山桜 さん プロフィール

  •  
山桜さん: 大分県 九重町 明るい農村のカメラと自然
ハンドル名山桜 さん
ブログタイトル大分県 九重町 明るい農村のカメラと自然
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kujyutoki-kujyutoki/
サイト紹介文ブログを病休していましたが、イメージも新調して、再登録しました。 玖珠郡内を扱った自然ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 62日(平均6.4回/週) - 参加 2018/04/19 21:18

山桜 さんのブログ記事

  • 霧に煙る九重、鳴子山。オオヤマレンゲとベニウツギ
  • 昨年の鳴子山に有るオオヤマレンゲは、ツボミだったが、今年は早い6月の14日は鳴子山の、オオヤマレンゲの開花適期だと予想して、朝は5時に起床し、鳴子山行きの用意をした。嫁さんが、昨夜作っておいた朝食のオニギリを3個、お茶で流し込む。何だか、下痢の予兆が? マアいいか! 整腸薬を持参すれば何とかなるだろう。結局、何時もと同じて゜、何もしないのに、時間だけが過ぎる。牧ノ戸峠には、7時に到着しました。本日の歩数 [続きを読む]
  • 飯田高原(九重町)・草原のヤマトキソウ
  • 梅雨の晴れ間、高原の草むらに、ヤマトキソウを見付ける昔の話になりますが、飯田高原の農用地造成が昭和50年代頃から盛んに行われましたが、ヤマトキソウの有る当地もその頃、造成工事が行われ、残った野草地に10株程度のコロニーが、数カ所点在していました。最近、その野草地を歩いて見ると野焼きのされる野草地で、ササ等て゜草丈の短い野草地にかろうじて生育しているが、よく見ると株元に、小さなヤマトキソウが生育していた [続きを読む]
  • 地蔵原湿原のトキソウ、飯田高原、西端の隠れた湿原花園
  • 飯田高原の北西に位置する、地蔵原湿原。トキソウなどの湿性植物が咲いている。分かりやすく言うと、九電雨ヶ谷、貯水湖の西端です。自然歩道が整備されていて、貯水湖を一周可能だ。周囲から見えにくいこの湿原には、トキソウ、リュウキンカ、ノハナショウブサワギキョウ、チダケサシ、タムラソウ、シラヒゲソウ、ミズチドリ、カキランなど咲きます。トキソウなど見る為、やむを得ず、不法侵入して湿原に入る。貴重な植物を踏まな [続きを読む]
  • 飯田高原、野生の紅バラ・ツクシサクラバラ
  • 飯田高原での、ツクシサクラバラ/ツクシノバラの生育地は、ここだけの様だ。乾燥した草地がお好みのツクシサクラバラ/ツクシノバラ、野バラの桃色系かと思って、気にもとめない人が、殆どだったのでは?と思っていました。他地区には無い様ですね。農業施策は、80年代のウルグアイラウンドから最近まで、草原の基盤整備、牧草地化等で土着の植物の大半は消滅してしまいました。原因は、良くわからないのですが、このツクシサク [続きを読む]
  • 長者原、タデワラ自然探索、雨に唄えば
  • 6月の5日、雨の中・長者原のタデワラ、天地有情。風の強い日で無ければ、雨の中の長者原は、「天地有情」と申しますか、普段はどうでも良いカヤでさえ、艶やかに美しく見えます。雨の中、カメラは傘で雨よけして撮影するのが、お手軽です。風の強い日は撮影出来ませんが。カメラ用のレインカバーがあるのですが、レンズとファインダーが濡れますので、風が弱ければやはり傘が良いので、今でも傘を使用しています。ビニールの風呂 [続きを読む]
  • 九重町、紅花ヤマシャクヤクが咲いた
  • やっと紅花ヤマシャクヤクが咲きました。延々と5回も山歩きをして、生育地に通い、6月4日に紅花ヤマシャクヤクが咲いた。それまで藪山を嫌と言うほど歩いたので、少し藪山には、食傷ぎみです。おまけに、林内はの何処から来るのか?ハエの大群が寄ってきて、気持ちの悪い事この上無い。その上、昔からマムシが居ると言われる場所に近い。怖くて、ストックで辺りを軽くなで回して歩く。マムシ、スズメバチなどの毒を吸い出すポイズ [続きを読む]
  • 嫁さんと久住花公園へ〜車を飛ばす
  • 久住花公園へ車を飛ばす。久住花公園〜車の窓を、1/2オープンにして、爽快だ。久住花公園へと、涼風に吹かれて車を飛ばしていると、ブルンブルン、ブブブゥーとバイクとすれ違い、イージーライダー風のバイクに出合う。ヘルメットが、星条旗風にペイントされていました。イージーライダーとは日本では1970年に公開された、アメリカ映画の事。主演は、ピーターフォンダ、そして、デニスホッパーが出演していた。主題曲は、ステッペ [続きを読む]
  • 地頭原湿原「九重町」でレンリソウを見た
  • 九重、飯田高原内゛ホソナガ゛の場所から消滅していたレンリソウ2018−5−29私の前から、レンリソウが消えてから15年位になります。踏圧と刈り取りに弱く、いつの間にやら畑の畦道から消えていた。探して見ると、最初はこんな所に有る訳ないと思っていたが、案外有るんです。スイートピーなどと同じく、豆科の植物。種子には、毒が含まれる乾燥した草原性の山野草で、性質は弱い感じがします。........................... [続きを読む]
  • 紅ヤマシャクヤクのツボミに、紅色が差してきた
  • 九重町の紅花ヤマシャクヤクのツボミが赤くなりました。5月25日に紅花ヤマシャクヤクの自生地へ行く、盗掘されているのでは無いかと、心配しながら歩く。現地に到着してみると、紅花ヤマシャクヤクのツボミに紅色が差しています一安心。ツボミが赤い、疑いなく紅花ヤマシャクヤクです。探し回って得た物は、自己満足だけだ。3年来の探索、3年も掛けて4株の紅花ヤマシャクヤクを探しました。よく考えると、我ながら非常にバカ [続きを読む]
  • 平治岳、ミヤマキリシマとトカゲ。坊がつるのサワオグルマ
  • 千町無田の農道を飛ばして、大船林道を歩き、その勢いで平治岳に登る  2018−5−24 晴れ 歩数、26000歩  歩行距離、約16.5? 歩行時間、11時間食料、おにぎり6個、 水、1.5リットル 久しぶりの平治岳久しぶりの平治岳。当たり前過ぎる山で、登る気の無い状態が、2 0年以上続き、やっと登る気になりました。ミヤマキリシマ咲く頃の平治岳山麗に、大群落をなしていた、ギンリュウソウも無い。おかしいと重いながら [続きを読む]
  • 嫁さん連れて猟師山、合頭山のミヤマキリシマ・
  • 5月20日「日曜日」は、風が強くても、猟師山・合頭山は、空気の澄んだ快晴の登山日和であった。午前9時、猟師山登山口に、嫁さんと立っていました。いつまで経っても、きつい場所は嫌だと言っている嫁さんが、猟師山へ行きたいと言う、水・弁当・等、重い物は、私が背負って行く。約1時間で猟師岳頂上に行ける。近くに、ミヤマキリシマの群生地もあり6月中旬にもなれば、オオヤマレンゲも見られる、その他、7月頃、頂上付近にイヨ [続きを読む]
  • 九重町、九重の紅花ヤマシャクヤク、ツボミの状態です。
  • 九重町の紅ヤマシャクヤク、H岳の生育地に行ってみる・2018/5/165月の16日午後2時、九重町、H岳へ紅ヤマシャクヤクの生育を確認するため自宅を出ました。4年来、求めていた紅ヤマシャクヤク。昨年の秋、種子を見て柱頭が4本以上確認出来たので、紅ヤマシャクヤクに間違いないと思い、今まで、待っていました。その前に、貯水湖と涌蓋山を眺めて見る事に。貯水湖とクヌギの新緑。何となく、新緑らしい色になりませんし、湖水も寝ぼ [続きを読む]
  • 快晴の万年山花の宴、ミヤマキリシマ初夏の7分咲き、イワギク
  • 5月15日、快晴、初夏を思わせる万年山の暖かさ。7分〜8分咲きのミヤマキリシマ。午前9時、吉武台牧場の駐車場から、宝泉寺温泉からの自然歩道を歩いて、万年山に登る旧コースを取った。宝泉寺コースは昔のコースで、長い道のりの万年山登山の印象しか残っていない、その残った印象をたどって、歩いて見ました。表玄関、万年山登山道1990年頃、ウルグアイラウンドでの農業助成金で、吉武台牧場などを造成、道路整備もされて、こちら [続きを読む]
  • サワオグルマ咲きました、雨と霧の長者原へ自然探索。濡れました。
  • 今日は、風が無いぞ!、カッパのズボンと傘で、長者原へ。2018/05/08、10/30 天気予報では、豪雨の危険が、有るとの放送です。しかし、飯田高原は無風、小雨降りのやや憂鬱ですが、先ず先ずの雨天だ。こんな、小雨降る長者原もいいもんだと思う。モチロン、風の強い日は危ない、バランスを崩すと、アッいう間に木道から転落し兼ねない。石がゴロゴロした登山道を歩く時、バランスを取るのに、苦労するのを段々感じ始めた。今日、タ [続きを読む]
  • 風とシャクナゲが駆ける九重、泉水山、大崩の辻、山麗の野草地
  • 5月にしては異例の寒さと、台風クラスの風、泉水山のシャクナゲ、新緑2018/05/03 午前8時、長者原出発。以前から、予定していた野焼き後の、泉水山〜大崩の辻〜泉水山山麗〜長者原コースを歩く。冷たくて強い風と、山頂付近の濃霧で、帰ろうと思ったが、10時頃、日差しも出始め、山頂付近の濃霧も風と共に、吹き去りました。良かった!登っている時は良いが、少しでも立ち止まると悪寒が走る、堪らずセーターを着込みます。着たら [続きを読む]
  • My動画.YouTube#2
  • 大分県、玖珠町の町歌。昭和40年代ものです。今でも、歌われているのでしょうか。九重町、九重音頭。大分県、昭和39年頃、九重町合併10周年を記念して、制作された曲らしいです。忘れられた歌で、恐らく、世に出る事は無いでしょう> [続きを読む]
  • My.動画.YouTube#1
  • My.動画 YouTube過去に制作し、暫くYouTubeに投稿していましたが、その後、削除していました。削除した動画の内、数点を再登録してブログに埋め込みました。坊がつる賛歌 芹洋子古い写真ばかりです。昭和40年頃の写真も有り、あの頃の九重山系が、しのばれます。2015年秋、黄金色に染まる九重飯田高原初めてビデオカメラを購入した時に、撮影した映像です。角牟礼城の秋、久留島庭園、栖鳳楼、末広神社瀬戸内、村上水軍三家の [続きを読む]
  • リンクさせてもらったサイト、ブログ
  • 2018年4月下旬リンクさせてもらったサイト、ブログ鈴鹿の風に吹かれて山行記事、山に咲く花等の記事を参考に、させて貰っています。アルプス系の縦走記録は、写真も多く、拝見していて楽しいです。祖母山系の縦走記事も充実していて、祖母山登山の予定の有る方は必見。私は、由布市の飛岳記事を参考にして、登る予定で有ったが、諸事情の為、登る余裕が無く、残念で有った。大分の山・山行記メールなどで、リンクのお願いをしよう [続きを読む]
  • 最後のミツバツツジです。飯田高原−長者原、周辺
  • 長者原のミツバツツジを探して、写して、約一時間。28日、ほんの1時間、自由時間が出来た。ミツバツツジ咲く、長者原へ直行しました。この日あたりが、ミツバツツジの最後で有ろうと、長者原、道路脇のミツバツツジを探して歩く。星生温泉ホテル〜山並み荘の向こうまで、徒歩で探し、撮影した。ちょうど4時過ぎの、夕日が差す時間帯で、常にミツバツツジは夕日に照らされて、案外美しく、カメラの電池が切れるまで撮影しました。良 [続きを読む]
  • 小国町・山野草園 2018年 3回目の訪問
  • 晴天、午後、忙中閉有り 小国山野草園、開花の一部状況。2018/04/2727日、午後、所用で嫁さんの実家へ行く、所用は直ぐに片付き、そのまま帰宅するのは、何とも味気なく、面白くも無いので、2カ所ほど立ち寄って見ました。アクセス図。2017-4-28日製作20年ぶりに夫婦滝普段は、気ぜわしくて、たとえ道路脇の名所を通っても、慌ただしく通り過ぎるのが常だったが、今回、20年ぶりに夫婦滝に行ってみた。ここには、二つの滝がある。 [続きを読む]