ぷぅたん さん プロフィール

  •  
ぷぅたんさん: よろず屋☆ぷぅたん
ハンドル名ぷぅたん さん
ブログタイトルよろず屋☆ぷぅたん
ブログURLhttps://kitainoshinjin.com
サイト紹介文あなたの困ったを解決したいサイト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 89日(平均3.4回/週) - 参加 2018/04/19 07:07

ぷぅたん さんのブログ記事

  • 知ってる?夏の恐怖記念日【幽霊の日】【怪談の日】はいつ?由来は?
  • ある時、幽霊の日の存在を知りました。調べてみると今度は怪談の日まであると知りました。怪談の日を知ればしるほど、すっかりひとりのオジサンのファンになっていました(笑)あなたもこれを読んだら、そのオジサンのファンになっていることでしょう…幽霊の日と怪談の日はいつ?幽霊の日は、7月26日です。怪談の日は、8月13日です。『幽霊の日』の由来は?幽霊の日の由来は、現在でも上演されている、ある有名な演目が初めて [続きを読む]
  • 実家の年回忌法要にはいくら包めばいい?夫と連名?不祝儀袋の表書きは?
  • 結婚して家を出たけど、実家の祖父母の回忌法要に呼ばれてさぁ大変。大人のマナーの壁にブチ当たりました。不祝儀袋は誰の名前にしたらいいのか、夫婦連名でもいいのか。また、いくら包めばいいのか。あぁ、もうわからないことだらけ…。切羽詰まった私でしたが、勉強するのはメンドクサイ。どうせ勉強しても何度もあるイベントではないためすぐ忘れるし…。という訳で、これを知っておけば恥をかくことはないというギリギリの低〜 [続きを読む]
  • どうする?旦那の義実家からお中元やお歳暮をいらないと言われたら…
  • 世の中の奥さまがた、またこの時期がやってまいりましたね。頭を悩ます義実家へのお中元(お歳暮)の時期です。私も結婚してからは、義実家へのお中元・お歳暮をきちんと続けています。結婚して初めてのお中元・お歳暮を贈ることになった時は、ちょっと大人になった気分や、奥さま気分を味わえてとても楽しかったのを覚えています。新婚ならどんな事も新鮮でまぶしくて、楽しいのです♪でも…結婚して相当な年月が経ち、今ではただ [続きを読む]
  • 【神道のお盆】お盆は仏教だけじゃない!神道のお盆は何をするのか?
  • 一般的にわたしたちがよく知っているお盆というのは、どちらかというと仏教行事の方ではないでしょうか?でも、実は神道でもお盆行事は行われています。というのも、実は日本のお盆とは、仏教の「先祖供養」と神道の「祖先崇拝」が混ざり合った行事なのです。この祖先崇拝がまさに、日本の民族宗教であり、日本固有の信仰である神道の考え方です。ですから、神道でももちろん、お盆はあります。では、神道のお盆とはどんなものなの [続きを読む]
  • スマホで簡単・手軽に!暑中見舞い用無料テンプレートアプリのご紹介!
  • 年賀状や暑中見舞いなど、いまはメッセージアプリで簡単に済ませることも多い時代です。でも、仕事上でお世話になっている関係者には送っておかなければならない…。夫に頼まれて妻が用意する家庭は多いですよね。我が家もそうです。私はもう、お尻に根っこが生えてると揶揄されるほど、めんどくさがりで動きません(*´Д`)だから、お金で解決できるならそれ、最高です。安いなら、なお、最高です!(^^)!というわけで、私と同じよ [続きを読む]
  • 【入門】京都祇園祭について。その由来や歴史、祇園祭の宵山とは何?
  • そろそろ日本では、お祭りの季節がやってきますね。日本の夏と言えば、お祭りです(#^.^#)日本人の私は、祭囃子が聞こえてくると懐かしい気持ちになります。幼少の頃の楽しい思い出がよみがえってくるからでしょうか。さて、祭り気分になったところで今回は、そろそろはじまる日本三大祭りのひとつである京都の祇園祭について調べてみました。私は東京の人間なので、京都祇園祭についてはあまり詳しくなかったのですが、知ってびっ [続きを読む]
  • 梅雨ってなに?梅雨前線とは?梅雨の語源は?梅雨の仕組みを教えて!
  • もうすぐ梅雨がやってきます。どうやら今年は梅雨入りが例年よりも早くなるらしいですね。梅雨っていやですよね、洗濯物は部屋干しになるし、湿気はひどいし、カビが大活躍するし、食中毒の心配も。毎日毎日ぐずついた空模様なので、気分も下がりがち。梅雨なんてなくなればいいのに、と毎年思うのですが、きちんと毎年やってきます。年によっては短かったり長かったり、あまり雨が降らなかったりするけれど、それでもきちんと梅雨 [続きを読む]
  • 五節句(五節供)とは?五節句の意味、由来や食べ物について
  • 我々の住む日本という国は、歴史が古く、その伝統が長く現在まで受け継がれているものが数多くあります。普段何気なく触れている伝統行事も、それぞれが意味のある理由によって成り立ち、人々に引き継がれて今に伝わっています。子どもの頃は深く意味を考えることもなく、大人が準備したイベントを単純に楽しんでいたものでした。でも大人になってみると、日本の四季や伝統、そういったものに心を奪われる瞬間が多くなります。日本 [続きを読む]
  • 九月九日の重陽の節句って何?何をお祝いする日なの?その由来とは?
  • 9月9日が重陽の節句だなんて、世間的には全然知られていないですよね。基本的に長寿を祈る節句だからでしょうか、なんとなく、幼稚園や学校行事には不向きですよね(笑)七夕やひな祭りや端午の節句のように、子どもが楽しむ要素があまりありません。とはいえ、新暦では残暑もそろそろ終わりが見えてきて、実りの秋の気配も感じ、ご飯が美味しくなってくる時期です。大人だからこそ、実りに感謝し健康や長寿を祈るよい機会なのでは [続きを読む]
  • 子どもの日はなぜ端午の節句と呼ぶの?子供の日の意味や由来は何?
  • 5月5日は端午の節句ですね!(^^)!この日は五節句の一つで、男子の健やかな成長を祝い、祈る日とされています。この日、男の子のいる家庭では、こいのぼりを飾ったり、兜をかざったり、柏餅を食べたり、菖蒲湯に浸かったりしますね。さて、なぜ端午の節句が子どもの日になったのか?なぜ兜を飾ったり、柏餅を食べたりするのか?子どもの日の由来について、調べてみました。端午の節句の意味や由来は?なぜ五月五日になったの?端午の [続きを読む]
  • 一月七日『人日の節句』て何?人日の節句の由来や意味、七草粥とは?
  • お正月休みが明けるこの頃、お屠蘇(とそ)気分を引きずりながらも出勤し、一気に日常に目覚めるのがこの時期ですね。毎年この時期はほんとに辛い…((+_+))しかも連日の暴飲暴食で必ず太る時期…そんな不健康な時に必ず耳にするこのニュース。「1月7日には七草粥を食べる日です」毎日食っちゃ寝、食っちゃ寝の正月休みでもたれた胃に、消化のよい七草粥を食べて胃を休めてあげる。そんな日だってことはみんな知っていますよね。 [続きを読む]
  • 七夕ってどんな行事?仏教?神道?中国起源?由来は?
  • 7月7日は七夕です。七夕は、「たなばた」もしくは「しちせき」と読んだりします。ところで七夕ってよく考えたら何の行事なんだろ…短冊に願い事を書いて笹に飾ったりするイベントなのは知ってるけど、変な形の折り紙とか飾ったり。何か意味がありそう。それに、なんで七夕と書いて「たなばた」って読ませるの?無理やり感が半端ないです。う〜ん…なんだか宗教っぽい感じもするけれど、一体この七夕の由来って何なんでしょ…最近 [続きを読む]