yuugene さん プロフィール

  •  
yuugeneさん: つきのいでしお
ハンドル名yuugene さん
ブログタイトルつきのいでしお
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/umino_yuugene
サイト紹介文多様な生き物と 暮らしているサル目ヒト科の ときたま日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 22日(平均4.5回/週) - 参加 2018/04/20 14:03

yuugene さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • がんばれ、スズメ
  • コーヒーショップのテラス席にいると、スズメがやってきた。スズメ属はとりわけ警戒心が強いと言われるが、もともと人里に生息し、ヒトと共生してきたトリである。ヒト属に近づいてその生活からこぼれた食物をエサとするのは、スズメにとって、大変自然な行為なのだと思われる。余談だが、ガーデンプレイス(恵比寿)のテラス席では、テーブルの上まで乗ってきて、僕の手からパンを食べた。最近ヴェジタリアンやヴィーガンが増えて [続きを読む]
  • テーブル菜園日記_10(終話)
  • 4月19日ダイコンの葉が去った日の夜、郷愁漂う菜園。4月21日クレソンの茎で歓談中の客を発見。しかも子供連れの団体客(画像は載せません)。野菜は生き物みんなの人気者である。しかしテーブルに虫が増えるのはあまり嬉しくないので、2本を残してテーブル菜園は閉園することにした。楽しかった、ありがとう。でもけっこういそがしかった、、、、。 [続きを読む]
  • テーブル菜園日記_9(開店前に)
  • 4月19日ダイコンの葉に食べ跡を発見。  ↓葉の裏を見ると、仮眠中の客人。  ↓気づけば他にも千客万来。家人を呼び、二人でじっくり観察する。  ↓レストランのオープンを前倒しすることに決め、気が引けながらもガシガシよく洗い、ボイルして、感謝して皆で頂こうと思ったら、家人は「いらない、ムリ、」と。無農薬野菜は歓迎、虫客で盛況になるのはその証、でもそれを目にするのは苦手です……、……というありがちな矛 [続きを読む]
  • 家の中にいた
  • 家に帰り電気をつけたら、飼った覚えがないのに、家の中を自由に飛び回っている生き物がいた。「ハチ? ハエ? ハチ? ハエ?」と、妻が繰り返す。一文字違いだけれど、差は大きい。飛び方はどう見てもハエだが、細長い体型が怪しい。空中戦で捕獲し、白いところに置いて観察する。「ハチだったら危ないから、かわいそうだけど………、」と、その先が言葉にならない妻。「……うん、」言いたいことも気持ちもわかる。でもちがう [続きを読む]
  • テーブル菜園日記_7
  • 4月13日朝今日も元気なダイコンの葉。どや! と、ダイコンの葉。先住クレソンも快調の様子。ん、新人クレソンは悩みでも、、、、?光合成を希望かも知れないので、日光浴に出す。出して仕事をしていたら、つい入れ忘れる。2時間後、もうムリ! と、ダイコンの葉。クレソン達は声もなく………。でも夕方、少し復活。夜は早めに就寝。 [続きを読む]
  • テーブル菜園日記_6
  • ________4月11日夜酔ったおとうさんが、またクレソンを連れて帰ってきました。← フィクションです!ダイコンの葉が、あたたかく迎えます。先住クレソンは、なにか言いたげです。ダイコンの葉と先住クレソンには、なんとおくさんの心の表裏が、のりうつっていました。    ↑  フィクションです!! [続きを読む]
  • よく来る客
  • 気づくと家に上がり込んでいる客が、何人かいる。彼らはヒト種ではないが、隣人とは思っているので「人」と表現することがある。名字で呼んでいる人もいる。その一人がこの人。でもこの科の人には、名前をつけたことがない。名前を呼ぶほど親しくなることがない。わりとすぐにお引き取りいただくので。だって、うっかりさわると、凹む匂いを出すから。この科の人はよく家の中にいるけれど、見つけ次第退場なので、毎回個体がちがう [続きを読む]
  • テーブル菜園日記_5 クレソン、その後
  • 4月10日、夜になって、復活の兆し。じっと待つのはつらかったが、よかった。4月11日、今朝。根が出てきている。多分もう大丈夫。水とセラミクスを取り替える時、容器も大きめのモノに交換。その時、茎が折れて水が上らなくなっている部分などを探し、切り取り、……食べる。昨日の夕方こんなだったのに、  ↓よくがんばりました! [続きを読む]
  • テーブル菜園日記_3 クレソンと呼ばれるオランダガラシ
  • 昨日(4月9日)、クレソンがわが家にやって来た。植物界>被子植物>真正双子葉類>バラ類>アブラナ目>アブラナ科>オランダガラシ属>オランダガラシ=クレソンこれも菜の花の仲間か〜。クレソン育成初動セットカットしたペットボトル(フチはライターであぶって丸くします)セラミクスの粒(酸素が水中にジワジワと上っていき、水の鮮度がかなり長続きするのでわが家の水栽培では必需品)ペットボトルにセラミクスを入れ、水 [続きを読む]
  • テーブル菜園日記_1 ダイコンの葉の育成
  • 4月4日ダイコンの葉の飼育を始めた。植物界>被子植物>真正双子葉類>バラ類>アブラナ目>アブラナ科>ダイコン属>ダイコン の 葉グラスの中にはセラミックの小さな粒を入れた。4月5日中心から伸びてきた。4月6日すくすく4月7日ニョキニョキ*Titleにあった「飼育」→「育成」に訂正しました [続きを読む]
  • キャベツをむきながら
  • この時節なのに、完全無農薬のキャベツが1個、とても安く売られていた。虫食いがひどいかららしい。たしかに一番外側は、蜂の巣のようだった。これは、外から2枚目。  ↓でも、これより中は、一直線に掘り進んでいった穴が2カ所程度で、それほどのダメージはなかった。必死に幼虫を探したが、退散したあとだった、残念。見つけたら蝶まで飼育しようと思ったのに。モンシロチョウならなんとか、また仲よくなれそう。それも幼虫 [続きを読む]
  • 過去の記事 …