まいどッ! さん プロフィール

  •  
まいどッ!さん: アリ地獄へようこそ!
ハンドル名まいどッ! さん
ブログタイトルアリ地獄へようこそ!
ブログURLhttp://xjs1989.blog.fc2.com/
サイト紹介文車、持ち物、食べ物、ハマると怖い蟻地獄!蟻地獄にハマって抜け出せないおっさんの話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 13日(平均7.5回/週) - 参加 2018/04/14 11:33

まいどッ! さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 吉祥寺で死にかけた話
  • よく考えて観ると僕は生まれてこれまで、女性と一緒に街を歩いたことがない自分でも驚いた事に、よくカップル同士がする腕を組んで街をブラブラするデートというものをこれまで一度もしたことがない昨日、カミさんと吉祥寺に行こうという話になったでも吉祥寺って道が混んでるし駐車場代も高いしじゃぁ電車で行こう、ということですごく久しぶりに電車に乗っていく事になった駅までの道は樹々が生茂る散歩道のようになっているうち [続きを読む]
  • ジャガーオーナー、サラベスに集う(って迷惑をかける)
  • 大谷がアストロズ相手に投げている画像が流れて世界一の軍団をとか昨年のワールドチャンピオンをとか嬉しそうに言うけど世界一なのか?ワールドチャンピオンなのか?アメリカって国は本当に自己チューな国でこの国に少しでも住んでいたら分かるけど単純(バカ)な奴が多い過去にアメリカでアメリカ人と一緒に暮らしたことがあるが奴らの朝飯は、毎朝決まってスィリオー(シリアル)と言うドッグフードに似たカリカリに牛乳をかけて幼稚 [続きを読む]
  • 一宮の超絶モーニング体験記
  • カブキモノと呼ばれる人種がいる漢字では「傾奇者」と書くどういう人種なのかというと派手で人とは変わったことが好きな人実際にはもっといろんな解釈や表現があるけど簡単にいうとこういう人たちを傾奇者と呼ぶ織田信長などはこの代表選手で鷹狩りにおけるファッションや家来にさせた装束また、イタリア人宣教師から献上された黒人奴隷に弥助と名ずけて家臣にした話も有名そんな感じで現代ではフェラーリよりもランボルギーニ!み [続きを読む]
  • 名古屋 蓬莱軒のひつまぶし
  • お恥ずかしい事ですが僕は大人のくせに鰻に疎い関西の海のそばで生まれて育ったから鰻を食べるチャンスがあまりなかったし鰻ってのは“ゲテモノ”感があったような気がする高校から東京に住んでいるから鰻と知り合うチャンスも沢山あったんだろうけどフランス料理とかその方面に走ったから鰻とは疎遠のままだったそれに、僕のメシを食う時の習性は、まず酒ありき酒を飲みながら料理を楽しんだ後に飯(ご飯)で〆る酒でスタートしない [続きを読む]
  • 妻曰く「生まれ変わったら桜エビの釜飯になる」
  • こんなに美味しい釜飯は生まれて初めてだわ海がと富士山が見える由比の料理屋でカミさんが言ったそう言えば、釜飯で美味いのは少ないよね釜飯ってのはどちらかと言うと味よりもパフォーマンスを楽しむ物だから味云々を言い始めるとツッコミどころ満載だわなそれに米ってのは沢山炊く相乗効果で美味しくなるものだから少量で炊く釜飯に残念な奴が多いのもうなづけるけど、ほぼ60年近くを無益に生息し続けてきた我が愛すべきカミさん [続きを読む]
  • 次に生まれる時は桜エビに生まれようと決めた
  • 金曜日から結局一泊で帰ってきてしまったけど東京 → 静岡 → 名古屋 → 岐阜 → 東京 と約850kmのクルージングを楽しんで来た昼飯は由比で桜エビ晩飯は 名古屋でひつまぶし翌朝は 一宮でモーニング完璧な計画であります産地に行って地物と文化を味わうこれが最高なのよ!でも今回の旅の目的は食べる事ではなく土岐市在住の美濃焼の作家さんにお会いして僕の晩酌用の湯呑みと、結婚記念日の器をオーダーすることでも、せっかくだっ [続きを読む]
  • 器をオーダーする
  • ワガヤではどんなに高価な器でも普通に使うあっ、これはウソなぜならば、高価な器などウチにはないせいぜい高くても4〜5万が限度でウン10万円もするマイセンなんかはない象嵌が施された高級なサイドボードにバカラやマイセンを飾る風習はウチにはなく皿はキッチンの棚、酒はロイヤルサルートであってもキッチンのどこかその辺の日清小麦粉の隣に置いてある飾りっ気がないと言うとそれっきりだけど物には本来の役目があるんだと僕の [続きを読む]
  • 逆にコピーじゃないと馬鹿にされる時計
  • 以前、香港に寄って暇があったから電車で中国へ行った「一度は中国と言うあまり好きじゃない国の土地も踏んでみたい」みたいな事をカウロンのバーで隣り合わせた白人と話していたら「だったら電車で中国へ行けるよ」と教えてくれたので早速翌日教わった通り電車に乗って深圳(シンセン)という街まで行ってみた電車を降りた駅前にデカいビルがあって。。っと、その前にイミングレーションではショットガン(?)持った中国兵がいるそん [続きを読む]
  • ドスコイ、女市長!
  • 常日頃から僕は男と女は違う別の生き物だと思っているから土俵に女性が上がれないとか歌舞伎がホモの。。いや、男ばかりだからとか今まで深刻に考えた事がないもちろん今だって深刻に考えていないけどこの前宝塚の女市長が土俵の脇で女性が土俵に上がれないのは悲しいです悔しいですこういうの見るとあぁ、女って愚かだなぁと思うのですが、気にしないで下さいねそもそも、何故そこまで土俵に上がりたいのか仕来りで女性が上がれな [続きを読む]
  • キャンピングカーってのは究極のインドアなんですよ
  • 静岡の由比で桜エビの漁が始まって今年は例年になく豊漁だってニュースで報じていたこういうニュースを聞くとソワソワしてくる我が家には山の物は山で、海の物は海でという鉄の掟が存在するちなみに座右の銘は一番のご馳走は旬の物要約すると旬の食べ物を求めて産地へ出向て行って食べるというシンプルな行動というだけのお話新蕎麦を食べに戸隠に行き、金目鯛を求めて伊豆を彷徨い喜多方ラーメンは喜多方で食べ、アオリイカは能都 [続きを読む]
  • 英語が喋れるからって、それがなに?
  • ちっとも自慢にならないレベルなんですけど僕はカタコトの英語が話せます映画を見る時は、スーパーと言葉を比べて見ます「な〜るほど、こう言う訳し方か」みたいな。。カミさんは学生時代、英語は常に満点で5段階評価でいつも⑤こないだの夕食の時英会話の話になったんですねウチの夫婦は食事の時にいろんな話をします政治ネタ、外交ネタ、食べ物ネタ、車ネタ(これは僕の独壇場)食事もこんな感じでエセ会席料理みたいに出てくるし [続きを読む]
  • ロールスロイス初めて物語
  • 初めての海外旅行は中学2年だから1967年かなジイさんとバアさんと妹との4人で行った香港が僕の最初の海外だったあの当時からペニンシュラは客の送迎にロールスロイスを使っていて空港からホテルまでロールスロイスで連れて行ってくれたへぇ〜、これがロールスロイスなんだこの前、東京のペニンシュラにずいぶん古色蒼然としたロールスロイスファントムが止まって(飾って)いたけどきっとあれと同じモデルだったんだろうと思うお袋の [続きを読む]
  • ハンバーグの妙技
  • 昨夜のハンバーグは美味かったなぁいかにも「家庭料理」と言う風情の極めて垢抜けないところが感じ良し!結婚する前、付き合っていた彼女が一人暮らしの僕のためにハンバーグを作って冷凍しておいてくれたが、これが美味くないハンバーグと言うよりもつくねに近い”固形物“を煮込みにしていたがいつも独特な香りを含んでいたどうもその香りに違和感を感じてはっきり言って美味いとは思えなかったけど僕は人が作った料理に対しては [続きを読む]
  • 蟻地獄へようこそ!
  • 【ご挨拶 】このブログは言いたい放題の不躾なブログです「日本一感じ悪いブログ」「日本一嫌いなブログ」と言われることを覚悟しております人を蔑んだり人種差別などは普通に行われますつきましては、ガマンして読める方のみお付き合いいただきたいと思っております勝手ながらよろしくお願いいたしますさて、始めます世の中に「ハマる」と言う言葉があります酒にハマる、ギャンブルにハマる、女にハマる。。などなどハマることで [続きを読む]
  • 過去の記事 …