てら さん プロフィール

  •  
てらさん: コースマネジメントでゴルフはもっと上手くなれます
ハンドル名てら さん
ブログタイトルコースマネジメントでゴルフはもっと上手くなれます
ブログURLhttps://golfbeginnersan.com/
サイト紹介文コースマネジメントが出来ないと練習場でナイスショットが出ていても、ゴルフコースではスコアが伸ません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 36日(平均8.8回/週) - 参加 2018/04/19 18:53

てら さんのブログ記事

  • 3パットをしないためのスコアアップマネジメント
  • パッティングのアドレススコアを縮めるためには、パッティングは非常に大事です。基本を知ることにより、今まで感覚だけで打っていたパットが、より考えるパットとなり面白いようにカップに吸い込まれることでしょう。まず、アドレスですが、スタンスはこぶし3つ分(肩幅程度)の幅にします。姿勢は重心をあまり低くせず、腰高位がベストです。パッティングラインを見つけたら、そのラインと平行に構えます。ボールの位置は、スタ [続きを読む]
  • グリーまで距離があるバンカーショットの打ち方
  • 距離のあるバンカーショットのコツプロでも難しいと言われるピンまで40ヤード前後のバンカーショット。プロが難しいと言っているのに、アマチュアはどう対応したら良いのでしょうか?グリーンまで距離があるので、今までのようなショット(エクスプロージョン)ではグリーンまで届かず、脱出は不可能です。それならば、スイングアークを大きくしましょう。アドレスではスタンスをいつもより狭く(肩幅程度)して、スクエアに構えま [続きを読む]
  • バンカーからの簡単脱出方法
  • バンカーからの脱出は簡単ですしかし、バンカーショットは難しい、と言う潜在意識があるため、苦手にしている人は多いと思います。でも、大丈夫です。ちょっとしたコツを覚えれば、バンカーからのショットは難しくありませんので、是非そのコツを覚えてください。状況が比較的良い場合のバンカーショットバンカーエッジまでの距離が2〜3メートルでピンに近く、砂の上にちょこんと乗っている、しかもあごは高くない場合は簡単です。 [続きを読む]
  • パーを取るためのコースマネジメント
  • ショートホールのコースマネジメントショートホールはパーを取りやすいホールと思っていませんか?特に距離の短いショートホールでは、ピンを直接狙って上手くすればバーディー。なんて、欲張った気持ちも生まれることでしょう。でも、ちょっと待ってください。ショートホールは大叩きしない事が求められます。ショートホールでのコースマネジメントは、単なる距離だけを見てはいけません。グリーン周りには、バンカーはありません [続きを読む]
  • トップとダフリが止まらない悩みを解決する
  • トップを止める練習とは?トップとは、ゴルフボールの上の部分を打ってしまうミスです。トップはボールが高く上がらず、地を這う低い弾道、若しくは、ゴロで目標方向に転がって行きます。チョロでゴロゴロもありますね。ダフリと違い、幸いにも?目標方向に進んでいきますので、結果オーライや大きなミスが少ないものです。しかし、気分的には嫌なもので、ナイスショットを狙いたいものです。原因としては、1 スイング中に前傾姿 [続きを読む]
  • トップとダフリが止まらない悩みを解決する
  • トップを止める練習とは?トップとは、ゴルフボールの上の部分を打ってしまうミスです。トップはボールが高く上がらず、地を這う低い弾道、若しくは、ゴロで目標方向に転がって行きます。チョロでゴロゴロもありますね。ダフリと違い、幸いにも?目標方向に進んでいきますので、結果オーライや大きなミスが少ないものです。しかし、気分的には嫌なもので、ナイスショットを狙いたいものです。原因としては、1 スイング中に前傾姿 [続きを読む]
  • ドッグレッグのコースマネジメント
  • 右ドッグレッグの攻め方ティーグランドからグリーンが見えないドッグレッグホール。ドッグレッグは、途中で曲がっているホールのため、その攻め方は1打めの落とし所が重要。次のショットを打ち易い場所に運ぶことがポイントとなります。しかし、難しく考えるとそのホールの罠にはまってしまいますので、自分の球筋を考慮して、ミスをしないショットを考えドッグレッグホールを攻略していきましょう。右ドッグレッグホールでは、右 [続きを読む]
  • ゴルフの基本マナーは特別じゃない
  • ゴルフ場に着くまで、着いたときのマナーここでは、ゴルフ場に着いてからラウンドが終わり帰るまでの、覚えておきたい最低限のマナーについてお話しします。肝心なのはゴルフが上手い下手より、マナーを知っていることです。いくらゴルフがお上手でも、マナーが欠けていれば、ゴルファー失格です!ゴルフが上手でも、マナーがなっとらん!と言われる人は、嫌われます。その内お誘いも無くなるでしょう。一方、ゴルフが下手でもマナ [続きを読む]
  • ゴルフの基本マナーは特別じゃない
  • ゴルフ場に着くまで、着いたときのマナーここでは、ゴルフ場に着いてからラウンドが終わり帰るまでの、覚えておきたい最低限のマナーについてお話しします。肝心なのはゴルフが上手い下手より、マナーを知っていることです。いくらゴルフがお上手でも、マナーが欠けていれば、ゴルファー失格です!ゴルフが上手でも、マナーがなっとらん!と言われる人は、嫌われます。その内お誘いも無くなるでしょう。一方、ゴルフが下手でもマナ [続きを読む]
  • ゴルフの基本的なルールを覚えよう
  • ゴルフルール・最低限覚えてラウンドしようゴルフルールはある程度知らないと困りますが、ここではゴルフコースでラウンドする時に、ほぼ遭遇するであろうゴルフルールを拾い出してみました。一度に全部覚える必要はありませんが、ラウンドを重ねる中で少しずつ覚えていきましょう。<ティグランドのゴルフルール>☆ デベソでショットしてしまった時ティショットの時は、ティマークの内側からショットをします。ティマークよりも [続きを読む]
  • ゴルフの基本的なルールを覚えよう
  • ゴルフルール・最低限覚えてラウンドしようゴルフルールはある程度知らないと困りますが、ここではゴルフコースでラウンドする時に、ほぼ遭遇するであろうゴルフルールを拾い出してみました。一度に全部覚える必要はありませんが、ラウンドを重ねる中で少しずつ覚えていきましょう。<ティグランドのゴルフルール>☆ デベソでショットしてしまった時ティショットの時は、ティマークの内側からショットをします。ティマークよりも [続きを読む]
  • コースマネジメントの基本を知ろう
  • ゴルフコースのマネジメントは簡単ですマネジメントと聞くと仕事のマネジメントを思い出して、なんだか難しく聞こえます。仕事を忘れストレス解消?やリラックスのためにゴルフをしているのに、またマネジメント?!なんて思わないでください。では、言葉を変えましょう!コース攻略法です!ゲームでも攻略法があるように、ゴルフゲームも攻略法です。このコースを以下に攻略するか。攻略していいスコアを出そう!どうですか?わく [続きを読む]
  • ドライバーのフックボールが出始めた悩み
  • ゴルフラウンド中にチーピンが出てしまった時の修正方法ゴルフを始めたばかりの人は、スライスボールで悩みますが、次第にショットが安定してくると今度はフックボールに悩みます。でも、フックの悩みが解決すると、自分のゴルフスイングが完成に近づきつつあります。フックもスライスと同様に3通りの曲がり方があります。①右方向に飛び出してから左に曲がるフックボール②ストレートに飛び出してキレイに左に曲がるフックボール [続きを読む]
  • 初心者ゴルファーの悩みスライスボールを直したい
  • スライスボールの出る原因と直し方ゴルフを始めて最初に直面する悩みは、スライスボールです。スライスボールしか打てない人は、ビギナーさんと呼ばれています。そんなビギナーさんを早く卒業して、「もうビギナーと呼ばせない!」と胸を張りたいものです。打ったボールは、フェースの向いた方向に飛んでいきます。いわゆるスライサーの人は、インパクト時にクラブフェースが開いてゴルフボールに当たりその結果、スライスになりま [続きを読む]
  • 悪天候時のコースマネジメント
  • 強風の日のゴルフラウンドテクニック(春季節)強風が吹き荒れる日のラウンドは、体力的にもつらいものです。特に寒い時期の強風は寒さ対策も必要となってきます。(寒い日のラウンドは、別記冬季節で記載しますのでここでは、春先等の強風に付いてのラウンドテクニックとします。)自然の大きな力「風」。春先は季節的に過ごしやすくなってきますが、その反面、強風に見舞われることが多々あります。強風の日は、普段のショットで [続きを読む]
  • 悪天候時のゴルフラウンドテクニック
  • 強風の日のゴルフラウンドテクニック(春季節)強風が吹き荒れる日のラウンドは、体力的にもつらいものです。特に寒い時期の強風は寒さ対策も必要となってきます。(寒い日のラウンドは、別記冬季節で記載しますのでここでは、春先等の強風に付いてのラウンドテクニックとします。)自然の大きな力「風」。春先は季節的に過ごしやすくなってきますが、その反面、強風に見舞われることが多々あります。強風の日は、普段のショットで [続きを読む]
  • シャンクの悩みラウンド中の修正方法とは?
  • シャンクが出る原因とは?シャンクはあまりにも突然に出るトラブルショットです。今まで目標方向に飛んでいたゴルフボールが、意に反して右へ飛び出してしまうと、ショックが大きいものです。と言うよりも、怖くてゴルフクラブが振れない気分になってしまいますよね。シャンクを経験したことは、1度や2度はあることと思います。その原因はいったいどこにあるのでしょう?シャンクは狙って打つものではありませんが、狙ってもほとん [続きを読む]
  • ラフからの脱出するための打ち方とクラブ番手
  • ラフの状況を確認しましょうプッシュアウトや引っ掛けで、ゴルフボールが左右のラフに入ってしまった時、あなたならどう打ちますか?まずはラフの状況を確認しましょう。ラフからのショットは草がクラブヘッドに絡みつき、思うように打てません。振りぬくことが難しいので、ミスの確立が高くなります。まずはラフの状況を確認してください。幸いにもゴルフボールがラフの上にあれば、ミドルアイアンでも打つことが出来ます。しかし [続きを読む]
  • 傾斜地からの脱出方法
  • 傾斜地の状況を確認しようナイスショットでフェアウェイにゴルフボールを運んでも、コース上はフラットな場所はほとんどないと言っても過言ではありません。フラットに見えても、傾斜地ばかりだと思ってください。傾斜地には、①つま先上がり②つま先下がり③左足上がり④左足下がりの場合があります。この傾斜地の違いによって、打ち方も違ってきますので、そのショット方法をマスターしてください。傾斜地の打ち方をマスターした [続きを読む]
  • スタートホールのティーショットは誰もが緊張している
  • 朝一のドライバーショットが不安な人楽しいゴルフのはずですが、何故か朝一番のスタートホールでは、ティーショットを気にして緊張している人がいます。でも大丈夫です!緊張しているのはあなただけではありません。ほぼ全員緊張しています。ビギナーさんはもちろん、中上級者の方でも緊張しているんです。プロでさえも少なからずスタートホールは緊張するものです。安心してください。では、何故緊張するのでしょうか?スタートホ [続きを読む]
  • パットの攻略法は、意外と簡単です
  • パットの苦手意識をなくそうバンカー同様、パットも苦手だ!という人も多いと思います。その理由は何でしょう?パットは感覚的なもの、距離感がうまくつかめない、芝目が読めない。等々あるかと思います。また、練習場へ行ってもパット練習をする人はあまり見かけません。(パット練習する場所がない練習場もあるためでしょうね)これでは上達が望めませんよね。しかし、ドライバーやアイアンと違って、パター練習は自宅で出来るの [続きを読む]
  • ドライバーのスライスを直したい
  • スライスが出るわけボールを飛ばしたいあまり、当てに行く手打ちになりその結果、クラブの軌道はカット軌道となりスライスボール。初心者の方は必ずと言っていいほど、スライスに悩まされます。これを直すべく、いろいろな練習に取り組みますが、中々スライスが直りません。なぜ、スライスしか打てないのか?一番の原因は、カット軌道とカット打ちによるものが一番多いのです。原因スライスは、ボールに右回りの回転かかることによ [続きを読む]
  • 斜面からのアプローチでスコアを縮めよう
  • 斜面からのアプローチせっかくグリーンに近づいたにもかかわらず、グリーンをオーバーしてしまうと、そこはたいがい斜面となっています。落ち着いて対応しましょう!あわてないで、ゆっくりと。グリーン周りでの斜面からのショットで、一番多いのは左足が下がっている場合と左足が上がっている場合です。この左足下がりと、左足上がりでは斜面に逆らってはいけません。斜面に仲良く沿ってアドレスして下さい。斜面に逆らうと、ダフ [続きを読む]
  • ドライバーはシンプルスイングで飛ばせます
  • スイングは無駄な動きを抑えようスイングは一連の流れで成立し、ゴルフボールを飛ばしていきます。そのスイングをこま切れに考えてしまうため、スイング自体ギクシャクしてしまい、ドライバーが苦手と言う初心者の人が多いと思います。例えば、アドレス、バックスイング、ダウンスイング、インパクト、フォロースル―。いかがですか?ゴルフの教本や雑誌では、そのパーツパーツで解説していますよね。その連続が一つのスイングにな [続きを読む]