松岡和哉 さん プロフィール

  •  
松岡和哉さん: 鍼灸師 松岡和哉のビジネスブログ
ハンドル名松岡和哉 さん
ブログタイトル鍼灸師 松岡和哉のビジネスブログ
ブログURLhttps://kazuyamatuoka.blogspot.jp/
サイト紹介文ストレスを抱え込んでいるビジネスをされている方へ何かしら役に立ちそうな事を書いたブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 71日(平均6.5回/週) - 参加 2018/04/20 23:42

松岡和哉 さんのブログ記事

  • 相手ともっと仲良くなるためには その3
  • 松岡和哉です本日は「相手ともっと仲良くなるためには」と言う話をします仕事や学校において、友達やビジネスのパートナーそして異性の気になる子など、生きていく中で人と付き合っていくのは誰もが行うものです年齢関係なく人は誰かと一緒にいて生きていきます。その中で相手とうまく付き合っていかないと、毎日がしんどくなるだけです。また気になる人がいるなら余計にその人と近づけなかったら悔しくなるものです。それがエスカ [続きを読む]
  • 相手ともっと仲良くなるためには その2
  • 松岡和哉です本日は「相手ともっと仲良くなるためには」と言う話をします仕事や学校において、友達やビジネスのパートナーそして異性の気になる子など、生きていく中で人と付き合っていくのは誰もが行うものです年齢関係なく人は誰かと一緒にいて生きていきます。その中で相手とうまく付き合っていかないと、毎日がしんどくなるだけです。また気になる人がいるなら余計にその人と近づけなかったら悔しくなるものです。それがエスカ [続きを読む]
  • 相手ともっと仲良くなるためには
  • 松岡和哉です本日は「相手ともっと仲良くなるためには」と言う話をします仕事や学校において、友達やビジネスのパートナーそして異性の気になる子など、生きていく中で人と付き合っていくのは誰もが行うものです年齢関係なく人は誰かと一緒にいて生きていきます。その中で相手とうまく付き合っていかないと、毎日がしんどくなるだけです。また気になる人がいるなら余計にその人と近づけなかったら悔しくなるものです。それがエスカ [続きを読む]
  • 安さ(価格)を見てくるお客さんへの対応
  • 松岡和哉です本日は「お客さんは本当に価格が安いのを求めているのか?」と言う話です。商品が飽和している現在において、商品を買うときにほとんどの人が安い商品を買おうとしている事が多いですね。企業の努力してその価格設定をしているはずです。ただ個人のお店や小さな会社の場合、大きな企業に勝つにはやはり資産力では負けてしまうので、価格を安くすることの提供で勝つには難しいはずです。そんな中で今回は価格が最安値で [続きを読む]
  • PDCAをうまく回せない人へ その3
  • 松岡和哉です本日は「PDCAをうまく回せない人へ その3」について話をします。ビジネスにおいてPDCAと言う言葉を聞いたことはあると思いますがざっくりですが説明をします。P:PLAN(計画)D:DO(実行)C:CHECK(確認)A:ACTION(改善)といったものです。例えば「1か月で5キロの減量する」と言う目標があるとします。それなら・毎日30分歩く事を計画する(P)・実際に実行する(D)・出来たか確認する(C)・実行しての評価をし [続きを読む]
  • PDCAをうまく回せない人へ その2
  • 松岡和哉です本日は「PDCAをうまく回せない人へ その2」について話をします。ビジネスにおいてPDCAと言う言葉を聞いたことはあると思いますがざっくりですが説明をします。P:PLAN(計画)D:DO(実行)C:CHECK(確認)A:ACTION(活動)といったものです。例えば「1か月で5キロの減量する」と言う目標があるとします。それなら・毎日30分歩く事を計画する(P)・実際に実行する(D)・出来たか確認する(C)・実行しての評価をし [続きを読む]
  • PDCAをうまく回せない人へ その1
  • 松岡和哉です本日は「PDCAをうまく回せない人へ」について話をします。ビジネスにおいてPDCAと言う言葉を聞いたことはあると思いますがざっくりですが説明をします。P:PLAN(計画)D:DO(実行)C:CHECK(確認)A:ACTION(活動)といったものです。例えば「1か月で5キロの減量する」と言う目標があるとします。それなら・毎日30分歩く事を計画する(P)・実際に実行する(D)・出来たか確認する(C)・実行しての評価をして新し [続きを読む]
  • 商売をしているなら大きな声を出そう
  • 松岡和哉です本日は「商売をしているなら大きな声を出そう」と言う話です。突然ですが、あなたは今の会社で「お前声でかいんだよ!」って指摘されたことはありますか?静かな環境で作業ををしないといけない人は別としてほとんどの場合相手とのコミュニケーションで商売をする人たちだと私は思います。そして子供の頃は「静かにしなさい!」と言われて育ってきた今大人になって「もっと声を出しなさい!」と言われるとなかなか声が [続きを読む]
  • 関心の無い商品を購入させるテクニック
  • 松岡和哉です本日は「関心の無い商品を購入させるテクニック」について話していきます今回は「ヤバい心理術」(ロミオロドリゲスJr:著)の一部引用と実践的な事を書いていきます。商売をしていて相手にものを買ってもらいたいとき相手のリズムに合わせているとノルマ達成が難しく、また逆に急いで売り込んでも結果的にうまくはいきません。こんな時に使うのが「リピート誘導話法」と言う手法です。この手法は名前の通り繰り返しキ [続きを読む]
  • 相手に気持ちよく話をしてもらう方法
  • 松岡和哉です本日は「相手に気持ちよく話をしてもらう方法」について話をします。相手との会話でコミュニケーションを取るためにこうしたらいいと色々な本で書かれていたり、耳にしたりする事がありますが、最近思うことがあります。それは、みんな似たようなことを学んでいると言う事つまり、・相手の会話中に相槌をうつ・ジェスチャーを使って体で聞いている・相手の会話スピードに合わせるこんな事が共通で行っているのではない [続きを読む]
  • 気持ちよく仕事をする方法
  • 松岡和哉です本日は「気持ちよく仕事をする方法」について話をします。ほとんどの人が、仕事をしていくなかでストレスを抱えて行っていることがあると思います。その結果自分自身の身を削って日々を過ごし、最終的に体を壊してしまうと言うサイクルになってしまう事になってしまいがちです。だけど、この身を削って体を壊してしまう人の共通点があります。それは何でしょうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 購買意欲を上げる方法
  • 松岡和哉です本日は「購買意欲を上げる方法」と言う話をします。商売をしていたらまた、営業で取引先と成約を結び付けるようにするためにはやはり、相手から「買いたい」と思っていただくことが大事になります。そこまでは皆さんご存知だと思いますが、ではその「買いたい」と強く思っていただけるようにするにはどうすればいいでしょうか?答えとしては「買うメリット」<「買わないデメリット」で相手に伝えることです。商品を売 [続きを読む]
  • 過去は変えることが出来る
  • 松岡和哉です本日は「過去は変えることが出来る」と言う話をします。このタイトルを見た人は過去じゃなくて未来じゃないの?と疑問を持つことも多いのではないでしょうか?確かに未来は変えることは出来ますよね?例えば今日から煙草を辞めるのか?それともこのまま吸うのか?その決定で将来病気になる確率は変わってくるだろう今日から30分歩く習慣をつけるのか?それとも毎日同じようにだらだら生きるのか?その決定で将来の見た [続きを読む]
  • 敗者の特徴
  • 松岡和哉です本日は「敗者の特徴」と言う話をします。最近では成功法則とか成功者の体験などを本や取材で上げられる事が多くなってきています。一方で失敗学と言うものがあります。テレビで「しくじり先生」と言う番組がありましたがまさにこれかなとも思います、自分はこれをしたから失敗したというものがあるのです。だけど本屋に行くと失敗学よりも成功法則の本が多いのはなぜだろうかといいますと「今でしょ」で有名な林先生が [続きを読む]
  • 我慢からは恨みしか生まれない
  • 松岡和哉です本日は「我慢からは恨みしか生まれない」と言う話をします。これは人間関係の話になりますが、人との付き合いであなたが我慢を続けていたらどうなるかは想像できると思います。そうです。相手は調子にのるし、あなたは苦しんで最終的にケンカになったり、体を壊したりしてしまいます。人間関係の我慢は絶対にしないようにした方がいいです。だけど、上司だから、相手がケンカが強いからとか旦那さんだからとかこんな感 [続きを読む]
  • 筋肉の出力性を上げる方法
  • 松岡和哉です本日は「筋肉の出力性を上げる方法」についてお話していきます。以前の投稿で、ストレッチは柔軟性は上がるが出力性は変わらないと書きました。この出力性と言うのは・・・・・・・例えばあなたが30キロのお米を持つとします。今まで30?のお米を持ちあげても20秒程度しか持てない場合ストレッチをすることで20秒しか持てなかったお米が2分持てるようになるかと言えばそういうわけではないです。2分もてるようになる [続きを読む]
  • やってはいけないストレッチ その2
  • 松岡和哉です本日は「やってはいけないストレッチ その2」と言う話をしていきます。最近では本屋に行けばあれやこれやとストレッチに関する本がありますね。それだけストレッチの本をかけば、それなりに売れる内容になっております。ただ・・・・・・・何でもストレッチをすればいいのかと言えば私は違うと思います。本に書いてあったからと言う理由でやっていてよくなればいいのですが、その場だけ楽になっただけと言うものとか [続きを読む]
  • やってはいけないストレッチ その1
  • 松岡和哉です本日は「やってはいけないストレッチ」と言う話をしていきます。最近では本屋に行けばあれやこれやとストレッチに関する本がありますね。それだけストレッチの本をかけば、それなりに売れる内容になっております。ただ・・・・・・・何でもストレッチをすればいいのかと言えば私は違うと思います。本に書いてあったからと言う理由でやっていてよくなればいいのですが、その場だけ楽になっただけと言うものとかストレッ [続きを読む]
  • 困った人と評価してませんか?
  • 松岡和哉です本日は「困った人と評価してませんか?」と言う話をしますあなたの周りでもあなたを困らせる困った人っておられませんか?・ 仕事を与えても、いつも失敗を繰り返す・ 言う事を聞かずに、ただただふざける・ すぐに何かを忘れてしまうこれらの人はあなたにとって困った人と言う評価をつけてしまいます。そして、あなたにとってマイナスな印象、評価として見てしまいがちです。でも本当に大切なのは困った人と評価す [続きを読む]
  • 上手くいかない商売の基本パターン
  • 松岡和哉です本日は「上手くいかない商売の基本パターン」と言う話をします私のような鍼灸師がこの言葉を言うのは場違いかもしれませんが最近、コンサルタントの宣伝が多くなってきて情報が飽和しているため、もともと必要だったものが忘れがちになっているような気がします。特に私たちのような治療院業界はそうかもしれませんねもしあなたもそう思うなら今回のブログを読んでくださると嬉しいです。そして、一番ダメなパターンは [続きを読む]
  • 恐怖と上手に付き合うには・・
  • 松岡和哉です。本日は「恐怖と上手に付き合うには・・」と言う話をします。誰もが、恐怖を味わった経験はあると思います。あなたは恐怖感に陥ったときにどんな形で対応されていますか?今回は100%(ジェームス・スキナー 著)から良い言葉があったので引用します。恐怖とは「行動するな」と言う信号ではなく「知性を使いなさい」と言う信号だ。恐怖とは危険性を教えてくれる大切なものだつまり、恐怖感が無いとあなたは危険な [続きを読む]
  • 「ダメ」の代わりに言う言葉
  • 松岡和哉です。本日は「ダメ」の代わりに言う言葉と言う話をします。あなたも経験があるかもしれませんが、ビジネス面において上の人に「お前あれはダメだぞ」と言われた事ありますか?またはあなたが「〇〇さんダメですね」と言っていたりしてませんか?実は「ダメ」と言う言葉は結構相手に傷つける意味で響きます。特にあなたとの関係がそこまで強くない人に対してなら余計にです。最終的にそれがハラスメントと言われるときがく [続きを読む]
  • 罪のない罪を犯そう
  • 松岡和哉です。本日のテーマは「罪のない罪を犯そう」と言う話ですさてあなたの中で罪になるものはどれでしょうか?交通事故を起こす相手を殴るお金を盗む・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・どれもこれも罪になりますよね(;^ω^)これらの事をすると日本の場合お巡りさんが出てきて犯罪と言う扱いにされます。では次のものは罪になるのでしょうか?親が決めた進路を蹴る(断る)監督の指示に従わない日本のマ [続きを読む]
  • 男は挫折が、女は拒絶が怖い
  • 松岡和哉です。本日のテーマは「男は挫折が、女は拒絶が怖い」という話をします男女の考え方の違い第2弾になりますね第1弾は・・・・またブログの中で探してみて下さい(^_-)-☆まずこの二つの意味ですが、「挫折」仕事や計画などが、中途で失敗しだめになること。また、そのために意欲・気力をなくすこと。(デジタル大辞書引用)「拒絶」相手の頼みや要求をこばむこと。(デジタル大辞書引用)男は何かを成し遂げたいという願望が [続きを読む]
  • 本当の健康とは・・・
  • 松岡和哉です。本日は「本当の健康とは・・・」と言う話をします。最近美容・健康な商品と言うものがあちらこちらで聞くことがあります。また、SNSの投稿で健康な体があるから仕事が出来るという話もあります。そして、治療院関係のお仕事をされていると、「この治療であなたの日々の生活がより健康な毎日になれるようにしていきます」といった文言を言うところもあります。しかしですが・・・・そもそも健康とは何でしょうか? [続きを読む]