グローバルスタンダード開発フェイスツーフェイス会合 さん プロフィール

  •  
グローバルスタンダード開発フェイスツーフェイス会合さん: グローバルスタンダード開発フェイスツーフェイス会合
ハンドル名グローバルスタンダード開発フェイスツーフェイス会合 さん
ブログタイトルグローバルスタンダード開発フェイスツーフェイス会合
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee
サイト紹介文米欧アジア大洋州における小電力無線IEEE802規格開発会議隔月開催
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 37日(平均7.9回/週) - 参加 2018/04/18 14:37

グローバルスタンダード開発フェイスツーフェイス会合 さんのブログ記事

  • グローバル化と特定国依存度リスク例
  • 2.グローバル化と特定国依存度リスク例2016/8/29、2015年度の日本の輸出上位2カ国に対する依存度(付加価値輸出、最終需要先ベース)が米国20%、中国18%で、米国や中国の経済動向の影響を受けやすいリスク構造。一方、米国及びドイツは、上位2カ国に対する輸出依存度は10%以下、また、中国や韓国などアジア各国も、輸出先の開拓を進め、今ではいずれの国も特定国依存度が日本を下回る水準となっている。つ [続きを読む]
  • 農林水産物、輸送、知財のグローバル競争力の課題
  • 5.農林水産物2017/8/25,220億円の損失――。 韓国に日本ブランドのイチゴの品種が流失した結果、日本産の輸出が阻まれ、韓国産に置き換えられた日本の損失金額だ(農水省)。この損失額に対し、日本産イチゴの昨年1年間の輸出額は、11億円に過ぎない。 韓国のイチゴ栽培は、90%が日本の原種をもとに育成されたものだという(農水省)。 韓国への流出が最終確認されたのは、イチゴ収穫量日本一の栃木県が育成した「とちおとめ [続きを読む]
  • 電機、半導体、エネルギーのグローバル競争力の課題
  • 2.電機2018/4/24,<1>掃除機ランキングの上位は、一部を除き英ダイソンのコードレススティック型掃除機「一強」といえる。 さらに、ロボット掃除機のランキング上位に登場するのは、ルンバとブラーバ(床拭きロボット)という米アイロボットの製品ばかりだ。パナソニックも日本のメーカーで唯一健闘しているものの、存在感は薄い。コードレススティック型とロボット掃除機の販売台数が大きく伸びている点は先に触れたが、その [続きを読む]
  • 陸域と知財の安全と安心
  • 人々が、日々、グローバル産業経済社会活動を行い、安全な生活環境下で安心して過ごすために、サイバー、宇宙、空、海、陸域、知財における1日24時間、365日間の安全環境を維持するための現場、現物、現実予算要員体制整備拡充が求められます。●Y/M/D、環太平洋火山帯国と地域2018/1/25, Ring of Fire's volcanic and quake activity is normal, say scientists, http://www.bbc.com/news/world-asia-42813832Y/M/D, Eruptions, [続きを読む]
  • 空、海域の安全と安心
  • 人々が、日々グローバル産業経済社会活動を行い、安全な生活環境下で安心して過ごすために、サイバー、宇宙、空、海、陸域、知財における1日24時間、365日間の安全環境を維持するための現場、現物、現実予算要員体制整備拡充が求められます。●Y/M/D、環太平洋火山帯国と地域2018/1/25, Ring of Fire's volcanic and quake activity is normal, say scientists, http://www.bbc.com/news/world-asia-42813832Y/M/D, Eruptions, E [続きを読む]
  • 陸域移動兼用ライフライン
  • 2.5陸域移動兼用ライフライン2.5.1身体不自由者の屋外活動拡充支援移動システムの整備促進平時:散策、コンビニ、スーパー、保育・幼稚園及び病院の往復経路情報、災害時:避難場所や避難所への安全避難移動経路情報2018/1/29、車いすで通れた道を全地球測位システム(GPS)で記録。多機能トイレやエレベーターなどの位置、使い勝手などを投稿。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26255340Z20C18A1CC0000/?n [続きを読む]
  • 陸域固定兼用ライフライン
  • 2.4陸域固定兼用ライフライン2.4.1国内天文台の兼用機能整備促進平時:宇宙科学工学普及活動、災害時:制御不能スペースデブリや宇宙構造物の大気圏内落下中における光学観測と軌道情報2009/4/9、国内には400あまりの公開天文台があり、口径1メートルを超える大型望遠鏡を持つ施設は11もあります。日本は世界にも例を見ない公開天文台の充実した国といえる。http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/7221a.html2018/ [続きを読む]
  • 原発事故の風評被害根絶
  • 原発事故周辺環境情報を発信し風評被害根絶1.課題は原発事故に伴う輸入規制や輸出先の国が輸入の際に求める認証制度などだ。農水産省の資料によると、2014年1月24日時点で、37の国・地域から原発事故による輸入規制を受けている。1.1 特に厳しい規制をしているのが韓国と中国だ。韓国では、日本の13都県で産出した野菜類などが輸出停止になっている。また、16都県のすべての水産品については、韓国の放射性物質基準に適合す [続きを読む]
  • 自助×近助×共助×公助連携社会
  • 少子高齢化人口減社会における自助、近助、共助及び公助連携社会システム目次2.1自助、近助システム2.2共助システム2.3公助システム 内容:2.1自助・近助システム2011/5/13、"言葉の壁"を越えたコミュニケーションを実現するVoice4u、https://wirelesswire.jp/2011/05/35466/2011/12/D、内科医(当時28歳)、脳梗塞で倒れ、半身麻痺のため、聴覚と言葉を失い、声はFacebookでしか届きません!https: [続きを読む]
  • 保健・医療・福祉・介護の課題
  • 保健・医療・福祉・介護の現状と課題例目次1. 少子高齢化人口減社会における保健・医療・福祉・介護の現状と課題例1.1概要1.2死因1位はガン、10〜14歳の死因1位は「ガン」、40〜89歳の死因1位は「ガン」(1位:肺ガン、2位:胃ガン、3位:大腸ガン)1. 3 死因2位は心疾患、死因3位は脳血管疾患、90歳〜99歳の死因1位は「心疾患」1.4 5〜9歳の死因1位は「不慮の事故」、8割が「交通事故」か「溺水」1.5 15 [続きを読む]
  • IoTによる酪農・畜産業の生産性向上と和牛取引ライブ中継
  • 多くの酪農・畜産農家の課題は「牛舎での作業中に異常な行動をとっている牛を発見しても、その牛の病歴や種付けなどを確認するには遠く離れている事務所へ戻って紙の台帳をパラパラとめくるしか方法がない。労力も時間もかかり、迅速な対応が難しい」等である。課題解決事業例:1.ファームノート(北海道帯広市)が開発・提供するFarmnoteは、酪農・畜産農家が飼育している牛の個体識別番号、出生日、病歴、搾乳量、種付けなど、 [続きを読む]
  • クオリティ型農畜産立国と和食文化の海外発信
  • グローバル少子高齢化人口減社会におけるクオリティ型農・畜産立国と和食文化の海外発信1.クオリティ型の国は、トマト、じゃがいも、花卉(かき)類、チーズなどが主要農産・畜産物。トマトはメキシコが強いが、他はオランダが非常に強い。チーズも1位のドイツと大差ありません。1トン単位で売るようなものがボリューム型であり、キログラム単位で売るものがクオリティ型だと言える。クオリティ型には、山形のサクランボのように [続きを読む]
  • 電子機器の標準化と量産化による価格低減傾向
  • 1.・1台/5年の生産単価は426億円/台、・1台/年の生産単価は100億円/台、・100台/年の生産単価は12億円台、・1万台/年の生産単価は248万円/台、・100万台/年の生産単価は31万円/台。(出典)Y/M/D平成22年機械統計http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/result/ichiran/03_kikai.html#menu22.テスラは、EVだけでなく、家庭や企業向けにも蓄電池の販路を広げることで、大量生産によるコスト低減を狙う。EV「モデルS」と「 [続きを読む]
  • グローバルスタンダード製品によるコスト低減
  • 製品製造の繰り返し回数(又は号機)の増加に伴い工数又はコストが減少し、その傾向を数種の曲線で近似させることが出来る。累積生産量が倍増するたびに,一定の比率で単位コストが減少する。習熟曲線Y=KX^(-A),Y:1サイクル当たりの時間,K:第1サイクルの時間,  X:サイクル数,A=任意の与えられた状況に対する定数で習熟率から決められるA=0.901,半導体・電子部品及び電子機器の習熟率:53%1990年、G.サルベンディ [続きを読む]
  • 福祉×農畜産×太陽光発電
  • グローバル少子高齢化人口減社会における福祉、農畜産(ワイン、カレー、チーズ、タマネギ)及び営農太陽光発電との連携事業例課題:障碍者雇用の平均割合は1.92%で、法定雇用率(2%)には届いていない。課題解決事業例:1.1980年に誕生したココ・ファーム・ワイナリーは、1984年からワインづくりをスタート。 2007年より100%日本の葡萄からワインをつくり、現在、ココ・ファーム・ワイナリーの自家製ワインはすべて「日本ワイン」 [続きを読む]
  • 訪日医療ツーリズムとグローバル健康保険制度設計
  • 2017/8/14、外国人の訪日観光目的の滞在は延びている。今年4〜6月と2年前の同期の水準を比べると、英国は12.3日から14.5日へ、イタリアは11.5日から12日へそれぞれ延びた。ドイツとフランスは2年前より短いが、それでも今年は14日と12.9日。中国(5.9日)の倍以上だ。欧州と中国の消費行動は対照的だ。英国は宿泊や飲食、娯楽サービスに旅行代の72%を使う。対する中国は35%。買い物は英国が13%にとどまるのに対し [続きを読む]
  • 少子高齢化人口減少社会におけるグローバル競争力の課題
  • ●2014/6/24、平成 26 年6月 24 日世界最先端 IT 国家創造宣言、Ⅰ.基本理念、1.閉塞を打破し、再生する日本へ:産業構造の変 革の必要性が叫ばれる中、世界にも類を見ないスピードでの少子高齢化の進展と人口減 少、それに伴う労働力人口の減少や社会保障給付費の増大、東日本大震災からの復興と 大規模自然災害への対策、原発事故後のエネルギーの安定供給と経済性の確保、高度成 長期に集中的に投資した社会インフラの老 [続きを読む]
  • 原子力発電事業の新生
  • 3.11地震・津波による2次発災原発事業の復興・新生目次:1.提言例2.原発不具合・故障・事故調査研究例3.原発のグローバル化内容:1. 提言例原子力発電事業は、3.11地震・津波1次災害の影響を受けて、2次災害ー原発不具合・故障・事故ーが波及した人的・物的・時間的損失の定量的分析評価を深め、原発事業の復興・新生施策を加速することが求められる。2011.3.11地震・津波自然災害による2次波及事故以前におけ [続きを読む]
  • 山、川、田畑及び海の恵と食料安全保障
  • 1.3農林水産品の地産地消と食料安全保障目次:1.3.1国内生産、流通、販売、輸入及び備蓄の現状と課題1.3.1−1山林の恵と課題1.3.1−2河川の恵と課題1.3.1−3水田畑の恵の課題1.3.1−4海洋の恵と課題内容:1.3.1国内生産、流通、販売、輸入及び備蓄の現状と課題2017/12/8、食料を確保のおもな手段は「生産」「備蓄」「輸入」の3つ。「日本では、この3つすべてに課題があります」、ht [続きを読む]
  • 弧状列島の安全保障環境整備
  • 西環太平洋火山帯弧状列島の安全保障環境維持と整備拡充2018−5−24、改訂、19000字、アップロード目次:1.環太平洋火山帯国と地域2.安全保障環境リスク3.安全保障環境維持3.1抗たん性(Resilience)センサー衛星ネットワークの開発と整備加速内容:1.環太平洋火山帯国と西環太平洋火山帯弧状列島地域2018/1/25, Ring of Fire's volcanic and quake activity is normal, say scientists, http://www.bbc.com/ [続きを読む]
  • 土×水×農産物×現地自動販売+付加価値+通販
  • 1.グローバル化少子高齢化人口減社会における農産物―イチゴ、二条大麦、スーパー大麦、高級ブランド米「つや姫」ーの現地自動販売や通販―ネットで直販―による生産性向上と高付加価値化―イチゴを連想させる色合いの日本酒、地域限定「ガリガリ君」、「大麦ダクワーズ」、「スーパー大麦おむすび」、「スーパー大麦もち麦・玄米パックごはん」、「明太しらすごはん弁当」―によるグローバル競争力の強化2.グローバル少子高齢 [続きを読む]
  • ICTグローバル競争力の課題
  • 2014/6/24、平成 26 年6月 24 日世界最先端 IT 国家創造宣言、Ⅰ.基本理念、1.閉塞を打破し、再生する日本へ:産業構造の変 革の必要性が叫ばれる中、世界にも類を見ないスピードでの少子高齢化の進展と人口減 少、それに伴う労働力人口の減少や社会保障給付費の増大、東日本大震災からの復興と 大規模自然災害への対策、原発事故後のエネルギーの安定供給と経済性の確保、高度成 長期に集中的に投資した社会インフラの老朽 [続きを読む]
  • 移動型再生可能エネルギー
  • “goo blog”固定型再生可能エネルギギー2からの続きです。目次:1.8.1東太平洋大陸の移動型再生可能エネルギー1.8.2西ユーラシア大陸の移動型再生可能エネルギー1.8.3東アジア大陸の移動型再生可能エネルギ1.8.4西環太平洋火山帯弧状列島(西太平洋弧状列島)の移動型再生可能エネルギー内容:1.8.1東太平洋大陸の移動型エネルギー2016/8/2、太陽光発電道路が米国ミズーリ州交通局で進むソーラ [続きを読む]
  • 固定型再生可能エネルギー2
  • “goo blog”固定型再生可能エネルギー1からの続きです。1.7.4西太平洋弧状列島の固定型再生可能エネルギー1.7.4−1再生可能エネルギーの地産地消と送配電拡充統合運用2012/2,3、昭和の宇宙に咲くCS「さくら」の開発から学んだこと −「過疎地域における医療サービス拡充補完・補強の役割が期待される衛星通信」その4 −可搬型移動機及びハンドヘルド型移動機の自立電源用太陽光発電システムの動向―図4 平常 [続きを読む]