香 さん プロフィール

  •  
香さん: 告白・・・想い出の男たち
ハンドル名香 さん
ブログタイトル告白・・・想い出の男たち
ブログURLhttp://kaorinokokuhaku1.seesaa.net/
サイト紹介文夫には話せない私の過去、恋愛、結婚、妊娠、離婚と人生を過ごし心に残る想い出、聞いてくれますか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 35日(平均5.2回/週) - 参加 2018/04/19 14:40

香 さんのブログ記事

  • 校外学習をサボって入ったラブホ
  • 校外学習を抜け出しデート・・・本当に久しぶりの二人の時間に香は嬉しくて・・・いつもよりも甘えていたと思いますもう、帰る時間だ・・・と思っていたら「ホテルに行ってもいい」と彼が・・・その言葉に心臓が“ドキッ”“どうしよう・・・”照れくさくて・・・“恥ずかしい・・・”そんな香を彼が肩をギュと引き寄せベッドに・・・「香・・・」香の身体を抱きしめますいつもより強く・・・“抱きしめられたかった・・・”何度、 [続きを読む]
  • 校外学習で・・・ふたりきり
  • 香の誰にも言えない事・・・それは衝撃的な出来事でした叔父さんを許したわけでもなくまた許さないというわけでもなく今はやっと、遠い昔、過ぎ去った過去のように感じられるようなりましたそんな香に彼ができその彼に抱かれる、なんて思ってもいませんでしたまして学校から帰る道中、バイクで入ったとはいえラブホテルに入る・・・そんなことも考えもしなかった香ですだけど・・・何度も彼に抱かれるうちに肌から伝わる愛しさを知 [続きを読む]
  • 幼馴染に救われた・・・女心
  • 誰にも言えない事・・・それは、高校二年生の夏休み・・・大好きだった叔父さんに少女の気持ちは裏切られました本当に、悲しくて男性を“怖い”・・・と思い込んでしまうほど衝撃的な出来事です親せきだけに、会わないということもできませんなにか事あるごとに、普段通りに普通どおりに・・・だけど話かけられても答えれない・・・周りに他の親せきがいたらまだいいものの叔父さんと二人になったりしたら・・・心配は的中します叔 [続きを読む]
  • あの夜・・・誰にも言えないこと (衝撃体験2)
  • 夏休み、従弟たちの家に泊まりに行き楽しい思い出になるはずだったのに衝撃的な出来事が香に起きてしまいました寝ている香の身体を叔父さんが触っているのです必死に力の限り抵抗する・・・それしかありませんでも・・・力で勝てるわけもありません声が出せないように口を叔父さんの唇でふさがれてしまい離れたと思ったらすぐに片方の手でふさがれてしまい話すことができません「お願い、やめて!」と言っているのに「んぐっんぐっ [続きを読む]
  • 夏休みに経験した衝撃な出来事・・・・
  • 初めてラブホテルというものを経験しました17歳の香にとって、鏡に囲まれた部屋は、ちょっと衝撃的だっただけに鏡に映った自分が自分ではないような他人をみているような不思議な感覚になりましたそして、彼に対し“もしかして、香の前に誰かいたの?”などと思ってしまった香だったのです香のことは自分でよくわかっているのでだから彼が初めて抱かれた人だということは自分で知っていますでもファーストキスの相手は彼ではなか [続きを読む]
  • ラブホテルの部屋で彼に・・・
  • 学校からの帰り、初めてラブホテルに入りましたあまりにも見慣れない雰囲気に緊張し落ち着かないでも・・・「香と二人になりたかった・・・」の彼の言葉で深呼吸するかのようにホッとし落ち着いていった香でした彼が部屋の電気を消すとベッドに淡い照明があたりそれがなんとも表現できない恥ずかしさです「香・・・」香の肩に手をあて香をベッドに倒す彼・・・初めてではないはずなのにドキドキがとまりません彼の唇が重なりいつも [続きを読む]
  • 初めての・・・ラブホテル
  • 17歳・・・香は多くの経験をしました女性として“初めて・・・”と言える経験ばかり同級生の男の子みんなの人気者、硬派で通っていた男の子その彼に抱かれるたびに、香は女性としての花ビラを一枚一枚咲かせていくのでした新学期が始まり秋の訪れを感じる風が吹き始めるころ学校の帰りいつもの電車の中で「なあ・・・今日は時間も早いしこのまま一緒に行こう、帰り送るから」と彼が言いました夏休みからゆっくり何処へも行ってな [続きを読む]
  • ファーストキスの思い出と共に・・・・
  • 17歳の夏・・・香は初めて彼と旅行にいきましたそして初めて彼と一夜を過ごし彼に抱かれ初めて“気持ちがいい・・・”という感覚を知りました抱かれるたびに変化していく香に“戸惑い”がなかったとは言えませんだけど肌を重ね会うたびに“戸惑い”は“愛しさ”に変わり香の身体は彼によって一枚一枚、花びらが開いていくのでしたあっという間に一泊二日の初めての旅行が過ぎていきました帰り道・・・あまり話もせずにただひたす [続きを読む]
  • 初めての外泊・・・エピローグ②
  • 海辺の別荘にて初めての外泊・・・初めての朝・・・前回の続きより・・・・彼は、いつものように香を触り始めます少しだけ、しびれるような感覚になっていた香の小さなつぼみが彼の指で触られ、さらに“ビクンビクン”としびれたような感覚が走ります「あっ・・・」少し大きな声がでてしまいます触られることに、この時の香の反応は彼の指の動きに“気持ちいい・・・”と感じていたのでしたさらに付け加えると“触ってほしい・・・ [続きを読む]
  • 彼に抱きしめられ・・・外泊エピローグ
  • 17歳の夏・・・・彼と初めて一夜を過ごしました帰る日になりさあもう帰ろうと玄関へ向かうところを彼に抱きしめられ “まだ帰りたくない・・・”そんな二人の気持ちが重なり合いソファーに倒れこみ彼に求められるままに受け入れ下着、一枚だけになりました彼の手が下着に触れた時香は、彼の手をつかみ、彼を止め彼の目を見て“ううん”と首を横にふり自分で脱ぎました何故なら、これだけは脱がされるのが、恥ずかしかったからで [続きを読む]
  • 彼と初めて迎える朝・・・
  • 17歳の夏・・・彼と初めて一夜を一緒に過ごしました香にとって一生のうちで忘れられない経験でしたそれと同時に大人の女性として一段階、花を開いた夜でもありました。彼がシャワーに行っている間,ベッドに一人横たわり思い出してしまいますあの感覚が全身に伝わった時 “ダメ・・・”と思ったのに、彼の動く指を“やめて” とは思いませんでした“どうしよう・・・・”今ならあの時の、心の中がわかります“気持ちいい・・・ [続きを読む]
  • 初めての・・・”絶頂”
  • 前回の続きより・・・彼も「香・・・」と名前を呼んでくれます彼の息づかいがさらに激しさを増していきますそして彼の動きも激しくなりますそんな彼をうっすら開けた目で見ることができていますさっきまで戸惑っていた香なのに愛おしさが心の中を満たしてからというものの彼を見ることができるのですというか“見ていたい・・・”そう思ったのです目に映る彼は学校での彼とは違いますまぎれもなく香だけしか知らない彼なのですあの [続きを読む]
  • ベッドの上で・・・二人きり
  • 彼と二人だけで、お泊り旅行に行った香・・・親に嘘をついたことに、ちょっと心をとがめながらの出発でしただけど彼と二人の時間がたつにつれ、もう彼のことしか心の中にはいませんでしたそして香は少しずつ少しずつ少女から、また一つ大人の女性に変化していくのでした夕食後、夕日が沈み夜のベールが辺りを始め二人が泊まる部屋はすっかり夜が訪れたころ香は、彼とベッドに横たわっていました薄暗い月明かりの中、彼の唇が首筋に [続きを読む]
  • 彼と過ごす一夜・・・
  • 前回の続きから・・・・彼がお風呂から出てきましたなにやら飲み物を冷蔵庫から取り出していますベランダに来て「気持ちよかった?はいこれ」と冷たく冷えたラムネをくれました「ありがとう」二人ベランダで波の音と知らぬ間に出た月明かりの中、ラムネを片手にたたずんでいました“カタッ・・・”彼が椅子から立ち上がる音です香の背中に彼がたちました“ドキドキ・・・ドキドキ・・・”何も話さなくなった彼に心臓が鼓動しますそ [続きを読む]
  • 心の変化に戸惑う・・・
  • 17歳の春、香は初めて男の人に抱かれました同じクラスの男の子人気者の男の子その彼と夏休み初めて二人だけで旅行に行きました一泊二日のお泊まり旅行思えば、初めて彼の部屋に遊びに行ったときに「今度は泊りがけで行こう・・・」とすでに彼から言われていたのですあの時は“泊り”という言葉にドキッとして戸惑いましたなぜって・・・香は、まだ男の人を知らない“少女”だったのですから・・・でも・・・彼の部屋で初めて抱か [続きを読む]
  • 二人きりの部屋で・・・
  • 前回の続きより・・・・「香・・・」呼ぶ声が聞こえます“・・・・君”彼の呼ぶ声が頭の中に聞こえてきますなにか温かいものが唇に触れています“・・・・・君!”一瞬にして目が覚めました目の前に彼の顔がありますそして目を開けると同時に彼が抱き寄せました「香・・・・」どうしてなのか彼に抱き寄せられた瞬間からもう覚悟というのでしょうか彼に抱かれることを受け入れていました何だか怖いと思ったはずなのに目の前いる彼が [続きを読む]
  • 海辺の別荘で二人きり・・・
  • 前回の続きより・・・・ジッーと彼の顔をまじかで見て“・・・・君って二重なんだ・・・・きれいな目・・・お兄さんとは似てないよなぁ・・・どちらかというとお母さん似?”などと思っているうちに彼の目がうつらうつら・・・香を抱きしめたまま寝てしまいました“・・・・君、寝ちゃった・・・”彼の寝顔を見るのも初めて・・・というよりも、男の人の寝顔をまじかにして、しかもベッドで二人で寝ている!この現実!本当???? [続きを読む]
  • 初めてのお泊り・・・・
  • 17歳・・・六月・・・大好きな彼に抱かれることに戸惑いを感じました今、思えば本能のままだった彼なのに17歳の香には、そんな彼が複雑でした一か月前のあの時はどうしようもなく溢れる感情でみたされ“愛する”ということを知ったように思えたのにどうしてか切ない・・・香の戸惑いとは関係なく彼は香を抱きましたそのことがとても寂しく感じられたのです彼の香を求める激しさがやさしさの中に、怖さを感じたような複雑な気持 [続きを読む]
  • 彼の部屋で・・・彼から男性を感じる戸惑い
  • 再び訪れた彼の部屋。衝撃の出来事から1か月・・・2人きりの部屋で・・・前回の続きよりドキドキ、ドキドキなにをそんなにドキドキしているの?と自分でも思うほどどきどきしていました。そんな時、彼が「香、ほらっ俺の服、制服干すから着替え」と彼のTシャツをポンと投げました受け取った香は「ありがとう!」と言ってトイレにいこうとすると「俺、昼ご飯、買ってくるからその間に着替えとき」と言ってくれました。彼は、階段を [続きを読む]
  • デート後に再び彼の部屋で・・・1
  • 17歳、高校三年生彼と二人だけの秘密を持ちました。とても甘く胸が苦しくキュンキュンする毎日並んで歩いていてもちょと、彼に触れるだけでドキッ!としてしまいます。授業中でも彼の横顔を見るだけで、キュン!としてしまいます時々、ジーッと見つめては 小さく 「はぁ・・・」とため息本当に恋するってこんな感じ?と思うほどでした。今の、香が、当時の私たちを観たら“あらっ、この子達・・・・ふう〜ん、そうなんだ〜”と [続きを読む]
  • 青春・・・お弁当を初めて創った
  • サナギが蝶へ  少女から大人へ・・・17歳の春・・・香は、初めて男性に抱かれました同じクラスの男の子女の子の憧れの的だった彼何気ない、バレンタインデーの会話からは想像もつかない出来事でした誰にも言わない 彼と私だけ“秘密”・・・  “初体験・・・”誰もが経験し通る道香は、彼の腕の中で“愛”というものを知り“女”であることを教えられました。周りのすべてがきらめいて   ドキドキする毎日・・・彼と目が [続きを読む]
  • 大人への入り口・・・初めて受け入れる日
  • 彼の部屋での彼とのファーストキス。幸せの中で感じた「怖さ」負けた香。前回の続き・・・・でも・・・彼が好き・・・どうしたんだろう・・・と思うほど彼が好きあのまま、そんなことは考えるな・・・と思うほど彼が好き・・・  なのに・・・ほんと・・・自己嫌悪にさいなまれる夜でした・・・また学校が始まりいつもの彼と同じ優しくてカッコイイ彼のままでした「もう一本遅らす?」と駅で話をしたり遠回りの電車に乗って帰った [続きを読む]
  • 大人への入り口・・・ファーストキス
  • クラスメートとして憧れてた1人の男子。予想外の展開からお付き合いを始めることに・・・前回からの続き・・・・月曜の朝・・・誰も知らないのにクラスに入るのが、照れくさくて・・・隣の席に座る彼が、いつもと違う感じがして・・・なんだか気恥ずかしくて・・・彼とは、普通に話ができるのだろうか?とドキドキした朝でした。「おはよう・・・昨日は大丈夫やった?」「うん、大丈夫、ありがとう」「雨に濡れて寒かったから、風 [続きを読む]
  • 大人への入り口・・・新しい彼氏
  • 大人への階段を昇る・・・・誰でも、少女から大人へと変わっていくものです虫から蝶へと羽ばたく瞬間は、一生のうちで一度しかない瞬間香が蝶だったら大きく羽を伸ばし空へと飛びだった解放感を忘れることはできないでしょうだって地面を張っていた毎日から自由に、空をどこまでも飛んで羽は太陽の光で美しく輝いているのですからそして、その瞬間は人生において一度しかないものだと二度とは戻れない尊いものだということを、後か [続きを読む]
  • はじめまして・・・香です。
  • はじめまして!    香と申します。この度、思うところありまして、私事ですが誰にも言えなかった素直な心の中のつぶやきを話してみようと思いました。現在の、私に至るまで。、色々なことがありましたどう思い、どう生きてきたか  その中で、男性との出会いのたび    どうとらえて、別れ巡り合ってきたのか…素直に、心の中を覗いてみたくなりました。たわいもない独り言ですが共感できるところがあるかもしれません。少 [続きを読む]