2013/11/06に書いてボツにしてしまったエッセイです。一度、日の目を見させてやりたいと思います(笑)。****************ブログを開設して1週間あまり。まだまだ腰を据えて学習すべき「開設後の第一歩」が山のようにある。その第一歩をある程度消化し余裕ができてから家族や親戚縁者、悪友やら良友やらに知らせて読んでもらうつもり [続きを読む]
  • 欧州色分け気温図&写真は山の上の結婚式場
  • 私がいつも裏山と呼んでいる、ユートリベルク山頂に設けられた結婚式会場。眼下にはチューリヒ湖が、今日の写真には写っていないが、右手の方角にはアルプスの連なりが見える。1年のうちでも、6月はもっとも忙しい月だ。今日の写真(4枚)はすべて6月7日に撮影したもの‥‥ではあるのだけれど、今日写したのは「欧州色分け気温図」のみで、他の3枚の撮影年は2014年。下の写真は無料新聞『20minuten』より今日6月7日( [続きを読む]
  • 未だに問題多くてトホホホ状態 ついてなかった新PC
  • (2018年6月3日近所の村にて撮影)*******Sさまから右下のメールフォーム経由で、下のようなご意見を頂きました。【動物たちのフォト、楽しかった!です。字が小さくなってから、読むのに苦戦中(-_-;)】Sさまそうなんです。私は超が3つ付くくらいのPC音痴ですから、ブログの文字の大きさのことでは、ずっと頭を抱えてきたのです(苦笑)。以前と同じ大きさにすると、新PCでは上の行と下の行の文字が重なってしまって [続きを読む]
  • 動物のいる風景
  • 「あなたは だあれ?」(2018年6月3日撮影)                 砂漠の殿方よりも立派なおヒゲ!                        (2018年5月31日撮影)                                                僕は腹黒いネコじゃないのだ!                        (2018年5月20日撮影)1年前の薔薇の季節以 [続きを読む]
  • こんなに違うスイス・イタリア語圏の男たち
  • 今日の写真は全てスイス・イタリア語圏のBellinzonaにある古城にて撮影(2000年にユネスコ世界遺産に登録)*******************スイスのイタリア語圏を初めて一人で旅したのは、世界最長のゴッダルド・ベーストンネルがまだ開通していなかった時代である。当時の私は、スイスの中央を北から南へと走り抜けるゴッタルト線には、もう乗り慣れていた。ヴァッセン村周辺のループ線にお熱をあげて、ハートを焼き焦がしながら通い詰めて [続きを読む]
  • ふわふわ飛んでいるだけではなかった花粉
  • **************花粉は風に吹かれてただフワフワ飛んでいるだけだと思っていたのだが、どうやらそうじゃないらしい。(^^;先日のドイツ語版日刊紙で得た知識によると、雨が降る直前の花粉が一番量も多くて激しいんだそうな。多分日本では天気予報などで既に解説済みの花粉知識だと思うので、ご存知の方も多いかと。だけど私にとっては初耳だった。私と同じで、花粉知識がオクテの人へ(笑)。その日刊紙の記事によると、こういう [続きを読む]
  • かわいい天使に出逢った
  •   私は或る駅で列車を降りて、バス停に向かうところだった。駅からバス停までは歩いて数十メートルほどのキョリだが、その間には何軒かのこぢんまりした店が立ち並んでいる。そこを素通りしようとしたら、だれかに声をかけられた‥‥ような気がした。生まれたばかりの木々の葉のように、透き通った声だった。            あたりを見回してみた。あっ、光にくるまれた、かわいい天使がいた!私は店先のスタンドから天 [続きを読む]
  • 私のアウトドア花粉症
  •  このワラ自転車には ワラっちゃうね。(^^;    (2918/05/08 隣り村で撮影)************現在、私には2種類の花を抗原とする花粉症がある。ひとつはシクラメン。名付けてインドア花粉症。もう一つの抗原は牧草地の草なので、こちらはアウトドア花粉症と呼んで区別している。蛇足だが、牧草が私の花粉症の原因なのに、よくもまぁ、牧草だらけの村を引っ越し先に選んだものである(^^; さてご存知の方も多いと思うが [続きを読む]
  • おらが村の初夏の風景
  •  このワラ自転車には ワラっちゃうね。(^^;    (2918/05/08 隣り村で撮影)************現在、私には2種類の花を抗原とする花粉症がある。ひとつはシクラメン。名付けてインドア花粉症。もう一つの抗原は牧草地の草なので、こちらはアウトドア花粉症と呼んで区別している。蛇足だが、牧草が私の花粉症の原因なのに、よくもまぁ、牧草だらけの村を引っ越し先に選んだものである(^^; さてご存知の方も多いと思うが [続きを読む]
  • 街のカフェで足がつって動けなくなった 私の体験記
  •   (隣り村にて 2017/06/04撮影。尚、この↑写真は今日の記事とは関係ありません。)************昨日は本当に心臓に悪い日だった。チューリヒ市内にあるセルフサービスのカフェで、足が吊って動けなくなったのだ。寝起きに足が吊った経験なら、これまでにも何度かある。痛いよね。痛いんだけれど、無駄な抵抗はやめてそのままじっと耐えていれば、ものの1分 or 2分ですぐに元通りになる。少なくともこれまではそうだった。そ [続きを読む]