ふーくん さん プロフィール

  •  
ふーくんさん: 歴史学を学ぶ大切さを伝えるブログ
ハンドル名ふーくん さん
ブログタイトル歴史学を学ぶ大切さを伝えるブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/epikutetosu/
サイト紹介文歴史や政治・社会のニュースを考える傍ら、最近は漫画やイラストの紹介もしています。
自由文歴史学をもとに、世界や日本の政治や社会を捉え、漫画家志望の友人の漫画やイラストを載せたりと、バラエティに富んだブログを運営しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 282日(平均6.1回/週) - 参加 2018/04/16 00:48

ふーくん さんのブログ記事

  • ‐画像で振り返る『日本リベラルの愚かさ』 その1‐
  • 前回の記事 ‐二度目の開催地はベトナムか(朝米首脳会談の行方)‐ 2019年1月20日 TBS『サンデーモーニング』報道より (友人提供) 在日コリアンの友人が、たしか中学生か高校生のころに、『もとを辿ると(もとをただせば?)』という同じ関口宏氏が司会を務める番組で、植民地独立のたたかいにおける『抗日戦争』を否定し、さらには御用ロシア人を持ち出して、北朝鮮の歴史や、故・金日成主席などを大っぴらに否定する番 [続きを読む]
  • ‐二度目の開催地はベトナムか(朝米首脳会談の行方)‐
  • ベトナムが有力候補? 米朝首脳会談は来月末に(19/01/19) ANNnewsCHより https://www.youtube.com/watch?v=5zHGs0pnH1Q 2019年1月20日 TBS『サンデーモーニング』報道より (友人提供) 関係記事 ‐画像で振り返る南北首脳会談 その1‐ ‐画像と文章で振り返る朝米首脳会談 その1‐ ‐続・画像で振り返る南北首脳会談 その1【ピョンヤンの秋】‐ ‐2019年 画像で振り返る中朝首脳会談‐ 正直、私は『サンデ [続きを読む]
  • ‐警鐘記事 「絶対にネトウヨと関わってはいけない」‐
  • 中学生を匿名ブログで中傷 66歳男性に侮辱罪で罰金命令 匿名者によるヘイトスピーチが、刑事処罰の対象になることは極めて珍しい。 当該ネトウヨブログ(アメブロ)  かっちんブログ 「堅忍不抜」 『在日コリアンの男子中学生を匿名ブログで中傷 66歳男性に侮辱罪で罰金命令』記事より https://ameblo.jp/sanpurena/entry-12433421766.html 在日コリアンの男子中学生(当時)をネット上の匿名ブログで誹謗中傷したとして、大 [続きを読む]
  • ‐『아이들의학교』アイ(子ども)たちの学校(ハッキョ)‐
  • 友人のLINE画像より 同 「アイたちの学校」予告編 高賛侑(コ・チャンユ)監督のアカウントより  https://www.youtube.com/watch?v=CMayEkzMzbY 2019/02/20 「アイたちの学校」上映会 (東京・お茶の水) 「アイたちの学校」上映会 朝鮮学校の歴史と現状を描く初の長編ドキュメンタリー映画 「アイたちの学校」 高賛侑監督作 2019年 99分 日時 2019年2月20日 (水) 19:00上映(18:30開場) [続きを読む]
  • ‐中朝首脳会談を見たアメリカ人の反応‐
  • 前回の記事 ‐2019年 画像で振り返る中朝首脳会談‐ アメリカ合衆国 国旗 http://freesozai.jp/itemList.php?category=nation_flag&page=ntf_401&type=sozai 【アメリカ人の反応シリーズ】(その他一部外国人含む) ‐防弾少年団(BTS)の『原爆問題』を考える その2‐ -今日の『世界秩序』について考える- ‐よっぽど彼らは日本に居座りたいらしい‐ ‐ポール・クレイグ・ロバーツ氏の警鐘に発狂するアメリカ人‐ ‐あの [続きを読む]
  • ‐2019年 画像で振り返る中朝首脳会談‐
  • 2019年 1月9日 『テレビ朝日』報道より(友人提供) 関係記事 ‐画像で振り返る南北首脳会談 その1‐ ‐画像と文章で振り返る朝米首脳会談 その1‐ ‐続・画像で振り返る南北首脳会談 その1【ピョンヤンの秋】‐ 4차 북중 정상회담 가능성…경계 삼엄 / KBS뉴스(News) https://www.youtube.com/watch?v=4cu0PQa7Myo 昨日、北朝鮮の金正恩委員長が、中国の習近平国家主席と会談を行うため、北京へ訪問されました。 [続きを読む]
  • ‐東アジアの今とこれから その20(偉大な先人たちの姿)‐
  • 前回の記事 ‐東アジアの今とこれから その19(『済南事件』『第三次山東出兵』に反対した日本のリベラル)‐ 『北東アジアの地図』 ERINA 公益財団法人環日本海経済研究所より https://www.erina.or.jp/data/asia/map/ ‐あの戦争で我々はものすごいものを失った‐ こちらの方で、『韓国軍自衛隊機レーダー照射事件』にて、あのまま難破した北朝鮮漁船の人々を「見殺し」とする、人間以下のクズ連中など、アメリカに阿り「 [続きを読む]
  • ‐「平成後」も日本は絶賛属国中!‐
  • 週刊新潮 別冊『さよなら平成 永久保存版FOCUS』より 同 表紙より 同 52ページより 同 53ページより 同 同 同 同 同 この『週刊新潮』を読んだ感想を率直にいうと、徹底的に「一つの立場や物語」に偏ったやり方に徹していると思います。 とりわけ鳩山氏への態度は、半ば「憎悪」に近いものを感じる。 日本の国内言論において、より公益的な、大局的な立場にたって物事を論じる傾向は、極めて少なく、鳩山由紀夫 [続きを読む]
  • ‐2019年 新年のご挨拶(画像は友人のチェサより)‐
  • みなさま、あけましておめでとうございます。 과세안녕하십니까? 今年一年も、拙ブログをよろしくお願い致します。 友人の亡くなられた母方の祖父さまと、そのご両親 そして、昨月亡くなったワンちゃんも、納骨まで一緒に祀ります。 後ろにあるのは、刺繍で縫われた朝鮮の屏風です。 儒教文化圏である朝鮮半島では、新年と合わせ、中国の旧正月や、ご先祖さまや、命日の故人さまを弔う日に、こうやって御馳走を用意して、そう [続きを読む]
  • ‐2018年の総括とご挨拶‐
  • 前回の記事で、「今年最後」と書いてしまいましたが、追記という形で発表させていただきます。 港区子ども家庭支援総合センターの建設予定地=東京都港区南青山5で2018年12月26日、戸嶋誠司撮影  毎日新聞 『南青山児童相談所を「迷惑施設」と決めつける人たち』(2018年12月28日)記事より https://mainichi.jp/premier/business/articles/20181227/biz/00m/020/007000c 南青山に子ども支援センターができて、そこの住 [続きを読む]
  • ‐あの戦争で我々はものすごいものを失った‐
  • 今年最後の記事です。 お付き合い下さった読者の皆さまには、感謝の念をお伝え致します。 本当にありがとうございました。 『旭日旗』 https://photosku.com/photo/5905/ 最大行政統治・軍事勢力圏 深緑:領土 黄緑:国際連盟による委任統治領(破線)、満州事変前後を含む租界、租借地、進駐、軍事占 領地・勢力圏 『Wikipedia』より https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%B8%9D%E5%9B%BD よく「『 [続きを読む]
  • ‐朝鮮学校生徒のイラスト集13(友人の「潜在意識」の表れ)‐
  • 前回の記事 ‐友人の没漫画(読み切り)を紹介してみる 番外編(平成最後にあの人が登場!?)‐ この漫画は、友人が仕事中に何の脈絡もなく思いついてしまったネタであり、別に「社会派ギャグ漫画」に回帰したのかとも、「平成最後」にあやかろうともしたわけでもなく、ほんと突然に舞い降りた内容でした。 結末としても、あからさまな「下ネタオチ」になってしまったことも、それが嫌いな読者さま方には、とてもお見苦しいものを [続きを読む]
  • ‐『模写しかできない病』からの脱出(漫画を初めて描く) 最終回‐
  • シリーズ記事 ‐『模写しかできない病』からの脱出(漫画を初めて描く) その1‐ ‐『模写しかできない病』からの脱出(漫画を初めて描く) その2‐ 三回に渡るシリーズ記事でしたが、これで最後になります。 「模写練習」からの卒業、それからの飛躍。 数学で例えるなら、覚えた公式で実践問題を解いていくことによって、今まで勉強してきたことを「自分のモノ」に吸収することができます。 前回、在特会の思わぬ一撃を食らい [続きを読む]
  • ‐『模写しかできない病』からの脱出(漫画を初めて描く) その2‐
  • 前回の記事 ‐『模写しかできない病』からの脱出(漫画を初めて描く) その1‐ その続きです。 以前「模写からの脱出」についてお話させていただきましたが、自分のオリジナリティを確立するためには、やはり結構な時間とこなす量が求められます。 友人も漫画については、大手マガジン編集者の人から「3000ページ描いて一人前」的なことを聞かされた時、相当なショックを受けたそうです。 3000ページですよ。 単なる粗悪 [続きを読む]
  • ‐『模写しかできない病』からの脱出(漫画を初めて描く) その1‐
  • 前回の記事 ‐『模写』とは何か(デッサンの重要性)‐ 模写しかできなくなる病 模写しかできなくなる病上手い絵を知り形を取れるようになるとゼロから描いた時のレベルの落差が怖くて模写ばかりに逃げ込む現象が起きる。模写をたくさんやれば「上手い記号のツギハギ」ができるようになる。自描きにより弱点が浮き彫りになりより良い模写、デッサン題材を選べるようになる 下手を受け入れる。そんなに描いたことないし下手で仕方な [続きを読む]
  • ‐『模写』とは何か(デッサンの重要性)‐
  • 前回の記事 ‐絵を描くのが辛い時の解決方法(『素材探し』こそが一番重要である)‐ ‐「模写」は画力構築の基本である1‐ ‐「模写」は画力構築の基本である2‐ ‐「模写」は画力構築の基本である3‐ ‐「模写」は画力構築の基本である4‐ ‐「模写」は画力構築の基本である5‐ 第2回 模写編『最速で描けるようになるキャラ作画講座(全5回)』 https://www.youtube.com/watch?v=z3eBY90REGI 【最速本解説p22〜29「 [続きを読む]