珠音 さん プロフィール

  •  
珠音さん: きみがいれば世界
ハンドル名珠音 さん
ブログタイトルきみがいれば世界
ブログURLhttps://ameblo.jp/paper-umbrella/
サイト紹介文SJイェウクメインに書いていきます。そして時に、イェソンへの愛を叫びたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 11日(平均5.7回/週) - 参加 2018/04/14 21:47

珠音 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ブログ移設のお知らせ
  • こんばんは。 この度、アメブロからFC2ブログに移設することにしました。やっぱり、ここでは書ききれないと悟りました(笑) ここで書いた小説は、すべて移設完了です。移動しても、お付き合いいただけたらと思います。 あっちでは、もう少しはっちゃけます・:*(〃∀〃人)*:・← 移動先アドレスです。 「きみがいれば世界」http://paperumbrella.blog.fc2.com/ 今週中に、ここは削除します。ありがとうございました 珠音 [続きを読む]
  • 恋愛片道チケット
  • それは唐突で、まるで予感も無いことだった。「好きなんだ」話があると云い、云うまでは照れくさそうに下を向いていたくせに、告白は真っ直ぐ目を合わせて行われた。ベッドに座っていたイェソンは見上げながら問う。「……どういう意味?」半ば解っているのに、聞かずにはいられない。仲のいいメンバーだと思っていた。この南米ツアーで、熱に浮かされてしまったのか。「色恋の意味だよ。イェソンを欲しいと思ってる」「冗談」「本 [続きを読む]
  • 幻に縋る
  • 云われて、ぎょっとする。メンバーもいる楽屋にて。イェソンは、真っ直ぐ見つめてくるリョウクに「なに? もう一度」「何度も云えません」「もう一度だけ」じゃあ、と呟いて、リョウクはイェソンの耳元に唇を近づけて、「ぎゅってしてください」イェソンは照れくさそうに離れていく顔を見つめ、開いた口が塞がらない。「どうした? なにか不安か?」自分の愛し方が足らないのかと不安なのはイェソンの方だが、思わず聞かずにはい [続きを読む]
  • I'll stare at you.
  • イェソン、ソロ活動2周年おめでとう 今もソロアルバム聴いてますまだイェソンを知って短いけれど、すごく素敵なアーティストと出会えて幸せです すじゅのアルバムでも、イェソンのソロは思わずときめいてしまっていけないっ すじゅは次々南米入りしてますね。大変だろうけれど、素晴らしい経験になると思うので、がんばってほしいです イェソンはミュージカルもあるから、疲れが溜まっているみたいで少し心配してますでも、Twitte [続きを読む]
  • 陥落する束縛
  • 帰宅して部屋に灯りを点し、窓に寄れば、暗い空を嫌がるように満月が煌々と輝いていた。その明るさに負けて、星はない。今日も深夜まで収録が延びてしまったせいで、この窓からそれは綺麗に見える夕陽を何日、目にしていないだろう。『綺麗……』ちょうどいい時刻に初めて2人で戻った日。リョウクは酷く気に入り、飽きずに沈みきるまで窓に張り付いていたっけ。その横顔をまた、飽きずにソファに座って見ていたのが昨日のことのよ [続きを読む]
  • 愚かな麻痺
  • 明け方。不意に目覚めて、イェソンは不自然に伸ばされた左腕に気がついた。身体を横にし、枕に沿うような左腕。ひとつ欠伸をし、またかと思う。癖と云うのは、まったく厄介だ。ここには、リョウクの頭が乗るのだ。抱き合って、そのあとシャワーを浴びたり、そのまま汗に濡れた頭が、イェソンの左腕に。『ヒョン』少し甘えた調子で、そう呼ばれたら、額にキスを落としてやる。すると静かに目を閉じて、眠りにつく。儀式のような僅か [続きを読む]
  • 黙れよ情欲
  • 自分も経験した期間だと云うのに、長く感じる。入隊中、長いと思わないことはなかったけれど、『待つ』と云うのは別の感覚だ。他のメンバーが入隊していても、時間が経てば再開の時はやってくると冷静に考えられると云うのに。イェソンは小さく嘆息した。そして見るともなく目を落としていた雑誌から顔を上げ、辺りを見回し、気づかれずに済んだとホッとする。溜め息などを目撃されたら、どうしたどうしたと詰め寄られるのは目に見 [続きを読む]
  • はじめに
  • イェソンが好きですそしてヒチョルが気になります 好きなCPはイェウクですが、わりと雑食なので、なんでも美味しくいただけます すじゅについては、まだまだ初心者なのですが、話を聞いただけでうわーもお話書けるぜと思ったのは、ハンチョルです。なかなか会えない2人、萌えます ここでは、イェソンやヒチョルについても書きますが、FF小説をあげていきたいと思っております お付き合いいただけたら、幸せです また、各ページに [続きを読む]
  • 過去の記事 …