fxdondon さん プロフィール

  •  
fxdondonさん: FXDONDON  PRESENTS
ハンドル名fxdondon さん
ブログタイトルFXDONDON PRESENTS
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/max856482
サイト紹介文世界の政治・経済・財政を考察し、外国為替相場を捉えていきます。
自由文2018年、2019年はブレグジットによるGBP下落を見込んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供955回 / 188日(平均35.6回/週) - 参加 2018/04/14 12:41

fxdondon さんのブログ記事

  • 強気派JPモルガン・チェースは人民元安予想
  • 米中貿易協議再開の見通しがほとんど立たない中、緊張の高まりに伴い中国からの全輸入品への米関税が引き上げられ、人民元相場は対ドルで過去10年余りの安値に落ち込むと米銀JPモルガン・チェースは予想している。ジョン・ノーマンド氏らストラテジストのリポートによると、同行は米国が2019年に全ての中国製品に25%の関税を賦課するに至ると想定する新たな基本シナリオを採用。中国の刺激策などが寄与し、米中両国の成 [続きを読む]
  • 米国経済の高成長の裏にスポ−ツ賭博合法化あり
  • 米国のスポーツ産業の市場規模は4961億ドル(約55兆円、2016年)と推測されていますが、実は少なくともその約3割に当たる約1500億ドル(約16兆5000億円)は違法スポーツ賭博が占めています。違法だけに正確な実態がつかめず、実際はその何倍もの市場があるのではないかとも言われています。2018年5月14日、米最高裁が全米の州にスポーツ賭博の解禁を認める判決を下した。米国ビジネス界には朗報であり、早速カジノ業界の株価が急騰 [続きを読む]
  • カナダ 大麻(マリファナ)ビジネス拡大
  • 【ニューヨーク共同】カナダは17日、嗜好品としての大麻所持・使用を合法化した。大麻は日本では違法薬物だが、医療用に限り解禁していたカナダでは密売組織を通じて娯楽用も広く流通していた。トルドー政権は密売をなくすことにより、未成年者の入手を難しくする狙いがあると説明している。大麻使用を国家として合法化するのは南米ウルグアイに続き2カ国目で、先進7カ国(G7)では初めて。AP通信の集計によると、娯楽用の大麻を扱 [続きを読む]
  • 英消費者物価は低下
  • 英国の消費者物価指数(cpi)は低下。市場予想も下回る。対前年比 2.4% 市場予想 2.6%英国の小売物価指数も低下。対前年比 3.3%  市場予想 3.4%英国の生産者物価指数(ppi)は上昇。対前年比 2.4%  市場予想 2.3%英国の小売物価指数(rpi)は低下。対前年比 3.3%  市場予想 3.4%尚、生産者(企業等)の仕入価格は高い伸びが続き、出荷価格は伸び悩む状況が続く。英国企業の苦境、貿易赤字はうなづける。英国 [続きを読む]
  • 市場はサプライズ待ち?
  • あまり世間を騒がすニュ−スもなく、相場は穏やかな動き。欧州連合(EU)と英国の離脱交渉について、EUのバルニエ首席交渉官は16日、英国が離脱する来年3月までに条約を準備するためには、交渉の最終的な合意期限が12月になるとEU加盟各国に通達した。 バルニエ交渉官は主に11月中に進展が得られ、離脱前に英国とEUの議会が批准することを望むとしている。 当初は10月の合意を目指し、その後は11月としていたが [続きを読む]
  • 高まるハードブレグジット危機
  • ロイター英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)問題でメイ英首相が自身の離脱案見直し圧力を受けている。EU加盟国アイルランドと英領北アイルランドの国境問題を巡る週末の協議が不調だったためだ。来年3月の離脱まで半年を切るなか、今週17─18日にEU首脳会議が開催される。英、EU双方はそこで、離脱交渉の進展を目指している。しかし、現段階で、意見の隔たりは埋まっていない。アイルランドのコベニー外相は、 [続きを読む]
  • かつて全米一の売り上げを記録した 小売大手シアーズが経営破綻
  • かつて全米一の売り上げを記録した米国の小売大手シアーズ・ホールディングスが15日、資金繰りに行き詰まり、経営破綻しました。アマゾンなど、ネット通販が普及する中、実店舗を持つ小売企業は次々と窮地に陥っています。発表によりますと、シアーズ・ホールディングスは15日、日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条の適用を裁判所に申請し、経営破綻しました。シアーズは全米を代表するデパートの一つで、1970年代から80年代に [続きを読む]
  • 一帯一路ショックが今後起きるかどうか
  • ロイター東京株式市場で日経平均は大幅反落となった。前週末にムニューシン米財務長官が日本にも為替条項を求める意向を示し、朝方からリスク回避的な売りが先行。安値圏で押し目買いが入り下げ渋る場面もあったものの、大引けにかけて下げ幅を拡大した。ムニューシン米財務長官の発言で、早ければ今晩にも公表される米財務省の為替報告書に注目が集まっている。今後の円高リスクが警戒され、自動車株は軟調に推移。トヨタ自動車、 [続きを読む]
  • ポンド安が刺激にならない英国経済
  • Financial Times過去70年間にわたり、英国は通貨切り下げの達人だった。自国通貨切り下げにおける英国の成績は世界一流だった。経済動向の実績は、これに見合うものになっていない。この70年間を見ると、主要7カ国(G7)の中で1人当たりの国内総生産(GDP)成長率が英国より低かったのはカナダだけだ。もっと最近では、例えば1999年のユーロ誕生以降、英国の生活水準の向上ペースは単一通貨に加盟する平均的な国を若干下回っている [続きを読む]
  • 米貿易赤字解消の施策 軍事兵器の売却急増
  • (CNN) 兵器などの海外売り込みを担う米国防安全保障協力局(DSCA)は10日、今年の同盟国やパートナー諸国に対する兵器売却額は約557億ドル(約6兆2384億円)と前年比で33%増を記録し、年間の全体額としては12年以降では最高水準になったと報告した。昨年は約420億ドルで、12年は690億ドル以上だった。今年の増加は、トランプ米政権が打ち出した軍事装備品の輸出規制の緩和が一因。米国の兵器産業 [続きを読む]
  • 英国離脱交渉で移行期間延長を検討
  • ブルームバーグ英国のEU離脱交渉は、アイルランド島の国境の将来的な扱いと、この国境に税関検査や入国管理などのハードボーダー(物理的な壁)を設けないための措置を定めるいわゆるバックストップ条項を巡って袋小路に陥っている。これまで提案されたバックストップ条項は、メイ英首相を閣外から支える北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)にとってほぼ受け入れ不可能だった。新たな提案は、英国のEU離脱翌日から [続きを読む]
  • 米政府 円安阻止を迫る
  • 米国のムニューシン財務長官は、今後進める日本との貿易協定の交渉で、輸出を増やすために為替相場を意図的に円安に誘導するのを防ぐ仕組みの導入を求める考えを示しました。インドネシアで開かれたG20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議に出席したムニューシン財務長官は13日、現地で会見しました。この中で、ムニューシン長官は、米国が各国と進める貿易交渉について「米国の目的は、あらゆる国との貿易協定に為替に関する [続きを読む]
  • バルチック海運指数とNYダウ
  • バルチック海運指数とNYダウの推移ラインが昨日の時点でクロス。個人的に参考としているのが、NYダウ24,000ドル時に、バルチック海運指数1,200と均衡しているかどうかです。今回、個人的に想定していた通り、NYダウが急落して海運指数とクロスを迎えました。海運指数は実体経済を表し、NYダウはバブル度を表す。つまり、海運指数をNYダウが上回れば、株の買われ過ぎ、つまり株式バブル状態であると考えることができます [続きを読む]
  • 円高相場
  • 米国の10月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は99.0と、上昇予想に反して9月100.1から低下した。FOMCがインフレ期待指数の指針として注目している同指数の1年期待インフレ率速報値は2.8%と、9月2.7%から上昇。一方、5-10年期待インフレ率速報値は2.3%と、9月2.5%から低下した。結果は予想を下回ったものの依然高水準を維持しているため、ドルは対円以外では底堅い。ムニューシン米財務長官は12日、中国人民銀行(中央銀行 [続きを読む]
  • 株高?ゴールド高?
  • UBS  米国株の急落は買いの好機ブルームバーグ米国株の今週の急落で買いの好機が生じているとUBSは指摘する。経済のファンダメンタルズが依然として良好とみられることが理由だという。S&P500種株価指数は過去6営業日で6.7%下落。MSCI世界指数はこの期間に6.3%下げたが、12日はやや持ち直している。UBSのジェーソン・ドラホ氏らアナリストはリポートで、「強気相場は依然として損なわれていない」と指摘。「 [続きを読む]
  • 米国 1994年ぶりに中国を「為替操作国」と認定か
  • 米財務省は為替報告書の発表の中で、1994年ぶりに中国を「為替操作国」と認定する可能性があり、中国人民元が下落するとの懸念が広がっている。米ウォール街は、米財務省が今月発表する半期に一度の為替報告書で、中国を為替操作国に認定する事態に備えている。長期金利上昇が高リスク資産価格を既に圧迫する中で、認定となれば米中両国の通商対立がエスカレートすると警戒する。人民元はこの半年間に対ドルで9%強下落し、中国が [続きを読む]
  • この株安相場での勝ち組と負け組
  • 今週に入り、大きく下落した株価。株を売り持ち(ショ−ト)にして大儲けできた取引参加者は誰でしょうか?日経225先物の建玉残高の例で観てみましょう。日経225先物取引日:〜2018年10月05日 限月:18−12(勝ち組 売り持ち組)ゴールドマン・サックス証券 -27344枚 HSBC・ジャパン -20073枚野村證券 -19415枚SMBC日興証券 -13916枚ナティクシス日本証券 -12777枚みずほ証券 -7519枚他、三菱UF [続きを読む]
  • 豪中銀総裁 「豪ドル安を歓迎」
  • ロイターオーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)のロウ総裁は11日、米国の金利上昇について、豪ドルの対米ドルでの下落を可能にしたことから、歓迎すると述べた。 ロウ総裁は「オーストラリアの観点からすれば、われわれは数年にわたり波及的な影響を求めてきた。米国が正常化する状況にないことに長年不満を感じてきた」と語った。 「(オーストラリアにとって)波及的な影響があるのであれば、それはポジティブなものだ」 [続きを読む]
  • GBP/AUD
  • GBP/AUDは、オ−ジ−がかなり弱い展開。とは言え、GBPの売値平均を1.85にしたので、そのうち利益確定にできるものと思っていますが。その他のポジションでは、USD/JPY  含み益 (ドル売り円買い)GBP/JPY  含み損 (ポンド売り円買い)SEK/JPY  含み益 (スウェ−デンクロ−ナ売り円買い)NZD/CAD  含み損 (カナダドル売りキウイ買い)GBP/CAD  含み益 (ポンド売りカ [続きを読む]