訓練子 さん プロフィール

  •  
訓練子さん: It's 職業訓練ライフ.
ハンドル名訓練子 さん
ブログタイトルIt's 職業訓練ライフ.
ブログURLhttps://kunren-life.theblog.me/
サイト紹介文失業後の基本給付を延長し、技術と技能を磨ける職業訓練制度。体験を元に入校段取りや訓練校の生活をお伝え
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 10日(平均14.0回/週) - 参加 2018/04/14 18:02

訓練子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 職業訓練時のやむを得ない欠席理由とは?
  • ハローワークより受講指示を受けて訓練を受講する人は必読です。職合訓練を欠席する理由が下記の表の「やむを得ない理由」に該当する場合、証明できる書類の提出が必要になります。 項目 提出(証明)書類 ★受給資格者の疾病または負傷の場合 ・病院等で受診しており、なおかつその日休まないといけないと判断できる [続きを読む]
  • 職業訓練校の教室ってどんな感じ?
  • 施設内職業訓練校の期間は6か月から24か月まで様々。長い期間学びの場となるわけですから学校の教室がどんなものかも気になるところですよね。各高等技術専門校によって多少の違いはあるとは思いますが、私が通った学校の教室はホワイトボードで机といすは小学校・中学校時代に座った時のもの。 四半世紀を超えてまたこのような机と椅子で学ぶとは思ってもみませんでし [続きを読む]
  • 職業訓練校の時間割や休憩時間ってどうなってるの?
  • 失業保険の1日満額支給を受けるには最低4時限の講義・または実習を受けないといけません。では職業訓練校の時間割はどのようになっているのでしょうか?私が通う大阪の高等技術専門校の時間割は下記のとおりです。大阪の職業訓練校の時間割(一例)1時限目 AM09:15〜AM10:002時限目 AM10:00〜AM10:45休憩時間 AM10:45〜AM11:003時限目 AM 11:00〜AM11:454時限目 AM11:45〜PM00:30休憩時間 PM00:30〜 [続きを読む]
  • 職業訓練校の2日目はオリエンテーション開催
  • 職業訓練校の2日目はまだ学校校内のこともわからないので担任と先生の説明とともに校内見学。他の科の実習場や自分たちの実習場所の案内や備品の説明を受けました。まだまだ2日目なので私も同じ科の人ともあまり会話することはありませんでした。また、通学時の定期代を学割で購入するために必要となる学生証の作成手続きなどが行われました。前日のハローワークでの手続き処理入校初日ハローワークへ出向 [続きを読む]
  • 職業訓練の出席と欠席とは?
  • 雇用保険の各手当は訓練に出席し講義または実習を受けることで支給されることは説明いたしました。出席をしなければ手当は受けることができませんが、ではどれが出席、欠席扱いとなるのでそうか?出席扱いとされるには、遅刻や早退を含めその日の訓練の半分以上であることが必要とされます。すなわち、1日8時限の講義または実習時間が課せられていた場合、最低4時限以上受ければ出席扱いとなります。1日基 [続きを読む]
  • 職業訓練生活
  • 雇用保険の各手当は訓練に出席し講義または実習を受けることで支給されることは説明いたしました。出席をしなければ手当は受けることができませんが、ではどれが出席、欠席扱いとなるのでそうか?出席扱いとされるには、遅刻や早退を含めその日の訓練の半分以上であることが必要とされます。すなわち、1日8時限の講義または実習時間が課せられていた場合、最低4時限以上受ければ出席扱いとなります。1日基 [続きを読む]
  • 職業訓練中に支払われる手当とは?
  • 受講指示を受けた雇用保険被保険者に対しては職業訓練中(訓練に出席し講義・実習うけること)に各手当を支給されることになります。手当とは次の3つです。基本手当受講手当通所手当それでは詳しく手当の内容を見ていきましよう職業訓練中に支払われる基本手当とはこれは失業保険の基本手当と同じものになります。金額も雇用保険受給資格者証の基本手当日額と同じです。また、訓練期間中のすべての日が支 [続きを読む]
  • 職業訓練校初日に行う手続きとは?
  • 無事職業訓練校に入校することができた私。初日は入校式と入校手続きの説明が午前中に行われました。その日の訓練日程は以上。午後はフリーですが、失業給付の延長対象にある人は手続きをするために自分の管轄のハローワークに出向かなければなりません。訓練校入校日の流れ私が通った大阪の職業訓練校は、午前中に各科の新入生が登校してきて、集合場所の教室で待機した後、ホールで入校式が執り行われま [続きを読む]
  • 職業訓練校の入校日の服装はスーツ?カジュアル?
  • 晴れて職業訓練校の合格が決まってから、入校までに必要な手続きを済ませてから残るは入校日を迎えるだけとなった時、ふと気になるのは入校日に出向く時の服装です。学校合格後の入校説明会で各科目の先生から指示が出る場合がありますが、服装に決まりはありません。ただし、式には来賓客も出席することから、式にふさわしい服装で来てくださいと先生から言われました。強制ではありませんが、できる限り [続きを読む]
  • 職業訓練を行う技術専門校ってどんなところ?
  • 技術専門校とは学卒者・求職者向けの職業訓練. 学校を卒業して新たに就職を目指している方や、仕事をお探しの求職者(離転職者)を対象に、就職に必要な知識や技能を習得するための実技を中心とした職業訓練を実施している学校です。一般的な学校教育法で定められた学校、専門校とは違い、職業能力開発促進法に規定されている公共職業能力開発施設の一つになります。各都道府県によって名称は異なりますが [続きを読む]
  • 職業訓練合格後、入校までに必要な手続きとは?
  • 選考試験も無事終わり1週間ほどで合否の結果が出ます。(通常の日程と追加募集の日程により合格発表までの期間のずれは生じます。ご自身の受ける専門校の日程を確認してくださいね。)私は追加募集の合格でした。追加募集の合格発表は試験を受けた訓練校に朝9時30分ごろ貼りだされました。合格者はそのまま校内に入り、入校までの手続き書類の受け取りと説明を受けることになりました。※通常の日程の場合 [続きを読む]
  • 職業訓練にまつわる用語集
  • 職業訓練の願書申し込みが無事に終われば、次に課題となるのが入校試験に合格することです。試験は短期、普通科によって問題のレベルが中学卒程度、高校卒程度と変わってきます。また都道府県によっては科目が異なるかと思いますが、基本的には国語と数学の学力試験が多いです。試験の問題難易度は?大阪府の過去問は大阪府のホームページからダウンロード可能ですのでご覧になるとよくわかるかと思います [続きを読む]
  • 給付延長に必要な職業訓練の「受講指示」とは
  • 職業訓練を受ける時に「受講指示」の状態でないと失業給付の延長が受けられません。公共職業訓練に通う場合、受講指示を受けて通うことで以下の恩恵を享受できます。職業訓練終了まで雇用保険の基本手当(失業給付)が延長となる訓練校に通う交通費(通所手当)が支給訓練校入校後、出席40日分の受講手当が支給(1日500円分)訓練を受けるために、家族と別居して寄宿する場合に寄宿手当が支給ハローワー [続きを読む]
  • 職業訓練をハローワークで申し込むにはどうすればいい?
  • 申し込みは自分の受けたいコースを最寄りのハローワークの職業訓練相談ブースで申し出れば受け付けてくれます。その際、事前の職業訓練の説明会の必須となる場合があるので早めに相談しましょう。それも受けた場合は、基本的に職業訓練の申し込みは締め切り前ならいつでも可能です。行きたい訓練校の見学会を開催しているので、時間がある人は実際見に行くのも良いかと思います。私の場合は締め切りまでが近いこともあり、あ [続きを読む]
  • 職業訓練の申し込みはどこでするの?
  • スタートは最寄りのハローワークでの訓練相談から給付の延長の道はハローワークで相談をすることから始まります。まず、どんな訓練があるのかや、募集の条件はあるのかを知る必要があります。事前にチェックしたい場合はこちらから公共職業訓練科目の検索ちなみに公共職業訓練を受講したくとも受けることができない場合があります。それが職業訓練を受けたことがある場合、受講終了してから1年未満の者過去1年以内に退校処分 [続きを読む]
  • 職業訓練の入学時期と所定給付の残日数を調べよう
  • 当サイトは雇用保険受給者の失業給付を受けることができる人を対象にしています。公共職業訓練は、国または都道府県が主体となって実施する施設内訓練と民間教育訓練機関等に委託して実施する委託訓練の2種類があります。私が入学したのは施設内訓練のほうで、高等職業技術専門校と呼ばれるものです。委託している訓練は期間が2か月から長いもので24か月と様々。私は今回検討していなかったので委託訓練の説明は割愛します。 [続きを読む]
  • 訓練校入学前準備編
  • 当サイトは雇用保険受給者の失業給付を受けることができる人を対象にしています。公共職業訓練は、国または都道府県が主体となって実施する施設内訓練と民間教育訓練機関等に委託して実施する委託訓練の2種類があります。私が入学したのは施設内訓練のほうで、高等職業技術専門校と呼ばれるものです。委託している訓練は期間が2か月から長いもので24か月と様々。私は今回検討していなかったので委託訓練の説明は割愛します。 [続きを読む]
  • HOME
  • 会社等で働いていても、様々な理由により仕事を続けることができないことはあるかと思います。私も5年以上働いた会社を精神的に続けていくことができずに退職しました。そんな時に生活を救ってくれたのが失業保険です。失業保険は自分自身の働いてきた年数や年齢、賃金、失業時の状態により支給される金額が変わってきますが、生きていくには必要なお金が少なくなるにせよ頂くことができるのでとてもありがたい制度です。こ [続きを読む]
  • 過去の記事 …