パティ博士 さん プロフィール

  •  
パティ博士さん: パティ博士の株価から見る日本経済
ハンドル名パティ博士 さん
ブログタイトルパティ博士の株価から見る日本経済
ブログURLhttp://fanblogs.jp/pattyworld/
サイト紹介文パティ博士が独自の視点で日本経済を読み解き、日経225先物の取引履歴も随時掲載。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 180日(平均2.3回/週) - 参加 2018/04/20 22:30

パティ博士 さんのブログ記事

  • 今週は安全運転です
  • 皆さん、おはようございます。パティ博士です。ひとまずの反発を見せたNY市場ですが、今週はかなり「要注意」な一週間になりそうです。皆さん、安全運転でいきましょう。今週、最大のヤマ場を迎えるのが、イギリスのEU離脱交渉です。18日のEU首脳会議までにどのような方向性を見いだせるのか、来月の臨時首脳会議はあくまでも今回での「合意」が前提条件です。今週はイギリスの一挙手一投足に、為替は右往左往しそうですね。 [続きを読む]
  • 目先の下限と上限
  • 皆さんおはようございます。パティ博士です。ダウはここ2日間で1300ドル超の大幅下落。昨日の日経平均も900円を超える下落となりました。一応、そのきっかけとなったのげ「米国長期金利」とされ、先週の雇用統計を受けてその後3.25%超となったことが、市場に警戒感を・・・ということになっています。では、その急上昇後、現在3.14%付近に戻したにもかかわらず、昨日500ドル超下落したのはなぜでしょうかね・・・?もともと史上 [続きを読む]
  • 【特別企画4日目】自動売買VS人間トレード-リアルタイム実況
  • 皆さんおはようございます。パティ博士です。本日も特別企画として、【自動売買 vs 人間トレード〜4日目】のできるだけリアルタイムトレードを掲載いたします。なお、この企画での掲載内容は投資の推奨等を目的するものではなく、あくまでも自身の取引結果を公表することのみを目的としております。投資は自己責任にてお願いいたします。■10月4日取引状況【自動売買】【人間】■昨日までの取引結果【自動売買】+225円【人間】+5 [続きを読む]
  • 【特別企画3日目】自動売買VS人間トレード-リアルタイム実況
  • 皆さんおはようございます。パティ博士です。本日も特別企画として、【自動売買 vs 人間トレード〜3日目】のできるだけリアルタイムトレードを掲載いたします。なお、この企画での掲載内容は投資の推奨等を目的するものではなく、あくまでも自身の取引結果を公表することのみを目的としております。投資は自己責任にてお願いいたします。■10月3日取引状況【自動売買】【人間】■昨日までの取引結果【自動売買】+55円【人間】-45 [続きを読む]
  • 【特別企画2日目】自動売買VS人間トレード-リアルタイム実況
  • 皆さんおはようございます。パティ博士です。本日も特別企画として、【自動売買 vs 人間トレード〜2日目】のできるだけリアルタイムトレードを掲載いたします。なお、この企画での掲載内容は投資の推奨等を目的するものではなく、あくまでも自身の取引結果を公表することのみを目的としております。投資は自己責任にてお願いいたします。■10月2日取引状況【自動売買】9:06 24375円 買い【人間】8:50 24390円 買い■昨日まで [続きを読む]
  • 【特別企画】自動売買VS人間トレード-リアルタイム実況
  • 皆さんおはようございます。パティ博士です。今回は特別企画として、【自動売買 vs 人間トレード】のできるだけリアルタイムトレードを掲載いたします。なお、この企画での掲載内容は投資の推奨等を目的するものではなく、あくまでも自身の取引結果を公表することのみを目的としております。投資は自己責任にてお願いいたします。■10月1日取引状況【自動売買】10:00 24220円 買い11:10 24280円 返済 +6011:10 24280円 売 [続きを読む]
  • 2007年当時の米国政策金利は5.25%
  • 皆さんおはようございます。パティ博士です。FOMCというイベントは通過したものの、その後の日米市場は奇妙な反応を示しました。利上げは織り込んでいたものの、それに「時差」を伴い反応。結果として日経平均は24000円超えを見せ、ドル円においても現時点で113.40円付近で推移しています。今回のFOMCで注目された今後の利上げペースですが、年内にあと1回、2019年に3回、2020年に1回、そして2021年はゼロ、とのこと。仮に全ての利 [続きを読む]
  • トランプ大統領の次の標的?!
  • 皆さんこんばんは。パティ博士です。史上最高値を更新したダウはその後失速。NY原油が72ドルを超える中、本日の日本市場は9月の権利付最終日を終えました。ダウが180ドル超下落したにもかかわらず、配当取りの動きもあったのか、連休明けの日経平均は70円のプラスで引けました。では、権利落ち後はどうなるのか?について考えてみます。今週はイベントが多い週ですが、FOMCは利上げを織り込んではいるものの、発表後のドル円はそれ [続きを読む]
  • 米中貿易戦争はこれからが本番?
  • 皆さんこんばんは。パティ博士です。三連休明けの日本市場は、トランプ大統領による第三弾の対中追加制裁発表にもかかわらず大きく上昇。日経平均は23000円をあっさり超え、今や24000円を目指すような勢いを見せています。もっとも今月は配当が絡む銘柄も多く、先物との差異が150〜160円ほどあることから、来週の権利確定まででも24000円は少し厳しいのでは?と考えています。このところ何度も対中制裁について触れておりますが、2 [続きを読む]
  • 未だ追加制裁を発動できないトランプ大統領の事情
  • 皆さんこんにちは。パティ博士です。今週の想定レンジであった、22000〜22600円。現在はレンジ内となっているものの、昨日はレンジ上限を上抜ける展開を見せました。「昨日の上げは何だったのか?」という疑問が市場に根強いようです。このような不気味な値動きを見せているときには、想定とは違う動きになる可能性が高く、トレードは控えるようにしています。1.1.9%→3.0%に上方修正された4-6月期GDP2.メジャーSQを控えた [続きを読む]
  • トランプ大統領、さらなる2670億ドルの追加制裁を検討
  • 皆さんこんにちは。パティ博士です。トランプ大統領による対中国への、2000億ドル相当の追加制裁の発動が、早々に行われるものと思っておりましたが、今この記事を書いている段階ではまだ発動されておりません。「迷い」があるのか?あるいは水面下の交渉で何らかの進展の兆しがあるのか?と思っておりましたが、2000億ドルに加え、さらに2670億ドルの追加制裁を行う可能性があるとか。そうなると、中国から輸入されるほぼ全ての製 [続きを読む]
  • いよいよ20000億ドルの対中追加制裁発動へ
  • 皆さんこんにちは。パティ博士です。先週はダウ26000ドル、日経平均23000円と、それぞれ節目を達成する一方で、・今週発動予定の対中大規模追加制裁・新興国通貨の下落などへの警戒感から週後半にかけては失速する結果となりました。このところ米国において、北朝鮮の非核化交渉を巡る報道がありますが、博士的には、以前にも書いたとおり、「最悪の事態」にならない限り、株価・経済への影響は軽微なものであると考えています。で [続きを読む]
  • 26000ドルを突破したダウが次に目指すもの
  • 皆さんこんばんは。パティ博士です。目先の節目と考えていましたダウ26000ドル。もう少し時間を要すると見ていましたが、アメリカ・メキシコのNAFTA再交渉の合意を受け、あっさりと突破する結果となりました。今週の日経平均はもみ合うことを予想していたものの、23000円超を本日も含め2度ほどチャレンジする動きに、ここで今一度今後のシナリオを検討したいと思います。為替についあんてですが、ユーロ円が上昇傾向にあり、 [続きを読む]
  • 明日からの10日間は波乱含み?
  • 皆さんこんにちは。パティ博士です。明日からの10日間、「ドル」の動きに要注意。現在ドル円は111.25円。このところ111円を目前に膠着状態であったドル円ですが、111円を超えてきたことで一気に円安が進み、ユーロ円においても、現在129.29円の水準となっています。この円安の流れを受け、日経平均においても、22500円を回復、直近終値は22601.77円となり、22600円台に乗せました。このところの円安の動きは、いろいろな材料、考え [続きを読む]
  • 対中国追加制裁発動、市場は反応薄
  • 皆さんこんばんは。パティ博士です。今週中にも日経平均が22500円を回復する予想を前回記事に書きましたが、本日はその手前でやや失速。明日に持越しとなりました。上昇への材料に乏しい中、本日アメリカによる中国への160億ドル規模の追加制裁が発動されましたが、市場も敏感に反応することなく、平穏な一日でした。もっとも、実体経済への影響が未だ見えない、という点で、市場も動きづらいのでしょう。懸念材料としては、中国に [続きを読む]
  • アメリカの立てた中国の「メンツ」
  • 皆さんこんにちは。パティ博士です。先週は、米中の貿易摩擦を巡り大きな動きがありました。1.8月22〜23日にワシントンで次官級協議開催2.11月にも米中首脳会談の開催検討いずれも報道ベースですので、真偽のほどは定かではありませんが、今回の報道において博士が注目をしたのが、今回の動きとなった「きっかけ」です。互いに報復合戦となる中、「米国側の招待により」開催と報道がされています。メンツを非常に重んじるので有名 [続きを読む]
  • トルコリラは今「買い」なのか?
  • にほんブログ村皆さんこんにちは。パティ博士です。本日の日経平均は400円超下落し、21857.43円で引けました。その大きな要因はトルコリラの大幅な下落。中央銀行が声明を出し、一時的には値を戻す場面もありましたが、そのトレンドを継続することは困難だったようです。先週からリスク回避としての円高に言及をしてまいりましたが、ユーロの下落は大きいものの、まだドルが強かったため、ドル円で大きく崩れることはりませんでし [続きを読む]
  • 制裁復活、ダイムラーは早々にEU離脱
  • にほんブログ村皆さんこんばんは。パティ博士です。前回の記事に記載いたしました、今週の注目材料。・上海総合指数の低迷・制裁発動後の原油価格動向・(期限を5日延期したことによる米中通商交渉の変化・下げてきたビットコイン・リスク回避としても円高の進行まずはこの検をしてみます。上海総合指数については、2700割れ寸前までいったところで、昨日は景気対策への期待から大きく上昇したものの、本日は半値押しといったとこ [続きを読む]
  • 北朝鮮の「非・非核化」
  • にほんブログ村皆さんこんにちは。パティ博士です。昨日、シンガポールでARF(ASEAN地域フォーラム)が開催され、北朝鮮の李外相の動向にその注目が集まりました、結果として特に目新しさもなく、米朝双方がそれぞれの立場を示した形です。6月の米朝会談で「何」が話し合われたのかは当事者しかわかりませんが、その当事者はそれぞれが自身に都合のいい解釈をし、それぞれの主張を押し通した結果が現状なのでしょうね。「 [続きを読む]
  • どうなる?8月相場
  • にほんブログ村皆さんこんばんは。パティ博士です。昨日の日銀金融政策決定会合により、為替は円安傾向へ。ドル円では一時112円台を回復、これにより、日経平均も22700円台まで値を戻しています。今回の黒田総裁の会見から、フォワードガイダンスが行われるようになりましたが、今回の修正でこのことが一番市場に安心感を与えたのでは、と考えています。長期金利の変動容認、ETF買い入れにおけるTOPIXの比率拡大、よりもで [続きを読む]
  • EUの振る舞いに見る政治の難しさ
  • にほんブログ村皆さんこんばんは。パティ博士です。米欧首脳会談も終了し、貿易摩擦が激化する事態がひとまずは回避されました。もっとも、あくまでも「一時休戦」ですので、この先の交渉の進捗によっては再燃する可能性があります。この一週間で下落した日経平均も値を戻し、「いってこい」の状態です。ただし、為替については、112円台へは回復せず、現在は111円を挟んだ動き。ユーロ円においても130円を割り込んでいます。今回 [続きを読む]
  • トランプ大統領の「冷や水」
  • にほんブログ村皆さんこんばんは。パティ博士です。先週突如飛び出したトランプ大統領の“冷や水”。1つはFRBに対する利上げへのけん制、EU・中国への為替・金利についての発言。もう1つは中国に対する全輸入品への関税検討。前回記事で今週はじめには日経平均23000円超の予想をしておりましたが、この“冷や水”により、想定が崩れた格好です。25日の米欧首脳会談までは懸念材料はない、と考えていましたが、何が起きるか [続きを読む]
  • 23000円超えなるか
  • にほんブログ村皆さんこんばんは。パティ博士です。本日、日経平均は22900円台をつけるも、その後失速。今週市場は先週の流れをそのままに順調に上昇をしたため、ドル円の113円、日経平均23000円目前ということが、心理的に一旦の「潮時」と捉えられたのでしょう。では、この先23000円超えはないのか?というと、パティ博士は「ある」と考えています。現在は、市場の懸念材料が出にくい環境なので、大きな節目を超えるための「準電 [続きを読む]
  • ギリシャの現状
  • にほんブログ村皆さんこんにちは。パティ博士です。一週間ほどギリシャ・トルコに旅行に行ったので、その話を少し書きます。あくまでも一旅行者としての目線ですが、一言でいえば、「厳しそうだなぁ」という感じです。アテネは観光客は多いのですが、土産物屋などは当然競争も激しく、こちらから何も言わずとも値引きをしてきます。こちらが交渉をすると、さらに値引き。いわゆるBtoCの商売においては、売上も厳しければ、利益 [続きを読む]