にとわ さん プロフィール

  •  
にとわさん: 双極性障害の日々
ハンドル名にとわ さん
ブログタイトル双極性障害の日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/nitowa/
サイト紹介文双極性障害と天疱瘡と過敏性腸症候群と子宮内膜症をもっている主婦ときどき仕事人のゆるーいブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 13日(平均12.4回/週) - 参加 2018/04/14 12:09

にとわ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2日でワンパッケージ2日目(地獄篇)
  • さて、昨日、わんこへの愛のパワーでウルトラCをやらかした私。 鬱期にもかかわらず勢いで全てを乗り切り、病院から帰宅後はわんこを連れて外でウンをさせ、その後、馬車馬と化して夜まで仕事漬け。 …明けて今朝。 起きた瞬間から、遠足の帰りか!と思うような全身倦怠感。体中の筋肉(ついでに脳内にも)乳酸が溜まっているのでは?と思わせるような、あの重ダル感。 動きません。頭も体も。 これはダメです。本格的にダメな気がし [続きを読む]
  • 13日ぶりに外出、13日ぶりに他人と会話w
  • 今日まで一応皆勤賞だった私のブログですが、昨日はお休みいたしました。 原因はといいますと、ウチの犬がちょっと足をくじいたからなのでございます。ドラマチックさのカケラもない、ちっこい理由ですんません。 それは昨晩の8時過ぎのこと。 夜の食卓の周囲を、いつもながらに(←しつけできてないんです。はい)ぴょんぴょこ跳ね回るわんこ。もちろん目的はごはんのオカズをせしめること。特に昨日は棒棒鶏があったので、トリさん [続きを読む]
  • 辛い同窓会通知
  • 今日は(も)昼間はほとんど横になって、犬と密着しつつ、ごろごして過ごしていました。 軽躁の、あの元気がほしい。ちょっとくらい散財したっていいじゃん、ちょっとくらい失言したっていいじゃん。鬱より絶対躁の方がラクで、ずーっとずーっと生きてる感じがします。II型の私の場合ですが。 さて、そんな時も時。同窓会の通知が来ましたよ。もちろん、こんな時期の私に同窓会などムリムリ。(心の中で幹事に詫びつつ)迷わず欠席にマ [続きを読む]
  • 炭水化物クレイジー
  • 以前にも書いたと思うが、私は昨年1年で突如として体重増加が始まり、結果として10kgの体重増となってしまった。 毎日1時間、犬の散歩はちょっと息が切れるくらいのペースで続けている。 体力ない&世間の目が時として気になりすぎる自分には、これ以上のウォーキングなどの運動は無理。 ということで、採用しているのがゆるめの炭水化物制限である。 炭水化物を採るのは、朝食の時のみ(時々、昼食にも採用)、として、あとは、お肉 [続きを読む]
  • 精神科クリニックあるある
  • 今日は、精神科あるあるについて書いてみたい。 私は、双極性障害なので、鬱と躁の両方の状態を身をもって知っている。 そんな私の視点から、まず、 仕方ないことだけど、鬱の時、躁(あるいは別の病気かもしれませんが)と思われる人と待合室で一緒になることほど辛いことはない。受付の人をつかまえていつまでも元気いっぱい身の上話など話している。我が脳への暴力かと思う時がある。ホントに仕方ないことなんだけど、これは辛い [続きを読む]
  • 鬱期の仕事
  • 私は、不定期で在宅系の仕事をしています。 仕事はいつ入るのか分かりません。そして入ったが最後、厳しい期限を定められ、その日まで馬車馬のごとく働かなければならないのです。 私のような病気の者にとっては、けっこうキツい環境だと思います。 さて、来週3日ほど(こんなに早く予定が決まること自体、珍しい。いつもはもっとギリギリになって入ってくるのです)、仕事の予定が決まりました。 実は、こんな風にブログを書いてい [続きを読む]
  • 母と私
  • 私は、子供のころ、母親に抱きしめられた記憶がない。というか、実際に抱きしめられてないんだと思う(さすがに乳児の時には抱っこしてくれたと思うのだが)。 楽しく手を繋いで歩いた記憶もない(風邪ひいて病院にいくのに「ほらっ!いくよ!!」と手を強くひっぱられたりはある)。 私は、小学校2年で祖母が亡くなるまで、生活のほとんどを父方の祖母によってお世話されて育ったのだ。 母には母の事情があったと、今なら推察できる。 [続きを読む]
  • 今日はダメダメの日
  • 私の住む地方では、夜中にYahooから豪雨予報が届くほどひどく雨が降った模様。 その雨は朝も続き、お昼になるまで雨音が途切れることはありませんでした。 こんな日は朝から不調です。 起きた瞬間に自分でも分かるあの絶望感。 「あーまた朝が来てしまった」(心身とも激重…) 鬱特有の、アレです。 この鬱モードは、午後になって雨が止んで、犬の散歩に出たらいくぶん和らぎました。気象に左右されますよねー、精神の病は。いまか [続きを読む]
  • シアワセの感度
  • こんばんわ。 さて、昨晩はヘンな時間にブログ更新しておりましたが、やっぱり眠れませんでした。 アルコールが良好な睡眠のさまたげになる(さらには薬の代謝も阻害する)と、どっかで聞いたことはあったのですが、途中覚醒しちゃったときにちょっと飲むと眠れる、という話もあり、誘惑に負けてトライしてみたのですが見事玉砕でした。 眠れないとダメですねー。翌日一日、体調がわるいです。逆に夜の睡眠がいいと、翌日一日の元気 [続きを読む]
  • 眠れないのでワインを少々...
  • 担当の先生が読んだら眉をしかめることでしょう。 でもお薬を飲んで1時間半、全然眠気が来ないのです。 こんな時はルールを破ってワインを少々…頂き物のおいしいベーコンをおつまみに。 たぶん眠りの質は落ちるでしょう。でも永遠に入眠できないよりよっぽどまし。 時には例外を作ること。四角四面では精神が持ちません! これがたくさんの病気と長く気楽に付き合っていくための「コツ」だと最近思うようになりました。 今、動物 [続きを読む]
  • アニマルセラピー
  • ブログを書こうとPCの前に座ったらば、うちの甘えたの犬(←いいやつ)が、私のパソコンチェアにぐいぐいと割り込んできまして、ついにはそこで丸くなってしまったので(私の体にとにかく密着したいらしい)、現在、半ケツ状態でブログを書いております。 腰がいたいです。 ちなみにこの犬は中型犬…狭いっつーの! この犬は甘えたですが、(いつも書くけど)ホントいいやつです。 私が鬱で寝たきりの時、何度も何度も自分の水飲み場へ行 [続きを読む]
  • 美容院が怖い
  • 読んで字の如し、でございます。 私は「美容院が怖い」のです。 メンタルヘルス系の病をもっていらっしゃる方でも、『入浴』と同様、ここは意見の分かれるところらしく、「全然ヘーキ、むしろ気分転換」。という方もいれば、「何年も行っていません」系の方もいらっしゃる。 私はと言えば、美容院は実は子供の頃から苦手でした(子供の頃はなぜか床屋に行かされれていたのだけど)。 まず、「今日はどうされますか〜?」と知人でもな [続きを読む]
  • 2日でワンパッケージ
  • 1日出かけると(それが例えバスで15分のクリニックでも)、翌日はグッタリ、使い物にならなくなる私。 これは双極性障害のせいなのでしょうかね?みなさんはどうですか? 少なくともこれまで読んだ双極性障害当事者のコミックエッセイ(「私は働くうつウーマン」by 安部 結貴/大葉 リビ 、「完治の幻想を捨てきれない病」byひろのはこ)では、私と同じ病に悩む作者さんたちが、1日普通の人と同じように動くと翌日(もしくは+翌々日)は体 [続きを読む]
  • セルフカウンセリング
  • このところ鬱気味だというのに筆(というのか?キータッチと言えばいいのか??)が止まらない、止まらない。それも主に双極性障害のことばっかし。 私は普段から自分の不調を周囲の人には言わない方だ。せいぜい夫と、たまたま親しい人から連絡があれば、そのタイミングで「ちょっと落ちているかもしれん…」ぐらいは言う。でもそれ以上は言わない。 詳しくこれれしかじかで…なんて詳細にわたり説明した挙句、「誰でもそういうのっ [続きを読む]
  • てんこもり
  • 朝 10種昼 3種夜 7種寝る前 4種 これが私が毎日飲んでる薬です。 おかげさまで肝臓の値は今のところ悪くない(基本的に飲酒しないのも関係あるのかも?時々ナイショで飲んでるケドね)。 でも、やたら薬が残りやすかったり(眠剤の眠気が一日残ったり)、逆に全然効かなかったりするのは、毎日飲む薬が多すぎで薬の代謝が悪くなっている為ではないのだろか? 知らない間に薬同士の作用が拮抗したり、逆に相手の作用を強めたりして [続きを読む]
  • 医者の失言
  • 私の双極性障害は、発症自体は10代半ばであった(らしい)が、診断がついたのはつい2年ほど前のことでありました。 毎日カベに向かって涙している自分をさすがにオカシイと思い、思い切って精神科の門を叩いた(門なかったけど。ビル内のクリニックだし)のがたぶん3年前。 最初は鬱病という診断だったので、いろいろな抗鬱剤(SSRIやらSNRIやら)を試してみるもこれといった効果は見られず、アレジャナイコレジャナイと「合う薬」を探し [続きを読む]
  • 希死念慮
  • 前にも書いたけど、私の双極性障害の発症は16歳時、鬱エピソードではじまった。 なにがきっかけだったのか分からない。思いつくことといえば、その年の春、長く共に暮らした飼い猫を亡くしたこと。 愛猫の死を前に、当時は一回も泣けなかった(大人になってから泣けるようになった)。自分にとって大事な大事な命の死を、正面から受け止めきれないまま、日常に戻っていったことがいけなかったのだろうか。 気が付くと、毎日学校の帰 [続きを読む]
  • わんおわんお
  • さて。今から犬の散歩にいってまいります。普通のおりこうちゃんなワンちゃんは、4時か5時ごろが夕方のお散歩タイム、ですよね? しかしうちのかっとびワンこは、今までに2度、散歩中に他のわんころに噛まれてしまったことがあり、すっかりわんこ恐怖症に。 それからというもの、散歩中に他のワンこさんに遭遇すると、必死のパッチでわんおわんお!してしまうようになってしまいました。夫が散歩させるときには、わんおわんお!は [続きを読む]
  • 楽天の偽メールキター!
  • 先ほど、購入した覚えのない品物について楽天からメールが来て、びっくり。ついにパスワード盗まれたかー!とアタマ真っ白。 どうみてもどっから見ても楽天からのいつもの購入確認メールなので、まさか偽メールとはしばらく気づかず。 しかーし、品物の送付先住所(ポスワード盗んで私のアカウントで買い物したのだとしたら、その盗人の住所ということになる)を、もしやとGoogle先生で検索してみるや…同じ被害にあった方、つまり「 [続きを読む]
  • II型です
  • 双極性障害のブログなので一応書いておくと、私の双極性障害はII型です。II型の定義は、簡単に言えば躁と鬱の波の大きさがI型より小さいもの、ということらしい。でもI型よりII型の方が楽なのか、と言えば、私はそうではないと思う。 II型は、II型ゆえに社会になんとなく混じって生きていくことができ、周囲の人には病気とは気付かれにくい側面がある。躁と鬱の波は本人にははっきりと意識できるレベルのもので、どちらもそれなり [続きを読む]
  • フト思うに…
  • 鬱期と言いながらブログなどはじめてしまったのは、先生がかつて言っていた「混合状態」というやつなのだろうか。それとも、鬱期を抜けて躁転し始めているのだろうか。自分では後者のような気がする…。こうなるとラピッドサイクラーだなもう。 ちょっとした用事があって、本当ならもうお風呂に入っている時間なのだけど、PC前待機を強いられているので、もうちょっと書く(…という辺り、すなわち文章が長く長く長くなる)がいかに [続きを読む]
  • いったい何のために…
  • 書くのか自分でもわかりませんが、いくつかの病気をもっている私の、(普通の人よりは動けない、ゆえに変化のすくない)つまらない日常を綴ってゆきたいです。 こんなブログ書いて何の意味があるのかな。とも思いつつ。 最近、双極性障害(昔でいう「躁うつ病」)の鬱期に入ったらしく、重い、暗い、朝が来るのが辛い日々が続いています。私の明日はいずこ…。 こんな時は、あらゆる刺激が毒になります。光、音、街の雑踏、などなど。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …