はしっ子 さん プロフィール

  •  
はしっ子さん: こだわりの言語聴覚士はしっ子のこだわらない話
ハンドル名はしっ子 さん
ブログタイトルこだわりの言語聴覚士はしっ子のこだわらない話
ブログURLhttp://hassikko.hatenablog.com/
サイト紹介文オホーツク北見のまちづくりのこと、フリーランス言語聴覚士のこと、本のこと。本当にこだわらない話です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 139日(平均2.3回/週) - 参加 2018/04/19 16:14

はしっ子 さんのブログ記事

  • 選んだ頃のように
  • 【第47回】深夜にブログを更新するものではなく。昔から、手紙は夜中に書くなといわれているそうで、夜はどうも文章がおかしくなるらしい。感情にのせて、前頭葉の働きが弱くなっているのでしょうね。自分の仕事をふと考えると、どうやっても、そこに「じいちゃん」の存在がある。じいちゃんがいたから深く知ったこのお仕事。じいちゃんがいたから出逢えた人。今回、新たな仕事の展開を始めたことで、「嚥下障害」をキーワードに、 [続きを読む]
  • 伴走
  • 【第46回】お店がオープンしました。毎日、いろんな方とお話しします。楽しい…。会いに来てくれる人、遊びに来てくれる人、いろんな人達の価値観に触れられることが、何よりも楽しいです。「伴走」最近ふとしたきっかけで、このキーワードがしっくりときました。伴走すること。人々に、暮らしに、生活に、歴史に、文化に、伴走する。全員にわかってもらえなくてもいい。だけれども、伴走という言葉が、一番しっくりときました。と [続きを読む]
  • ときどき、どきどき。
  • 【第45回】ときどき、どきどき。ときどき、バクバク。最近の心境です。ある感情がふと脳裏をよぎり、心臓の鼓動が早くなることを感じるのです。それは… 「もし、 上手くいかなかったら…、」 この言葉がポコっと浮かぶと、あれよ、あれよという間に不安の渦へ引っ張られてしまいます。初めてのカフェ準備を日々進めながら、時々、意図していないのに、頭にもやもやっと浮かんできてしまうのです。ど [続きを読む]
  • 望み
  • 【第44回】いつも、読んでくださっている皆様。私のこだわってるんだか、こだわってないんだかわからない話をご覧になってくださりありがとうございます。本日は堂々と、 「こだわりの話」 をさせていただきます。 現在、北海道北見市の街中に 箱カフェまんまる茶茶 を準備中です。全くのはじめてのことにとまどいながら、関係者に頼りまくりながら縁を繋いでいただいて、準備は順調に進んでいます。すでに、2 [続きを読む]
  • 自分で望ましい環境を掴む
  • 【第43回】改めまして、私は北海道北見市で言語聴覚士として働いています。職業としてはまだまだマイナーで、「何する人なの??」という感じですが、実はオホーツク管内はこの言語聴覚士が北海道内でも多い地域で、この地域の言語聴覚士はたくましく元気に働いています。ですが、私が社会人デビューから現在までお世話になっている介護老人保健施設○○○○さん(現在は非常勤勤務)では、非常勤の私含む、言語聴覚士2名体制、一 [続きを読む]
  • NPO食べる力・円のロゴの意味
  • 【第42回】突然ですが、皆様、こんなロゴ見たことありますか?これで、見ましたね!!そうです、私が代表を務めるNPO食べる力・円のロゴマークになります。団体を立ち上げてから、1年2か月とまだ日は浅いですが、細々ながら、地道にここまでこれています。立ち上げ時、何から始めたらよいのか、何もわからなかったのですが、その時、なぜか「ロゴを作らなきゃ!」と思い、制作をお願いし、出来上がったものがこちらになります [続きを読む]
  • 【臨床実習生へ】失敗学のすすめ
  • 第41回【失敗学】失敗から学ぶこと。赤ちゃんは、転んでは泣き歩けるようになるまで転び転びから学習して歩けるようになる自転車は乗れるようになるまで悪戦苦闘しないと絶対に乗れるようにならない体が覚えるまでひたすら練習失敗から学んではじめて自分のものになる。子供の頃、あれだけ失敗して学んできたのに、どうやら社会人では失敗は認められにくい模様。経験したことからしか真に学べないし、失敗があるからほんのちょっと [続きを読む]
  • 【介護・医療職を目指す人必見!】患者さん目線の入院体験記
  • 【第40回】この度、婦人科の方で計6日間入院しまして、本日退院の運びとなりました。一般的には短い期間ですが、手術を伴うものであったため、多くの方に心配をして頂きました。ありがとうございました。ここで、私の備忘録も兼ねて、6日間の入院体験記を残したいと思います。そして、その体験なんですが、日頃、言語聴覚士として医療・介護業界にいる私が患者さん側の気持ちを感じることができ、気付きがあったので、この業界の [続きを読む]
  • 反発心を分析する、こんな朝。
  • 【第39回】現在、諸事情でちょびっと入院しているはしっ子です。その入院している部屋から見える現在の空です。曇り空です。不穏です。現在の私の心を写すようです。今日はお見舞いである人が来てくれます。うちの母親です。「わーい!お母さんが来てくれるー!」では、ないのです。うちの母親、重度の心配性です。事あるごとに心配する。勝手に思考を発展させ、思い悩んで眠れなくなる、なんてしばしば。だから、いつも母親になに [続きを読む]
  • 音が好き。
  • 【第38回】音が好きです。音楽ではなく、音。その奥に「人」を感じるから。話し声は、人が生きている音。車の音は、働く音。工事現場のガガガガガは、街ができていく音。音があると、そこで暮らす人々の息づかいを感じます。音があると、人がいると感じる。家で一人無音にしてみると、町内会の音が聞こえます。みんなここで暮らしてる。音が聞こえる安心感。わたしだけでしょうか? [続きを読む]
  • 女の生き様を知る。
  • 【第37回】突然ですが、私はおじいちゃん子です。私の祖父、達男さん。91才で、9年前に亡くなりました。今日まで生きていたら、ちょうど100才になります。おじいちゃん子だから、無条件にお年寄りの方が好き。というところはありますが、たくましく生き抜いてきた戦前前後の時代を知るおばあちゃん達には、女性としての生き方を教えて頂いている気がしてなりません。ちょっとかっこよくてたくましい。女の生き方を教えてもらえるお [続きを読む]
  • タイミングは、ここぞの時に。
  • 【第36回】私は、読書普及協会チーム北見として活動していまして、昼の読書会なるものを主催しています。読書普及協会チーム北見の活動はこちらhttps://www.facebook.com/読書普及協会-チーム北見-658436010939885/?ref=bookmarks 「タイミングは、ここぞの時に。」 読書会に参加するようになり、その読書量が飛躍的に増えた私ですが、本を読んでいると、時々、こんなことがあります。 「あっ、この本、今が読むべきタイ [続きを読む]
  • 想像よりもリアルを追求せよ。
  • 【第35回】ゴールデンウィークに、ちょっと仙台へ行ってきました。旅行が好きで、というのも、自分の知らない土地で風土や文化が違い、同じ日本なのに全然違う世界と思うと、胸高なって、わくわくがとまらないのです。そして、その経験がのちに化けてゆく。大きな気付きとなってゆくのです。私は、そんなに優秀な方ではありません(笑)知ってることだって限られてる。だからこそ、家の中であっても、外ではもうとびきりに五感をフル [続きを読む]
  • 「1」の経験から「100」を学ぶ。
  • 【第34回】先週末の4月28日(土)北海道網走市にて、オホーツクキャリアデザイン主催おしごと見本市に NPO食べる力・円として、 出展しました。オホーツクキャリアデザインネットワークの方に声をかけて頂いたことをきっかけに、初めてのイベント出展、ドキドキしながら準備を進めてきました。 今回のイベントテーマは、「起業をめざす女性向け」 「私って、起業したことに入るのかな?」「起業」って、一体どこか [続きを読む]
  • 募金箱でできる?!コミュニケーション
  • 【第33回】募金箱でできるコミュニケーション。なんだろう、それ??期待に裏切らず、読んでくれている全員の方が思っていると思います(笑)私は習慣として、募金箱を見つけたら募金するようにしています。よく見てみると、スーパー、コンビニ、駅など、あちらこちらにある、この募金箱。ある人から教わった「募金道」を、ひとまず始めてみて2年くらいになるかと思います。募金といっても本当に少額で、10円とか、100円とか、負担な [続きを読む]
  • あの時の経験が、今いかされていて、自分でも驚いている話。
  • 【第32回】新社会人の皆様、お疲れ様です。かつての新社会人の皆様、(なんか変な言い方)毎度お疲れ様です。期待に胸ふくらませて、新社会人になって、ゴールデンウィーク前は、しんどくなる人が多いみたいですね。本当にごくろうさまです。自分の時で振り返ると、「よし!ゴールデンウィーク休むぞー!」と張り切っていたら、そもそも祝日は休みではないことを就職してから気づく、雇用条件も就業規則もほとんど確認しないまま働き [続きを読む]
  • その先を超える。
  • 【第31回】「その先を越える。」昨日は、私の住む北見市のまちづくりに関する会議がありました。テーマは「北見市の人口減少問題」いまや日本中どこの町も同様な問題を抱えていますが、その町に暮らす住人には「リアルな実感」がわかないものかもしれません。私なんかは、たとえば今年の4月からの一部商品の値上がりは配送スタッフ不足による物流コスト増加にかかわるものであることや、スーパーのセルフレジ化、都心部 [続きを読む]
  • 発見探索、日日是好日
  • 茂木健一郎さんによると、 「子どもの頃、一年一年が長く感じたのは、日々発見が多かったから。大人になると一年一年が早く感じるのは、経験によって日々発見が少なくなるから。」 だそうで、本日、少しそれに逆らってみました。 ポイントは、少しずつ日常と違う生活をする一日において、いかに発見体験が出来るか、です。 最近、オープンしたばかりの店に行く。平日のランチタイム、通常バタバタしているはずの時期、時間で、店内 [続きを読む]
  • 原点回帰(結局、心の奥底の願いに戻っていく)
  • 最近、猛烈にすすめていること。嚥下カフェ&箱カフェの計画、受注先の依頼、NPO法人格取得に向けた申請準備。どちらも無数の手続きを踏まなければならないけど、これらは、同時進行で進めていかなければならない。それは、時期が来たから。兼ねてから準備中であったこと、「こうだったらいいな」の構想してたこと、それらの「下準備」が完成されて、時期が来たから、次のステップに入っている。周りからみたら、急い [続きを読む]
  • 勉強しなきゃ、もったいないよ。
  • 普段の私を知っている人は、驚く人もいるかも?しれませんが、実は元来なまけものでして。「基本的になんにもしたくない」っていうタイプの人です。ですが、自他ともに認める真面目さと、知らない世界を覗いてみたい、よく言えば好奇心旺盛、悪く言えばただのミーハー心、また、観察好き、分析好きな性格と、職業をとおした特異な経験が相まって今の活動に至っています。仕事柄、人生の最期、人が亡くなる、命がつきる [続きを読む]
  • 私がブログを書くとき、書かないとき
  • 新年度ですね。年度末を終え、無事に新年度を迎える。フリーランスになってから、会社勤めの頃よりも節目、節目の意識が強くなりました。確定申告や報告雑務、年度末のお仕事をしながら、今年度の反省と来年度の取り組みを組み立てていく。締めの作業があるから、次のステップが見えてくる。一つ一つ取りかかる事柄を通して、新たな発見があること。それが、本日のテーマです。「私がブログを書くとき、書かないと [続きを読む]
  • 専門職よ、業界の最新トレンドを意識してますか?
  • 【本日のテーマ】「専門職よ、業界の最新トレンドを意識してますか?」どんな業界でも、その職業になりたての時に習ったものでも、数年〜数十年従事する中で、その業界の”常識”はどんどん変化していきます。とくに医療の世界は、その”常識”の変化はすさまじく、高血圧の基準値などは、数年単位で変動しています。脳科学などはその代表格で、いまだ判明していない部分は数知れず、だからこそ、医療従事者としては、今 [続きを読む]
  • 好循環サイクルを人力で起こすべく!方法を探ってみた
  • 好循環の反対は悪循環。誰だって、良いサイクルでまわればいいな、と思うだろうし、どんどん事が悪化するような負のスパイラルは避けたいのは当然だと思う。これは、主に私の場合。仕事がなんとなくのらないとき?なんとなく家事も億劫になる?自然と家の中が乱れる?家の中がごちゃごちゃしてくると、イライラする?なにもやりたくなくなってくる?最初に戻る見事なまでにこのスパイラルがあり、どこからスタートして [続きを読む]
  • 続・私流シリーズ エネルギー変換の仕方
  • 知っている人は、知っている。自分のことをお話ししますと、私は現在、不妊治療をしておりまして。丸4年、もうすぐ5年目に入ります。自分が不妊治療まっただ中にいて感じることは、この治療の世界は、憶測や情報だけが飛び交い、不妊治療の現場(正しい知識)は全然知られていないと感じます。妊活中の人でも情報の過不足があるので、当事者ではない方であれば当然のことです。そのため、不用意な言葉や行動に傷ついた [続きを読む]
  • 私流・読書との向き合い方
  • 私にとって読書とは、娯楽であり、学びであり、生活の中の一部であり、相棒であり、知的財産である。 たまに、「読書なんてしても意味ないよ」なんてご丁寧に教えてくれる人がいるので、「なにをーー!?」と一瞬思うけど(笑)、 まぁ、あまり気にせず、日々、淡々と本を読む。 しかし、そんな私が最近、ちっとも本が進まない。 かれこれ1ヶ月以上になる。月が変わったら何か変わるかも?と期待していたけど、どうやら状態は変わら [続きを読む]