勇者魂 さん プロフィール

  •  
勇者魂さん: 勇者の魂は西北に眠る
ハンドル名勇者魂 さん
ブログタイトル勇者の魂は西北に眠る
ブログURLhttps://ameblo.jp/braves-spirits/
サイト紹介文今はなき阪急ブレーブスと西宮球場を懐かしみつつ、後継球団オリックス・バファローズを応援するブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 209日(平均6.1回/週) - 参加 2018/04/14 16:22

勇者魂 さんのブログ記事

  • 浅村争奪戦!一方、西、金子は・・・
  •  11月5日にFAが解禁されました。ここでは、バファローズ関連について書き連ねたいと思います。 1.浅村栄斗(ライオンズ) 西武・浅村がFA表明「他球団の評価聞きたい」 球団は宣言残留を容認  現状、バファローズのセカンドは主に福田・大城がいい守備をするようになりました(サードにコンバートした西野よりは上)が、2人とももともとはショート。そのショートを守るのが安達なわけですが、体調不良もあって特に攻撃 [続きを読む]
  • どうする?どうなる?マレーロ、金子千尋、中島
  •  深夜の討論番組ではありません(笑)。  契約交渉の時期となりました。大型契約を行った主力選手、その中で期待された結果が出なかった選手の動向はどうしても気になります。限界を感じた小谷野は引退し、コーチの道に入ったのは既報の通り。 気になる3選手についてまとめてみます。 1.マレーロ 3Aのメネセス選手の入団が発表されました。 【オリックス】米大リーグ3Aで本塁打&打点の2冠王メネセスの獲得を発表  [続きを読む]
  • 第1次戦力外8選手、第2次戦力外2選手・・・
  • ドラフトも終了し、日本シリーズ中ということで、第2次戦力外通告も発表されました。今月初めには、第1次の戦力外通告も発表されています。 オリックスが佐藤世ら7人戦力外 塚原は育成選手で再契約する見込みオリックス本田仁海が1年で育成契約になったワケ【オリックス】佐藤達、大山が戦力外 佐藤達は引退し、フロント入り 一軍で活躍した選手、一軍に上がるのを楽しみにしていた選手と、期待されたものの故障や不振など [続きを読む]
  • 合格点のドラフト会議
  • [指名一覧]プロ野球ドラフト会議 オリックス、ドラフトは「満点」小園逃すも天理太田を1位指名「将来性あるショート」  「満点」は言い過ぎも、バランス取れているのではないでしょうか。  1位指名を明言していた小園海斗選手には、ホークス・カープだけでなく、ベイスターズも加わり確率は4分の1に。 結果はカープに当たりを引かれましたが、外れ1位で本来2位指名予定も早く消えるであったろう太田椋選手の交渉権を獲得 [続きを読む]
  • いよいよ、ドラフト会議が始まります。
  •  各チーム間腹の探り合いですが・・・ オリックスが報徳学園・小園の1位指名を明言 競合の場合は西村新監督がくじ引き  筆者の個人的感想としては、キャプテンシーの強い大阪桐蔭の根尾選手がベストと思っていたのですが、ショート安達の後継育成が急務ということを考えると、ショートを守れるが第一条件でしょう。三拍子そろった野手ということですが、決して今チームに大勢いる小さくまとまるタイプにはしないでほしいです。 [続きを読む]
  • 2019年度監督・コーチ陣確定
  •  かなり旧阪急・オリックス色が強くなっているようです。 オリックス 19年スタッフ発表 田口氏が1軍打撃コーチ、中嶋氏が2軍監督  ファイターズの中嶋聡、イーグルスのジュニアコーチ後藤光尊両氏がオリックス復帰です。  中嶋については、ファイターズからパドレスにコーチ留学していましたので、てっきり生涯ファイターズかと思っていました。また、後藤も東北出身でFA残留しながら契約途中で最後イーグルスにトレード [続きを読む]
  • 優秀助っ人か、乞うご期待!?
  •  3A2冠王とは、いいではありませんか! オリックス フィリーズ3Aのメネセス内野手と契約合意の最終段階へ  昨年より、まじめな助っ人の獲得に成功しているので、性格には問題ないとは思いますが、少しでも早く水に慣れてもらいたいものですね。  で、気になるのがマレーロ。守備位置が被ることになり、早くも契約は難しいとの見方が出ていますが・・・いけませんよ、ただですら球場に客呼べる助っ人なのですから。1年おき [続きを読む]
  • 10・19・・・あれから30年
  •  今日は10月19日。30年前のこの日は、プロ野球ファンにとって特別な日だと思います。そう、「10・19」・・・。 「10・19」といえば、たいていの方は優勝をかけた近鉄バファローズが川崎球場でロッテオリオンズとのダブルヘッダーに臨み、惜しくも2勝ならず優勝とならなかったシーンを回想するはずです。そのことを話すファンは今も多くいらっしゃるでしょう。  しかし、筆者にとっての「10・19」とは、もう [続きを読む]
  • 何故!?小谷野、イーグルスコーチ就任
  •  筆者も油断していました。 【楽天】小谷野、笘篠、後藤コーチ就任発表 清水コーチは退団  10日前に家族連れで引退セレモニーを行い、やっと家族水入らずの生活が始まると思ったのですが、球界はそういう事情を考慮してくれないようです。まあ、自宅に近い鎌ケ谷ならアリかなとは思っていたのですが・・・。  これはおそらくイーグルス石井一久GMの思い付きでしょう。いっそ平石新監督の同期(つまり次世代の指導者層として [続きを読む]
  • 【10/5のオリックス】去る福良、そして小谷野
  • 10月5日(金) 対ホークス25回戦(京セラ) Bs 4−6 H   負) 東明 1勝4敗   本) 吉田正26号ソロ      T−岡田13号ソロ  最終戦の挨拶と引退セレモニー、感無量でこれまで筆進まず・・・!  先発東明、出来のいいピッチングは来季へつながる。ただ、4回表2アウトからの集中打は、一瞬のヒヨリから来てしまった。柳田のホームランは事故と割り切ればよかったが、以後の投球が慎重になりす [続きを読む]
  • 【10/4のオリックス】来年の新人賞候補、躍動
  • 10月4日(木) 対ホークス24回戦(京セラ) Bs 2x−1 H   勝) 増井 2勝5敗35S   本) ロメロ25号ソロ  またまた好投、来年の夢膨らむ!  榊原が3度目の先発。今日も危なげないピッチングを披露。唯一のピンチは2回表、松田宣のツーベースなどで1死1・2塁となるも、高谷をストレートで、西田をフォークで連続三振に斬りピンチ脱出。他の回も140km後半のストレートとフォーク・縦スライ [続きを読む]
  • 【10/1のオリックス】仙台花火大会!
  • 10月1日(月) 対イーグルス25回戦(楽天生命) E 2− 5 Bs   勝) 西 10勝13敗   S) 増井 1勝5敗35S   本) 宗4号ソロ      吉田正24号2ラン      宗5号ソロ      吉田正25号ソロ  こんな戦いが早くできていたら・・・。 初回、先頭宗がいきなりの一発。レフトへやや詰まり気味であったが、風に乗りスタンドイン。さらにフォアボールのロメロを1塁に置いて吉 [続きを読む]
  • 【9/30のオリックス】完封覚悟を、ひっくり返す!
  • 9月30日(日) 対イーグルス24回戦(楽天生命) E 2− 5 Bs   勝) 澤田 5勝   本) 宗3号2ラン  よく打った日の翌日は、打てないの法則も、最後に見せ場。 先発松葉、6回までで111球。毎回安打を許し終始不安定。初回オコエに棒球を高々とレフトに打ち上げられ1失点。続く2回裏もピンチを招くと、左打ちの堀内にライト前にきれいに運ばれ2失点目。それでもこれで済んだのは、イーグルス打線 [続きを読む]
  • 【9/29のオリックス】雨にも、気持ち切れず
  • 9月29日(土) 対マリーンズ25回戦(ZOZO) M 1−7 Bs   勝) 山岡 7勝12敗  雨の中でも、気持ちを切らさずいい試合運びだった。  打線のほう、初回からマリーンズ先発石川を捕らえる。先頭宗、センターへのライナーをセンター平沢がグラブ土手に当てて取り損ねツーベース。福田もヒットで無死1・3塁。さらにロメロが詰まりながらもセンター前に落とし3連打で1点先制。石川、雨で足元が気になるか [続きを読む]
  • 【9/27のオリックス】来季に向け、先発揃う
  • 9月27日(木) 対ホークス25回戦(京セラ) Bs 1−2 F   負) 東明 1勝3敗   本) T−岡田12号ソロ  小谷野ショックか、静かな投手戦だった。 先発東明、今季6回目の登板。今回もテンポよくアウトを積み重ねていく。球速はそれほどでもなく、決して厳しいコースを突いているわけではないが、球種が多いので的を絞らせなかった。若月とのやり取りもよくできている。5回まで1安打1死球と安定してい [続きを読む]
  • 小谷野、引退
  • 不調だったとはいえ、残念です。【オリックス】小谷野が引退「思い通りに体が動かなくなった」 松坂世代がまた一人… 同世代が次々引退表明するとはいえ、当の松坂投手が来期も頑張るということで現役続行すると思ったのですが…。バファローズでの4年間、本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。 引退試合は、チーム最終戦とのことですが、できれば古巣との最終戦(今日!)に行って欲しかったですね。 今後 [続きを読む]
  • 【9/26のオリックス】困ったときのナカジ
  • 9月26日(水) 対ファイターズ24回戦(京セラ) Bs 3−2 F   勝) 澤田 4勝   S) 増井 1勝5敗33S  やる気ないほど沈黙した打線だったが・・・。 先手を取ったのはファイターズ、2回表半端なバッティングで塁に出た中田を1塁に、清宮がバファローズ先発榊原からセンターへ大飛球。センター宗がフェンス際で捕球位置を間違え、打球が点々とする間に清宮は3塁へ到達のタイムリー。昨日のワンバウ [続きを読む]
  • 【9/25のオリックス】勝ち負けはとにかく・・・
  • 9月25日(火) 対ホークス23回戦(京セラ) Bs 5−8 H   負) ローチ 2勝2敗   本) 福田1号ソロ  監督辞任となり、意気消沈の中、結果を見せるものもいる。 先発ローチ、上林の先頭打者ホームランは事故であるものの、続く牧原にもあわやの当たりをされる。柳田にタイムリーを浴び初回いきなり2失点。2〜4回も毎回ランナーを出す苦しい展開。そして5回表、3連打で2失点(自責点5)しKO。もっ [続きを読む]
  • 【9/24のオリックス】4年連続負け越し決定・・・
  • 9月24日(月) 対マリーンズ24回戦(京セラ)9月24日(月) 対マリーンズ24回戦(京セラ) Bs 2−8 M   負) 西 9勝13敗   本) ロメロ24号ソロ  一点を取ってて守る試合は、もはや成り立たない。これで4年連続負け越し決定・・・。 初回、先頭宗がツーベースで出塁すると、続く福田が早速送りバント・・・。 ここでキーとなるのは3番ロメロと5番中島であるが 今日はチャンスで不発。吉田正 [続きを読む]
  • 阪急西宮ギャラリー(後編)
  • (前編)はこちら。  「阪急西宮ギャラリー」、もうひとつ目を引くのが、西宮北口駅と西宮球場を精巧に再現した模型。  鉄道好きにはたまらないであろう、今はなき「ダイヤモンドクロス」も再現されているが、やはり球場の模型には目を惹かれる。 スコアボード側から 一塁側上空(?)から 一番よく現地観戦していた平成元年、よくこの角度から応援していたなぁ〜。。。 精巧に再現されていて、当時が蘇ります・・・。 (番外) [続きを読む]
  • 【9/22のオリックス】目標なく、彷徨う・・・
  • 9月22日(土) 対ホークス22回戦(ヤフオク!) H 6−4 Bs   負) 山岡 6勝12敗   本) 宗2号3ラン      吉田正23号ソロ  先制チャンスのまずい対応で無得点、そうなると・・・。  先にチャンスをつかんだバファローズ。2回表中島がチーム初ヒットで出塁。しかし次のT−岡田への初球ワンバウンドで中島スタートも甲斐の好フィールディングでアウトに。前の回の守備で送りバント併殺を決め [続きを読む]
  • 阪急西宮ギャラリー(前編)
  •  8月18日に西宮球場跡を探訪した記事を書きました。 ・西宮球場跡を歩く・西宮ガーデンズ内を歩く  最後に阪急ブレーブスの足跡を集めた「阪急西宮ギャラリー」に立ち寄りましたが、まだ記事にしていませんでしたので、今更ですが書き綴ってみたいと思います。  阪急西宮ガーデンズ5階の一角にある「阪急西宮ギャラリー」。同じフロアにはシネコンがあります。  一歩踏み込むと、かつての栄光の足跡が。優勝フラッグ、ト [続きを読む]
  • 【9/19のオリックス】そして、皆不幸になる・・・
  • 9月19日(水) 対イーグルス23回戦(京セラ) Bs 3−6 E  負) 山本 4勝2敗1S  本) ロメロ23号ソロ     中島5号ソロ  快勝の試合が、迷采配で反転する・・・。  出場選手登録で、松葉が抹消となり、代わりに上がったのは・・・小島。ファームではコンスタントにヒットを積み重ねているらしいが、1軍で力不足を呈しているだけに、出ても最終回の守備または中島の代走といったところか・・・? [続きを読む]
  • 【9/18のオリックス】今季初の、先発全員安打!
  • 9月18日(火) 対イーグルス22回戦(京セラ) Bs 5−3 E  勝) 松葉 2勝1敗  S) 増井 1勝5敗32S  先発不安定も、集中打で救う。  先発松葉、球速もあまり早くなく、スライダー・チェンジアップ主体なのでコーナーを丁寧に突けないと好投は難しい。初回こそ3者凡退も、2回表は無死で今江・銀次に連打され2・3塁のピンチ。1死後山下にストレートでフォアボールを与えると、続く山崎に外貨う [続きを読む]