suisuichichi さん プロフィール

  •  
suisuichichiさん: 中皮腫なんかに負けない
ハンドル名suisuichichi さん
ブログタイトル中皮腫なんかに負けない
ブログURLhttps://ameblo.jp/suisuichichi/
サイト紹介文悪性胸膜中皮腫の闘病が始まった。それでも明るく楽しく生きることを目指したい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 7日(平均16.0回/週) - 参加 2018/04/15 21:28

suisuichichi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • タイミング
  • このツツジは去年の花今年は咲きません・・・というのも昨年暮れにシルバーさんが庭木の手入れをしてくれたときにツツジもすっかり丸く刈ってくれたせいです。 葉刈りのタイミングがいけませんでしたね。何事もタイミングが大事です。 [続きを読む]
  • 青空
  • 毎日通う高精度放射線治療センター。 すっかりその手順にも慣れ、いまのところ副作用はありません。放射線を照射している時は「じぃーぃーぃー」という音が聞こえます。心の中で(悪い腫瘍をやっつけろ〜)と今日初めて念じてみました。 外はこんな気持ちのよい青空。 [続きを読む]
  • メダカ
  • 使わなくなった火鉢が邪魔でした。つい最近、その火鉢に水を張って夫がメダカを飼い始めました。メダカは物音がすると隠れてしまいますがしばらくすると出てきて、活発に動き回ります。 10匹放したのですが、中に強いのがいて他のメダカを追いかけまわしたりします。そんな動きを眺める楽しみが増えました。 [続きを読む]
  • 突抜忍冬
  • 昨日今日、寒くて、今朝は雨でした。庭のツキヌキニンドウ(突抜忍冬)が満開です。 この花は、あちこちの植木屋や花屋を訪ねまわってもなかなか手に入らず、植木屋さんでも名前すら知らないという店もありました。東八道路の植込みにあるのがわかってこっそり枝をもらって挿木にも挑戦しましたが失敗しました。友人からも枝を分けてもらって何回か挿木を試みては失敗。 府中の大國魂神社のお祭りで植木市が立ったときに3年 [続きを読む]
  • 8回目(?)の胸腔穿刺
  • 放射線治療、胸部X線撮影、その後、胸腔穿刺。今日はs病院で初めて胸水を抜いてもらいました。900mlほど。抜いた後のレントゲン写真には横隔膜が写っていました。 胸水の溜まった状態で5日間、放射線を当ててきましたが、明日からは胸水なしで放射線を当てます。胸腔穿刺の傷跡からの播種を防ぐ意味で、今日が胸水を抜くタイミングだったようです。 私の胸水はよく溜ります。(これまでに抜いた胸水をペットボトルに換算する [続きを読む]
  • 堂々と
  • この堂々たる存在感。すごいですね〜 歩道のど真ん中に居て、歩行者がこの樹を避けるようになっています。 伐り倒さないで残したっていうのがすごいですね。当然、不満をいう人もいるでしょうけど感心してしまいました。放射線治療に通っているs病院の傍の景です。 [続きを読む]
  • バイクの鍵
  • 電話に出てみると「バイクのかぎ送ってくれない?」と母の声。(送れと言ったって鍵は押入れの布団の下にある・・・!) 一瞬ひるみつつも気を取直し「入院が長かったから、バイクの運転、まだしないほうがいいんじゃない?」「でも温泉にも行きたいし」「だからほら、バスの時刻表を書いたの冷蔵庫に貼ってあるでしょ」「ああ、あれね」「そうよ、バスに慣れてちょうだい」 何とか温泉にはバスで行くようにその場の話は収まっ [続きを読む]
  • 四月の句会
  • あまりいい俳句もできないし、成績不振なのですが、句会でみんなに会えるのを楽しみに出かけてきました。 俳句は作るだけでなく、人に鑑賞されて初めてその句が生きてきます。句会の面白さはまさにそこにあるのでしょうね。 「詠む」楽しみと「読む」面白さ、そして「日本語」の何と手強いことかと毎回思いつつこれが懲りないんですね。 来月はもっとがんばろうっと! [続きを読む]
  • 放射線技師
  • 放射線治療3日目。着替えて、台に乗って、照射。簡単です、すぐに終わって「土日はお休みですよ、今度は月曜日に」と言ってくれたのは放射線技師の若い女性です。 最初の日、彼女はちょっと怖かったの。「勝手に動かないで」「深呼吸しないで」ときびきびした若い女性の声。 私の体にいっぱい印をつけてくれた技師さんです。あちこちの現場で女性が活躍していますね。少し前の時代では見られないことで、大いに心強い限りです [続きを読む]
  • あんまり無理せんようにね
  • 放射線治療2日目。ほんの10分ほどで済みました。26日まで続きます。 この期間はすぐに駆けつけるわけにいきませんので再び怪我などしないでねと、今回の治療について母に伝えました。入院と言うと、母は重病と受け止めがちなのですが通いならばいくらかショックも和らぎ話しやすかったのです。                              黒ろうばい 中皮腫という病名、またその原因がアスベストということ [続きを読む]
  • 放射線治療
  • 午後、s病院。着替えて放射線治療室へ。硬い台の上で30分ほど動かないでいたら結構疲れました。実際の照射はわずかな時間なのですがその前にCTを撮って、腫瘍の位置を確認したり、印を付けたり。      明日からは、もっと短時間で終わるそうです。 それにつけても、このs病院ではちゃんと説明してくれるので自分が今どういう状態にあるのか、治療をどうすすめようとしているのか副作用にはどんなことが予測されるか、等々 [続きを読む]
  • スペア・キイ
  • 走っててバイクがひっくり返った訳じゃないし、今度の怪我もバイクは倒れておらず、ただバイクの出っ張りに足が引っかかっただけで皮膚が切れたのだと母は言います。でも13日間の入院の原因はバイクです。93歳のバイクに、周りの人は皆ヒヤヒヤはらはらしているのです。新しく免許証は発行されましたが、もう乗って欲しくはありません。 本人も好きこのんでバイクを運転するのではなく、不便な環境ゆえに必要に迫られてのバイク [続きを読む]
  • 名刺
  • おはようございます 今日は名古屋へ行く筈でした。名古屋での第3回「中皮腫・同志の会」でブログを通じて知り合った方々とお会いできるのを楽しみにしていました。初参加するつもりで名刺まで作ったのに・・・今回は治療の都合や、母の怪我などで欠席します、残念です。                                       アケビの花 入院中の母に朝の電話をかけてみました。ぼーとして過ごしてい [続きを読む]
  • 印付け
  • 11日からの放射線治療にそなえて、上半身の両脇と正面に点線が引かれました。マジックインクのような、体に直に書けるペンでの印付けです。 そうしてCT撮影、これを元に患部へ正確に放射線を当てるのですね。目を瞑っていたので様子は分かりませんでしたが、短時間で終了しました。 今度の日曜日に母を見に行ったら、近所にある老人ホームの見学をしてこようと思います。 [続きを読む]
  • 治療スケジュール
  • s病院・高精度放射線治療センター。詳しく説明を受けてきました。治療目的は腫瘍の縮小・消失ですが、以下のことも分かりました。 (胸水を減らすとか、止めるとかの効果は無い)(播種した目に見える腫瘍に対してのみ放射線治療が可能)(播種は穿刺を繰り返してきた限り致し方なかった)(放射線の肺へのダメージも避けがたい、呼吸機能の低下もありうる) 明日6日、CTを使って照射する場所をマーキング。4月11日(水)から土 [続きを読む]
  • 花山椒の佃煮
  • 庭の山椒の木に花が咲きました。棘を避けながら、花と木の芽を摘み取りました。 酒・みりん・醤油で煮ました。 途中で酒を足しながら柔らかく煮詰めて完成。ほんの少しに縮んでしまったかのようですが山椒はピリリと効いてこれが絶品、この季節しか味わえません。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …