proxy さん プロフィール

  •  
proxyさん: BioPhysical Psychiatry +
ハンドル名proxy さん
ブログタイトルBioPhysical Psychiatry +
ブログURLhttps://phazor.info/blog-ja/
サイト紹介文志半ばで倒れた青年医師のブログ。関係者有志で記事整理、サイト維持をおこなっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 129日(平均0.8回/週) - 参加 2018/04/15 09:59

proxy さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 医学部受験時カースト: 男子>女子>多浪>…>再受験
  • 東京医大の贈収賄をめぐる事件は、受験時の点数調整の問題も明るみに出され、これが「医学部の適正な男女比」や「医師にとって幸せな働き方とは何か?」といった一般的な社会的な問題を惹き起こしている感がある。こういう議論が今までなされこなかったという側面もあり、これはこれでいいことなのではないかと思う。ところで「医学部受験時の個人属性による差別」は医師ならばある程度は知っていることであり、逆に一般の方はまる [続きを読む]
  • IT 企業、ヘルスケア事業進出するする詐欺
  • IT が本格的に活用されるようになって、日常生活やオフィスでの働き方は様変わりした。その延長線で、IT の次の適用範囲の一つとして医療分野がよく挙げられるけど、この分野はそんなに簡単にはいかないんじゃないのと私なんかは思う。例えば、アップルの healthcare 分野に関してこんな記事があった。『Appleはユーザーのすべての医療記録をHealthアプリに収めたい…協力医療機関とベータテスト中』言おうとしていることはわかり [続きを読む]
  • Apple Review から Mac App Store へ
  • DICOM Viewer Horos は、ほんの数ヶ月前までは日本語対応されていなかった。惜しいと思った僕らのグループが、メニューなどを日本語化、さらに完全 64bit 化対応など改良を加えた。それが HorliX (ホーリックス)だ。 Apple ReviewHorliX は、海外、特に研究家筋に評価されているようで、これを受けて僕らも Mac App Store を通じて配布しようと考え、ちょっと前から Apple Review (Mac App Store でアプリを配布するための事前 [続きを読む]
  • 世界デビュー
  • 医師ならば、DICOM 画像ビューアの OsiriX には一回くらいは触れたことがあると思うが、近年、高額化が進んでおり、私の周囲では OsiriX 5.8 からフォークした Horos ユーザが増えている(こちらは無料)。Horos は通常の使用、つまり 2Dビューアで画像を閲覧するとか、簡単な 3D 画像を構築するとかといった用途であれば、ほぼ問題なく使える。ただし、動作が不安定であったり、日本語が使えなかったりして、特に日本での普及の妨 [続きを読む]
  • 電子カルテ記載内容をテキスト処理したい
  • 電子カルテのテキストマイニングに関連して。MENTAT というのがあるらしい。https://www.mentat.jp/jp/service/精神科カルテからテキストデータ抜いてきて IBM ワトソンで解析、治療の難しさなどを評価・予測しカンファレンスなどで使われるらしい。だからどうしたと言われそうだが、未来感みたいなのはある。問題は予測精度だと思うので、関係者に問合せ中。 投稿 電子カルテ記載内容をテキスト処理したい は BioPhysical Psychi [続きを読む]
  • 本田△と設計図共有サイト
  • W杯後、プログラミングにはまっているという本田圭佑選手のものと噂されている GitHub (日経的にはソフトウエア「設計図共有サイト」。先日、マイクソフトに買収されて話題になった)のリポジトリがこちら。https://github.com/kskgroup残念ながら公開されているプロジェクトはまだない。プルリク(=プルリクエスト。改変したソースコードを組み入れてもらうための依頼)送ってやろうと思っている利用者は多いはず。フォロワーは [続きを読む]
  • 他人と何かを「共有」するということ
  • 長らく放置していましたが、そろそろ手を入れていきたいと思います。最近、嬉しかったのは以前に書いた症例報告(A case of schizophrenia successfully treated by m-ECT using ‘long’ brief pulse)が引用されたのを見つけたこと。『修正型電気けいれん療法により精神症状の改善がみられた薬物治療抵抗性のレビー小体型認知症の1例』Dimentia Japanが、それ。 内容は「レビー小体型認知症(DLB)にm-ECTを施行したらけっこう [続きを読む]
  • 医療画像処理
  • 某企業より依頼があったので、CTやMRIなどの医療画像から特定の臓器だけ抽出するソフトを試しにつくってみた。ささっとつくったにしてはなかなか。ポイントは「閾値処理だけでは狙った臓器だけを絶対に抜けない」ということに気がつくかどうか。ただ、任意の臓器で精度よく抜いていくのはかなり面倒だと思う。(追記)この手の技術は CAD (Computer-Aided Diagnosis) というらしい。日本医用画像工学会のCAD コンテストというの [続きを読む]
  • 英語2 YouTubeとクローズドキャプション
  • YouTubeを使った英語学習法が喧伝されるようになったのだが、問題はスクリプトをいかにして手に入れるか?だ。この問題をある程度解決してくれるのが、クローズドキャプションの機能だ。画面のCCを し、画面の指示に従って設定を指定するとスクリプトが表示される。ある程度、と書いたのは、このキャプションの質が投稿者によってかなり違うからだ。それほど量は視ていないが、質がいいのはスタンフォード。有名なジョブズ [続きを読む]
  • 英語
  • どんな分野でもそうかもしれないが、論文を読んだり書いたりするときに英語の使用は必須になってきている。私の場合、ちょっとした単語の確認は weblio 英和和英辞書でおこなっている。最近では和文誌でも英語のabstract提出を求められるので、以下の本で紹介されているやり方で草稿を書いている。“” と * と google、便利だ…。英会話は↓で勉強中。類似本は山ほどあるのだが、スピーカーの声に表情があるというか艶があって聴 [続きを読む]
  • (c) マークの謎
  • コーディングに没入しているとつい忘れてしまう著作権との絡みであるが、もちろんコーディングしたもの(プログラム)は著作権の対象になる。つい、さきほどもこの手の議論に巻き込まれたばかりなので、ちょっと調べてみた。忘れないうちにメモ書き。あいかわらずwikiはよくまとまっている。まず、「著作権法で保護しますよ」的な意味合いで使う (c) マークだが、これは法的な意味合いでは無意味。>著作権者を表すコピーライ [続きを読む]
  • 過去の記事 …